写真でイスラーム  

mphot.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2005年 10月 27日

アル・ヒジャーネ村の学校にて

アルヒジャーネ村の学校の一室でサマースクールが行われていた。先生はCBRプロジェクトに賛同したボランティアである。
c0067690_117432.jpg

 黒板には次のようなことが書かれ、それぞれの力の応じて学習する。
・3 = 2  + 1(本当はアラビア数字だが、PCでその文字がまだ見つけることができない)
・アラビア語のアルファベット
・単語練習
クルアーンの暗唱
  
c0067690_12194785.jpg

   左上から・・・ バカラ(牛)・ ヒサーン(馬)
   左下から・・・ ハルーフ(羊)・ジャマル(ラクダ)
 ↑手書きの絵とアラビア語ににていねいに色鉛筆で色を塗った教材で、ずっと使えるようビニールでカバーがしてあった。 

 年少の子はアルファベットを書いている段階なので、ほとんど絵を見て答えているのだろうがその中で徐々に文字に親しませようとしている。また、ノートにアラビア語でクルアーンの句を書いてきたものを先生が熱心にみていた。私のもとにも頑張っているでしょうと見せにくる。ボランティア要請で最初に障害者への教え方などを教えたそうであるが、この村のボランティアはとくに熱心である。  
 目に意志の強さが表れている先生は全体のリーダーとして働いていた。黒いヒジャーブをかぶっている人は目がやさしくおとなしい感じ。写真撮影をしていいかと聞くと快く応じてくれた。 同じイスラム圏でも女性の服装も考え方も様々である。
 
c0067690_12341356.jpg

 子どもたちはどんな様子か。背の高い24歳の女性はまっすぐな気持ちで精一杯練習している。書くのはゆっくだが、難しいクルアーンの章をみごとに暗記している人もいる。
c0067690_12293135.jpg
c0067690_12301512.jpg

  
 二人の女の子は愛嬌があってかわいい。Uという男の子は人懐っこく、人と触れ合うことを喜んでいて別れを残念がっていた。
 大柄でニコニコ笑っていた男の子などいろいろな子がいたが、共通していたのは、障害によって学校にこれなかったこの子たちが、はじめてのサマースクールを楽しみ目がきらきらと輝いていたことである。

# by miriyun | 2005-10-27 11:35 | シリア | Comments(2)
2005年 10月 26日

ダマスカス郊外・・・ JICAのCBRプロジェクト

 農村の暮らしとJICAの活動についてフィールドワークを行うため、ダマスカスのシリアJICA オフィスを訪問し、広報担当のT氏から、専門家のT氏を紹介してもらった。(もちろん、事前に日本からコンタクトして許可を得た上である)また、このプロジェクトに参加している青年海外協力隊員Y氏、現地との詳細なやり取りをするための現地職員であるヨルダン人秘書Nさんの紹介を受ける。

 ダマスカス近郊3つの村で進行中のCBR事業について見させていただいた。

 アル・ヒージャーネ村はダマスカスの郊外50kmにある。ダマスカス国際空港の滑走路の延長線上にあるため、ジェット機を下から見上げる事の多い村である。この空港ができる時に村の半分の土地を没収されたため、ほかの村より貧しい。水利権を持たないこともそれに輪をかけているという。
 
c0067690_1095486.jpg

 ↑アルヒジャーネ村の小学校

 就学率の高いシリアであるが、障害者教育はダマスカスのような大都市であるなら整備されていても、この村には無縁であった。小さい集落になればなるほど血族結婚も多いといわれる。障害児は家の中で大事に養育されているが、学校に行く機会はない。また、大人になっても家の中でのみ置かれ、学ぶ権利などは保障されていない。

 CBRプロジェクトではこの障害のある人に学ぶ経験をさせていた。村のボランティアの女性たちが、これまで全く学校教育を受けていなかった子どもたち(24歳の女性もいるが)を教えていた。学校を夏休み中に借りるにも難しいところもある。この学校は校長の理解があったのですぐに借りることができた。しかし、最初は長老格が見に来て、学校設備を壊したりしないか心配そうであったという.教える内容は、いわゆる識字教育が中心である。

 *用語解説*
    CBR (Community Based Rehabilitation)
    とは―― 
    1981年のWHOリハビリテーション専門会議で最初
    に定義され、その後WHO、UNESCO、ILO合同で、
    「CBRとは地域開発におけるすべての障害者のため
    のリハビリテーション、機会の均等、社会への統合の
    ための戦略である。CBRは障害者自身、家族、地域
    社会の共同運動、そして適切な保健、教育、職業、社
    会サービスによって実施される」と定義した。 
              (引用:クロスロード2002年12月号)

