タグ:文様の話(植物文様・動物文様・組紐文様など)

  • カザフスタンのウェアと世界遺産の動物文様
    [ 2014-02-16 12:29 ]
  • ブドウ寸話
    [ 2013-06-01 06:33 ]
  • アジアの東と西のブドウ紋
    [ 2013-05-30 04:01 ]
  • アカンサス(2)・・・大きさ実感
    [ 2013-03-29 16:37 ]
  • 華麗なる絨毯デザイン
    [ 2011-10-07 07:03 ]
  • カリグラフィーと花の絨毯デザイン
    [ 2011-09-27 01:26 ]
  • 船が行く
    [ 2010-09-30 22:24 ]
  • アカンサス(1)・・・コリント式・コンポジット式の装飾
    [ 2010-08-14 13:08 ]
  • 山羊文様
    [ 2009-10-27 07:12 ]
  • トプカプの三宝珠とトラ縞文様
    [ 2009-07-11 14:49 ]

カザフスタンのウェアと世界遺産の動物文様

質問があったので、抱えていた写真でお答えを。

ご質問は、カザフスタンのスピードスケートウェアの文様についてなのですが、ググっても写真が出てこないし、スピードスケートを録画もしていなかったので、開会式のウェアと同じ流れではないかと推測してお答えします。
 (でも、スピードスケートの選手のウェアの文様が写っている画像があったらおしえてください・・解決しました。下の方に記載)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

1.カザフスタン開会式のウェア  
 実は開会式で民族衣装を見るのが好きな自分は夏のオリンピックではかなり深く選手入場の行進を見ている。冬はどうかというとスキーウェアやダウンウェアのような服装でおしゃれかどうかというのはあるが、民族や国の特色をあらわすものは少なくて、録画を止めてみるものは少なかった。
 

その中で、あれっと思ったのがカザフスタンだった。

なぜなら動物に見えたからだ。動いている人の中のピントもあっていない服の文様を見るのは難しいが、牛と判断した。
 なぜなら、カザフスタンでこの文様を見たことがあるからだった。


2.カザフスタンのタムガリ岩絵群
 今から〇〇年前、ロシアがソ連だったころ、当時のソ連の一部であったカザフスタンのアルマアタ(現在はアルマトイと都市名が変わっている)に行ったときに見たのがこれだ。
 耳から聞いたことはすぐに忘れてしまうのに、こういうビジュアルは妙に脳裏に残るのだ。それ以来、ここのことをブログに取り上げたことがないのだが、頭の片隅にこの岩絵は残っていたので、ソチの選手入場を見ながら一致した。


 アルマアタのカザフスタン博物館で青銅器や黄金を用いたスキタイ文化の展示とともに岩絵の写しを見てきた。スキタイ文化よりもずっと前なので極端に足を折り曲げたスキタイ独特の様式化はしていない。
 もっと素直に自然界にある動物の姿をしている。

カザフスタンの古い先史時代の誇りでもある岩絵には角の立派なうしに頭が太陽のような人に頭がごく小さい点になっている人が描かれていた。
自分の印象では牛の頭にのった形で描かれている人が牛を仕留めるような英雄なのであろうと感じたものだ。(こういう博物館はキリル文字でしか解説がないので、そうやって想像するしかなかったのだ)
 しかし、後に調べてみたらこれがsun-headと呼ばれる太陽神を表していた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆ところで、最初のご質問のスピードスケートのウェアの絵について、
早速コメントで教えてくださった方がいて、ず~っ探していったら、ようやく文様が鮮明に見える写真を探すことができた。感謝です!
 

