タグ:高橋大輔・フィギュアスケート ( 335 ) タグの人気記事

LOTFが帰ってくる…高橋大輔

スイスのAOIの熱気も冷めやらぬうちに、昨夜は氷艶の大輔さんコメント、
そして、今朝はLove On The Floor(LOTF)再演のお知らせ。


1.6月にシェリルと高橋大輔W主演でLOTF再演

大輔さんよりコメント
c0067690_6485192.jpg

LOTF2017を6/16~6/25にシアターオーブ(渋谷ヒカリエ)で開催。
しかも昨年はゲストとして参加だったが、今年はシェリルとW主演でおこなうということだ。



c0067690_6485645.jpg

c0067690_6485747.jpg


先日のスイス、アートオンアイスで再会した、メリル&チャーリー、そしてダンサーのミシェル・ダウリー、ミシェルがインスタで再会の喜びを写真で表わしてくれていた。大事なLOTF2016の仲間。

しかし、詳細は?

再演と言うことなのpで、変化が求められるので、メンバーも構成も変化させてくるのだろう。
c0067690_6485493.jpg



2.詳細 
公式HPはこちら
http://www.loveonthefloor.com/

上から引用
LOVE ON THE FLOORとは
人を愛することは、愛し合う二人にとって、何ものにも代えがたい至福の時をもたらす反面、時にはその「愛」ゆえに複雑で辛い感情を引き起こす・・・
LOVE ON THE FLOORは、「ときめき」「情熱」「とまどい」「嫉妬」「無償の愛」といった、愛という感情の持つ様々な面を、米国のトップダンサー達と、米国の超人気TVリアリティーショー番組である‘Dancing with the Stars’で優勝したトップフィギュアスケーター達の、卓抜したダンスの技術を通じて表現する、ダンスショー。
2016年の公演では多くのものを魅了し、最終日のチケットが取れないという大人気で幕を閉じた「LOVE ON THE FLOOR」が2017年、再び帰ってくる。構成と演出は、‘Dancing with the Stars’で2度の優勝経験を持つ、シェリル・バーク。
そして、今年の舞台は、シェリル・バークと髙橋大輔のW主演で行われる。


主演:シェリル・バーグ&高橋大輔
c0067690_732460.jpg

c0067690_732263.jpg


◆振付・共同監督
ジェリ・スロッター
Dancing with the Stars(ABC)、So You Think You Can Dance(FOX)、クリスティーナ・アギレラ、マライア・キャリー、ホイットニー・ヒューストン、スパイス・ガールズのライブツアー、そしてジェニファー・ロペス、マルーン5、クリスティーナ・アギレラのミュージックビデオで振付を担当。
ポール・モレンテ
The Voice(NBC)とクリスティーナ・アギレラの2つのライブツアーで振付を担当。

~~~~~~~~~~~~~~~~

昨年、初めて舞台の上でダンスパフォーマンスをし、圧巻の表現力で観るもの全てを魅了した髙橋大輔。今回はシェリルとのW主演で、新たなダンスナンバーにも挑戦する予定だ。
W主演が決定した髙橋大輔は「LOVE ON THE FLOOR、今年6月に再演されることが決定しました!昨年皆様に応援して頂いた、僕にとっても大切な作品をまた上演できること、本当に楽しみにしています。そして今回は、シェリルとW主演という形になりました!
前回の内容に磨きをかけることはもちろん、僕のシーンも増える予定ですので、是非楽しみにしていて下さい。昨年よりも気合を入れて頑張っていきたいと思います!!」と笑顔で語った。
メリル・デイヴィス、チャーリー・ホワイトなど世界が誇るフィギアスケーター達も出演する愛と感動のダンスショー「LOVE ON THE FLOOR 2017」は6/16(金)、東急シアターオーブにて開幕する。

~~~~~~~~~~~~~~~~~

◆ファンクラブ
木下グループ presents LOVE ON THE FLOOR
Twinkle ICE Members専用抽選先行
【指定席(SS席~B席)】
  ■受付期間:2月14日(火)4:00~2月26日(日)23:59
最速抽選先行(2017年2月26日 23:59まで受付)
Twinkle ICE Members
http://fan.pia.jp/twinkleicemembers/
FSkating.Net
http://www.fskating.net/

