写真でイスラーム  

mphot.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2018年 10月 14日

稲穂に秋の風情

秋風ふいて   

暑い暑い夏がようやく終わり、上着が欲しい温度となった。
飛騨高山に言った家族からのお土産。

可愛い姫リンゴも小さなクルミも食べられる。
そして久しぶりに見る稲穂に、お米のありがたさをふり返らされる。
獅子や人形の縁起物がついた稲穂を飾ることにした。
 
c0067690_17284109.jpg
大地に実るものたちへのありがたみを感じながら・・・

    
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
長いことPCから離れています。留守中においでいただいた方には申し訳なく思っています。

わがPCは何回かの不調をのりこえながら、とうとう8年もの間、働きつづけました。しかし、起動に2分、調べ物するのにポインターが示されるのに1分とか、また、たくさん働かせるとダウンしてしまうので少しだけ動かして休ませる状態です。
とうとうデスクトップを買うことをきめましたが、あとしばらく環境が整うまで古いPCはたまに動かす程度にしています。

 11月に新規PCでさらさらと物事が進むことを目指して行きますので、
それまでの筆不精、お許しください。                                                                                                                                                                                                       
                                       
                                                    
                                               一日一回、ポチッと応援していただけると励みにもなります   
   


# by miriyun | 2018-10-14 17:45 | Comments(2)
2018年 09月 21日

トルコアート in YOKOHAMA

1.トルコアート in YOKOHAMAのお知らせ 
10月にトルコ文化センター東京ユヌス・エムレ インスティトゥート)主催するトルコ・アート展が開催されるのでお知らせします。

トルコアート in YOKOHAMA (Türk Sanatları Sergisi
c0067690_21005003.jpg
10月4日~7日 10:00~18:00
横浜赤レンガ倉庫1号館2F 展示スペース
入場:無料

Yokohama'da Türk Sanatları Sergisi Sergide; Hat, Minyatür, Tezhip, İğne Oya gibi Türk geleneksel sanatlarından eserler sergilenecek.

MG Western Calligraphy School'dan sanatçıların da katılımı ile gerçekleşecek sergide,

Türkiye'nin geleneğini ve çağdaş dönemini birbirine bağlayan yaratıcı sanat eserleri de yer alacak.“トルコアート インYOKOHAMA”展覧会ではハット(書道)・細密画、テズヒープ(文様絵画)、イーネ・オヤ(トルコレース)などのトルコの伝統美術を日本で継承する芸術家たち、そして今回は特別にMG西洋カリグラフィースクールの芸術家達も参加してトルコの伝統と現代を結ぶクリエイティヴな美術の世界が繰り広げられます。



2.ハット(書道)    
イスラム芸術の需要な要素の一つである書道はハットと言います。日本アラビア書道協会も協力し、書道作品の展示をします。

9月に開催されたアラビア書道作品展「砂漠の薔薇」の作品が展示されますので、
その時ご覧になれなかった方はぜひこちらでご覧ください。
                                                                                                                                                                                                          
                                       
                                                    
                                               一日一回、ポチッと応援していただけると励みにもなります   
   


# by miriyun | 2018-09-21 21:13 | Comments(0)
2018年 09月 17日

トンボの鮮烈なる赤

1.緑の中の赤

c0067690_19034981.jpg
トンボというと、赤とんぼの歌にあるように赤が鮮烈で印象に残る

c0067690_01442218.jpg
池の水がわずかな揺らぎで文様を形成する。
じいっと池の脇に佇んでいると時にエブルを見ているかのような文様が見えてくる。


2.トンボの赤    

c0067690_19043890.jpg
これは、赤とんぼとも似ているがへんぺいなからだなのでショウジョウトンボ
透明感のある羽根の付け根のあたりは飛んでいても色がある。

このトンボの色はトンボが持っている固有の色素だという。
c0067690_19042979.jpg
長いこと、池の上では狙いを定めた茎で休み、
岩の上にやってきては静かに羽根を休ませる。

シオカラと同じで、成熟するほど色はより赤くなる
 昆虫の色だけ見ても生き物の世界は奥深い。


                                                                                                                                                                                                       
                                       