カザフスタンのスピードスケーター
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
きれいな空色はカザフスタンカラー。そして、黄色で描いている線描は、まさしく岩絵。そしては私がかってみてきたのと同じsun-headの太陽神が大きく描かれている。また、狩猟民・鹿・戦う人など、人類の歴史を刻んだ岩絵からの絵だった。太陽神からしっぽがでているようだが、これについては何らかの研究資料を見ないとわからなそうだ。 
 尚、国旗は空を表す空色に中央に太陽と鷹があらわされている。
イスラームの国は一般的には月や星を使って国旗を表すことが多い。ところがここでは太陽を中心に置いている。これはイスラームが入る遥かに昔からのこの国の太陽信仰と関係があるのかもしれない。


 これで疑問は一応解決。私が開会式で見たウェアも、ご質問いただいた方のみたスピードスケーターのウェアも一貫して岩絵という文化遺産でトータルデザインされていたのだった。

3.世界遺産登録・・・カザフスタンの誇り
 これは紀元前14世紀以降に描かれた岩絵であった。場所はアルマトイから北西180kmのところにあるタムガリ岩絵群で、なんと5000もの線刻の岩絵が残されているのだ。
 世界中に実は岩絵はあり、有名なところではアルタミラやラスコーの岩絵は誰もが知るところだが、リビアやアルジェリアにも大規模なのがある。中央アジアにもたくさんある。しかし、ここは中央アジアで最も規模が大きく研究が進んでおり、そしてsun-headを持つ太陽像という特徴を持つ遺跡であった。そして、周辺に残る住居や祭祀場の跡とともに中央アジアの傑出した文化遺産であると認められ、2004年に世界遺産に登録された。

 ◆今回、この動物文様を入れたウェアをきてきたのには、世界遺産を誇りに思うカザフスタンの気概が含まれていたのだった。
 そしてカザフスタンは、このソチでデニス・テンがフィギュアで銅メダルを得たことで、
岩絵以外にもカザフスタンの誇りを一つ増やしたことになった。

                                                一日一回、ポチッと応援していただけると励みにもなります   

                                                                  
人気ブログランキングへ
by miriyun | 2014-02-16 12:29 | 中央アジア | Comments(4)

ブドウ寸話

ブドウ寸話 in 東大寺ミュージアム
新しく開館した東大寺ミュージアムのエントランスを入ったところにさりげなくこんなのが飾られていた。




ブドウつる草をくわえた鳥である。
    正倉院御物の中のモチーフで、金鈿荘太刀(きんでんかざりのたち)といい、

↑ 「美術 天平」より引用
どんなに優れた意匠もこのように錆で青銅部分が腐食し、金は残っていても輝いていない状態になると
本来の光や輝きがわからないものである。
よほど想像力をたくましくしないと当時の正倉院御物の見事さは感じられない。

が、それが現代工芸の力でよみがえったようだ。

レプリカとしての展示品ではなく、単なる壁飾りなのだが、この意匠はミュージアムのエントランスに真にふさわしい天平の息吹をかんじさせる意匠だった。
落ち着いた色の中に金であらわされていて、思わずうんうん、いいなあと思ってしまった。
エントランスなので外の空の色や木々の影などが写っていてそれもいい。

 そう、東大寺におさめられているものは文様だけでも宝なのだ。
こうして現代の建物に飾られても古臭さを感じさせない。いいものって永遠の命を持っている。
などど、心の内でつぶやいたのだった。

                                                一日一回、ポチッと応援していただけると励みにもなります   

                                                                  
人気ブログランキングへ
by miriyun | 2013-06-01 06:33 | Comments(2)

アジアの東と西のブドウ紋

東の果てで・・・奈良薬師寺のブドウ紋   
奈良で目にするものはどこかしらで西の国とつながっているものが多い。中国はもちろん、もっと先のシルクロードを通して伝わってくるものが多い。

 葡萄唐草文といえば薬師寺金堂の薬師如来須弥座が代表格。

 以前に取り上げたブドウ紋はイラスト化されたものだったが実際は金属製であるので、その写真で見たいものだが、写真はおろか立ち止まって見ることもできない程、薬師如来像前は素通りしか認められていないので台座をのぞく暇もないのでこの見事なブドウ紋をじっと見たくてもかなわない。

