写真でイスラーム  

mphot.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

タグ:◆ヒジャーズ鉄道 ( 8 ) タグの人気記事


2006年 12月 22日

アラビアのロレンスと鉄道爆破…ヒジャーズ鉄道(7)

1. ヒジャーズ鉄道は歓迎されたのか?

 もちろん立場によって異なるので、それぞれの立場から考えてみよう。

① トルコ政府
 前出のように、ダマスカスにあるヒジャーズ駅は駅としてはステンドグラスとレリーフなどで邸宅のように重厚華麗なものであった。
 トルコはもちろん威信と半島支配への実効をかけて建造したものである。

② ダマスカスの商人
 また、ダマスカスの商人はスエズ運河ができてから約半世紀で交易の中心が船に移ってしまったことを身にしみていたことだろう。
 だから、トルコがドイツの技術で作ったとはいえ、商売上は歓迎したことだろう。実際、ここから乗る乗客は十年の間に十倍にも膨れ上がり、ダマスカスが鉄道拠点として一花咲かせることにもなった。

③ 一般の利用者
 一般乗客はもちろん苦しい砂漠地帯を2ヶ月もかけていかなくてもメディナまでは座っていていくことのできる鉄道を歓迎した。

④ 沿線上の遊牧民
 では、沿線上の遊牧民はどうだっただろうか。彼らのなかには巡礼で訪れる各国からの客にラクダとロバと道案内を提供することを仕事にしている者が数多くいた。それが鉄道に乗って通り過ぎてしまうため一切の収入をたたれた。
 そこで、列車を旧式の銃で襲撃することもよく起きたという。以来。列車にはトルコ兵が重装備して乗ることになる。

⑤ トルコ軍
 アラブ独立戦争前後からの鉄道はどう使われたのか?
もちろんトルコの軍隊・軍馬・火薬・物資など兵站輸送に使われ、列車そのものが軍隊であった。
 
2、アラブの反乱(アラブ独立戦争)とT.E.ロレンス

① メッカの太守フセインの息子たちがトルコへ反旗を振りかざしたアラブ独立戦争がヒジャーズ地方で(聖地周辺の紅海沿岸部をいう)におこった。
 そのとき、飛行機・大砲というものを知らぬラクダ・馬に乗った銃のみを使用するアラブ軍はトルコからの陸空からの攻撃に逃げ惑った。

② このときにイギリスが連絡将校としてよこした者たちの中にT.E.ロレンスがいた。ロレンスはファイサルにアラブの反乱を成功に持っていかせるだけのカリスマ性を感じたようで、以後ファイサルが一時シリア王、後にイラク王になるまで親交がある。
c0067690_1301090.jpg

     ↑軍服姿のT.E.ロレンス
c0067690_1302767.jpg

  ↑アラブ服のT.E.ロレンス(以上2点はNHK「そのとき歴史は動いた」の画面より引用)           
 さて、T.E.ロレンスはカルケミシュを発掘に参加していた若き考古学者でもあり、アラビア語の部族方言を聞き分ける語学力と鍛えた身体を持つ一風変わった人物である。しかしロレンスは一介のイギリス将校でしかないのに、何が彼の存在を歴史的なものに変えたのか。

 彼の存在意義や印象はアラブ・トルコ・イギリス・フランス・ドイツ・アメリカでもちろん全く異なる。

 時は第一次世界大戦。トルコ・ドイツは敵国である。敵味方の思惑以外に連合国の間にも密約があり、その中でも英仏は腹の探りあいであった。イギリスは戦費の不足を後にユダヤ資本に頼るようになる。この戦争では第三者であったアメリカは気楽な立場ではあったが後への影響力は残そうとしている。

 だから、どの立場で彼を論ずるか、どの資料で語るかで印象は全く異なる。また、同じ国民から見ても一筋縄で理解できるような単純な人物でもない。だから、ロレンスを取り上げればまず、学術的なものから心情的なものまで反論・疑問噴出してしまうだろう。 諸説検証していられないので詳しくはもっともロレンス情報を集約しているHPを紹介しておこう。
http://homepage3.nifty.com/yagitani/index