                                                    
                                               一日一回、ポチッと応援していただけると励みにもなります   
   


# by miriyun | 2018-09-17 19:29 | Comments(2)
2018年 09月 10日

野菜を活ける

1.和室の生け花
みなとみらいのベイ東急の加賀料理の店「大志満」で食事会があった。大変良い味だったが、あらたまった席なので写真は撮れず、残念。
まだ初対面同志、席の雰囲気がかたいころに、花が運ばれてきた。
上半分は実際の植物だけれども、下半分は野菜。
下部と人参、ジャガイモで黄色・オレンジ・赤の花が野菜カービングされていた。
色鮮やかで、料理の世界のうちの一つにこういう技もあるのだろうか。

c0067690_00442663.jpg
ちょっと席を立ってそれぞれ写真を撮ったりして席が和んだ。

ところで、花器にあたる緑の部分は冷えて汗をかいたように見えて、とても涼しげな感じが伝わってきたのだが、そこは冬瓜であった。

冬瓜の内側をくりぬいて花器に仕立ててあるのだが、表面も加工してある。
祝い事の席なので、料理に季節もの、祝い物の心配りがそこかしこに見られたが、
この冬瓜の表面の模様は松竹梅だった。
c0067690_00442871.jpg

しかも梅と竹は彫った溝に同じ形にくりぬいたカブやニンジンで象嵌してあった。


2.外は快晴    
悪天候と災害に翻弄されている日本の昨今であるが、
久しぶりに爽やかな空でみなとみらい地区はあおぞらが気持ちよかった。
c0067690_00443285.jpg
c0067690_00443365.jpg
こうした天候が出来るだけ続いて、日本各地の復興が進むようにと祈る気持ちだ。                                                                                                                   (*色々なことが一気に重なり、ばたばたして、いただいたコメントへのお返事が遅れていて申し訳ありません。
2~3日後にお返事させていただくつもりです。)                                                                                     
                                       
                                                    
                                               一日一回、ポチッと応援していただけると励みにもなります   
   


# by miriyun | 2018-09-10 01:05 | 日本 | Comments(6)
2018年 09月 07日

アラビア書道展「砂漠の薔薇2018」のお知らせ


砂漠の薔薇2018<第8回アラビア書道生徒合同作品展>
The 8th Arabic Calligraphy Exhibition   


 2年に一度のアラビア書道展が開催されます。

◆日時:2018年9月11日(火)~9月16日(日)
   (10:00~18:00 但し、11日は13:00~18:00、16日10:00~16:00)

◆場所:アートガーデンかわさき第1展示室
  〒210-0024
  川崎市川崎区駅前本町12-1川崎駅前タワー・リバーク3F
Tel:044-200-1415

◆アクセス:JR川崎駅から直結
      京急川崎駅より徒歩3分
c0067690_00464758.jpg
↑地図の上でワンクリックすると地図を大きくして見ることが出来ます。

★イベント
9/15 10:00-16:00 アラビア書道お名前書き
9/15 14:00-15:00 カーヌーン演奏by 鈴木未知子
9/16 11:00-15:00 ヘナアート by 椰心                                                    

★文字そのものに興味のある方、エキゾチックアートに惹かれる方、旅の思い出につながる方など、
 どなたでもご自由にご覧ください。                                                                                                                                                  
                                       
                                                    
                                               一日一回、ポチッと応援していただけると励みにもなります   
   


# by miriyun | 2018-09-07 00:52 | アラビア書道 | Comments(2)
2018年 09月 01日

トンボ

1. シオカラトンボ  
c0067690_11415024.jpg
緑濃い中、シオカラトンボの青さ目を引く。
c0067690_12255690.jpg
青いのはオスだという。
c0067690_11442695.jpg
羽根も身体もやや茶色気味なのがメスらしい。



  
 

2.恋の季節
c0067690_12014850.jpg
池からとびだす葦にとまってはぐるっと近くを一周し、また、ここにとまることを何度も繰り返す。
するとメスの方からとんできた。

c0067690_12020980.jpg
                     急接近・・・恋の季節だね。                                                                                                                                                                                    
                                       
                                                    
                                               一日一回、ポチッと応援していただけると励みにもなります   
   


# by miriyun | 2018-09-01 12:43 | Comments(8)
2018年 08月 23日

視点を変えて…スルタンアフメットジャーミー

1.仰ぎ見る
c0067690_02153674.jpg
  夏の雲と青空を背景にそびえたつスルタン・アフメット・ジャーミー

 


2.俯瞰する

c0067690_02151496.jpg
同じジャーミーを眼下に望む

マルマラ海の朝焼けに溶け込むジャーミー

ここから窓いっぱいに広がる光景はどんな絵よりも心に迫る。
                                                                                                                                                                                                           
                                       
                                                    