◆一般販売
3/26より

~~~~~~~
 なお、ダンサーは総入れ替えというのは、変化をつけるために必要なのだろうと理解しつつ、もう一度あの温かくエネルギッシュなダンサーたちに会いたかったと思う気持ちもある。

氷艶5月 LOTF6月と大きなアイスショーとダンスの舞台が続く。楽しみであるがスケジュール調整も考えねば~。
                                                一日一回、ポチッと応援していただけると励みにもなります   

                                                                  
人気ブログランキングへ



by miriyun | 2017-02-14 07:06 | Comments(0)

AOI2017 ダボス公演を終えて

1、AOI ダボス公演 「The Person I Should Have Been」   
Geoff Peglerさんの写真が素晴らしい↓ 
http://www.geoffpegler.com/Sports/Figure-Skating/Art-On-Ice-2017-Davos/
こちらのサイトから一部お借りする。
c0067690_249630.jpg

いつものごとく、この斜めっぷり。
c0067690_2533726.jpg


c0067690_2495943.jpg

10公演、そのたびに変化があるジェイムス・モリソンさんとのコラボ
「The Person I Should Have Been」

c0067690_2485956.jpg


表情の変化も見逃せない
c0067690_2561346.jpg

c0067690_2563375.jpg

c0067690_2564085.jpg




2.キャラバン 

c0067690_2544611.jpg

c0067690_2544837.jpg


c0067690_2552759.jpg

2/5↓ リンクさせていただきます。
https://www.youtube.com/watch?v=c7ol9GeDn1k

海外での評判もさることながら、まだよく知らなかったというお客さんんが次第に盛り上がったり、声を出して応援しはじめる様子も伝わってきてうれしい。

 海外でのショーは慣れてきてはいても3都市、10公演と言うと、その間の練習からアフターパーティに出てと忙しい中で体調管理もし無ければならない。
 
 いったん落とした筋肉もまた鍛えて、胸襟や足の筋肉がめだってきているとおもったら、ズボンが割けた事件もあった。そこから思いついたのか、大都会のホームレス感を出そうというのか、演技用の衣装も裂け目を入れ始めた。入り込んだ演技を見せるにあたって衣装にも気を遣いっていた。
 初めての小道具、コートやニット帽の扱いも工夫しながらなので、少しずつ変化していた。

 その中で、演技の方はやはり後の方がモリソンさんの曲にわせながらも高橋大輔の新しい世界感を表すということを成し遂げていた。

 今回もまたたくさんの動画や写真を楽しませていただいている。数が多くてまだまだ整理できないが、AOIでの高橋大輔の深化ぶりを楽しまさせていただいている。
 LOTFで一緒だったダンサーのミシェル・ダウリーともまた再会したし、他のダンサーやアーティストとも交流を深めているのが頼もしい。また、合間の練習では歌子先生も見守る中、トリプルアクセルも戻してきたという。



3.LOTFからのお知らせ予告
 2.14はバレンタインデー。
 高橋大輔が子どものころにスケートを始めた日であるのだが、その2/14にLOTFに関しておしらせがあるという。

 あれほどのスタッフの連帯感・喜び、一年たってもまだなおSNSで繋がっているLOTF仲間がいて、ロサンゼルスでは振付師とシェリルたちに会っている。おそらくここで最終確認がなされたのか。
 これらから日本でまた公演があるのだろう。・・・そういえば、大輔さん行きつけの美容院のチャイさんが見せてもらったスケジュール表はどこで休めるのだろうと思うくらいにびっしりとスケジュールがいっぱいだったとか・・・

 四大陸選手権、キャスター、氷艶、LATF2、ここまでしか想像できない。だが、苦手な分野の仕事も爽やかに自分のできる極限まで努力してこなし、スケートとダンス系は熱く演じ、そして確実に視聴者や消費者を巻き込んでいく高橋大輔を、TV局も知り合った人々も彼をほおっておかない。

 インタビューも多く、いろいろな雑誌に取り上げられているが、NYから帰って自分が見据えていくものを決めてから、語る言葉はいつものように謙虚と自分への厳しさはそのままながら、先を見つめて進む気持ちは日を追って力強い表現になってきている。

 願わくば、スケートの世界で演ずる華を持つ人としてずっと存在感を放ち続けてほしい。

 あのキラキラ感はサポートする側でなく、
中心にいるべき人が持っているものだと思っている・・・。
                                                一日一回、ポチッと応援していただけると励みにもなります   

                                                                  
人気ブログランキングへ

by miriyun | 2017-02-13 03:41 | Comments(0)

AOI2017(3)ステファンとダイスケ

1.swissinfo「ステファン・ランビエールと髙橋大輔 舞台裏で大いに語る」

 swissinfo
(スイスインフォ)さんではAOIについて写真や詳細インタビューも上げてくれて諸情報とてもありがたい。
 


今年の男子スケーターのトップスター、ステファン・ランビエールと髙橋大輔が今年のショーの魅力や互いの演技力について、スイスインフォに語った。
アート・オン・アイスでは世界のトップスケーターがアーティストのライブ演奏に合わせて華麗に氷上を舞う。
今年のアーティストの1人は、ランビエールが長年のファンだと話す英国出身のジェイムス・モリソン。もう1人は米国出身のチャカ・カーンだ。

 ランビエールのアート・オン・アイスへの参加は今年で15回目、髙橋は2回目となる。
高橋大輔を招待した理由について「卓越したフィギュアスケーターでエンターテイナーだから、また今回も招待した」と話すのはアート・オン・アイス広報担当のマルク・リンデッガーさんだ。
そんな髙橋のソロの一つは「Caravan」。もう一つのソロではモリソンのナンバーに合わせて、ホームレスの役を演じる。

 リハーサルの合間にインタビューに応じてくれた髙橋は「リハーサルの手応えは完璧。後は自分のパフォーマンスの質を上げていきたい」と話し、再びリハーサルがはじまったリンクに戻って行った。
(映像・Carlo Pisani インタビュー&文 説田英香)・・・・swissinfoさんより引用
◆スイスインフォさんのインタビュー動画
https://www.youtube.com/watch?v=_eu30OgYvGo
こちらで、大輔さんは今回のコラボ曲への思いとランビエールへの思いを語っているのでご覧ください。


2.高橋のスケートについてランビエールが語る 
上の動画の中でランビエールは大輔さんについて次のように語る。
c0067690_705854.jpg


ダイスケのスケートはとても素晴らしい。

感情を内に秘めるのではなく
観客とスケートへの情熱を共有していると思う

それが彼のスケートを魅力的に、そして生き生きとさせている。

彼は音楽を感じ、
    観客を感じ、
       動きを熟知している

それは生まれ持ったものだ

彼の演技をいつも楽しんで見ている。(以上、動画より)