ところが、現地の別の講堂には複製があったのだ。
     それによってやっとじっくりとみることができた。↓


薬師寺のブドウ紋はつるの間をブドウの葉とブドウの実が交互に現れる。葉はかなり写実的で美しいが実の方は、葉の外形をそのままにして実が葉に包み込まれるように描かれている。だから、葉が1パターン、実が1パターンしかないのに、連続文様として成り立っている。植物の奔放な動きをある程度パターン化してつなげて行くのが文様だが、ここのぶどう文様はことにそれが顕著だ。

西の果てで・・・シドンのブドウ紋

シドンは紀元前13世紀からのフェニキア人の街。シドンはアラビア語で「漁場」「漁師」を意味する。ギリシャ人は「花に富む街」と呼んだ。
王たちの石棺がみごとなほりがほどこされているのだが、その一つに彫り込まれたブドウ紋。

石棺がつくられたのは紀元前4世紀前後、それにたいして、ブドウ紋がくっきりと表された薬師寺がつくられたのは紀元後8世紀だから、それまでブドウの文様はその土地土地で微妙な変化を遂げながら伝わっていったのだ。

 なお、このブドウ紋のある石棺は、さらに西の果てのイスタンブールの博物館に収まっている。

                                                一日一回、ポチッと応援していただけると励みにもなります   

                                                                  
人気ブログランキングへ
by miriyun | 2013-05-30 04:01 | Comments(2)

アカンサス(2)・・・大きさ実感

アカンサスの葉   
アカンサスは古代ギリシア・ローマで多用された装飾のもとであるのに案外地中海周辺で見かけることがない。ヨーロッパではヒツジやヤギが食べつくしてしまうともきいているが、そのせいなのか。
 日本でハアザミというくらいで、アカンサスという名前にもトゲという意味が組みこまれている。葉の先端のとがっているところがよほどのトゲかと思いきや、実は夏に出てくる花の苞(ほう)がまるで食虫植物のトゲのような形なのだった。

 奈良で発見された鹿に食べられないためにトゲを増やした植物のように進化していればこの植物も食べつくされることはないのかとも思った。だが、実際の大きさは想像以上でこんな葉のすべてにトゲに変化することは無理だったのだろうと考え直した。

 なかなか大きいアカンサスに出会えないでいた。ところが意外なところで見つけた。



わさわさと茂るアカンサス 
鎌倉の光則寺敷地内の土手にはヤマブキが今咲き誇る。
見て歩いていると、ヤマブキの下に押されながらつやのある葉が生えていた。花の寺光則寺ではどの植物ものびのびとよく生えている。

ヤマブキの和のイメージとは異なる葉だと思いながら進むと、さらに大きな葉がワサワサと茂っていた。
それはなんとこれまで探せずにいたアカンサスだった。


◆そう、だいぶ前にローマ建築の柱頭に現れる葉として以前に紹介したが、ごく小さな株を植物園で見ただけなので、のびやかに育ったアカンサスを見てみたいものだと思っていたのだ。
 うれしいので、そのワサワサ感をたっぷりと入れながら、以前の続きとして今度はアカンサスの大きさ・のびやかさ・装飾性を見直してみたい。

 こちらはエフェソスのよく形が残っている柱頭。遺跡の柱は青空によく映える。
アカンサスはギリシアの国花とも言われるが、その割には少ない。以前はたくさん自生していたからこそ、文様・彫刻に多用されたのだろう。
 夏場乾燥して暑いのが地中海だ。その周辺国ではこのアカンサス・モリスは濃い緑大きなつややかな葉をぐいぐい伸ばす。

