写真でイスラーム  

mphot.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

タグ:◆イスタンブル歴史紀行 ( 117 ) タグの人気記事


2018年 12月 15日

スルタン-スレイマンの息子たち

1.シェッザーデという言葉    
 トルコ語で皇子をいうらしい。
シェッザーデ・ジャーミィというモスクがある。
c0067690_03371696.jpg

以前、ミマール・スィナン(シナン)の建てた建築の一つとして書いたことがある。
皇子のためのモスクとは聞いていたが、16世紀前半にシナンが建てたということは、スルタン-スレイマンに当然関係している。
すると、皇子とはマフデブラン妃の生んだスレイマンの長子、ムスタファ皇子かと、写真を見直してみた。
c0067690_03370633.jpg
シェッザーデ・ジャーミィ
~~~~~~~~~~~~
カーヌーニ スルタン スレイマンがメフメット皇子のためにつくり、ミマール・スィナンが1543-48年にかけて建築した旨が書かれている。


 ということは、ムスタファのためではなくて、ヒュッレム妃が生んだメフメット皇子のためのモスクだった。

 
c0067690_03372641.jpg
2.スルタンの息子たち
オスマントルコというと、後継ぎ争いを避けるため、正当な行為を継ぐ者以外、そのほかの皇子は殺してしまうという習慣が有名になっているが、スルタンスレイマンが父から跡を継いだ時はただ一人の皇子として跡を継ぐことができたので、凄惨な争いも皇子殺しもなくて済んだ。

スルタン-スレイマンは、ムヒッビーという詩人としての名をもっていたことで知られている。
政治家として法律を作り、それを通した厳格さのほかに、情熱的で、家族愛を持つ人であったようだ。

次男:メフメット皇子
 次男であったメフメット皇子については、「オスマン帝国外伝」のドラマでも妹ミフリマーの行いを嘆く良心を重んずる皇子として描かれているが、スルタンが愛したこのメフメット皇子が1543年に22歳で病死してしまい、嘆いたスレイマンがシナンに銘じてモスクを作らせた。

正面は車の多い道路に面して、そのためイスタンブルとしては妙に信号機の多い場所であるが、敷地内に入ると草木の色としつらえられた小道の色が交錯する美しい庭園になっている。
c0067690_04051328.jpg


長男:ムスタファ皇子・・(唯一のマヒデブラン妃の子)
それから10年後の1553年、長子ムスタファ皇子はイラン遠征中に謀反の罪で処刑してしまう。
スルタンの命で処刑したので、ムスタファのためのモスクはないということになる。

3男:アブドゥラー  4歳で病死
6男:ジハンギル  病死
5男:バヤジィト  反乱を起こしたため処刑

このように6人の男児を持ちながら、スレイマンの晩年は次々と子供を失っていった。ハンガリー遠征中にスレイマンは倒れ、、最後に残った4男セリムが皇帝に即位することとなった。

セリムは第11代スルタンとなり、セリム2世と称す。
不肖・凡庸・酔っ払いといわれ、大臣たちに権限をゆだね放蕩の人生を送った。

后妃となり、自分の子を権力の座につけようと最後まで暗躍していたとされるヒュッレム、
ムスタファ皇子を押しのけて権力維持をし、ついにわが子をスルタンにした。
彼女の暗躍の結果がこれだった・・・とため息。
歴史とドラマ、今日はここまで。
                                                                                                                                                                                                           
                                       
                                                    
                                               一日一回、ポチッと応援していただけると励みにもなります   
   


by miriyun | 2018-12-15 04:48 | トルコ | Comments(4)
2018年 12月 13日

イブラヒム-パシャの家~オスマン帝国外伝

1.華麗なる世紀(「オスマン帝国外伝」~愛と欲望のハレム)    