~~~~~~~~
ランビエールとダイスケ、互いを熟知しているのが言葉の端々から伝わる。
信頼し、敬意をもって、楽しんで
   だから、XOIのアンセムのような他には絶対に見られないコラボが出来たのだろう。

また、二人のコラボが見たい。
                                                一日一回、ポチッと応援していただけると励みにもなります   

                                                                  
人気ブログランキングへ
by miriyun | 2017-02-08 07:11 | Comments(2)

AOI(2) 進化中amazingプログラム

1.2/5 チューリッヒ   
c0067690_7145911.jpg
歌とともに段ボールからhoホームレス高橋大輔が登場するのだが、同時に点灯されるのが赤い照明が当てられた街灯。これだけで都会の片隅を彷徨いながらという情景が生まれる。

アートオンアイス、ステージと氷上、ダイナミックな背景で驚かされる。小さなところにも行き届いたショーが観客を酔わせる。

c0067690_715048.jpg


c0067690_715259.jpg

NewInZurich さんより5日の画像をおかりします
↑(リンクがうまく出来ませんでした。のちほど直します)
c0067690_07445279.jpg









チューリッヒでの最終日、すでにパフォーマンスは進化、アーティストの心が入った特別な歌を全身であらわして、しかも変化していく。
生の演奏に生の演技で合わせていく。この演目はアーティストの乗った移動舞台が中央に出たので、アーティスト自身は一方向の様子しか見えないのでこれまでのように大輔さんの演技とともにより高まっていくというのは難しいのではないかと思った。
しかし、最後にアーティストが演技者名を一言紹介するのだが、ここへ来て「amazing daisuke!」といってくれていたのがうれしい。