# by miriyun | 2005-10-26 07:56 | シリア | Comments(0)
2005年 10月 25日

宮殿とモスク至宝展・・・文字文様を読もう

 宮殿とモスクの至宝は想像以上に盛況で、イスラームの工芸・建築・文字などに関する関心は確実にたかまってきていることを肌で感じた。 
 ムハンマドの墓の掛布というのが目を引いた。

 トルコの17世紀のものという。下記の写真はV&A美術館カタログから引用させてもらう。
 (引用についても、orientlibraryさんの『イスラームアート紀行』に於けるorientlibraryさんと憂無庵さんのやり取りの中で学ばさせてもらいました。お2人に感謝!です)
 
 その引用に自分なりに文字解説を入れた。アラビア文字を文様化することは、偶像禁止のイスラーム教関連においては必然性があったわけで、みごとに文様化している。
c0067690_1345124.jpg

 いくつか気付いたことを並べてみよう。(ただし、色については元の色がわからないので、今見える色で表示する。例えば地色はカタログによると緑地と表現されているが、実際には黒かグレーにしか見えない)

1、まず、○の中のアッラーであるが、赤系の色で織られているが、輪郭はさらに濃い赤で織っている。毛織の絨毯の手法でもくっきりさせたい草木文や文字の輪郭を白の絹糸でいれることがある。このひと手間を加えることで、古くなり色が枯れてきても輪郭はくっきりしていることになる。この絹布でも元の緑地がまったくわからないほどとなっても文字は浮かび上がってくる。

2、アッラーの上のシャッダ(wのようにみえる記号)とムハンマドのムに当たるところの丸の中、及びムハンマドの最後(左端)の草木文様が色の明るいピンクになっている。このように記号、あるいは文字そのものの一部をデザインとして色を変えたりすることがある。こうしたデザインを行うことでイスラームにとって最重要なアッラーとムハンマドの名をあらわしながら重くなりすぎず軽やかさを保っている。

3、ラーイラーハイッラーラー(アッラーの他に神はなし)はあえて階段状にまっすぐな縦の線を強調して並べている。
 それに対してムハンマド・ラスール・アッラー(ムハンマドはアッラーの使いである)やわらかみのある線を対比させている。

4、ところどころにアクセントとしておかれた花の文様はトルコの得意とする文様だが、おそらく具象ではなく抽象の絵としてこういった極めて宗教的意味の強い布にも使えたのだろう。控えめに入れたこの花がやさしさを与えている。

5、ジグザグ文様の中にもこれでもかというくらいにアラビア文字で埋め尽くされている。字数が多いので輪郭のラインは入れず、色も薄くすることでバランスを取っている。意味はわからないが、文字文様の”ルール”は読み取れる。それは、ムハンマドラスールアッラーと、そのすぐ下のジグザグの中で、いずれもアッラーを上においている点である。アラビア語はデザインの中で上下に何を置くかを意識しながら配置する。そのルールがこの布でははっきりしている。

6、最後にこの布の美しさは、これだけ空間をびっしりと文字で埋めながら、リズミカルな連続性を演出していることである。同じだけの文字をただ並べたなら、じっと見たいという魅力も芸術性もないものになってしまうだろう。しかし、これは織物の特性を考えた文字のデザイン・文字の大きさや重要性に合わせた色使い・同系色を使うことによる調和・ところどころに植物を配したセンスによってリズムを感じさせる美しい布となっている。

*かれた色の実物にも心惹かれたが、緑の地がはっきりとしていたときはどんなだったのだろうかとつい想像してしまう

人気blogランキングへ

# by miriyun | 2005-10-25 13:32 | イスラームの工芸 | Comments(2)
2005年 10月 24日

サウジアラビアとV&Aの宮殿とモスク至宝展

 サウジアラビアと日本の友好50周年の今年、サウジアラビア大使館はヴィクトリア・アンド・アルバート美術館による宮殿とモスクの至宝展(世田谷美術館)の紹介とちらし配布にも熱心だった。
 なぜ?と疑問におもった。
c0067690_459558.jpg

 アブドゥル・ラティフ・ジャミール氏と夫人の寄付によるということはわかった。ヴィクトリア&アルバート美術館に『イスラム美術ジャミール・ギャラリー』が2006年に開設となる。かれらへの感謝として名を掲げての巡回展だということだ。

 では、その人はどういう人なのか。

 サウジアラビアのジャミール・グループを率いていた。

 アブドル・ラティフ・ジャミールグループとは・・・トヨタ自動車が2005年8月から国内で始めた高級車「レクサス」販売をのばすために、パートナーとした会社だ。中東の富裕層に多くの販売実績があり、サウジアラビアでトヨタ車とレクサス車の独占販売権を持つ同国有数の財閥企業だ。世界有数のトヨタ系ディーラーでもあり、豊富な資金を背景に2003年は11万台を販売し、1990年には英国の有力ディーラー、ハートウェルを傘下に収め、欧州にも販売拠点を築いている。 
 また、デンソーのサウジアラビアでの合弁生産会社であるデンソー・アブドゥル・ラティフ・ジャミール社を設立し、カーエアコンを生産する。

