写真でイスラーム  

mphot.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2014年 07月 10日

陶芸とアラビア書道

陶芸の中のアラビア文字 
陶芸とアラビア書道_c0067690_2041268.jpg

           14~15世紀 ラスター彩タイル。
イスラームの博物館などを見ていると、数ある皿や壺、タイルの中でも、やはりアラビア文字を書いた皿やタイルに思わず目がいく。
この十字の星型にも周囲にぐるりと書かれている。この写真の一番上のとがった部分の左半分から左に向かってバスマラが書かれており、ここから読む。続きにはハーフェズのガザルが書かれている残念ながら割れてしまっているが、おそらく、10枚前後のタイルでワンセットである。

陶芸とアラビア書道_c0067690_20411747.jpg

          ラスター彩陶器  イラン・ガラス陶器博物館
文字が腕の文様とともに縦に何列かに文字列がはいっている。ディーワーニーの書き方でペルシアの詩が書かれている。

このように文字を書くのは極めて難しそうだが、何しろやってみたことがないのでいつか書いてみたいと思っていた。


2.書いてみた 
陶芸粘土をこねさせていただく機会があったので、ただ思うがままに平たい皿にして中央に花、花弁の数だか放射状に線を入れたり、これで素焼きの平皿ができてきたこれで終わりと思っていたら呉須を渡されて文様を勧められた。これで突然絵入りならぬ文字入れモードになってしまった。
陶芸とアラビア書道_c0067690_20421960.jpg

好きな言葉で挑戦してみた。

呉須という 磁器の染め付けに用いる藍色の顔料を使って普通の絵の具筆で書いた。呉須は主成分は酸化 コバルトで,ほかコバルトに鉄・マンガン・ニッケルなどが配合されている。灰黒色だが、焼くと青になるという。
天然には,青緑色を帯びた黒色の粘土( 呉須土)として産出するらしい。

色は灰黒であるが、釉薬をかけて焼成すると青色にかわるという。

竹ペンでなく絵筆で書くので勝手が違うし、力は入れられない。
それでも少し筆はばの違いを出すために平筆を斜めカットして使った。
書き直しは出来ない。しかも焼成すると更に縮むらしい。

ちょっぴり、ドキドキ気分で預ける。


さて、後日出来上がってきたのがこれ。
陶芸とアラビア書道_c0067690_2043243.jpg

焼きあがるとこんな感じで、釉薬と呉須が溶け合わさって、こんなに青くなった。
文字ののびやかさは今一つかなと思いつつ、一応ディーワーニー書体っぽく書き、
はじめての青染付けの隅っこをかじらせていただいた。

何かに夢中になる時間て、素晴らしい。

 *ちなみに、意味はつぎのとおり。
    「天国は母たちのあしもとにある」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
≪追記≫
コメントでご質問があったので追記。

上の十字型タイルの続きはどうなっていたのか。
上の十字タイルについては見つけられなかったが、他のところから見つけた。

陶芸とアラビア書道_c0067690_3595878.jpg

13世紀 カーシャーン ラスター彩草花文十字・星型タイル
陶芸とアラビア書道_c0067690_401535.jpg

14世紀 カーシャーン 『王書』から数行が使われている。

◆ラスター彩のタイルの中で、十字文と星の組み合わせはいろいろあるが、
十字文のタイルに形状的に合うのは8ポイントスターの星であり、kの組み合わせのものがいくつも作られている。
 文字はコーランから詩までいろいろと表されている。モスクや廟ならばコーラン、宮殿なら王書や詩が自由な筆致で描かれているのだった。
                                                一日一回、ポチッと応援していただけると励みにもなります   

                                                                  
人気ブログランキングへ

by miriyun | 2014-07-10 07:03 | Comments(4)
Commented by なな at 2014-07-10 18:47 x
ご無沙汰しています
アラビア書道は焼き物になっても素敵ですね!
イスラムのブルーとはまた一味違う青ですが、この焼き物にはピッタリ!
そして、焼く前と後で、バックのブルーの濃さを変えて撮すのは
さすがmiriyunさん!
Commented by miriyun at 2014-07-10 21:56
ななさん、ななさんの刺繍のように多くの人の目を楽しませることにはならないですが、それでもどこかでアラビア書道を表したいとはいつも思っているので、そうしていい時を得るとけっこう夢中になってしまいます。
 写真を撮るとき、確かにバックの紙の色に凝っていました。
ななさん、そんなとこまで見ていていただけるなんてすごいです!
Commented by petapeta_adeliae at 2014-07-11 12:32
1枚目のタイルの他の柄も見てみたかったです。
接続面の形にも知りたかった。

お皿には何て書かれたのですか?
藍色に花が梅の花のようでもあり、妙にシックリしてますね (^_^)
Commented by miriyun at 2014-07-14 04:19
ソーニャさん、お返事が遅くなりました。ここに載せた十字タイルの続きを探していたのですが見つけられませんでした。
そこで類似の十字と星のタイルはいくつかあるので本文に追記したので、よろしかったらご覧ください。
文字は、 「天国は母たちのあしもとにある」ということばです。
アラブ人の家庭の居間に飾られていた言葉でもあるので、
お皿に書くにはふさわしいかと思って書いてみました。
下時の文様はなんとなくやってみたのですが、
結果的には梅花のようになって、日本人はやはり桜か梅が沁みこんでいるからだろうか思ったりしま


<< タマリンドの話      スイーツその1 >>