写真でイスラーム  

mphot.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

タグ:トルコ ( 41 ) タグの人気記事


2018年 05月 12日

ラクダ似の造形

1.ラクダ岩
ニョキニョキと岩が林立するようなカッパドキアではいろいろな岩に呼び名がつけられている。
煙突とか、きのことかが最も多いが、自然にできた岩もよりリアルに何かと似ていることで名前が付けられ、多くの人の目印にもなるものがある。

c0067690_14401985.jpg
こちらは確かに姿がラクダと言われればそうかなと思えるラクダ岩。記念写真スポットになっている。
この造形が壊されないようにするためか、あるいはいつ滑落してもおかしくないような状況なのかは不明だが、周りをぐるりと柵で囲ってある。

顔は小さすぎるが、ラクダの首筋から背中の鼓舞にかけてのラインが似ている。
ちょっとフタコブのようにもみえるが背中に荷を背負っているようにも見える。
c0067690_14575470.jpg
なかなかイメージは近いといえるかも・・・。

ラクダ好きなので、単純にわ~い、ラクダと思ったりした。
ところが今、冷静に見直してみて、気づいたことがある。

もし、子どもだったら、「カタツムリだ~!」と言いそうな形をしている事に気付いた。
物を見るというのは自分のイメージの延長線上にあるので、人により感じ方が違って当然、そして違うからこそ面白い。

2.オング・エル・ジュメルにあるラクダ岩
c0067690_14480684.jpg
こちらはチュニジア南部の雨のほとんど降らないアルジェリア側に近い砂漠地帯にある岩山。
頂上の岩がラクダの顔といわれる。
c0067690_14560932.jpg

顔の長い様子は似ている。威風堂々の顔で、小さめに耳がついたらぐっとラクダに近づく。
壮大な岩山の上の岩の造形なのでなかなか立派なのだが、壮大過ぎて、私の心の中の声は「ゴジラ!」と言っている。これも人さまざまかな~

              そう、どこが違うかというと・・、あご!
c0067690_14575757.jpg
もっとあごがしゃくれているのがラクダの特色なので、しゃくれているラクダ岩があったらすてきだな!

                                             
                                                   ↑人気ブログランキングよろしく!


by miriyun | 2018-05-12 15:15 | Comments(4)
2018年 04月 28日

トウガラシ

1.民家で干されていた
日本では、民家の軒下に干し柿や干し大根が干されて、保存食になる。
トルコ、とくにアジア側のアナトリアでは庭先でアンズやレーズンなど、いろいろな農産物が干されているのを目にする。

そして、意外なことにとてもきれいだなと眺めたのはトウガラシだった。
ごく普通の民家の窓辺にさりげなく干されている。

c0067690_05541657.jpg
赤いのや

c0067690_05542299.jpg
オレンジや緑が壁の色に映えてきれいだった。
久しぶりにトルコとトウガラシについて考えるきっかけになった。


2.トウガラシの使われ方
 トルコ語でトウガラシはAci Biber(アジ ビベル。トルコ語のBiberはパプリカからピーマン・トウガラシまで使うので幅が広い。山椒もCin(本当は下にしっぽのつくCです)Biberiという言い方になる)という。
たくさん使われているが、寒い地域や極端に熱い地域のように極辛にするためには使われていないように思う。

 日本では小アジア半島と呼んでいる地域の大半を占めるのがトルコだ。半島というが、その面積は日本国の38万㎢の2倍の広さを持つ。
そこは広大な農村地帯で、農産物が実に豊富だ。野菜や果物、ナッツ類にハーブに至るまで実に豊富で、市場は色とりどりの農産物でいっぱいだ。そして気候は寒暖の差は大きいが寒すぎるわけではない。