                                               一日一回、ポチッと応援していただけると励みにもなります   
   


# by miriyun | 2018-08-23 02:40 | Comments(6)
2018年 08月 17日

小さな池の風景

スイレン池   
 近所を早朝散歩していたら、小さな池があった。

昔からある池で、釣りをしてみたり、オタマジャクシを見つけたり、昆虫を探してみたり、以前の子供たちはずいぶん、この池で遊んだものだ。
最近では子供が遊ぶ姿さえなく、散策や犬の散歩の通り道として存在しているだけだ。
しかし、人が興味を持たなくなっただけで、そこには意外にたくましく植物も昆虫も鳥も生活している。
おそらく、自分たちの目に入らないだけで夜にはタヌキやらも山の奥から出てきて池の水を飲んでいそうな気配だ。

 冬に散歩をすると本当に枯れた色ばかりでじつに寂しげだが、暑い盛りに行ってみたら緑いっぱいの元気な池に出会えた。

c0067690_22595925.jpg
小さな池ではあるが、北側にピンクのスイレン。

c0067690_23043133.jpg
南側に白いスイレンが群生しており、さながら鎌倉の源平池のよう。

(鎌倉鶴岡八幡宮の源平池にはハスのピンクと白の群生があり、それを源氏の白旗、平氏赤旗になぞらえて源平池という。)


c0067690_22593623.jpg
池の中は毎年の草木が枯れたままに放置されている。

だから決してきれいに整備しているわけではないのだが、それでも水面は花と葉の色を爽やかに映し出していた。


c0067690_22594971.jpg
都市部の住宅地の谷間にわずかに残った水場。
だれ一人いない早朝に立ち寄り、そこからしばらく動かずに見入った。

画像の下半分の緑は、「葦(あし)」
池の周りに雑然と生い茂る葦が水面に映ることで、普通の池を見るのとは違う感覚に陥ったのだ。


モネが好んだ睡蓮の池が目の前で見つかったような感触だった。
                      
c0067690_00373185.jpg
                               ↑モネのあまたある睡蓮の絵のうちの一つより(部分)

モネの描いた池も、きっと葦でいっぱいに囲まれていたのだろう。

時と場所をこえて想像できる楽しさを味わった。

                                                                                                                                                                                                           
                                      
                                                    
                                              一日一回、ポチッと応援していただけると励みにもなります   
   


# by miriyun | 2018-08-17 00:38 | 動植物 | Comments(6)
2018年 08月 07日

ダイオウショウ

1.ダイオウショウの剪定
 小さな庭にも木はある。植物は鉢やプランターの中では遠慮がちにしか伸びないが、地植えにするとぐいぐいと枝を伸ばしていく。

 たいした木があるわけではないのだが、それでも毎年隣家にまでぐいぐい伸びるのを抑えるようにするのはなかなか大変な継続的仕事である。
ネコ額の庭にトマトや三つ葉を植えたりしてミニ菜園をつくり、樹木の剪定をしているとなかなかの仕事になり、毎日大汗をかくことになる。
今は、こうして汗をかきながら健康的にやっているけど、いつまでもできることではないと感じてしまうこともある。近所を見てもお住まいの方がお年を召して庭をさわれなくなった家が庭から一気に荒れていくのがわかる。

でも、まずはやれることをやろうと思ってはいる。
今回も玄関前のダイオウショウをじっと眺めて決心した。

亡くなった父が大事にしていたダイオウショウの木だ。のびる勢いが予想以上であった。北米原産のダイオウショウは世界一大きい松葉を持ち、樹高が40mにもなるという。日本の個人宅では7~8mぐらいらしいがそれでも我が家には大きすぎるから早めに切らなければ届かなくなってしまう。
ダイオウショウというのは松葉の長さが30cmにもなるので若葉のかたまりがひとかたまり枝からグウッと伸びてくるとそれだけで7~80cmも伸びてしまう。松の剪定は冬にすべきらしいが、道路に飛び出してきたので思い切って飛び出したところを切った。


余りに見事な枝ぶりに捨てずに何とかしてみようと思った。
    
c0067690_17240875.jpg

暑い夏に合わせて、ちょうど壁の飾りをラフィアヤシの織物にしたところなので、それに合わせて飾ってみた。

いつもはアラビアンな玄関、
この夏は、アフリカの天然染料の織物と緑の松との組み合わせは、ミスマッチだけどちょっと新しい風が吹いた。
     
                                                                                                                              
                                       
                                                    
                                               一日一回、ポチッと応援していただけると励みにもなります   
   


# by miriyun | 2018-08-07 18:24 | Comments(10)