写真でイスラーム  

mphot.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2023年 04月 08日

『黄色のオベリスク』Yellow Obelisk・・・アラビア書道作品

A Gallery of Arabic Calligraphic Works of Fuad Kouichi Honda
   ≪本田孝一氏Web作品展≫・・・ アラビア書道家・本田孝一氏の作品を紹介する特集 

『黄色のオベリスク』Yellow Obelisk・・・アラビア書道作品_c0067690_14572590.jpg


 

Web作品No.54
『黄色のオベリスク』Yellow Obelisk
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~  
・内容:Qur’an Surah  Al-Al-‘Imran(3),78
『コーラン』イムラーン家の章(3)78
・書体:Thulth style スルス書体
・大きさ:縦247cm×横114cm
・材質/技法:(文字)レタリングゾル Lettering Sol
       (彩色)アクリル絵の具 Acrylic Pigments
・制作年:2023年
・所蔵先:Islamic Arts Museum Malaysia
      マレーシア・イスラム芸術博物館
・撮影: M.Kobayashi


◆作者コメント
 『コーラン』の中にはとても恐ろしい言葉がある;「あなた方がどんなに高い塔に上ったとしても、死はあなた方に追いつくであろう。」「高い塔」とは、例えば古代では「オベリスク」、現代では「摩天楼」であろうか。人間はどんなに科学が進歩して高い塔を建て、そこに上って住んでいても死は免れないということ。
しかしこの同じ章句の終わりの方では「すべては神の元から来たものだ」と言っている。この言葉で、ある種救われた感じがする。すなわち死とは神様の元に再び帰るということなのだろう。
 この言葉に触発されて金色に輝くオベリスクにこの聖句を書いてみた。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~                                                                                                                                                                                                           
                                       
                                                    
                                            一日一回、ポチッと応援していただけると励みにもなります   
   


by miriyun | 2023-04-08 07:06 | Comments(0)


<< 久々の光環、久々の投稿      『ナスタアリークの星』Star... >>