このドラマは以前から紹介しているが、CS銀河チャンネンルで放映されていたが佳境に入った第2シーズンが終わった。
BSで遅れて放映されているのもあるので、以前より目にする機会は増えていると思う。宮殿とその周辺の出来事であるのに、波乱万丈、次の日が待てないほど次回を期待させてしまう面白さがあり、世界的ヒットになったのがわかる。

 第3シーズンが放映されるのが待ち遠しいのだが、まだいつ放映されるのかわからない。いくつかのサイトでPCやスマホで見る道はあるようだが、やはりドラマはTVの画面でゆったりと見たい。
 だからひたすら待つのだが、その間につい、これまで見ないようにしてきた登場人物についてみてしまった。
 歴史上名高い、スルタンスレイマンやヒュッレムについては、以前から知っていたが、ドラマの上でとても気になる大宰相イブラヒムパシャを調べてしまったのだ。

 イブラヒムはドラマ上の設定と同じ漁師の家の生まれで、ある時さらわれ、奴隷となっていたが、その時に聡明であったため、主人から教育を与えられていた。そうして青年期を過ごしているときに若き皇子であったスレイマンに見いだされ、信頼を得て国を担うパシャにまで出世する。
 恋仲であったスルタンの妹ハティジェとの結婚も認められ、家も構えるに至った。
 

2.イブラヒム‐パシャの家
   
その家とトプカプ宮殿の間を、気楽に妃や皇子・スルタンたちが行き来する。これはよほど近いのだろうと思い、つい調べたら、なんと残っていた。

イブラヒムパシャは讒言によってのちにスルタンに命を奪われてしまい、当然、反逆者の家として手入れもされず荒れ果ててしまった。
ところが建物自体は石造りでしっかりしている。現代になって改装してトルコ・イスラーム美術館として使われることになったのだ。

場所はブルーモスクの隣に広い公園のように長方形のヒポドロームの脇だ。
ヒポドロームはローマ帝国時代の競技場後で、この広いまっすぐな公園の形はオスマン時代も残されていた。

そこに建てられたハティジェとイブラヒムの館。
う、うん?
それって11年前に行ってる⁉
美麗なコーランや書道・ミニアチュールを見てきた美術館だった。
名を、トルコ・イスラーム美術館という。

c0067690_18033622.jpg
その時の作品展の垂れ幕がたくさんかかっているがその下の石造りの館は昔のままなのだ。
c0067690_18034068.jpg
(↑写真は作品展をTV局がきて撮影しているところだったので人が多いので主に天井だけ)
中は曲線を持つ天井が連なる廊下などが目に付いた。イブラヒムの館と知っていたらもっとよく見てきたのに、展示品だけ見た記憶ばかりだ。


c0067690_17163304.jpg
↑(この横からの写真はWikipediaより引用)

このイブラヒムの屋敷は広大で頑丈で美術館としての要件を満たしていたのだろう。

ドラマを見るたびにイブラヒムの才と功績、身分は奴隷からの立身という立場からの複雑さを感じるが、そのイブラヒムを今でも身近に感じる場所が残っていたことに驚く。
 次に行く機会があったなら、全く別の見方でこの美術館の隅々まで味わうことになるだろう。
 
 ドラマがきっかけとはいえ、より歴史を感じながら見るのは楽しい・・。
                                                                                                                                                                                                           
                                       
                                                    
                                               一日一回、ポチッと応援していただけると励みにもなります   
   


by miriyun | 2018-12-13 20:21 | Comments(2)
2018年 08月 23日

視点を変えて…スルタンアフメットジャーミー

1.仰ぎ見る
c0067690_02153674.jpg
  夏の雲と青空を背景にそびえたつスルタン・アフメット・ジャーミー

 


2.俯瞰する

c0067690_02151496.jpg
同じジャーミーを眼下に望む

マルマラ海の朝焼けに溶け込むジャーミー