 そんなトルコの食は、各種野菜とオリーブを使った料理だけでも心豊かに過ごせるし、そこに肉も魚も乳製品も入ってくるから実に豊かだ。
そこではトウガラシは上手に食に取り込まれている。
c0067690_06132647.jpg
 香辛料として、好みで使えるようにこのように食卓に選んで使えるように出されることが多い。
また、ビン詰めのトウガラシの刻んだのは常備しておくととても便利に使える。

また、料理としてはトウガラシだけには頼らず、あまたのハーブと共に味の1つを構成する要素として使われる。辛さ勝負ではなく、豊かな味わいの構成要素の1つとなっている。
c0067690_06385411.jpg
↑きざみトウガラシ
だから、どの家庭でも常備しているし、使用量も多いが、決して主役級ではないというのがトウガラシの立ち位置と感じている。

3、市場にて
c0067690_06384258.jpg
 市場を覗いてみると、トウガラシにもいろいろあるというのがわかる。

c0067690_06524892.jpg
トウガラシのペースト。後ろに立ててある木のしゃもじで希望の量をすくい、秤売りしている。
日本の味噌の売り方にそっくりだ。

c0067690_06385908.jpg
刻みトウガラシは山型に積んで所狭しと並ぶ。それにしてもトウガラシもいろいろあるものだ。
果物もチーズも香辛料もお菓子も何でも山にして売っているバザールは目にも楽しい。


                                                   
                                                            ↑人気ブログランキング


by miriyun | 2018-04-28 07:03 | Comments(12)
2018年 04月 06日

ダーダネルス海峡

1.海峡というもの
海峡と言えば、これまでボスポラス海峡は良く取り上げてきたが、世界のどこの海峡も歴史の上では新航路をめぐる船長の思いや貿易航路の問題、そして国益を争う国家間の戦争に至るまで色々な場面で登場してくる。マラッカ海峡など日本の貿易ルートとしても安んじていてはならないところである。
また、源平合戦の最後の戦場で義経が采配した壇ノ浦の戦いは関門海峡の最も狭隘な海域で、汐の流れを読んでこその戦いであった。
c0067690_03535521.jpg
 このように海峡というのは、戦いでも交易でも大変重要な所として歴史に登場してくる。


2.黒海から地中海へ
 このところ、撮りためておいた銀河チャンネルの歴史ドラマをまとめてみている。ドラマであるから視点は様々で、史実に正確とは限らないが、それを承知で見ていればそこに出てくるものは実に興味深い。
 オスマン帝国のスレイマン大帝の物語の配信の続編がまだ来ないので、「クイーンメアリ」(今週から水曜の夜に続編が始まった)やロシアの女帝「エカテリーナ」(最終回まで終了)なども見ていくと、それぞれの国が時代は違えど、どれほど互いに対峙しどこを要としておさえようとしていたのかはそれぞれの国の視点で抑えてあるので、それが一致するところが面白い。

 かって、後進国としてヨーロッパ諸国から野蛮な国として嘲笑されたロシアに現れたピョートル大帝はけた外れの行動力で自ら船大工として弟子入りするなどして、部下たちも学ばせて海軍の創設に至る。
 その悲願はロシアから世界へと発展するために海に出るということだった。しかし、ロシアが面しているのは凍ってしまう海。凍らない海は黒海だ。黒海から欧州やトルコと肩を並べ力を持っていくには地中海に出たい。そのために、近世・近代にいたるまでずっと見続けたのが黒海から地中海への航路だった。
 エカテリーナらは黒海沿岸の土地を抑えるために戦い、海軍を強いものとしてトルコ軍にも勝利したことがあるのでエカテリーナ大帝と称された。

 ロシアがめざし、オスマントルコが死守した海峡がボスポラス海峡とダーダネルス海峡だった。
そして、これはロシアだけではなく、オスマントルコと戦ったすべての国にとって、これらの海峡はキーワードになり続けたのだった。