チューリッヒ最終日2/5の演技
動画主さま、ありがとうございます。
◆Daisuke Takahashi Art on Ice 2017 "The Person I Should Have Been"
https://www.youtube.com/watch?v=daVhQTf0PPw&app=desktop


https://www.youtube.com/watch?v=daVhQTf0PPw




2.振付師の言葉

先月ロサンゼルスで振り付け後の様子


c0067690_6472870.jpg

c0067690_6472620.jpg




チューリッヒ最終日の演技を見て、ロスで事前に振り付けしていたチーズマンさん 

c0067690_12215792.png


またもや、振付師をして
ダイスケの演技が美しい、泣かせられる・・・と。

                                                一日一回、ポチッと応援していただけると励みにもなります   

                                                                  
人気ブログランキングへ

by miriyun | 2017-02-07 12:44 | Comments(0)

AOI2017(1)

アートオンアイス2017(AOI)がスイスで開催されている。
c0067690_1135071.jpg

↑Art On IceのHPより引用。
左に出演スケーターの名が並ぶ。主たるステファン・ランビエールの名のすぐ下にDaisuke Takahashiの名が記されている。2年前に長くオファーをしていてようやく出演してもらうことになったとAOI側が言っていたが、今年も大事なキャストとして招かれている。

 今年は主催側からのライブ動画もあり、また、300名以上といわれる日本からの観客の皆さんからの動画配信や、現地の人たちの反応やスケーターやダンサーの方からの発信が次々と入ってきて、なんというありがたい時代かと思う。ちょっと前だったら、あきらめるしかなかった情報や演技がほぼ同時に近いくらいで入ってくるのだ。居ながらにして遠きスイスの公演を垣間見られるのはほんとうに素晴らしい。
 日々、小さな画面で見ながら、あっという間にチューリッヒ公演が終わってしまい、この後のAOIはローザンヌ・ダボス公演が続く。

1.スイスのニュースでの紹介    



2.「The Person I Should Have Been」
大輔さんのアーティストとのコラボプログラム。

https://www.periscope.tv/MkomkoMyu/1ynKOWEgAwlKR?t=13


https://www.youtube.com/watch?v=jYLRU_WR71k


◆newinzurichさんに素晴らしい画像
https://newinzurich.com/2017/02/photo-highlights-of-art-on-ice-2017/
c0067690_135843.jpg

   ↑ 
この曲調が好きで、すぐに入り込めたという曲だという。高橋大輔が成功者から転落したホームレスの心象を演ずる。すでにこの表情。
 動きの方は、生の演奏と身体の動きの一体化が前日よりも、より高次元で行われる。

https://www.youtube.com/watch?v=fzP9JB7yTxM



◆高橋大輔の演技は進化する。
それを知ってしまっってからは、一回見たことで満足せずに、今日の次は?、マチネは?ソワレは?と次を見たくなってしまう。
 ローザンヌ・ダボスと続く公演に、心躍らせて待つことになる。

                                                一日一回、ポチッと応援していただけると励みにもなります   

                                                                  
人気ブログランキングへ
by miriyun | 2017-02-06 01:32 | Comments(0)

AnthemとThe Song of Christmas

1.Daisuke&Stephane "Anthem"    

XOIで演じられたdaisuke&Stephaneのコラボ演技。
前回は写真で紹介したが、動画はPCでしか見られなくて、自分でも外出先でもお茶でも飲みながら一人静かに見てみたいと思っていたので残念だった。

ところが、年末のこのどこも忙しい時にアップしてくださったのを見つけた!

