写真でイスラーム  

mphot.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2008年 06月 27日

ドッピの刺繍と柄考

まずは、これが何か見ていただこう。
ドッピの刺繍と柄考_c0067690_10262745.jpg


これだけ見てわかった方、中央アジアお好きですね!

 被り物の文化はシルクロードから北アフリカまで多数ある。ほとんどが布をターバンやヒジャーブとしてかぶるものだが中央アジアや東アジア、それにかってのトルコ帽、チュニジアのフェルト帽など成型した帽子も発達した。
 その中でチュルク系遊牧民出身であるウズベキスタンでは、ドッピと呼ばれる帽子がある。
ドッピの刺繍と柄考_c0067690_10273915.jpg

 これが、ドッピ、ソ連時代にはチュビチェイカといわれていたが、現在はドッピといわれている。まだ確かめていないが、チュビチェイカはロシア語だったのだろうか。

 花柄のほうが女性用、特に未婚の女性用であり、男性は老いも若きも黒地のを使っていた。刺繍の様子は結婚式用や身分の高い人用は金糸がふんだんに使われているが、通常のオシャレにはこの花やかな色合いで刺繍されている。男性用はいたってシンプルで、こだわりのない人はふだん用はミシン刺繍のものも使う。
 表を見ると左は手刺繍で右はミシン刺繍であった。
ドッピの刺繍と柄考_c0067690_104271.jpg

             ↑手縫いの刺し子
裏の丈夫な綿生地への刺し子も手縫いとミシン縫いがはっきりしている。

 さて、これらの帽子の使用頻度はどうか。男性は今も昔もよくかぶっている。ただし、近年は他のイスラームの影響だろうか丸型の帽子がぐっと増えてきているようだ。
 女性で街中を歩く人は無帽か花柄のスカーフであり、特別な行事でもないと見かけなくなってきている。もともとこれらの帽子を良くかぶっていたのは民族舞踊団の女性で、長くてつややかな細い三つ編みをたくさんたらして、その上にドッピをかぶって踊る姿はこういう髪のおしゃれがあったのかと驚かされたものだ。
 
◆女性用はさまざまな花を模しているが、男性用はどういう柄が多いのだろうか。
ドッピの刺繍と柄考_c0067690_10433896.jpg

 ウズベキスタンに、疫病にかかった時。勧められて唐辛子を飲んだらよくなったという言い伝えがある。それ以来、帽子の柄にもありがたい唐辛子を描いているということだ。
 実の中に唐辛子の種がびっしり入っている状態を表している。
う~ん、これはたしかに病気から守ってくれそう!

◆さて、この帽子の四角形ならではの特色は「たためる」ことにある。
ドッピの刺繍と柄考_c0067690_10493956.jpg


 トルコ系であるウズベキスタン人は遊牧民の流れである。遊牧系の民族の生活用具を見ているとどこかしらで、
      「たたむ文化」・・・に遭遇する。
                                           応援クリックお願いします。  

by miriyun | 2008-06-27 23:51 | 中央アジア | Comments(8)
Commented by Azuki at 2008-06-28 20:08 x
やっぱりウズベキスタンは可愛いです!唐辛子をこんな風にデザインできるなんて☆*病から守ってくれた唐辛子を模様に組み込むその心に親しみがもてますね^^
Commented by orientlibrary at 2008-06-28 22:16
帽子、私もひとつ持っています。白地でかわいいですよね。この系統はウズベクがいいですね〜!
miriさんのはスキッとして洗練されたデザインですね。私はフェルガナしか見ていないのですが、これも模様等々、地方によって違うのかな?
唐辛子の帽子は、けっこう被っている人がいますね。シルクロードのおじいちゃん!という感じで、大好きです。
Commented by ぺいとん at 2008-06-29 00:28 x
miriyunさん~~~~、先ほど人にお会いしてウズベキスタン土産をいただいてきたばかりです!!! 
Uzbekistan Airways 機内誌です。同じくらい綺麗な刺繍がたくさん出ていて、こんなに嬉しい偶然ってあるでしょうか!!!
Commented by miriyun at 2008-06-29 07:18
Azukiさん、唐辛子デザイン!可愛いですよね。それぞれの民族や国に伝わる文様にますます興味がわいてきてしまいました。
 今回の柄は、世界文様辞典にもなかったので、ウズベク独特なのかもしれません。
Commented by miriyun at 2008-06-29 07:29
Orientさん、最初他の地域のように文様はクロスステッチかと思っていたのです。でもこうしてじっくりとみると一目ひとめを巻き込んでいく刺繍になっています。白のところもすべて刺繍なのでけっこう厚めになりますが丈夫です。
 フェルガナのは花がもっと華やかなのではないでしょうか。地域により文様や花の文様は表し方がが異なるのでしょうね。
Commented by miriyun at 2008-06-29 07:32
わ~っ、ぺいとんさん、すごい偶然ですね。先日のパルミラの写真を見ていただいた跡にパルミラレストランに行かれたり・・・。
 なあるほど、Uzbekistan Airways ならたくさん民族衣装と一緒にドッピなども乗っているでしょう。それにしても偶然も重なってくると不思議です。
Commented by |||【アディダス】 at 2008-10-14 20:00 x
こんにちは、ウィグル好きですw
この帽子、私も欲しいです。
Commented by miriyun at 2008-10-15 07:37
アディダスさん、ようこそ!
 写真を使ってイスラーム地域の風土・文化をお知らせしています。人々のぬくもりを感じていただけたら嬉しいです。


<< まなざしは語る      パルミラの目覚めのとき >>