 いくつかに葉先が別れている点も装飾的によい。



ボスラー遺跡の劇場内の柱頭。平面に彫刻しても大ぶりで生命力あふれる葉になる。

こちらは柱ではなく何らかの台座。オリーブの輪の飾りを中央にして、角にはアカンサスの葉を装飾彫刻しているが、角を飾るにも一枚の葉で角全部を装飾できる。こういう肉感的な迫力のある彫刻はいくら大事な植物であってもオリーブや小麦ではできない。
 彫刻にするにはやはり生命力や力が籠められる植物がいいのだ。
 おそらくギリシア・ローマ文明の時代を通じて、こうした地域におけるもっとも装飾に適した植物だったのだ。


最後にこの葉の長さを縦に見るとゆうに60cmは超えている。根元から長さは1mはある。よくここでのびのびと育ったものだ。

                                                一日一回、ポチッと応援していただけると励みにもなります   

                                                                  
人気ブログランキングへ
by miriyun | 2013-03-29 16:37 | Comments(4)

華麗なる絨毯デザイン

・                                                                 追記・写真あり

華麗なるペルシアデザイン

こちらは手描きに手彩色。絵の具でさらっと塗ったような塗り方でしかも繰り返し柄は彩色してないものもある。一見、大雑把なように見えるけれど・・・。

実は、アッバース朝以来の、繊細にして華麗なペルシア絨毯の世界を表現している。
   左側の草が一部らせんを描く。右のほうにも細くらせんを描く植物が見える。 

らせんは円ではない。
少しずつ中心となる点をずらして出来て行く曲線だ。
数学の理にかなった方法ではじめてできる曲線である。

この曲線を描くことのできる学問と、多くの優れた文様を生み出した伝統的文化の礎、そして幾何学を華麗な文様に応用していく柔軟さが合わさって、はじめて表出されたらせんの世界。
それがペルシア絨毯の、とくにイスリミ文様の世界なのだ。
・・・・・・・・・・・・
その実例は、

 このような華麗ならせんと草木の世界である。

また、それの大がかりなものにはシェイク・ザーイド・モスクの世界最大であるだけでなく超・華麗な絨毯もその延長線上にあるのだ。

 このようならせんの動きを持つ草花文様は、ただ花弁や葉の並びだけでなく植物のもつ生命観をも表し、絨毯の最も美しい文様だと思う。 
                                                  人気ブログランキングへ

                                                     一日一回、ポチッと応援していただけると励みにもなります      
                        


by miriyun | 2011-10-07 07:03 | Comments(6)

カリグラフィーと花の絨毯デザイン

カリグラフィーと花 
 絨毯の国イランは、さすがだ。他では売っていないものがある。

方眼紙に花がえがかれている。
右端に数字があるのはアラビア数字だ。上から4が欠けて見えて、次に47、48、49、50と続いて行く。5の形がハートがひっくりかえったような形であるのが、典型的なペルシア風数字になっている。


これにはこの様な印がついている。読めないのだが、どこでデザインされたとかの情報があるのだろう。

カリグラフィーを囲んで花が散在するデザインで、文字はいまひとつだが、花はきれいに配列されていた。

 こういうものが日常的に売られていたりする国がイランだ。
    こうしてどんなものにも絵をいれたり、何らかのデザインをすることの多いイラン人が育っていくのだろうか。


                                                    人気ブログランキングへ

                                                     一日一回、ポチッと応援していただけると励みにもなります      
                          


                         

                         

by miriyun | 2011-09-27 01:26 | Comments(10)

船が行く

 船はゆく     
トルコの陶器には花が多いが、そればかりかというとそうでは無い。案外多いのが海にちなむものである。

風に帆がまう勢いのある図柄、
アジアとヨーロッパにまたがるくにであり、トプカプ宮殿の敷地の先端からはマルマラ海とボスポラス海峡と金角湾を望む位置にある。オスマンのスルタンはここから、帝国を目指してやってくる各国の船を自分の箱庭に浮かぶ模型のように数限りなく浮かぶのをみおろしたのだ。
そんなトルコに勢いのある帆船がえがかれるのは当然のことだ。
波の模様は日本ならさしずめ青海波というところだが、こちらは三宝珠がたくさん!