動画主様に感謝・・・こちらに、スマホ・iPhoneでも見られる動画が・・・。



 何度見てもいいものはいい。離れては大きく動き、スピードを保ったまま、交差する二人の好敵手としてやってきた歴史をしっているから、。尚更劇的。
 ステファン、ダイスケ・・・東西の洋を代表するスケートの美を融合した素晴らしいコラボだった。


2.The Song of Christmas 
 もう、全日本でのナビゲーターさんの活躍も見おわり、一人一人の各地から全日本めざして猛練習してきた想い、最後の舞台だったり、がんばってきた選手の多くを見ることが出来た。BSでさらに補完して出来るだけ多くの選手を見られるようにしてくれた。なんというTV局の変わりようによろこびながら、ついさきほどまでBS放送まで追ってみていた。

 それなのに、まだXOIのもう一曲の演目を紹介していなかった。
大輔さんがクリス・ハートの透明感のある声の載せて滑るのは本当に美しいものだった。
また動画主様にお借りします。
https://youtu.be/3bMDdw5KQhY


クリス・ハートさんの透明感のある声は大輔さんのスケートでしっくりとくる。

3.トーク
 また、二部の最初に行うクリス・ハートさんと大輔さんの二人のトークは、どちらかと言うとクリスさんのほうがリードして、それで大輔さんもすごく話しやすそうだった。

 クリスさんはXOIに心から喜んでこのアイスショーに参加してくださっているのがわかる。
 「3年目だから、僕も大ちゃんて呼んでいいかな?」から始まって、
 初めてのXOI2014ではクリちゃんの歌でマオちゃんと大ちゃんが演技してよかったよね~」
・・・・と盛り上がり、観客は喜び、
 「大ちゃん・クリちゃん・マオちゃん」でまたいつかやれるといいね。」と言うところまで、ショーの度に出てきて観客との共感度もすごかった。
 それにしてもクリスさん、日本人よりも日本人の機微とか人情とかわかる感じだね。(もう日本人になられたし、日本の奥様との間にお子様も生まれてよいパパになりたいと言っている方だから当然かもしれない。)

 きめ細かく配慮するトークだったり、絶対うたわないと言ってる大輔さんを「ジングルベルの一節を歌わしてしまったり、新しい質問を考えてきては、トークで質問して、大輔さんドキドキ、観客もなぜかドキドキ、ドキドキという場面がいくつもあった。
 
クリちゃん「クリスマスはどうするの?」
大ちゃん「朝から晩まで仕事です」(実際全日本ナビゲーターさんは朝から晩まですっごく仕事をしたことが後に分かった)「だからクリスマスの飾りだけは早くから飾って雰囲気を楽しんで~}
クリちゃん「お正月は?」
大ちゃん「三段のおせちを注文して、31日に届きます」

クリちゃん「いま欲しいものをあげるとしたら?」  この手の質問はすぐに答えらえないだろうという心配と、もし物の名前が出てきたら、次のアイスショーの時のプレゼントボックスが同じものであふれかえってしまうかも的ないらぬおせっかい的心配とかしてしまう。

さて、一瞬考え込んだあと、

大ちゃん「雪がいいな~」゚・。*のほほん(´∀`*)。・゚

観客「雪か~、買えないね、大ちゃんらしいな~」


とか、こんな感じの会話が続くのでした。トークは大変だけれど、観客からは楽しみな時間で、
温かい人柄とか、飾らなさとか、慎重さとか、いろいろ空気感で伝わってくる二人のトークでした。






                                                一日一回、ポチッと応援していただけると励みにもなります   

                                                                  
人気ブログランキングへ
by miriyun | 2016-12-30 17:23 | Comments(0)

音楽を見せるランビエール&高橋大輔

1.賢二先生コレオ     

宮本賢二先生をしてプレッシャーを感じるという、二人、高橋大輔とステファン・ランビエールのコラボの制作過程が詳細レポートされた。ありがたい。これを見てからミラーコラボを見たい。
★動画をお借りします。 
高橋大輔とランビエルのコラボがすごい!


↓リンク
https://www.youtube.com/watch?v=Q30mPYvRUqs&feature=youtu.be


2.Anthem
歌いあげる楽曲も素晴らしいが二人の動きが優雅でのびやかで
曲のイメージを何処までも増幅し放射していく。


c0067690_6593297.jpg


c0067690_722582.jpg


c0067690_72191.jpg


c0067690_724139.jpg


c0067690_724547.jpg


c0067690_725340.jpg


c0067690_725933.jpg


c0067690_75668.jpg


彼らの紡ぐ楽曲のイメージが心の奥底に染み込んでいく。

・・・心地よい
涙が出るほど心地よい


フィギュアの真髄に触れさせていただいた。
賢二先生、まいりました!
思うがままです。

★動画お借りします。動画主さまに感謝です。
(モバイル系ではみられないようなので、PCでご覧ください)

