写真でイスラーム  

mphot.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2018年 06月 20日

ザクロの咲く季節

1.ハナザクロ    
c0067690_16010570.jpg
風に揺れる枝葉の緑に、白いふちどりの花が風雅で美しい。
6月の花、ザクロのうちでも、八重のザクロで、ハナザクロという。

もともと、日本には薬用として渡来。東大寺の中にもザクロが植えられているのが似合っている。
日本では果樹としての利用だけではなくて品種改良されたハナザクロも庭木や盆栽にして楽しまれるようになった。

c0067690_16051517.jpg
赤の八重
c0067690_16051843.jpg
          白の八重 (以上、ハナザクロはフラワーセンターに咲いていた)

ハナザクロは、残念ながら実をつけることはできない。

 

2.ザクロ    

チグリス川からザクロス山脈のあたりが原産とされ、その音からザクロという名として伝わったという説もある。いずれにしてもペルシア(現イラン)のあたりが原産地であり、
今でもザクロジュースなどはイランからの輸入が多い。

c0067690_16052254.jpg
本来の一重咲きのザクロはこちら
c0067690_16053111.jpg
茎からガクがつんと突き出て花が咲き、そのままの形で突き出た形を持ちながら成長していく。
日本で熟すザクロは小さ目で酸味も強いが、産地の西南アジア、およびアメリカなどでは大きくなり、食べられる実がびっしりとあり、なかなか食べごたえがある。ジュースはもちろんだが、パラパラと実をほぐし、サラダにいれるのがお気に入りだ。                                                                                                                                                                                                          
                                       
                                                    
                                               一日一回、ポチッと応援していただけると励みにもなります   
   


by miriyun | 2018-06-20 16:27 | 動植物 | Comments(6)
Commented by 霧のまち at 2018-06-20 19:18 x
ハナザクロは初めて知りました。とてもきれいでびっくりです。
改良されて 実が出来ないのですね・・・。
小さい頃うちにあったので私には懐かしい花です。
中国にも大きな実が売っていますよ。スペインのグラナダは
ザクロの意味だそうですよ。
Commented by jasmine-boo at 2018-06-21 06:20
樹木のお花なのに、花壇にあるお花みたいにきれいですね。ちょうちょが好きそう!
ドバイで完熟ザクロをたくさん食べた日々が懐かしいです。女性は特に摂りたい果物ですよね。
Commented by miriyun at 2018-06-22 02:35
霧のまちさん、
品種改良が重ねられると、実が出来なくなってしまうのは何とも悲しいような・・・。
美しいので確かに観賞用になるのですが、
やはりザクロは実ができてこそと思ってしまいました。
Commented by miriyun at 2018-06-22 02:37
ジャスミンさん、
完熟のザクロは本当においしいですよね。
気候がぴたりと合う土地では、大きさも味も最高な状態になります。
Commented by petapeta_adeliae at 2018-06-22 12:51
ザクロの花初めて見ました。
後ろの席の後輩が、自宅のザクロと違いすがる!?と
残念がっています。
幼稚園の頃に何枚ものテッシュを互い違いに折り、
クロスしてゴムで止め、一枚ずつ剥がして花にしたのを
思い出しました。
コメントが本題とズレてますね。へへっ
Commented by miriyun at 2018-06-25 00:12
ソーニャさん、
八重咲きは確かにきれいなのですが、
一重の花のほうが実がしっかりとなるのでありがたいです。
飲んでも食べてもとてもおいしいですね。


<< 鉄塔のある風景      ラマダン中の旅は・・・ >>