船のしたで泡立っているのも三宝珠である。



                     ↑ 文化センター廊下部分の壁装飾         
            
この大皿を見ていると、東京ジャーミーの1階、トルコ文化センターに迷い込んだような気になる。それほどの三宝珠づくしだった。


                                             応援クリックお願いします。
                                                           人気ブログランキングへ     





        
by miriyun | 2010-09-30 22:24 | Comments(4)

アカンサス(1)・・・コリント式・コンポジット式の装飾

 アカンサスとは 


                                 ↑  植物園で見た小さめの株。だが葉の色は美しかった。
アカンサスは、キツネノマゴ科で別名ハアザミ(葉薊)といわれ、Acanthusはトゲがあるという言葉と関係があるという。
 地中海沿岸の原産の大型多年草で30種を数える。文様に使われたのは主に葉の幅が広くて柔らかいアカンサス・モリスといわれているが、現在のヨーロッパでは羊や山羊に食べつくされてほとんど見られない。
写真のように光沢がある美しいみどりをしている。葉には深い切れ込みが左右対称に入っている。夏に高さ2mもの花茎をだし、白・赤・紫などの花を咲かす。


 コリント式とアカンサス 

 紀元前5世紀頃、アテネで新しい様式の建築様式(オーダー)が盛んになった。これについてはローマ人が言い伝えている。
コリントスに若い娘が病気でなくなった。悲しんだ乳母が娘の身の回りの品々を籠に入れて墓に供え、雨露を防ぐタイルを載せておいた。春になるとアカンサスが芽吹き、のびて籠を上へと押し上げる。先端がかごやタイルに当たって折れ曲がっているのを、彫刻家カリマコスは通りかかって、その美しさ・優雅さに足を止め、様式的に洗練させてコリントの柱頭をつくった、・・・とローマの建築家ウィトルウィウスは伝えている。(世界文様事典 西上ハルオ著より引用)

 それ以前からアカンサス文様はあるのだが、柱頭の様式ができたことについては、この話の真偽はともかくこのころとなる。


 ドーリア式・イオニア式に比べて高さに対する柱の太さが最も細くみえる。柱頭にアカンサスの葉が互い違いに彫り込まれる。その下には小さな波状の突起がアカンサスの動きに合わせるようなカーブを描く。   
                     

                                       ↑ ジェラッシュ 
このように上下交互に計16枚のアカンサスが彫りこまれている。その上につる草のようならせんがあるのがイオニア式の渦巻き装飾の名残りである可能性もある。

パルミラの列柱通りでもこれが延々と並ぶ。

コリント式は装飾性が強まり、アカンサスの葉の数も大きさも異なり、葉以外に何の文様が入るのかは微妙な変化をみせる様式である。


 ペトラは本来ナバテア人の文化であるが、ギリシア・ローマを幅広く融合させたものが残っている。柱頭もオリジナリティ高いものでアカンサスの葉の間には豊かな実がデザインとして入れられている。その上の装飾と呼応しているデザインである。ローマは次第に画一的な文様になっていくのにたいして、ペトラなど別の文化圏であったところは面白い。


 ボスラーの劇場を作った支配者はアカンサスがお気に入りだったようだ。3段びっしりとアカンサスの豊かな葉で柱頭を作っている。遠めに見ても葉が美しい。ただし、よく見るとイオニアの名残りの渦巻きが上に残っている。


 コンポジット式柱頭 
コンポジットとは混合ということである。

コリントも微妙に混ざって入るのだが、コンポジットの場合ははっきりと上は~式で、下は~式というようにいえるような混合様式を言っているようだ。
 
その考え方で、自分の撮りためた写真を見直してみた。

 エフェソス(注 エフェソス:ギリシア、エフェス:トルコ)のトラヤヌスの泉

上はイオニア式渦巻きがのっている。それだけでなくローマ帝国の装飾に必ず現れる卵が3つあるので完全にイオニア式を使っている。
 それに対して、下部にはアカンサスが飾られ、コリントの特徴が現れている。

