写真でイスラーム  

mphot.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

2018年 03月 11日 ( 1 )


2018年 03月 11日

ラナンキュラス

1.真紅のラナンキュラス

真紅のラナンキュラスが、花瓶の中でガーベラやカーネーションの中で窮屈そうに埋もれていた。
まるでバラのような花弁の重なり。

花弁はバラのツンとした尖りがないために全体に丸っこくて平坦だ。
花弁の重なりはバラ以上に密なのに、その凄さや真紅の色の魅力がわかりにくい。

それで、その一枝だけに注目してみた。
c0067690_16342951.jpg
まずは深い色を愛でる


c0067690_22370458.jpg
そして、この花弁のかさなり





 

2.パープルの深み
c0067690_22205907.jpg
大輪の真紅のラナンキュラスよりも小さめで目立たないパープルにも注目してみた。
c0067690_22210498.jpg
劇場で振り向いた貴婦人のよう
c0067690_22283491.jpg
色が深すぎて他の花の間で埋もれてしまいがちだが、花弁の艶と感触はビロードのドレスのようだった。

ラナンキュラスはキンポウゲ科の多年草で、 西アジア~ヨーロッパ東南部、地中海沿岸原産である。
一重の花弁から八重の花弁、色も淡い色を中心にここで取り上げた深い色まで多彩に品種改良されている。

3.珍種
なお、ラナンキュラスには、こんな珍種もあった。
c0067690_22202078.jpg
来れにはビロード感はなくどちらかというと、かさかさした葉のような感触なのだが、花弁の重なり具合は、まさにラナンキュラス。まるで金魚用の水草の端にグラデーションをかけたような不思議な花だった。

                                        
                                                ↑人気ブログランキング


by miriyun | 2018-03-11 23:09 | Comments(6)