写真でイスラーム  

mphot.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:未分類( 1444 )


2019年 05月 11日

『2つのスーラ』Two Koranic Surahs・・・アラビア書道作品 

A Gallery of Arabic Calligraphic Works of Fuad Kouichi Honda
   ≪本田孝一氏Web作品展≫・・・ アラビア書道家・本田孝一氏の作品を紹介する特集
c0067690_17064520.jpg
↑ 画像の上で一回クリックしてください。大きくして見ることができます。(You can click this photo to see a larger image.)

          

Web作品No.47
『2つのスーラ』Two Koranic Surahs
(「スーラ」とはコーランの章のこと)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~  
・内容:Holy Qur’an 『コーラン』 「夜訪れるものの章」と「至高者の章」
・書体:ファーリスィー(ペルシア)書体、ジャリー・ディーワーニー書体
・大きさ:縦130cm×横259cm
・材質/技法:(文字) レタリングゾル
       (彩色)アクリル絵具
・制作年:2019年
・所蔵先: Islamic Arts Museum,Malaysia
     マレーシア・イスラム芸術博物館
・撮影:M.Kobayashi
 
◆作者コメント:
天の空に浮かぶ雲に『コーラン』、「夜訪れる者の章」(17節)を振り分けて、ペルシャ書体で書いた。
ペルシャ書体はなぜか雲の形とマッチする。
他方、長い地平線の大地には「至高者の章」(19節)を、ジャリー・ディーワーニー書体で密なる大地を表現しようと書いてみた。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
                                                                                                                                            
                                       
 
   





by miriyun | 2019-05-11 17:04 | Comments(2)
2019年 05月 11日

「令和」書初め

1.令和    

 今年は、
2019年・・・・これは西暦。
1440年・・・イスラム暦。
1398年・・・イラン暦。
他にも世界には様々ある。
そして日本独自の元号が変わり、平成31年4月30日の次の日が令和元年5月1日となった。

 令和に改元された5月1日の次の日、エブル(トルコに発達した水の上の芸術、マーブリング)の作品展があったので、改元後初めての作品作りをした。
 
 トルコのエブルは、ペルシアともイタリアとも異なり具象的な形を作る技術が優れていて、これまたすごく面白い。そんなわけで仕事の合間を見てぽつぽつと参加させていただいたが、技術的にはまだまだの初心者。それなのにひょんなことから作品展に出品することになった。

 

2.親子馬 
c0067690_12413377.jpg
きちんと文字のラインを揃えて書いたのが「令和」
馬はたてがみと長い尾以外はすべて文字。目も脚も文字の一部である。
新しい年の平安を祈る言葉をアラビア書道で表した。

そして何よりも大事なのは伝えたいイメージ
これからのこどもたちが安心して進める時代になりますように!

だから、

親子の馬が自由にゆったり走るイメージで、馬の形を平安を願うアラビア文字で綴った、
馬の身体には平和を願って花とハートのエブルを入れた・・・。                                                                                                                                                                                                     
                                       
                                                    
                                               一日一回、ポチッと応援していただけると励みにもなります   
  


by miriyun | 2019-05-11 12:12 | Comments(2)
2019年 04月 15日

『聖なる雲』(青) Sacred Clouds(Blue)・・・アラビア書道作品 

A Gallery of Arabic Calligraphic Works of Fuad Kouichi Honda
   ≪本田孝一氏Web作品展≫・・・ アラビア書道家・本田孝一氏の作品を紹介する特集

c0067690_13322506.jpg

 Web作品No.43
『聖なる雲』(3連作)”Sacred Clouds"(Triptych)
(1)『聖なる雲』(青)”Sacred Clouds"(Blue) 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~  
・内容:Holy Qur’an 『コーラン』 家畜の章 95~99節
・書体:ファーリスィー書体(ペルシャ書体)
・大きさ:縦236cm×横97cm
・材質/技法:(文字) レタリングゾル
(彩色)アクリル絵の具
・制作年:2018年
・所蔵先: Islamic Arts Museum,Malaysia
    マレーシア・イスラム芸術博物館
・撮影:M.Kobayashi


◆作者コメント:
もくもくと湧き上がる雲の柱。その中に聖なる言葉が印されていると見た。
それ曰く、「神は死から生を生み出し、生から死を生み出す・・・」と。
すべては神のみ業なり。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 
                    
                                                                                                                              
                                       
                                               

by miriyun | 2019-04-15 13:37 | Comments(4)
2019年 04月 05日

しだれ桜

1.しだれ桜    
c0067690_17000972.jpg


小さな公園のしだれ桜は春を告げているのか見に行った。

まだまだつぼみが多いが、 
  陽光がその花弁の柔らかな重なりを見せてくれた。


2.夕日
    
c0067690_16592097.jpg
富士よりも更に西よりに日が沈む。
  綺羅と輝く山の端、
    光と陰を宿す雲・・・


c0067690_16593254.jpg
c0067690_17120280.jpg
夕暮れ時の西からの光で楽しんだ。
まだ、ちょっと花冷え、
   次はどの桜を見に行こうか。