リンクはこちらhttps://www.youtube.com/watch?v=gMs9pfdAMMY&sns=em

3.TVで12/22クリスマスオンアイス完全版 
録画推奨!(o^^o)
12/22(木)17:29〜 19:55 BSジャパン

クリスマスオンアイスは2014年に高橋大輔さん座長格で復活してから3度目。クリスマスというお祭りぽさを楽しむだけのショーではないのが特色だ。集まった観客も含めて優しい空気に包まれて、あぁ、家族っていいな、仲間っていいな〜と思って、温もった心で家路へと向かう。
冷たい氷の上のショーでどちらをむいてもキラ星ばかりなのに、そのメダルの名前よりも人柄が私たちを熱くするのだ。



4.   

アイスレジェンド、アートオンアイス、そして今回の日本での初コラボ、二人が接するところに刺激と高め合いがある。これまで、スイスに主賓として招かれて、高橋大輔はそこでb芸術的なアイスショーを追求するランビエールの情熱を見てきた。この何でも挑戦して吸収する時期と言っている高橋大輔にとって、ランビエールは大きな影響を与えてくれたうちの一人なのだ。

 スイスで開催のアートオンアイス2017ではコラボはあるのだろうか。今後が楽しみすぎる。そして、来年はいよいよ歌舞伎とのコラボが待っている。


                                                一日一回、ポチッと応援していただけると励みにもなります   

                                                                  
人気ブログランキングへ
by miriyun | 2016-12-21 07:05 | Comments(0)

クリスマスオンアイス2016(1)メリルに感謝を! 

1.XOI by Meryl    
 昨日のクリスマスオンアイス2016のフィナーレ後のアンコールでのこと。
メリル・デーヴィスさんがで動画を撮りながら周回されていた。
スケーターの速度で周回したらどんな動画になるのだろうとおもっていた。
 
 そうしたらメリルさん(スケオタ界ではメリルさま)は早速動画をのせてくださった。
 速さもわかるけど、会場の熱気はどのテレビや記事よりもわかるので、ご紹介。

 注意点・・・近くの人を見ると目が回るので2階3階を見る感じだと大丈夫。

https://twitter.com/Meryl_Davis/status/810094584894078976
 
 観客席満席はもちろん立見もいっぱい。(12/18日曜日も当日券(立見)席でます)
この熱気すごいですよ~!

◆この動画の後半にも注目!
 デニス・バシリエフくんの次
 エラッジ・バルデと高橋大輔がでて同時に何を?

 ジャンプ軌道に入ると、観客の「あ~っ、もしかして3A!」という歓声。

 久しぶりの3A降りた、すぐに両足になったけど、メリルさんの動画できれいな回転がわかった。

 膝の故障からソチ以来スケートから遠ざかっていた時期、戻してきた時期、
ずっとずっと大輔さんをひたすら見守り続けてきたDファンが集まり、またTVで見つめている。

 ジャンプの種類が増えてきて、
クリスマスオンアイスでのジャンプはいずれもふわりと滞空時間の長い美しいジャンプで美しい。
とうとう、膝に負担のくるトリプルアクセルまで観客の前でやってくれる気になったことに深く感じ入る。

 


2.メリルさんのパートナー 
 フィナーレの最後、2~5人で多種多様なパフォーマンスを披露する中で、大輔さんはどうするのかと思っていた。
c0067690_9212638.jpg

メリルさんとダンスで周回!

わーっという歓声と熱気が会場中にあふれでた。

陸ダンスに続いて氷上でも大輔さんの夢がかなった。
それを会場中が同じ感覚で喜びエキサイトした。

(アメリカから一時帰国のお台場イベントで、フィギュアをあまり知らないというMCがトークショーに集結したファンを「ほとんどご親族のよう」と、鋭くも表現していた。そして、今、XOIの観客の反応はほとんど大輔さんの思いに同化しているかのようだった。)


◆メリルさんに感謝を!という今日のテーマでした。
                                                一日一回、ポチッと応援していただけると励みにもなります   

                                                                  
人気ブログランキングへ
by miriyun | 2016-12-18 09:23 | Comments(0)

