写真でイスラーム  

mphot.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2018年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧


2018年 02月 13日

自作エブル

エブル                                        
 時折しか参加できていないが,エブルを習わせていただいている。

水の上のアートは何とも面白い。
本来、絵具は水の上に勝手に広がり勝手に沈み、そして最後には混ざってしまうものだ。
しかし、シルクロード沿いの国の工夫によってさまざまな試行錯誤をしながら発達してきた。エブル、マーブリング、墨流し、国によって名前は違うが、水の上で絵具が広がる性質を使ったアートである。絵の具は胆汁で浮かび且つ締まり、水で薄めれば広がる。                        

c0067690_01313057.jpg
最近、この孔雀の羽根のような文様づくりに凝っていた。

c0067690_01314222.jpg
絵具の選択と、バッタル、水中にさしこむ櫛の間隔と動かし方によって、
毎回異なる文様になっていく。

↑ 一日一回、ポチッと応援していただけると励みにもなります   


by miriyun | 2018-02-13 01:41 | イスラームの工芸 | Comments(6)
2018年 02月 12日

一滴の水

どんなに好きなものでも錆びつかせたらポンコツ。

いつか、この紙をこうデザインして、
こんな文様を入れてなどと考えて温存しているうちに
自分がポンコツ化してきていることに気がついた。

自分の大好きなことを続けるのに大事な右指を痛めてしまうことが増えてきた。
PCがやっと動いている、プリンタが動かない~そんな言い訳をしながら
あらゆる自分の表現場所への意識が弱っていることに気がついて、
ようやく始動している。

c0067690_12091556.jpg
そんなときにアラビア書道のテキスト(本田孝一著 アラビア書道講座ジャリー・ディーワーニー書体テキスト)
を練習していて、この言葉に出会った。
「雨の始まりは一滴の水から」
一滴の水こそが、いつか雨になり、川になる。

出来ることからしないでどうしよう。
思っているだけで時は過ぎゆき、心身ともにポンコツになっていく。
頭の中で思っているだけでなく、
今思ったことをしていこう。
小さなアイディアも形にしていこうと思った。

”いつか”ではなく、今できる小さなことを・・・。


                                                                                                                              
                                                 一日一回、ポチッと応援していただけると励みにもなります 


by miriyun | 2018-02-12 12:29 | Comments(8)