写真でイスラーム  

mphot.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

タグ:港ものがたり ( 34 ) タグの人気記事


2009年 12月 24日

みなとみらい全館点灯!(1)

 港・・・クリスマスイブの日に 

 イルミネーションは数々あれど、最大のイルミネーションはビルそのものの点灯。そこには巨大建築物が丸ごとイルミネーションと化した姿が見られる。そういうものにあまり興味を持っていなかったが、クアラルンプルのペトロナス・ツインタワーを見るに及んで、街そのものの道しるべ、街の象徴・よりどころとしてのタワーの点灯された姿の美しさに感激した。

 
c0067690_12523926.jpg

                                    ↑ ワンクリックすると大きな画像が見られます。

 そして、あまり見ることが少なかった日本の美に目を向け始めると、港の建築・船もその興味の範疇に入ってきた。つい最近のことだ。そうして、見始めたらなんと地元の港のみごたえのあることに驚いた。
 地元民なのに知らなかったが、みなとみらい地区でもビジネスビルのみの全館点灯があるのだ。ずっと前からやっていたのに知らなかった~!

 年に一度だけ12月24日のクリスマスイブに、ホテル部分を除いたビジネスビルのエコ電気を使うところが協力して行なっているという。

 ◆彩られる海

c0067690_1351522.jpg

                                                
 ゆらゆら
 きらりきらり
何十すじもの色の帯が絶え間なく色を変えながら写る。

 横浜は、海がこんな色になる。しかもその色は観覧車についたイルミネーションの色が次々と変化することにより海を彩る光が変化する。
 したがって、1枚目の写真では入れていないが、ここからは海に写る色も入れていこう。

c0067690_1353525.jpg

                                         ↑ ワンクリックすると大きな画像が見られます。
  建物や観覧車そのものよりも長く伸びた影はとても印象的なものだ。
赤い色が入ると尚更、それに目がひきつけられる。


c0067690_136176.jpg

                                      ↑ ワンクリックすると大きな画像が見られます。
 サンタの乗った高速ボートが通り過ぎる。
すると、青の光が鮮やかに加わってさらにきらびやかになる。

c0067690_1363515.jpg

 なにしろ、時はクリスマス・イブだ。
ディナー・クルーズの客船から降りてくる客。
たくさんの客に向かって、船の上のサンタが手を振る。

ではみなさん、メリークリスマス!

                                   ご面倒でしょうがポチッと応援よろしく!勇気づけられます        

                                                             人気ブログランキングへ

by miriyun | 2009-12-24 23:55 | Comments(2)
2009年 12月 20日

光なすメルヘン

 ここに行ってみた。
c0067690_574172.jpg


そして、光をカメラでアートしてみた。
c0067690_1634361.jpg

                                                            ↑ 2点とも大桟橋より撮影
 
 じつは、横浜港の季節サービス。サンタが先頭についたボートが横浜港の港湾内を高速巡回している。
サンタのイスもふねもイルミネーションされ、人々の目を楽しませている。
 赤い服をきたサンタは、この一年の悩みも何もかもカカカッと笑い飛ばしているみたいだ。

誰をも暖かい気持ちにしてくれるぬくもり感というプレゼントを持って、
ただいま港を巡回中!

                                               ご面倒でしょうがポチッと応援よろしく!勇気づけられます        

                                                              人気ブログランキングへ

by miriyun | 2009-12-20 16:03 | Comments(4)
2009年 09月 14日

カモメ飛ぶ街(2)

c0067690_12532570.jpg


 カモメ飛ぶ街と何気なく題名を打ってみたが、そういえばこれは前にイスタンブールのかもめにも題名をこのようにしていた。

 こちらは横浜。

 港にカモメが飛び交い、汽笛が鳴り、牽引船が行き来する。
 港の雰囲気、とくに夕暮れ時はかもめの鳴き声にも空の色合いにも憂愁が帯びてくる。

                                               ご面倒でしょうがポチッと応援よろしく!勇気づけられます        
                                                              人気ブログランキングへ

by miriyun | 2009-09-14 12:59 | Comments(2)
2008年 02月 08日

かもめ飛ぶ街(1)

ガラタ橋の東側。カラキョイに魚の市場がある。

 かもめがその市場の位置を教えてくれる・・・・
c0067690_7183729.jpg

c0067690_237245.jpg

水揚げされたばかりの魚が並ぶ市場は、意外なことに魚くさいとか思わず、きれいという印象だった。
 緑濃き葉を敷き並べ、その上に扇のように魚を並べる。魚のにおいが強くないことに新鮮な葉は関係しているのかもしれない。

 魚の頭やえらの部分には何が飾ってあるのだろう。鮮やかな赤がアクセントになった魚のディスプレでそれぞれの魚がよりおいしそうに見えてくる。
≪追記≫
*Fujikaさんより、コメントをいただきました。
 赤いものは、無理やりえらを引っ張り出して見せて、新鮮さをアピールしていると読んだことがあると言うことです。
 おかげさまで、これでえらだとわかりました。

*また、父からあごのところを折ると表面を覆っている銀色のが取れて赤いえらが出てくる。えらは魚の体などよりずっと鮮度が変化しやすくて、水揚げしたばかりのときは真っ赤で時間が経つとすぐに黒ずんでベターッとしてくる。漁港のそばなど新鮮な魚のあるところしかこういうことはしない・・・ということです。

◆以上2点により、赤い部分はエラそのものだとわかった。
 またこの美しいほどの赤はとても鮮度がいいということで、カラキョイの市場ではその鮮度を「ほら、こんなに新鮮、うまい魚だよ!!」とアピールしているのだった。
                         ポチッと応援よろしくお願いします

by miriyun | 2008-02-08 07:19 | トルコ | Comments(6)