 ここにサウジアラビア大使館ジャミール・グループトヨタデンソーレクサス練馬という協賛企業のつながりが見えてきたのだ。

 企業は突き詰めていくと国内外にいろいろなつながりがあり、政治面にも思わぬ影響力があったりする。面白いものだ。

 ところで、イスラーム文化大好きな私であるが、タイルや陶器についてものすごく詳しく、そして何よりタイル芸術を愛しているorientlibrary さんの『イスラムアート紀行』が奥が深い。これらについては、是非そちらをご覧ください。
 
 自分自身は、遠いけれど至宝展行ってよかったという思いが強く、イスラム科学と文字について語りたくなってきている。

# by miriyun | 2005-10-24 04:29 | 日本の中のイスラーム | Comments(2)
2005年 10月 23日

サウジアラビア友好50周年

 日本とサウジアラビアは今年で友好50周年である。したがって、50周年に関わる事業や催しがめじろおしで、万博への参加にも熱心でやサウジアラビア館のHPもたびたび更新してしっかりつくっていた。大使館主催の催しも多く、サウジアラビア紹介のDVDやバッジなどをそのたびに配っている。今後も何かと催しのたびに配布されそうだ。

↓サウジアラビア・日本友好50周年記念ピンバッジ 
c0067690_4191644.jpg

                         ↓両国の国旗  
c0067690_4195737.jpg
            
↓サウジアラビアの国章 なつめやしの木と剣
c0067690_425336.jpg

2002年FIFAサッカーワールドカップ記念、上に国章、鷹の足につかんでいるのはサッカーボールのようだ。これだけは、サウディーというアラビア語が入っている。↓
c0067690_4221155.jpg

更にサウジアラビア紹介DVD・・・これは愛・地球博でも山に積んでいてサウジの余裕のふところぐあいを感じさせられた。なお、内容は自然・環境・成り立ち日本との関係と挨拶などである。最後にモリゾウとキッコロが回転しながら出てくるところが他の雰囲気と違って可愛くて笑える。

c0067690_342296.jpg

         
 

# by miriyun | 2005-10-23 01:43 | 日本の中のイスラーム | Comments(0)
2005年 10月 22日

シリア・・・ウマイヤ・モスクの祈りと安らぎ

 スーク・ハミディーエを東に直進するとローマ時代の列柱がそのまま立っているところに出る。その先がウマイヤドモスクの入口で、以前にアレッポのモスクで貸し出し用を着せられた記憶があったので、今回はアバヤを用意してきている。それを着てから入った。

 (これを書くために地球の歩き方を確認したら、外国人専用の入口は北門だという。確かでるときは北門からでたが、入る時は、人の流れに沿って西門から入っていた。どこかに表示があったのだろうか?・・・知らなかった!今思えばアバヤを着ていたので勘ちがいされたのかもしれない)
c0067690_1105160.jpg

 ウマイヤ・モスクは完全な形で現存するもっとも古いモスクだ。715年に建てられ、その大きさはエルサレムのアル・アクサーモスクに匹敵するという。中庭を囲んで回廊と礼拝堂がある。
 まず中庭は長さ122m、幅50mで、ピカピカと鏡面のような大理石が敷き詰められている。座り込んでいる人、昼寝している人などさまざまだ。
c0067690_1122868.jpg


 ↑礼拝堂中心部のファサードには植物と家の文様がはっきりと残っている。このモザイクは金色を背景に楽園をあらわすと聞いている。背景の一部の色は失われているように思うが、題材・文様くっきりとしてこれが8世紀のものかと驚かされる。 
c0067690_1153257.jpg


 中には絨毯が敷き詰められ、人々はキブラに向かって思い思いに祈る。

 集団礼拝はいろいろな書物にあるように全体で合わせて礼拝する場面があるが、それは主に金曜日の礼拝の場合だ。
 通常はそれぞれが自分の神と向かい合って自分のペースで祈っており、決して隣と揃えることはない。写真はそれぞれ一連の祈りの動作のどこかを行っている動きを撮りこもうとしてスローシャッターにしたが、ぶれてしまった失敗作だ。 しかし、それなりに思い入れがあり、また、祈る女性の顔が見えないところもちょうどよかったので載せることにした。