 T.E.ロレンスの戦略
 さてここでは、彼がアラブ軍とともに戦い、そしてアラブ軍が砂漠という戦場で戦う方法に彼の意見が関わったということをあげておこう。そして、成し遂げた大きなことがアカバ攻略・ヒジャーズ鉄道爆破・ダマスカスへのアラブ軍の一番の入城であった。
c0067690_12592765.jpg

     ↑ワディ・ラム近郊でサウジアラビア方面へ曲がる線路
      ・・・このあたりでもロレンスは列車を襲撃をしている。

④ ヒジャーズ鉄道
 ヒジャーズ鉄道への攻撃は1917年3月、メディナの北へ100kmのあたりで激しく行われ、トルコ軍のメディナへの侵攻ができないようにしていった。その後、北上し鉄道爆破をしながら戦い、7月にはアウダ・アブ・ターイーの協力を得てアカバを背後から攻撃し、トルコ軍を倒した。その後も徐々に鉄道に攻撃しながら北上していき、最終的にダマスカスへ入城したのである。

 ヒジャーズ鉄道の襲撃回数は90回を越えるといわれる。その結果ズタズタになり砂漠の鉄道はその後復旧していない

 その沿線上で現在使用されているのは2箇所だけである。北部のダマスカス~アンマン路線は車の3倍近く時間のかかる超ローカル線としてお客をのせている。南部路線ではリン鉱山から資源をアカバへ運び出す路線として使われているに過ぎない。
c0067690_14431120.jpg
   
     ↑燐鉱山との間を行く貨物列車

 ごくまれにヨルダン南部でお客を乗せた列車を走らせたことがあるようだが、次はいつかというと、あてはない。
 この鉄道の採算があえばヨルダンのアブドッラー国王が動く可能性はあるが、採算で考えるなら何か大きなプロジェクトとの一環として動かなければ難しい。

                                       
                                                    
                                               一日一回、ポチッと応援していただけると励みにもなります   
   



by miriyun | 2006-12-22 11:44 | ヨルダン | Comments(2)
2006年 12月 21日

ハーシム家とヒジャーズ鉄道…ヒジャーズ鉄道(6)

 聖地メッカ(正しくはMakkah)は13世紀から預言者ムハンマドの子孫が管理してきた。それがハーシム家で、フセイン・ビン・アリーは1908年にメッカの太守(Amir of Makkah)になった。

 くしくも1908年は、オスマンのアブドゥル・ハミド2世の命で、ヒジャーズ鉄道が完成した年でもある。ダマスカスからメディナ間の約1,300kmが完成した。このしばらくあとでダマスカスにヒジャーズ駅が完成したのだ。これによって2ヶ月はかかるとされた聖地巡礼が大幅に短縮され、利用者はぐんぐん増えていき、オスマンの威信を高めた。
c0067690_3595923.jpg

              ↑現在のヨルダン南部のヒジャーズ鉄道

 だが、もう一つの目的はオスマンの宗教的支配欲でメディナ・メッカへ力を及ぼすこと、そしてそのための軍隊と物資の輸送手段の確保にあった。
 これまで、イギリス勢力下のスエズ運河を通ることでやっとメッカやメディナに到達していたのだが、この鉄道を完成させることで軍隊をすばやく聖地へ送り込むことができるようになった。

 そればかりか、預言者の家族をイスタンブルに人質として拉致した。

 これらの捕虜の中にメッカの太守の息子、アリー・アブドッラー・ファイサル・ゼイドの4人の息子がいた。したがって、これらの息子たちはイスタンブルで近代教育を受け、かつトルコ軍に組み入れられたりしている。
 つまり、オスマン支配下のアラブ人は、自分の意にそおうがそうまいと、トルコの中で軍人として、庶民として暮らさなければならなかったのである。つまりトルコの軍服を着ているのはトルコ人だけではなくアラブ人もいたのである。
 しかし、その中でいくつかの結社ができ、アラブの抵抗が始まっていた。ファイサルもトルコの将軍ジェマル・パシャの客分としてではあるがダマスカスに留め置かれ、しかもどんな侮辱にも耐えねばならなかった。