ここから窓いっぱいに広がる光景はどんな絵よりも心に迫る。
                                                                                                                                                                                                           
                                       
                                                    
                                               一日一回、ポチッと応援していただけると励みにもなります   
   


by miriyun | 2018-08-23 02:40 | Comments(6)
2017年 08月 12日

蝋の話(1)王家の封蝋

1.蜜蝋とは・・
 ろうそくは世界中誰でも知っているものだが、最初に使われたのは蜜蝋(みつろう)、ハチの巣の枠組みを作っているのは働きバチの蝋分泌腺から分泌される蝋成分であり、それを煮溶かせば蜜蝋となる。
 世界で最初のろうそくは蜜蝋であったが、何しろハチのつくるものであるから手に入れにくいものであった。
 融点は摂氏62ないし65度なので、純粋な蜜蝋は溶けやすい。

2.シーリングワックスとしての使われ方
今、CS チャンネル銀河で放映されている「オスマン帝国外伝」の中から例を見てみよう。

c0067690_9523257.jpg

第一宰相の机に置かれているものに注目した。
この左端のろうそく。物流の拠点を抑えていたオスマン帝国であるので、インドを中心として蜜蝋の産地からの流入はゆたかにあっただろう。したがって、中世宮殿生活の必需品であるろうそくは当然蜜蝋と考えられる。

ドラマの中では、これらの道具の扱いは描かれていないので、この辺は推測を交えて。
ろうそくの裏に隠れている銅の壺とおそらくは長い柄の金属スプーン。
更にその手前の箱には何やら赤いものが置かれている。蜜蝋をスティック状に固めたシーリングワックスである。形ははっきりしないが、脇に蜜蝋を削るための道具が置かれている。

そのスプーンに蜜蝋でつくったシーリングワックスを削りいれ、それをろうそくの火であぶる。

ここからは「オスマン外伝」の中の画像を引用。
c0067690_9524038.jpg

削った蝋に火がつき、とろとろに溶けてくる。

c0067690_9524334.jpg

それを、印よりもやや大きいくらいに手紙の上にこぼす。

c0067690_9524599.jpg

蜜蝋がやわらかいうちに、刻印を押し当て手紙の中での自分の身分と名前の証明とする。

そして、他人に開けて見られないための封蝋としても使われ、羊皮紙や紙を丸めてひもで結び、その上に封蝋として同じように印を押した。
 当時の手紙は王や貴族が自分の家令を用いて、相手まで手紙を届ける仕組みだが、途中で開けられたらすぐにわかるように封蝋をしたのだ。

 以前に古代文字のところで紹介した
粘土の封筒 
印章の使い方
に記したが、メソポタミア文明において、楔形文字の印章を粘土板の手紙に押して壊さないと見られないように工夫したのと同じしくみである。

 素材が粘土板から紙や羊皮紙になり、
  粘土の上に刻印する代わりに溶かした蜜蝋の上に刻印することにしたのだった。

それにしても、今歴史物を扱うチャンネルが増えて、「オスマン外伝」「クイーン・メアリ」「ヴィクトリア」など、その中に出てくる日常生活で使われていたものがとても興味深い。
   
                                          
人気ブログランキング

by miriyun | 2017-08-12 10:36 | Comments(6)
2017年 08月 08日

『オスマン帝国外伝』とハレムのしくみ 

1.トプカプの至宝


オスマンの力とトプカプ宮殿の宝物を解説する動画があった。
リンクはこちら↓
トルコ・トプカプ宮殿 至宝が語るスルタンとハレムの真実



2.異民族・異教徒への考え方とハレム
上にリンクした動画の中でも鈴木教授がハレムについて説明しておられた。

 その内容と、今回放映される『オスマン外伝』の中のハレムについて一致する内容を見ていきたい。