# by miriyun | 2005-10-22 01:16 | シリア | Comments(2)
2005年 10月 21日

「スーク・ハミディーエ」と 「スーク・ミドハド・パシャ」

 ダマスカス(アラビア名ディマシュク)で、スーク・ハミディーエに向かって歩く。同じアラブ圏でもシリアは女性の一人歩きも違和感はさほどない。家族連れや女性の買い物客がとても多いせいかと思われる。
 
 なつかしいスークの入口が見えてきた。
c0067690_21582251.jpg

 11年前、ここのスークの中の工房で記念すべき最初のキリムを買ったのだ。それ以後、写真以外に絨毯・キリムを見ることも趣味の領域にはいってきている。 

 賑わいは変わらず人はいっぱいでスークの入口からウマイヤ・モスクまで約600mほどなのになかなか行きつけない。多くの店が軒を連ね、いかにも中東っぽさが伝わってくる。
c0067690_2211276.jpg

また、一本となりに平行に並ぶスーク・ミドハド・パシャにいくと、生活感が溢れている。日常品の石鹸や香辛料はこちらに積んである。
c0067690_226489.jpg

天蓋からもれる光が斜めに射し込み、生活にスポットをあてている

# by miriyun | 2005-10-21 21:39 | シリア | Comments(2)
2005年 10月 20日

歴史と美のヒジャーズ駅

 ヒジャーズ駅は1917に作られたオスマン朝時代の影響のある駅である。ヒジャーズといえば、いわずと知れたT.E.ロレンスがアラブの反乱で、鉄道爆破の作戦を行ったのがヒジャ-ズ鉄道であった。以前にヨルダンで砂漠の中の線路を見たが、実はそれ以来客車は通ってはいない。列車に乗るにはヒジャーズ駅の5kmほど離れたカダム駅に行かなければならない。

 *この駅の見所を挙げてみよう*
c0067690_2111828.jpg

1、駅舎はT字路の奥に堂々たる左右対称の姿を見せている。屋根のトップにはシリア国旗がなびいている。

2、内装はステンドグラスが鮮やかである。
c0067690_215933.jpg
3、天井の細工がみごとなつくりである。

4、ハーフェズ・アル・アサド大統領、バッシャール・アル・アサド大統領父子の肖像がかざってあること。

5、ヒジャーズ駅改良工事の模型・・・いつになるかわからないが壮大な計画があるらしい。




6、駅舎の前に展示している機関車・・・オスマン朝時代を髣髴とさせる
c0067690_223175.jpg

7、目の前の水のみ場(サビール)・・・アラブ各国では旅する人も気軽に使える水のみ場を設置している。こういったサビールもサダカという寄付でできている場合がほとんどだ。
c0067690_242298.jpg

↑左奥の建物がオリエントホテル。そこから左に3分くらい歩くとスルタンホテル

# by miriyun | 2005-10-20 01:13 | シリア | Comments(2)
2005年 10月 19日

スルタンホテルへ

 シリアの最初の夜はいろいろ緊張した後なのでよく寝た。アザーンを聞くことも目的の1つであるのに気付かずに寝ていたほどだ。洗濯物はかなりかわいた。ドライヤーは旧式だが他の設備はまあまあだ。
 何しろ今夜どこに泊まるかを決めなくては安心できない。ジュニアスイートなどではなくふつうの部屋にしたい。他の部屋を希望するが200ドルの部屋しかないという。早口で不親切な雰囲気の人だったので、他のホテルに移ることとする。
 フェニシアホテルがいいと聞いていってみる。フンドゥク(ホテルの意)がついていないで、ただのVENICAと書いてあるだけだったので、名を知らなければいきすぎてしまうところだった。フロントは感じがよいが満室。古くから知られるオリエント・パレスも満室。
 
 さらに発掘調査隊がよく使うというスルタンホテルでようやく空き部屋を見つけた。

c0067690_1735769.jpg
←ここは、看板が小さいけれどしっかりと フンドゥク スルターン と書いてある。

 シャワー・トイレはなく共同のを使う。でもひとりべやである。入るとまどはビルの内側に向いているので壁しか見えないが扇風機もあるし、洗面台もある。この部屋が朝食付き20ドル。 それに明日以降はシャワー・トイレつきの部屋が空くという。


c0067690_16532044.jpg
 ←朝食時やお茶で使ったレストラン

 願ってもない。しかも場所はヒジャーズ駅のすぐそば。ダマスカスの中心にあたり、どこへ行くにも絶好のロケーションだ。内心やったーと叫んだのだ。 
 
 スルタンホテルに荷物を移すとさっそく旧市街へ出かける。ホテルから真東にまっすぐに行けばスーク・ハミディーエにつく。これなら夕刻になっても間違えることはない。

# by miriyun | 2005-10-19 16:10 | シリア | Comments(0)