「氷艶 hyoen2017」続報・・・高橋大輔

1. 「氷艶 hyoen2017」      

c0067690_6581076.jpg


c0067690_6581223.jpg


http://hyoen.jp/video/hyoen1126.mp4


2.市川染五郎も滑る!! 
 演出は市川染五郎
彼は10年前から歌舞伎オンアイスがあってもいいじゃないかと思っていたという。
そして自らもスケート靴をはきすべてをオンアイスで行う。
観客は三方から見るかたち。滑ることが出来る歌舞伎役者募集中とか。
もちろんフィギュアスケーターがたくさん登場する。今わかっているのは
高橋大輔・荒川静香を中心として鈴木明子・織田信成が既に出演が決まっている。

さいしょ、染五郎さんは舞台上で義経は氷上で対比させるものとばかり思っていたが、染五郎さん滑るとはなんというバサラもの!!
 染五郎さん、すごい
演出のもとの形はできているそうで、歌舞伎界でも三郎さんとかつぶやいていらっしゃるから、もう知っている人は知っていたことみたいだ。

c0067690_658144.jpg


 ダンス公演を経て自信を取り戻し、フィギュアスケートに戻ると明言してからの大輔さん、飛翔するすがたは凛々しく、目には情熱の炎が見えるようだ。
 

                                                一日一回、ポチッと応援していただけると励みにもなります   

                                                                  
人気ブログランキングへ
by miriyun | 2016-11-29 07:00 | Comments(0)

「氷艶 hyoen2017」歌舞伎とフィギュアスケートが・・・高橋大輔

1.「氷艶 hyoen2017−破沙羅(バサラ)−」 
 大きな事件的発表があった。




 「ストーリー性のあるのをやりたいね。伝統芸能も取り入れられたら」と狂言を取材したときに、zeroでも語っていた。「新しい形のショーをしたい。」とも言っていた。

確かに高橋大輔は言っていた。
競技人生でも楽な同じ演目の持越しはせず、常に新しい技術と新しい曲とで自分を追い込んでいた。
フィギュアに生きるべきかそうでないのか、中途半端ではやれない。1年前まではそういう状態だった人が・・。

バレエ界の巨匠、熊川哲也さんとつながり、励まされ、
歌舞伎界若手俳優とのつながりはとっくにできていて、
ミュージカルの世界の勢いのある若手たちは友達づきあいの中で刺激を受けている。
狂言師の野村さんからはの元は壊さず、時代には挑戦していく姿勢を学び、
ランビエールからはフィギュアスケートというハードで息の切れてしまう方法で物語をピアニストの奏でる音に踊り、物語に入り込んでいくそういうアイスショーを学んだ。

人だけではない。映像とのコラボも美しかった。
マーニーでのアニメの投影との美しいコラボ、
プロジェクションマッピング上での演技にも挑戦して、完成させた。

Vogue誌でのモデル力量とスタッフとのつながりはアイスショーに生かされ、
家庭画報さんでの連続しての取り上げ方から見える人間としての魅力も掘り下げられた。(12月1日発売の1月号に18ページ特集)

もちろん、ダンス公演Love on the Floorに参加したことで、一人のシェリル・バーグというダンサーの思いからこれまでにないような舞踊で一つのテーマを追い求め、観客が身体ごと揺さぶられるようなダンスの世界がつくられるのを体験した。彼自身も他の人と組んで踊ることを身に着けた。

なんだか、すごい!
 大輔さんは、どんなことも無駄にしない。すべてを学び取る。

なんだか、すごい!
どんな未来が開けるのか。

苦しくても、「できない」と言いながら、できるように追い込んでいく。彼の努力とは並の努力状態をいうのではなくできることのせい一杯をやってなお、更に苦しい世界を選ぶということなのか・・。

身を預け、新しい世界をアイスショーの世界と融合する。




◆高橋大輔の各界を代表する意欲的な人々との人脈は確固たるものである。

人脈っていうと、語弊があるかもしれない。会社などでは、その人脈をあてにして契約に便宜を図ってもらうなど、あてにすることが含まれる。

ここでいう人脈はそれではない。

高橋大輔という人物への信頼と、
新しいものを生み出す才能と
周りを巻き込む魅力とを期待して相手から繋がってくるものだ。



バレエ、ダンス、伝統芸能にミュージカル、いつかは繋がっていくことを確信していた。でもそれは高橋大輔自身が「いつか」という言葉で言っていたので、まだまだ先のことかと思っていた。

帰り道でびっくり仰天で、思わず声が出た。

 (熊川さんも先に歌舞伎にやられたと思っているかもしれない・・・なんて勝手な妄想?)