 ファイサルがメッカの父フセインと連絡する時、ヒジャーズ鉄道を使っている。ファイサルの老僕に密書を持たせてこの鉄道で往復させたのだ。ひとたび漏れれば、双方の命、親族一同の命に関わる危険な賭けだった。
 
手紙は件の柄の中やケーキの中に隠したり、サンダルのそこに縫い付けたり、あるいはなんでもない小包の包み紙の上に隠顕インキで書いたりした。(ロバート・グレーブス『アラビアのロレンス』より引用)

 トルコが聖地メッカの太守とアラビア半島の諸部族を制圧しようとする手段としつくったヒジャーズ鉄道で、太守の息子ファイサルはアラブの反乱の密書の往復に使っていたのである。

興味を持ったら一日1回クリックお願いします。  
  

by miriyun | 2006-12-21 02:13 | ヨルダン | Comments(2)
2006年 12月 15日

3B政策とヒジャーズ鉄道…ヒジャーズ鉄道(5)

 ヒジャーズ鉄道は1900年から建設が始まり、1908年9月1日に完成した。オスマン朝のスルタン、アブドゥル・ハミドがこれを作らせた。
 もちろん、ヒジャーズ鉄道はオスマンが作っているのだが、その技術者はドイツ人であった。ベルリンーバグダッドをつなぐドイツの鉄道とほぼ同じ時期に敷設されており、。ドイツの3B政策の流れの中でつくられていったことがわかる。
 
 3B政策はのちに言われるようになっただけで、当時その呼び名があったわけではない。19世紀末から、ヴィルヘルム2世がベルリン・イスタンブル(過去においてビザンティウムと呼ばれた)・バグダードをつなごうという世界戦略を持ッたことによる。鉄道によってこれらをつなぎ、中近東に進出し、ドイツとの一体化した経済圏として世界の中で覇を唱えようとしたものである。

c0067690_1311188.jpg
 
 ↑砂漠地帯の鉄道の駅。石やレンガを積み重ねた駅舎
c0067690_1310080.jpg
 
  ↑ トルコによって急ピッチで作られた鉄路
現在はもう変わりつつあるが、創業時の枕木はレバノン杉であった。

◆エジプト・メソポタミア・ギリシアなど有史以来利用し続けてきたレバノン杉の森も、この鉄道用枕木に大量に切り出され、壊滅的な打撃を受けた。

 ☆ヒジャーズ鉄道は1912年には、それは1年あたり3万人、1914年には30万人の乗客を運んだという。
 この鉄道を後にアラビアのロレンスことT.E.ロレンスがアラブ軍とともに鉄道爆破工作場面が映画にあらわされていた。

 ヒジャーズ鉄道はあと1年半で100周年となるわけだ。しかし、今その鉄道は繋がった形では存在していない。 鉄道はひとたび建設されたなら長く運用されていくものだ。もちろん日本の中でも、採算が採れずに数年で終わったとか、鉱山用だったが必要性がなくなってとかあるいは大手に吸収合併されてもとの名前は短命に終わったというものはたくさんある。
 
 しかし実際に多くの客を乗せていながら約10年という短命な鉄道に終わったのは、鉄道史上でも珍しい。

興味を持ったら一日1回クリックお願いします。  
  

by miriyun | 2006-12-15 10:53 | ヨルダン | Comments(2)
2006年 11月 07日

ヒジャーズ鉄道(4)…現在の路線

c0067690_23185110.jpg

 黒い線で表示されているのは、シリアの国有鉄道。時間はかかるが、ハマ、アレッポデリゾールなどへ線路は延びている。

 赤い線はヒジャーズ鉄道をあらわす。

 このヒジャーズ鉄道の線のうち、旅客を実際運んでいるのはダマスカスのカダム駅(ヒジャーズ駅ではないので注意)~デラア~アンマンのラインだけである。しかも最近まであまり関係のよくなかったシリアとヨルダンなので、国境を境に完全に列車をシリア側とヨルダン側とで分けている。すなわち、ダマスカスからアンマン間でいく場合、国境でシリア側の列車を降りてヨルダン側の列車に乗り換えなければならないのだ。