3.ダーダネルス海峡
ダーダネルス海峡はボスポラスと同じようにトルコ領域内にあり、ヨーロッパ側とアジア側にはさまれた海峡である。狭隘な海域は幅1200mほどで対岸が見える。ヨーロッパ側の地域はガリポリ半島という細長い半島であり、そこから対岸へはフェリーが出ている。
c0067690_03062473.jpg
ヨーロッパ側を出航して、
c0067690_03340443.jpg
庶民の生活に密着したカーフェリーは庶民の脚として毎日役立っているものだ。
c0067690_03350871.jpg
そしてわずか20~30分で対岸のアジア側につく。チャナッカレという地域である。ここから古代の古戦場トロイは近い。
c0067690_02591209.jpg
手書きの地図は見やすいように海峡の幅を広めに書いたが、実際はもっと細い。
このような近さなので当然、要衝としてどちら側にも砦や城が築かれる。
c0067690_03361367.jpg
上の写真では左右にヨーロッパがとアジア側を見ることが出来る。そこをイスタンブル方面へと行く船が点のように小さく見える。その船を左右のどちらからでも狙うことが出来るのが写真からでもわかるだろう。

こういう場所であるから、ここを通る権利をロシアがトルコと交渉したり、戦争の要衝になったりするのも必然だった。

 近代での大きな戦いとしてはガリポリの戦いがある。
第一次世界対戦のとき、連合国側の英仏軍はこの海峡をにらむガリポリ(トルコ語ではゲルボル)半島に上陸作戦を敢行し、そこから首都イスタンブールを落とすという作戦でチャーチルが動いた。この時力の衰えたオスマントルコに突然現れたのが、ムスタファ・ケマル(のちのケマル・アタチュルク、トルコ建国の父)であり、彼の働きでトルコが勝利をおさめ、チャーチルは苦渋をなめることになった。

 海峡を注目するだけでいろいろな歴史が見えてくる。そんなよもやま話でした。 

                                                    
                                                           ↑人気ブログランキング


by miriyun | 2018-04-06 03:29 | トルコ | Comments(0)
2017年 08月 08日

『オスマン帝国外伝』とハレムのしくみ 

1.トプカプの至宝


オスマンの力とトプカプ宮殿の宝物を解説する動画があった。
リンクはこちら↓
トルコ・トプカプ宮殿 至宝が語るスルタンとハレムの真実



2.異民族・異教徒への考え方とハレム
上にリンクした動画の中でも鈴木教授がハレムについて説明しておられた。

 その内容と、今回放映される『オスマン外伝』の中のハレムについて一致する内容を見ていきたい。
 『オスマン外伝』には、異国から連れてこられたアレクサンドラがスルタンのハレムに入れられるくだりがあった。スルタンは近隣の姫君を正式な花嫁にせず、異教徒の奴隷を改宗させ、宮殿で教育し、その中から側室を選んでいったのか、鈴木教授によると、初期のころのスルタンは異国の王家との婚姻をしていた。ところが9代セリム1世までにオスマン帝国は近隣をおさめ世界最強の帝国となっていった。そのため結婚に釣り合う王家がなかったということだ。また臣下の息女を娶ればその臣下の一族が外戚となって権力をもったり、政治をゆがめたりするのは日本も諸外国も枚挙にいとまがないほどである。

 それを避けて、何のつながりも力関係も生み出さない奴隷をハレムに入れてそこから気に入ったものを徐々に力のある側室としていった。

 *江戸時代の大奥もハレムに似た仕組みだが、大きく異なるのはその人選であり、やはり、実権があるのは皇室からの降嫁、公家の姫、大名の息女、大名の養女といった権威あるものが力を持った。側室として権力を持ったものの中には商人の娘などもいたが、一応、名のある武家の養女扱いとして大奥に入ったのである。