                                                                                                                                                                                                           
                                       
                                                    
                                               一日一回、ポチッと応援していただけると励みにもなります   
   


by miriyun | 2019-04-05 17:21 | Comments(4)
2019年 03月 26日

コブシ咲く昼夜

白さが冴える    


c0067690_16121718.jpg
日差しの下で、白さが目を引く。街路樹のコブシはその冴えた白で春を呼ぶ。
 
c0067690_16121927.jpg
真っ暗な闇になる直前のブルーモメント、深い藍色が天空を占める。
その深い色の中でも白さが際立っていた。  
                                                                                                                                                                                              
                                       
                                                    
                                               一日一回、ポチッと応援していただけると励みにもなります   
   


by miriyun | 2019-03-26 16:11 | Comments(2)
2018年 12月 21日

頭上の光景

樹々のせめぎあい
   
c0067690_01320049.jpg
鎌倉の山で天を仰ぐと、

そこには青空を隠すほどの

いちょうとモミジのせめぎあい。

                                                                                                                                                                                                           
                                       
                                                    
                                               一日一回、ポチッと応援していただけると励みにもなります   
   


by miriyun | 2018-12-21 01:46 | Comments(0)
2018年 12月 13日

イブラヒム-パシャの家~オスマン帝国外伝

1.華麗なる世紀(「オスマン帝国外伝」~愛と欲望のハレム)    


このドラマは以前から紹介しているが、CS銀河チャンネンルで放映されていたが佳境に入った第2シーズンが終わった。
BSで遅れて放映されているのもあるので、以前より目にする機会は増えていると思う。宮殿とその周辺の出来事であるのに、波乱万丈、次の日が待てないほど次回を期待させてしまう面白さがあり、世界的ヒットになったのがわかる。

 第3シーズンが放映されるのが待ち遠しいのだが、まだいつ放映されるのかわからない。いくつかのサイトでPCやスマホで見る道はあるようだが、やはりドラマはTVの画面でゆったりと見たい。
 だからひたすら待つのだが、その間につい、これまで見ないようにしてきた登場人物についてみてしまった。
 歴史上名高い、スルタンスレイマンやヒュッレムについては、以前から知っていたが、ドラマの上でとても気になる大宰相イブラヒムパシャを調べてしまったのだ。

 イブラヒムはドラマ上の設定と同じ漁師の家の生まれで、ある時さらわれ、奴隷となっていたが、その時に聡明であったため、主人から教育を与えられていた。そうして青年期を過ごしているときに若き皇子であったスレイマンに見いだされ、信頼を得て国を担うパシャにまで出世する。
 恋仲であったスルタンの妹ハティジェとの結婚も認められ、家も構えるに至った。
 

2.イブラヒム‐パシャの家
   
その家とトプカプ宮殿の間を、気楽に妃や皇子・スルタンたちが行き来する。これはよほど近いのだろうと思い、つい調べたら、なんと残っていた。

イブラヒムパシャは讒言によってのちにスルタンに命を奪われてしまい、当然、反逆者の家として手入れもされず荒れ果ててしまった。
ところが建物自体は石造りでしっかりしている。現代になって改装してトルコ・イスラーム美術館として使われることになったのだ。

場所はブルーモスクの隣に広い公園のように長方形のヒポドロームの脇だ。
ヒポドロームはローマ帝国時代の競技場後で、この広いまっすぐな公園の形はオスマン時代も残されていた。

そこに建てられたハティジェとイブラヒムの館。
う、うん?
それって11年前に行ってる⁉
美麗なコーランや書道・ミニアチュールを見てきた美術館だった。
名を、トルコ・イスラーム美術館という。

c0067690_18033622.jpg
その時の作品展の垂れ幕がたくさんかかっているがその下の石造りの館は昔のままなのだ。
c0067690_18034068.jpg
(↑写真は作品展をTV局がきて撮影しているところだったので人が多いので主に天井だけ)
中は曲線を持つ天井が連なる廊下などが目に付いた。イブラヒムの館と知っていたらもっとよく見てきたのに、展示品だけ見た記憶ばかりだ。


c0067690_17163304.jpg
↑(この横からの写真はWikipediaより引用)

このイブラヒムの屋敷は広大で頑丈で美術館としての要件を満たしていたのだろう。

ドラマを見るたびにイブラヒムの才と功績、身分は奴隷からの立身という立場からの複雑さを感じるが、そのイブラヒムを今でも身近に感じる場所が残っていたことに驚く。
 次に行く機会があったなら、全く別の見方でこの美術館の隅々まで味わうことになるだろう。
 
 ドラマがきっかけとはいえ、より歴史を感じながら見るのは楽しい・・。
                                                                                                                                                                                                           
                                       
                                                    