 料金はシリア側からの場合200SP(400円ほど)である。この料金で列車の旅は11時間半ほど続く。国境越えのパスポートチェックは車掌が集めて入国の判を押してくれたりするので不便はないがなにしろ時間がかかる。セルビスなら待ち時間1時間、走行3時間半、パスポートチェック30分として5時間、国境越えになれたタクシーなら3時間半で行かれる区間を11~12時間をかけていくのんびり列車として現在運行されている。また、運航は一週間に二便のみで、月、木の朝8:00発なのだ。
 乗り心地もいいとはいえないが、地元の人とのふれあいとゆったり時間の使い方を求めるならこれもいいだろう。

 ヒジャーズ鉄道にポチッと応援をよろしく♪

by miriyun | 2006-11-07 23:13 | シリア | Comments(4)
2006年 11月 04日

ヒジャーズ鉄道(3)…2013年に新ヒジャーズ駅

ダマスカスの現在のヒジャーズ駅は1917年、オスマン帝国時代のものである。その歴史を感じさせるところがたくさん見られる。 
c0067690_9393195.jpg

c0067690_9473794.jpg



 この駅が再開発されるらしいとはながいこと言われてきた。新築予定駅舎のモデルも飾られていたりしているが、ほんとうにやる気はあるんだろうかという感じであった。

 駅舎の裏手何しろ今は線路が繋がっていないのだが、メトロを通すのだというのはこの大きな掘り込みでわかった。
 重機も置いていないし日々突貫工事というわけではなさそうだが、穴を開けたままにはしておけないのでひとまず進行しているのだろう。
 
c0067690_9464482.jpg

そして、完成予定は7年後の2013年だという。ほんとうにこの調子でできるのかという疑問はあるが、少なくとも数値目標はあるので、進展していくだろう。
 再開発が現実の話となると、どのようになるのかも俄然興味も湧いてくる。
c0067690_947120.jpg

 駅舎は、このような線路も中へ引き込んでの壮大なものになるようだ。このモデルの形と大きさからすると前の写真の大きな穴の部分全体が駅になるということになる。
 
 今ある2階建の歴史を感じさせる駅舎は建築100年までにあとすこしというところで取り壊されてしまうことになる。
 だが、駅が整備され、線路が整備されスピードも出せるようになったら、今よりももっと使える鉄道になるだろうし、それはそれで期待してしまう。そして、何よりもヒジャーズ駅の職員がこの駅に列車が戻ってくることを待ち望んでいることを古本を売っている駅員の熱い語り口から感じた。

 ヒジャーズ鉄道に、ポチッと応援をよろしく♪

by miriyun | 2006-11-04 10:17 | シリア | Comments(2)
2006年 11月 01日

ヒジャーズ鉄道(2)…機関車

 ヒジャーズ鉄道(Hejaz Railway)は、巡礼の人々を乗せるようにダマスカスからメディナまでつくられた。現在は廃線になっているところがほとんどで、一部に旅客列車、一部の貨物が通れるようになったいるのみである。

 このヒジャーズ鉄道はドイツ製の機関車を使っていた。当時の国際情勢からすると3C政策を推し進めるイギリスに対して、ドイツは3B政策(ベルリン~ビザンチン~バグダッド)を進めており、トルコは対ロシアからドイツと手を組むほうを選んでいった時代である。鉄道を作るにあたって、トルコがドイツ製機関車を注文することは必然であった。

 ヒジャーズ駅には、今は動く姿をみせることができなくなった機関車がある。、
c0067690_5165373.jpg

 ↑ ダマスカスのヒジャーズ駅前に展示されている。駅の前に置かれ、市民生活の中で手に触れることのできる身近な位置を占める。歴史ある駅舎の前なのでさすがに磨きこまれていてほこりも被っていいない。かなり手入れをしているようだ。