 オスマン帝国は日本と違って、広大な領地、多民族、多宗教の国だ。ここでは改宗して、トルコの言葉をしっかりと学んでいけば異民族・異文化も受け入れるというある種のおおらかさもあったということだ。
 男の場合はどうか。
物語の中で、スレイマニエ1世の信頼を得たイブラヒム、彼も奴隷から這い上がり、鷹匠頭から内廷の小姓頭へ出世するが、そこには廷臣たちがあからさまな妬みや不満をもつ様子が描かれ、スルタンが代替わりしたばかりの不安定さがかいまみえる。  

 物語の初めから、衣装や美術品にくぎ付けになりながら、これからの波乱の展開が想像されて楽しみでならない。

                                   
人気ブログランキング

by miriyun | 2017-08-08 16:06 | Comments(4)
2017年 08月 06日

『オスマン帝国外伝』が日本初放映へ

1.『壮大なる世紀*Muhteşem Yüzyıl』
 5年ほど前に遡るが、このブログで『壮大なる世紀*スレイマンとヒュッレムをめぐる話』というテーマでこの大河ドラマを紹介した。
 
 オスマントルコの第10代スレイマン大帝の時代の皇妃になったヒュッレムをヒロインとした話で、時代は最もオスマントルコが繁栄した時代であり、舞台はイスタンブルに今も残るトプカプ宮殿であるのだから歴史好き・旅行好きな人にはもちろんだが、初めて接しても実に興味深い時代設定であると思う。
c0067690_1420234.jpg

 Muhteşem Yüzyıl、『壮大なる世紀』トルコ語版

           
c0067690_1424896.jpg

       『オスマン帝国外伝~愛と欲望のハレム』日本語字幕版

トルコにおける大河ドラマで、しかもトルコ史には必ず登場してくるスレイマン大帝と皇妃ヒュッレムをめぐる話なので、宮廷の権謀術策はもちろん、当時の文化も習慣も衣装もすべてを見られる絢爛たるドラマという意味でまさに大河ドラマであった。
 多くの国(80か国に上るらしい)で配信され、TV放映されたり、それがない国でもトルコ語や英語字幕でインターネット上での配信を見ることが出来た。
 日本では、中東ものを丁寧に描く篠原千絵が「夢の雫、黄金の鳥籠 」というコミックスとして書きはじめており現在は9巻まで出ていて、今月10日には第10巻が出る。もちろん、作者オリジナルな設定もあり、そっくり「壮大なる世紀」をなぞっているわけではないが、いずれも面白い。



2.いよいよ今日から日本へ
新聞にCSの銀河チャンネルで本日無料放送があり、第1話・第2話まで見ることが出来るというので、早速番組表を見たら、CSの305 チャンネル銀河で確かに無料視聴できるようになっていたので早速予約してみた。
 トルコ語の英語字幕版で語学力のたらないのを、時代背景や当時の文化背景だけを頼りに想像していたものが、日本語字幕になればずっと物語として肩の力を抜いて楽しめそうだ。明日からの本放送は有料放送になるようだが・・。⇒訂正 8月7日深夜0:00に第1話と8日深夜0:00に第2話まで無料放送なのでスカパーなどでチャンネル銀河に入っていなくても見ることが出来る。

チャンネル銀河のottomanHP

 なお題名は、トルコ語直訳の「壮大なる世紀」ではなく『オスマン帝国外伝~愛と欲望のハレム』となっていて、なんとなく日本ぽい題名だなあと思っている。2回目の放映が行われている『クイーンメアリ 愛と欲望の王宮』ととても似ている題名になってしまっているのがちょっと残念だ。

☆予告動画↓
https://youtu.be/tGAIytPN1k0


c0067690_14241033.jpg

スレイマン1世が座っている椅子、トプカプ宮殿に展示してあった象嵌細工ものだ(撮影にはレプリカだろうが)衣装の重厚さや、当時のオスマン帝国での習慣など興味は尽きない。