                                               一日一回、ポチッと応援していただけると励みにもなります   
   


by miriyun | 2018-12-13 20:21 | Comments(2)
2018年 12月 08日

対比と陰影

1.対比   

c0067690_11043916.jpg
低温に負けない緑の上に、秋色もみじがひとひら、すす~っと落ちてきた。

 

2.陰影    

c0067690_11044715.jpg
                                                                                                                                                                                                           
                                       
                                                    
                                               一日一回、ポチッと応援していただけると励みにもなります   
   


by miriyun | 2018-12-08 11:16 | Comments(2)
2018年 12月 01日

12月のトマト

1.まだまだ頑張る
 家庭菜園をしていた。
狭い庭にいろいろな樹木と石が配置されている日当たりが悪い場所しかない。
その隙間に土を盛り、無理にミニトマトを栽培していた。
地植えとはいえ、日照時間が短いので生育は遅いし、夏でも実は数えるほどしかならなかった。
日当たりの良いところに置いたプランターのほうがたくさん収穫できたくらいだ。

台風で小さな温室が壊れて菜園に倒れこみ、ガラスが飛び散ったところで
トマトの手入れはできなくなり放置していた。

最近ようやくガラスも温室も片づけた。

トマトの枯れ枝も処分する。


c0067690_00320807.jpg
・・・と思ったが、根元のほうから茶色になった茎の先はまだ緑で松にシャクナゲ・山椒の木にもたれかかりながら2m50㎝くらいの高さまで伸びていた。
c0067690_00320229.jpg
  12月の朝日を浴びて元気な花とつぼみ。


2.本当は多年草 
そして、高さのある位置やスギの葉の間には、トマトが赤くなっていた。
c0067690_15411441.jpg
c0067690_15395265.jpg
トマトは本来、ペルー原産のナス科の植物。そこにはいろいろな野生種がいまでもあるという。
そのトマトが、18世紀にヨーロッパにわたってからイタリアで真っ赤なトマトで様々な調理に使われる野菜としての栽培が始まった。

温かい国なら多年草として成長し、実をつける。
低温に弱いので、10月中頃までで枯れてしまうのが日本で、そのため一年草のように感じてしまう。
露地上では冬を越すのは難しいはずだが、今のところまだ頑張ってる。

c0067690_15411822.jpg
収穫した12月のトマト。
なんだかけなげだ~!
そして、トマトの根元に枯葉の布団をかけて霜が来ないようにした。

本格的な冬の寒さから少しでも守りたい気持ちと、
地球の温暖化に負けずに本来の冬らしさが大事と思う気持ちが、今相反している。                 

                                                                                                                                                                                      
                                       
                                                    
                                               一日一回、ポチッと応援していただけると励みにもなります   
   


by miriyun | 2018-12-01 16:10 | Comments(8)
2018年 11月 28日

台風による塩害

1.塩害    
これまで塩害というのは、砂漠地帯の塩害や、川辺での水分が減少しての塩害ばかりを取り上げてきた。
しかし、ほかにもあった。

PC不調のためかけなかったのだが、今年の10月のことだ。
我が家は台風24号の強風でまさかの被害があり、それ以来いろいろなことで悩むことになった。
根本的なことは家のほうにあったが、そのほかに庭にも被害があった。
豊かな実りをもたらしてくれていた柿の木、二股に分かれて伸びていたがその一方が葉がちぢれ、みるみる枯れていったのだ。もみじも葉が紅葉せずに茶色くなって葉を落としてしまった。
それからしばらくして、各地で塩害が各地でおきているとニュースでも同じような樹木や畑での被害が報道されていた。

 かくして、柿と紅葉の葉の異常は塩害と確定した。


2.ベランダにて    

そのころ、洗濯干し用のポールに雨だれのようなものが見えていて、朝つゆがついていると思い込んでいた。
ところがそのうち、何やら白っぽくなってきた。
c0067690_00305762.jpg
                                 
虫でもついているのかと、恐る恐る触ってみた。

かたい!!

c0067690_00310355.jpg
おやっ?
思わず触った指をなめてみた。
しょっぱい
これは塩だ。

なんと、台風で巻き上げられた海水は暴風雨で海から十数キロメートル離れた丘の上まで降り注ぎ、
物干しざおについた水滴が結晶していたのだ。
これはつまり、家の外壁や玄関や植物にもすべて濃い海水が降り注いだということになる。

ガラス窓や車の汚れはわかりやすかったが、目には見えにくい場所にも塩が害をもたらしている可能性がでてきた。


海のそばでなくてもこんなことがあるという
塩害、おそるべし!!という証拠の写真を残しておくことにする。

                                                                                                                                                                          
                                       
                                                    
                                               一日一回、ポチッと応援していただけると励みにもなります   
   


by miriyun | 2018-11-28 01:03 | Comments(6)