写真でイスラーム  

mphot.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

2006年 07月 26日 ( 1 )


2006年 07月 26日

ひまわりの花の意味

 ひまわりの意味についてアフガニスタン駐在日記のkentaさんが書かれていた。
 ダリ語でアフタブ・パラシュトといい、 太陽に向かって常に咲いている花というような意味だそうだ。・・たしかに日本におけるひまわり・・・漢字で書くと向日葵と同じ考え方というお話だった。
 
英語ではsunflower・・・・太陽の花だ。
中国語をしらべたら、向日葵だった。

☆では、アラビア語ではなんというのだろう。
c0067690_916792.jpg

右から・・・アッバードゥ、アッシャムス・・・意味はシャムスが太陽、そしてアッバードゥはうやまう。
 やはり太陽を使っている。太陽をうやまう・あがめる花・・・というような意味となった。
c0067690_9163110.jpg

 もう一つの表現も調べてみた。文法的にどうとはいえないので、言葉のもつ意味からだけ考えると、真ん中のダッワーラが循環というような意味を持つので太陽をあがめて循環する花(はなの首をぐるっと回していく花)のように感覚的に受け取ることにしよう。
c0067690_9164232.jpg

                         ↑ トルコのひまわり畑。
 ひまわりは、オイルをとるほか、おやつとしてその種を食べるのだ。だから、思っている以上にひまわりの畑が多い。
 ひまわりの語源は日廻り、つまり太陽の動きを追って廻るということだが、実際廻るのだろうか?畑の写真を見るとしおれていることもあるが同じ方向をむいているとは思えない。
 実はまだ、若いつぼみや咲き始めの花は太陽を追うが、大きくなると動かなくなり、おおむね太陽に当たりやすい東向きになる。そしてたくさんの花が枝分かれしたものについては向きは様々になってしまう。この若いうちだけ、日を追うというのは、光合成なり、何なり植物のしくみと関係するのだろう。

 なお。学名はHelianthus annuus でHeriosが太陽、anthusが花をあらわす。annuusは一年草。ヘリオスは本来ギリシア神話にでてくる太陽神のことなのだが、どうも歴史上ギリシアをも飲み込んだローマ帝国は自らの太陽神ソルとギリシア神話のヘリオスを同一視していったということで、ラテンでヘリオスを使うことになる。つまりラテン語でも太陽花なわけだ。

☆いずれにしろ、この植物がアラビア語・ラテン語でも太陽を入れて表現していることがわかった。さらに他の言語ではなんというのだろうか?

Blog Ranking 興味をもったら一日一回ポチッとお願いします。

ーーー―ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
*追記*
コメントもいただいてさらにわかった言葉がある。
お寄せくださった皆様に感謝しつつ、ここに追記していこう。
左から、言語・文字または読み、
     ・意訳も含めておおよその意味・提供してくださった方
ヒンディー語 「スーラジムキー सूरजमुखी」
           「太陽に顔を向けているモノ」・・・・ ek-japaniさん
フランス語   tournesol  
           太陽が回る・向きを変える・・・・chie_mikoさん
スペイン語   girasol         
             太陽が回る・・・ぺいとんさん
マレ-語    bunga matahari    
            太陽の花・・・ぺいとんさん
ポ-ランド語  slonecznik        
           slonceが太陽・・・  ぺいとんさん
トルコ語      gunebakan(日に向くもの)
   *より一般的に使われているのは、aycicegi(月の花) turkuvasさん  
ここまで、11ヶ国語、いまのところ、すべて太陽の意味が入っている。ただし、トルコでは通常月を使うらしい。はじめて異なる言葉が出てきてますます興味深い。
*詳しくは下記のコメントをご覧ください。

by miriyun | 2006-07-26 09:12 | 数字・文字 | Comments(12)