 いや~、フィギュアファンの皆様、歌舞伎ファンの皆様、楽しみで仕方がない。

大輔さん、義経ですよ~。

執事なんて言わずにロミオをやってと思っていたが、ぶっとんだ!(言葉が乱れてごめんなさい)

「源義経」ですよ~!!!!



2.世界初*フィギュア高橋大輔&歌舞伎 市川染五郎 

http://news.goo.ne.jp/article/sponichi/sports/sponichi-spngoo-20161128-0127.html

↑よりお借りします。
c0067690_2072312.jpg


高橋大輔さん「テーマは“かっこよく”」来年5月 世界初歌舞伎とのコラボ
 日本の伝統芸能とフィギュアスケートが融合する。アイスショー「氷艶 hyoen2017−破沙羅(バサラ)−」の記者発表が28日、都内で行われ、歌舞伎俳優の市川染五郎、トリノ五輪女子金メダルの荒川静香さん、バンクーバー五輪男子銅メダルの高橋大輔さんが出席した。

 17年5月20〜22日に東京・国立代々木競技場で行われる「氷艶」は、世界で初めて歌舞伎とフィギュアのコラボレーションで、出演者は全て日本人でストーリー性のあるショーとなる。

 源義経を演じる高橋さんは、「素晴らしいものになると確信してやっていきたい。テーマは“かっこよく”。それを表現できたらいい」と笑顔でPRしていた。

3.Vogueがかんでいた
http://www.vogue.co.jp/lifestyle/news/2016-11/28/hyoen/page/3#moveto

↑からお借りします。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ヴォーグがサポート! 歌舞伎とフィギュアスケート、世界初の “饗宴”。

2017年5月20日(土)〜22日(月)に開催される「氷艶 hyoen2017 -破沙羅-」。ヴォーグがアーティスティック コンサルタントを務めるこの公演について、メインキャストが語った。
「フィギュアスケートと歌舞伎の組み合わせは世界初。それだけでなく、今回はチームラボの協力を得て、氷の上にプロジェクションマッピングをしていただくという演出もある。そこがとても楽しみです」と意気込みを語ったのは、源義経役を演じる髙橋大輔さん。

「ショーとアートを融合させ、これまでにないかっこいいものにしたいと思っています。『破沙羅』という公演名もとてもかっこいいですしね。

僕が演じる源義経さんは『善』の役。
染五郎さん演じる『悪』に対抗していく役ですが、『善』というものを演じるということについても、すべてが初めての経験。

まだ手探りの状態なので、しっかりと自分のなかに落とし込んでいきたいと思っています」。(ここまで引用)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
上のURLの中のロベルト カヴァリを着た大輔さん、超絶かっこいい!

4.公演は代々木
「氷艶 hyoen2017 -破沙羅-」

公演日時:2017年5月20日(土)21日(日)22日(月)

会場:国立代々木競技場第一体育館

主催:日本テレビ放送網株式会社
特別後援:公益財団法人日本スケート連盟
企画:株式会社ユニバーサルスポーツマーケティング
製作:松竹株式会社
制作協力:株式会社松竹エンタテインメント
アーティスティック コンサルタント:VOGUE JAPAN
映像演出:teamLab

歌舞伎とコラボすると松竹も入ってくる
 日本テレビ VOGUE teamLab・・・う~~む。

そして、なんといっても市川染五郎さん

 チケットとれるのだろうか~~~、でも大輔さんの大きな一歩、応援せずにはいられない。
 
それにしても、大輔さんが出会うプロッフェショナル達の繋がり感は半端でない

                                                大輔さんブログに応援していただけると励みにもなります!   

                                                                  
人気ブログランキングへ
by miriyun | 2016-11-28 20:07 | Comments(2)