 『オスマン外伝』には、異国から連れてこられたアレクサンドラがスルタンのハレムに入れられるくだりがあった。スルタンは近隣の姫君を正式な花嫁にせず、異教徒の奴隷を改宗させ、宮殿で教育し、その中から側室を選んでいったのか、鈴木教授によると、初期のころのスルタンは異国の王家との婚姻をしていた。ところが9代セリム1世までにオスマン帝国は近隣をおさめ世界最強の帝国となっていった。そのため結婚に釣り合う王家がなかったということだ。また臣下の息女を娶ればその臣下の一族が外戚となって権力をもったり、政治をゆがめたりするのは日本も諸外国も枚挙にいとまがないほどである。

 それを避けて、何のつながりも力関係も生み出さない奴隷をハレムに入れてそこから気に入ったものを徐々に力のある側室としていった。

 *江戸時代の大奥もハレムに似た仕組みだが、大きく異なるのはその人選であり、やはり、実権があるのは皇室からの降嫁、公家の姫、大名の息女、大名の養女といった権威あるものが力を持った。側室として権力を持ったものの中には商人の娘などもいたが、一応、名のある武家の養女扱いとして大奥に入ったのである。

 オスマン帝国は日本と違って、広大な領地、多民族、多宗教の国だ。ここでは改宗して、トルコの言葉をしっかりと学んでいけば異民族・異文化も受け入れるというある種のおおらかさもあったということだ。
 男の場合はどうか。
物語の中で、スレイマニエ1世の信頼を得たイブラヒム、彼も奴隷から這い上がり、鷹匠頭から内廷の小姓頭へ出世するが、そこには廷臣たちがあからさまな妬みや不満をもつ様子が描かれ、スルタンが代替わりしたばかりの不安定さがかいまみえる。  

 物語の初めから、衣装や美術品にくぎ付けになりながら、これからの波乱の展開が想像されて楽しみでならない。

                                   
人気ブログランキング

by miriyun | 2017-08-08 16:06 | Comments(4)
2017年 08月 06日

『オスマン帝国外伝』が日本初放映へ

1.『壮大なる世紀*Muhteşem Yüzyıl』
 5年ほど前に遡るが、このブログで『壮大なる世紀*スレイマンとヒュッレムをめぐる話』というテーマでこの大河ドラマを紹介した。
 
 オスマントルコの第10代スレイマン大帝の時代の皇妃になったヒュッレムをヒロインとした話で、時代は最もオスマントルコが繁栄した時代であり、舞台はイスタンブルに今も残るトプカプ宮殿であるのだから歴史好き・旅行好きな人にはもちろんだが、初めて接しても実に興味深い時代設定であると思う。
c0067690_1420234.jpg

 Muhteşem Yüzyıl、『壮大なる世紀』トルコ語版

           
c0067690_1424896.jpg

       『オスマン帝国外伝~愛と欲望のハレム』日本語字幕版

トルコにおける大河ドラマで、しかもトルコ史には必ず登場してくるスレイマン大帝と皇妃ヒュッレムをめぐる話なので、宮廷の権謀術策はもちろん、当時の文化も習慣も衣装もすべてを見られる絢爛たるドラマという意味でまさに大河ドラマであった。
 多くの国(80か国に上るらしい)で配信され、TV放映されたり、それがない国でもトルコ語や英語字幕でインターネット上での配信を見ることが出来た。
 日本では、中東ものを丁寧に描く篠原千絵が「夢の雫、黄金の鳥籠 」というコミックスとして書きはじめており現在は9巻まで出ていて、今月10日には第10巻が出る。もちろん、作者オリジナルな設定もあり、そっくり「壮大なる世紀」をなぞっているわけではないが、いずれも面白い。



2.いよいよ今日から日本へ
新聞にCSの銀河チャンネルで本日無料放送があり、第1話・第2話まで見ることが出来るというので、早速番組表を見たら、CSの305 チャンネル銀河で確かに無料視聴できるようになっていたので早速予約してみた。
 トルコ語の英語字幕版で語学力のたらないのを、時代背景や当時の文化背景だけを頼りに想像していたものが、日本語字幕になればずっと物語として肩の力を抜いて楽しめそうだ。明日からの本放送は有料放送になるようだが・・。⇒訂正 8月7日深夜0:00に第1話と8日深夜0:00に第2話まで無料放送なのでスカパーなどでチャンネル銀河に入っていなくても見ることが出来る。

チャンネル銀河のottomanHP

 なお題名は、トルコ語直訳の「壮大なる世紀」ではなく『オスマン帝国外伝~愛と欲望のハレム』となっていて、なんとなく日本ぽい題名だなあと思っている。2回目の放映が行われている『クイーンメアリ 愛と欲望の王宮』ととても似ている題名になってしまっているのがちょっと残念だ。