 さて、ヒジャーズ鉄道の終点に近いサウジアラビアの中でも機関車は残っている。アラブ・イスラーム学院のフリー写真の中でそれを見つけた。
c0067690_5171533.jpg

  ↑ サウジアラビア アル・ウラに保管されている機関車(AI学院のフリー写真から引用)

 2つを比べると、一見違う機関車のようにも見える。しかし、それはダマスカスのものが塗装も美しく整備されているのに対して、アル・ウラの機関車は、まず前輪が外れている状態である。また、煙突の装飾や、各部品など外せるものは、かなりの部材まで外してある。
 製作年や型式は異なるだろうが、基本的に同じ形状をしている。ともにヒジャーズ鉄道を力強く走っていた機関車である。

 ヒジャーズ鉄道に、ポチッと応援をよろしく♪

by miriyun | 2006-11-01 05:45 | シリア | Comments(6)
2006年 10月 31日

ヒジャーズ鉄道(1)…鉄道が通っていない駅

 1900年、オスマンのアブドゥル・ハミド2世によってできたヒジャーズ鉄道の名がそのまま残る歴史あるシリアのヒジャーズ駅。何とこの駅は開店休業状態になる。ダマスカスのランドマークではあるけれど肝心の鉄道が通っていない駅なのだ。( 駅は、近郊のカダム駅にある。)
 
 しかし、駅舎の内装は重厚な木材でおおわれ、ステンドグラス・天井装飾・2階の手すり部分など、味わいのある鑑賞に堪える駅なのだ。
c0067690_5374057.jpg

この前はダマスカスでも車のとおりの激しいところで、時刻によっては道路を横断するのに躊躇する時もある。そんな中でようやく車の少ないときに正面から撮影した。
c0067690_5381334.jpg

 ステンドグラスが重厚な建物に明るさを与えている。 バルコニーの透かし彫りのアラベスクが美しい。
 残念ながら今はアサド大統領父子の大判写真の飾り場所になってしまっている。れっきとした駅員はまだ存在するので、駅舎の中に書架を並べ古本屋を開いている。

興味をもったらポチッとお願いします。  


by miriyun | 2006-10-31 05:44 | シリア | Comments(6)
2005年 10月 20日

歴史と美のヒジャーズ駅

 ヒジャーズ駅は1917に作られたオスマン朝時代の影響のある駅である。ヒジャーズといえば、いわずと知れたT.E.ロレンスがアラブの反乱で、鉄道爆破の作戦を行ったのがヒジャ-ズ鉄道であった。以前にヨルダンで砂漠の中の線路を見たが、実はそれ以来客車は通ってはいない。列車に乗るにはヒジャーズ駅の5kmほど離れたカダム駅に行かなければならない。

 *この駅の見所を挙げてみよう*
c0067690_2111828.jpg

1、駅舎はT字路の奥に堂々たる左右対称の姿を見せている。屋根のトップにはシリア国旗がなびいている。

2、内装はステンドグラスが鮮やかである。
c0067690_215933.jpg
3、天井の細工がみごとなつくりである。

4、ハーフェズ・アル・アサド大統領、バッシャール・アル・アサド大統領父子の肖像がかざってあること。

5、ヒジャーズ駅改良工事の模型・・・いつになるかわからないが壮大な計画があるらしい。




6、駅舎の前に展示している機関車・・・オスマン朝時代を髣髴とさせる
c0067690_223175.jpg

7、目の前の水のみ場(サビール)・・・アラブ各国では旅する人も気軽に使える水のみ場を設置している。こういったサビールもサダカという寄付でできている場合がほとんどだ。
c0067690_242298.jpg

↑左奥の建物がオリエントホテル。そこから左に3分くらい歩くとスルタンホテル

by miriyun | 2005-10-20 01:13 | シリア | Comments(2)