写真でイスラーム  

mphot.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2007年 06月 04日

クイズ*ハンマームとウード職人…メディナ(旧市街)散策

 イスラームの国々で心躍らすのは素晴らしい自然と、メディナ(旧市街)散策。メディナでは予定なしに気が向くままに歩き回り、そこでのふれあいを楽しむ。
c0067690_184521.jpg

メディナといったら、白壁に囲まれた細い路地。強い日射しをさえぎる緑涼やかな昼下がりを歩く。ここはダマスカス。私が好きな町。

c0067690_1574731.jpg

Al selselahというハンマームの入口の文字。ハンマームはローマ風呂、すなわちサウナ。ローマ帝国のきれい好き、風呂の習慣はヨーロッパには残らなかったがイスラームではハンマームという文化として定着した。イスラーム都市の旧市街には必ずある。 

◆クイズ◆          ハンマームはモスクのそばにあることが多い。それはなぜか?  (答えは、きょうの最後に記載するのでご覧あれ!)

 
 な~んていう問題を考えながら、更に路地をすすんでいく。

 路地の奥に迷い込んだらウード職人の店があった。表通りの店と違って、観光客がめったにくることのないところ。近所の人まで次々とやってきて、「すごいだろう、こいつは腕がいいんだ。」「ぜひ写真を撮れ」といってくる。最初から買ってくれるとは思っていないようで、ウードの写真を撮ったらそれで満足していた。
c0067690_1861889.jpg


c0067690_186287.jpg

 夕闇濃くなってから出会ったのは、人なつこい子どもたち。(真ん中の子は目が大きくてインド舞踊をやっている女の子のようだ。)いい一日はこの笑顔で締めくくられた。

さて、ここで◆クイズの答◆
 ハンマームやスークをモスクと共につくり、そこからの収益の一部を永久に公共の建造物であるモスクの修繕費・運営費にあてる。そういうことを最初から計画しているので、モスク建設と共にハンマームも計画するのだ。
 興味を持たれたらポチッと1クリックお願いします。  

by miriyun | 2007-06-04 18:07 | シリア | Comments(6)
Commented by peque-es at 2007-06-05 10:44
スペインにはメディナという言葉の付いた地名が幾つかあります。アラビア語から来ていたんだなと思い当たりました。
最初の写真の路地、すごく魅力的。思わず通ってみたくなる道ですね。
クイズの答ですが、最初から修繕費・運営費の当てを考えてモスクを建てる、イスラムの都市計画は計画的ですね。きっと、実際的なメンタリティと長期的な視野を持ち合わせた人たちなんでしょうね。
Commented by miriyun at 2007-06-07 21:03
スペイン情報はやはりpequeさんから。新しい情報とても助かります。スペインにもメディナがある。イスラム帝国があった土地なので、やはりそうなんですね。
 建造物は最初権力者が出資してもその先もやっていかれるようにしないと修復できずに朽ちていってしまいますから、長期的展望が必要だったわけですね。
Commented by peque-es at 2007-06-08 01:05
調べればもっとあるんでしょうが、パッと思い出すところで、Medinaceli とか Medina del Campo などという地名があったと思います。そのどちらかに行った事あるんですが(笑)、そこの旧市街も情緒がありました。中央より少し北の町で、南の方のようなアラブ情緒はなかったですが…旧市街って、どこでもみんな魅力ありますよね。
Commented by miriyun at 2007-06-10 08:35
pequeさん、medinaは確かにアラビア語からきていますね。これは現在呼び名として残っているだけなのか、あるいはもうスペイン語として定着しているものなのか興味あります。
 旧市街には、それぞれの国のよき時代の雰囲気が漂っていますね。私も大好きなんです。。詳しい情報ありがとうございました。
Commented by ransyu at 2007-06-12 04:00 x
こういう昼下がりのメディナを歩くのはいいでしょうね。それこそ旅の醍醐味ですね。カメラを持って歩いたり、木陰でビールはイスラムではダメなんでしょうね。
下のラクダの座り方の記事もたいへん興味深かったです。ラクダにも大分詳しくなった気がします。
Commented by miriyun at 2007-06-16 06:37
ransyuさん、ラクダ記事ですが、こんな風に言っていただけるととても励みになります。コメントありがとうございます。
 メディナ歩きは時間の使い方の中でもお気に入りの分野です。あくせくしないで、時と・空間を感じながら歩き回っていきたいと思います。


<< アケメネス朝の有翼スフィンクス...      ラクダの立ち方・座り方 >>