☆予告動画↓
https://youtu.be/tGAIytPN1k0


c0067690_14241033.jpg

スレイマン1世が座っている椅子、トプカプ宮殿に展示してあった象嵌細工ものだ(撮影にはレプリカだろうが)衣装の重厚さや、当時のオスマン帝国での習慣など興味は尽きない。

 第1話は父王セリム1世が崩御し、スレイマン1世が即位するというところから始まる。
久しぶりのワクワク感がある。

                                         
人気ブログランキング

by miriyun | 2017-08-06 05:33 | トルコ | Comments(13)
2015年 11月 09日

何の夢見る

木陰の本屋街   

c0067690_6525440.jpg

イスタンブール、グランドバザールで必ず行くところはここ。
バザールの屋根の下から外れて階段を数段上がると、
そこに本屋街がある。

喧騒から離れて、木陰 に並び立つ本屋街。
c0067690_6531741.jpg

他では見つからない書や本がある。

スルタンのトゥグラー集はオスマン帝国の歴史へと誘ってくれるだろう。
イマードの書があれば、書のリズミカルなラインで脳内が満たされるだろう。
ミマール・シィナン(シナン)の建築の特集本があったらそれをもとに、シナンの跡をたどる。

そんなことに気持ちがぐっと入っていく夢の空間。


c0067690_647742.jpg


本を見ていたはずがこちらに目が行ってしまった~!

本に囲まれて木漏れ日の中で気持ち良さげに眠る、
タイル本の上に寝て、イスタンブルの見所と書に囲まれて

君の見る夢は何だろう・・・。


                                                一日一回、ポチッと応援していただけると励みにもなります   

                                                                  
人気ブログランキングへ

by miriyun | 2015-11-09 06:56 | Comments(4)
2015年 11月 08日

客船の似合う街2 イスタンブル

1.乙女の塔    
c0067690_1263492.jpg

アジア側からトプカプ方面の乙女の塔をのぞむ。 

2.客船の似合う街2 

c0067690_1261543.jpg

ヨーロッパ側の新市街には、白い客船。

c0067690_1284399.jpg

船の名はセレブリティ・イクノス(Celebrity Equinox)。
12万トンの豪華客船だ。
以前紹介したクインエリザベスは横浜のベイブリッジをくぐるのに干潮時でないとくぐれず苦労していた。あのクイーンエリザベスは9万トン。
c0067690_129551.jpg

世界の客船は、長足の進歩を遂げていて、横浜で大型客船を見られなくなっている間に
とんでもなく巨大化している。
イスタンブルでは金角湾などの狭い海峡以外は橋の拘束がないので、
どんなに大きな客船も次々とやってきて停泊する。

                                                一日一回、ポチッと応援していただけると励みにもなります   

                                                                  
人気ブログランキングへ

by miriyun | 2015-11-08 12:15 | Comments(4)
2015年 11月 08日

客船の似合う街1 イスタンブル

客船の似合う街1   

c0067690_1153623.jpg

イスタンブルで海を眺めるとかなりの頻度で客船が目に入る。
巨大なビルのような豪華船客船も軽快な小型フェリーも定期航路のフェリーも、
なんともこの街の風景にしっくりとなじんでしまう。

行き交う小舟にも豪華客船にも
等しく見渡せる素晴らしい景観がここにはある。


c0067690_11272766.jpg

左からブルーモスク・アヤソフィア・トプカプ宮殿

上の写真は一部で、実はもっと続いている。
c0067690_11334334.jpg

    ↑(写真の上でワンクリックすると大きい写真で確認できます。もうワンクリックで元に戻ります。)

上の3つが続いた先には、さらに丘陵に沿って段差のある4本の塔のスレイマニエモスクが続く。


海から見ただけで絵になる街、イスタンブールよ!


