写真でイスラーム  

mphot.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2006年 06月 30日

多彩な建築史マスジデ・ジャーメ

 イスファハーンの金曜日のモスクはたいへん歴史のあり、建築史の中の特色を数多く見ることができる。ペルシアの建築史900年間の変遷がこの建物のどこかしらに残されているというのだ。セルジューク朝の建築を基盤として、騒乱・破壊を経ても修理をすることで耐えてきた建築物である。

 セルジューク朝は、11世紀に中央アジアから西アジアへ移住してきたトルコ系の王朝である。スンナ派であり、シーア派のブワイフ朝をバグダッドから追い、アッバース朝を保護し、1055年にトゥグリル・ベクはスルタンの称号を受け、当方イスラームの支配者としてお公認されるに至る。また、セルジュークは当時ビザンチン帝国の領土であったアナトリアに侵入したため十字軍を引き起こす一因ともなった。

 セルジューク朝の君主はスルターンを名乗り、3代目のマリク・シャーは若くして即位した。官僚制を整え、ペルシア人の名宰相ニザーム・アルムルクの補佐でアフガニスタンからビザンチンまで支配権を広げ、名君と呼ばれるようになった。
 
c0067690_1241353.jpg

このモスクの中庭は60m×70mでその周囲を4つのイーワーンが囲む4イーワーン方式である。イーワーンとイーワーンの間は2層の回廊がめぐらされている。
 奥には主礼拝堂があり、イーワーンの後ろに11世紀のドームがある。マリク・シャーの名がそこにのこっているという。イーワーンとアーケードはファイアンス(彩釉タイル)で飾られ美しい。なお、主礼拝堂と西北イーワーンには大きなムカルナスで装飾されている。
c0067690_12444423.jpg

 花びら型の池がしつらえてあり水道がある。そこで手を清めから礼拝をする。一回の礼拝は何分という決まりはない。見ている感じでは20~30分といったところか。それぞれが来たい時にきて、思い思いに祈って帰っていく。あるいは日陰でゆったり休んでいってもいい。
 ただし、集団礼拝のある金曜日は話も聞くし、普段より長くなる。礼拝堂の中には入れれば日陰なので過ごせるが風もなく直射日光に照りつけられるこの石畳の上での礼拝は厳しい。
c0067690_12282240.jpg

 ↑そういった場合は、何と地下で礼拝を行うそうだ。シャンデリアと絨毯のある夏用礼拝室なのだ。

c0067690_12284124.jpg

 ↑東北部のドーミカル・ヴォールト。12世紀の建築された。
☆レンガの組み方で注目するなら、イーワーンの間のヴォールト部分を見ると実に多彩なレンガの積み重ねを行っていることに気がつく。
c0067690_12285130.jpg

 ↑さらに見ていくとアーチの上にムカルナス状の装飾で持ち上げて言ったり、アーチネットといわれる交差も見られる。この詳しい構造は専門家に委ねるしかない複雑さである。
 
 ただ、面白いと思ったのは6月26日づけで紹介したヤズドの廃屋のレンガの積み重ねの複雑さとタイル上の四角いレンガを張っている点が共通している。この古いモスクと共通点などないだろうと思っていたのだが、妙に似ているのが気になるところである。残念ながらその廃墟がいつのもので何だったのかを聞いてこなかったので、わからぬままなのが心残りだ・・・。

 Blog Ranking 興味をもったら一日一回ポチッとお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログへ

by miriyun | 2006-06-30 12:00 | イラン(ペルシア) | Comments(2)
Commented by maririn at 2006-07-03 16:27 x
この画像が又吸い込まれそうです、、900年ギョ~ですね、、なんか見るだけで落ち着いて来ます不思議ですね、お祈りは世界統一して金曜日なのでしょうかね??前に本を読んだのですが、よく金曜に祈りをと書いてあったな~という記憶があります、、ポチッ
Commented by miriyun at 2006-07-04 18:34
マリリンさん、いろんな空間を味わっていただいて、どうも、どうもです。
 ユダヤ教は土曜日、キリスト教は日曜日、イスラームは金曜日です。だから、木曜日の夜から週末という感じになり、役所やお店も金曜日はお休みが多いです。いろんな宗教の人が混在している場合、どの街区が休みという風になります。


<< カリグラフィーで読む…セルジュ...      旧市街の路地と家 >>