 第1話は父王セリム1世が崩御し、スレイマン1世が即位するというところから始まる。
久しぶりのワクワク感がある。

                                         
人気ブログランキング

by miriyun | 2017-08-06 05:33 | トルコ | Comments(13)
2017年 04月 20日

トルコの色

毛織物
色て国や地域で異なる。その色の成分も組み合わせも糸の素材もその地域ならではの味わいがある。
遠くから見てもあれはどこの国の~とかほぼイメージできたりする。

トルコの色はどの色?

c0067690_3483159.jpg

絨毯のカラーも様々だが、ウールではこの色がトルコらしくて印象的だった。





人気ブログランキング

by miriyun | 2017-04-20 03:56 | Comments(4)
2017年 02月 16日

浸食

空から見る浸食    
 カッパドキアはエルジェス山などの火山性堆積物からなる台地が浸食したことによってじわじわと独特の景観ができていった。             
c0067690_7114029.jpg
大地は噴火と浸食と風化でそのすがたをかえていくものだが、ここではとくに浸食による大きな裂け目が中心に見える。
浸食に風化も重なり、まばらに奇岩が残っていく。石灰岩が多いので、カルスト地形じょうのところや白いところが多い。

c0067690_7112959.jpg
削られた谷部分に家が建てられ、乾燥に強い作物用の畑ができている。


                                   一日一回、ポチッと応援していただけると励みにもなります   

                                                                  
人気ブログランキングへ




by miriyun | 2017-02-16 07:14 | Comments(2)
2017年 01月 30日

朝日に照らされる岩

バルーンからの景観
 
c0067690_3262935.jpg


熱気球はときどきバーナーを点火させてはグイグイ高度を上げていく。
地上から1000mほどまでいくのだが、その高度のおかげで遥か彼方まで岩のなす景観を見渡すことになる。

 朝日ががほんのりと白い岩を暖色に染めていた。



                                                一日一回、ポチッと応援していただけると励みにもなります   

                                                                  
人気ブログランキングへ


by miriyun | 2017-01-30 19:30 | Comments(4)
2017年 01月 27日

空の向こうに日が昇る

日が昇る  
熱気球がただよう。

・・・静寂の空間のその向こうに赤らんでくる空。
c0067690_792077.jpg

雲が山の端にかかっている。
c0067690_792664.jpg


c0067690_79328.jpg

気球はゆっくりと回転しているので、人は長方形のカゴの中でどの向きになっていても
日の出を見ることが出来る。
c0067690_793460.jpg

平地で日の出を撮影するのと違って、回転しているが故に画像の中での太陽の位置は一定していない。
c0067690_793780.jpg

c0067690_794133.jpg

カッパドキア、
静寂の中の日の出でした----!

                  一日一回、ポチッと応援していただけると励みにもなります   

                                                                  
人気ブログランキングへ

by miriyun | 2017-01-27 09:34 | Comments(4)
2017年 01月 24日

無音の世界・・・熱気球

1.無音の世界
熱気球は予想以上に大きなバーナーのゴォーっというの音が大きい。
こればかりだったら、ヘリコプターのように音がずっとしているという乗り物となってしまう。

 だが、熱気球の場合、充分バルーンの中の空気が温まれば、バーナーは消してしまう。

そのあとどうなるのか・・・。

c0067690_427193.jpg



・・・無音の世界が待っている・・・・。

しかもその頃には十分に高度を上げて、空に浮いている。
いつもは見上げる鳥たちだけの世界に同じようにゆったりと浮いているのだ。
目の前に広がる山の端や下界の光景を見ながらその無音に浸る。
たまに仲間同士話す人がいても、目の前に広がる鳥しか見られなかった光景にほとんどの人が見惚れて静かにこの場の空気に身を託す。
c0067690_795651.jpg

あのオレンジ色のところから太陽がのぼろうとしている。


無音で漂うという感覚、
・・・これを知って、熱気球がとても好きになった。






                                                一日一回、ポチッと応援していただけると励みにもなります   

                                                                  
人気ブログランキングへ

by miriyun | 2017-01-24 08:00 | Comments(2)