                                                一日一回、ポチッと応援していただけると励みにもなります   

                                                                  
人気ブログランキングへ

by miriyun | 2015-11-08 11:56 | Comments(2)
2015年 09月 05日

ハセキ・ヒュッレム・ハマムに見る修復の結果

1.新旧  
 イスタンブールの新旧比べ。
誰からも振りかえられずにいたハセキ・ヒュッレム・スルタンハマムが気になったのが2007年だった。

 
 自分ではそのさびれた写真しかないので、きれいになったハマムを撮ってきた。

では新旧比較を!
c0067690_15313371.jpg

 
 ヒュッレム(トルコの歴史ドラマ『壮大なる世紀*Muhteşem Yüzyıl』の主人公の一人)の名があるのだから気になっていたが、何しろ建物が汚い。このように煤まみれになっていたら、何十万にもやってくるアヤソフィアとスルタンアフメットモスク(ブルーモスク)の間にあるよと言っても気付かれないのではないかと思うくらいさびれていた。

c0067690_15315336.jpg

それが現在では、入り口の前には野外カフェ(ハマムの利用者がここで食事ができる)のようになっているし、かって煤まみれになっていた痕跡は探せない。上の写真と比べれば、落とし切れなかった煤汚れは若干あるだろうが・・。 

 1556年の歴史遺産であるから基本的なデザインは変えていない。ただ、建物が何であるかは以前は入り口の上に釣り下がっていたプラスチックボードに小さく見えにくい色で書いてあるだけだった。
 今は外側のアーチの下にぴたりと嵌め込んだ看板がついていた。
窓の木枠は白く塗っている部分もあったがそれを茶色にした。外の白い円柱もお化粧直しし。特に金の輪がはいり、玄関上の金箔の上の文字と調和している。

 なぜ、こんなに汚くなっていたのかは過去記事→ヒュッレムのハマム…風呂の話(7)
               

2.ミマール・スィナンの残したハマムがよみがえった。 

c0067690_1602960.jpg

c0067690_1605143.jpg

 男女用有るので左右対称型に連なる大がかりなハマム。
トルコを知る人なら必ず目にするミマール・スィナンの名前。彼はスルタンの信頼を得た建築デザイナーであり、エンジニアであり現場監督でもあった。彼はスルタンの戦争に必要なものからハマムまでつくり続けた。98歳まで。驚異的な人物である。有名なモスクだけでなくちょっとしたところにも彼の遺作が残っている。まあ、よほど時間がないとまわれないので、自分でもいつそれらを見て回れるのだろうか、98まで見て回れるのだろうか(笑)

 *自分はとても自信がないが、毎回旅をする中で日本の戦中戦後をまたいできた人たちの強さに感嘆する。今回も80歳をゆうに超えているような杖を突いた男性の方が、洞窟の岩絵を見るような上り下りが急なところまで見て回っていたのに驚く。

◆ハマムの左右対称になっている全体像を撮ろううと思った。
 
c0067690_1613619.jpg


わ~ぉ、噴水で見えなくなった。
この噴水も変わっていた。もともと大きな噴水のある池ではあったが。これではない普通に地味な作りの池だった。しかし、現在はデザインされた地色が入り、ヘリにはライトアップ用のライトが埋め込まれている。池の周廻りの壁面は外側が斜めになっていて、そこにモザイクでイスタンブールの歴史遺産のある街並みを描いてあった。さらにその周りにアクリルの囲いもあって、モザイクの上にのってしまったり池には行ったりできないようになっていた。

人通りが多いが通路まで下がって全体像を
c0067690_1624258.jpg


 うん、美しい大小のドームがまっすぐに並んだ完全な左右対称だった。
間違えてはいけないのは、ミマール・スィナンは決してブルーモスクとアヤソフィアの真ん中に風呂をつくろうとしたわけではない。アヤソフィアがビザンチン時代につくられ、オスマントルコがそこをモスクに変え、トプカプをつくった。
 トプカプ宮殿から見て西に祈りの場であるアヤソフィアがあり、さらにその先にハマムはつくられた。ブルーモスクは17世紀に入ってから作られたのであるから、歴史的にはこのハマムの方が深いわけなのだ。


                       一日一回、ポチッと応援していただけると励みにもなります   

                                  


by miriyun | 2015-09-05 16:03 | Comments(2)