  このようなものをコンポジットという。


アカンサスの葉は勢いがあり生命感に満ちている。ギリシアに始まりローマと周辺諸国で使われたアカンサスはその後ビザンティンの徴にも使われる。現在はギリシアの国花ともなっている。
 また、デザイン的には、ウィリアム・モリスが好み多用している。またルネサンス期の文化・建築、近世ヨーロッパはもちろん日本の中の明治~昭和の重厚な銀行などの建築はこの様式を使っている。
 また、一般的には壁紙の柄やカーテンにも使われるどこかしらでみたことがある・・・それがアカンサスの葉であった。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
こんなに暑い夏は、ついつい涼しい緑や水に関わる写真を撮影したくなる。
そこから、さらにアカンサスの葉を求めてローマ遺跡に浮遊してみた。
 
                                                     応援クリックお願いします。
                                                                人気ブログランキングへ

                 



by miriyun | 2010-08-14 13:08 | Comments(4)

山羊文様

 山羊の文様に文明の深さが見える       
もとより、家畜は文明の始まりと共にある。
農耕の始まり、そして、野生の動物を飼い、家畜としたことが人類の発展に大いに寄与する。したがって、人類が文明を築く中でその造形を取り入れていくことは至極当然のことであった。 
 中でも、アナトリアの金属による動物の鋳造は見事であった。

 ◆そして忘れてはならないのが古代ペルシアの動物文様である。

                         ↑ イラン考古学博物館所蔵
まったり緩やかなカーブと赤土色の壷である。それに黒の山羊が並ぶ。


                            ↑ 同 所蔵 皿
 並ぶだけではなく跳ね、走り、跳躍する。
こうした古代の文様の力は随所に見られ、しかもそれはそのまま消えてしまった力ではなかった。


◆その後、強大な王国、アケメネス朝が出現し、ダレイウス1世らが現れてくると建築物と共に工芸的作品も高度に発展していった。

                          ↑ ルーブル美術館 像 ( 美術史より引用)
      
 これは有翼野生山羊像である。紀元前5~4世紀 銀製で一部金。
銀製の壷についている一対のとっての一方はベルリン博物館に、もう一方はルーブルに存在する。
 翼を大きく広げ、軽快なポーズと、顔の造詣の美しさが際立つ。
新しい文明の力とはつらつとした勢いを感じさせる造形で、見事としか言いようがない。


                                               ご面倒でしょうがポチッと応援よろしく!勇気づけられます        

                                                              人気ブログランキングへ






by miriyun | 2009-10-27 07:12 | Comments(2)

トプカプの三宝珠とトラ縞文様

 これまで、三宝珠と木の葉のような文様は向かい合わせにしたり、三方向から宝珠文に向かっていたり、組み合わせて使っているものを見てきた。

1.スルタンと宝珠文 
 スルタンだけが使える文様であるので、カフタン以外にもスルタンに関係するものにあらわされっている可能性がある。

◆トプカプ宮殿◆の宝物からそれを捜してみよう。

 スルタンやペルシアのシャーは横幅の広いイス又は背もたれなどが装飾だらけのボックス状の玉座を使っていた。それは、ミニアチュールでも明らかで、それによってたくさんの人々がいる中でもスルタンを明らかに識別することができる。
 トプカプには、エメラルドなどをふんだんに用いたスルタン用のインテリアが、見ているだけで食傷するほどある。

 それらの中にあって、かなりすっきりと見えたのがこの玉座だった。(なお、この写真は宝物庫が写真撮影ができた頃のものであり、現在は宝物庫は撮影できない)

 16世紀の木製玉座である。象嵌細工が狂いなく決まっている代表的なものとして、撮影していた。白いのは象牙もしくは貝で正確に文様にあわせてカットしている。丸いアラベスクなどを意識して見ていたものである。 しかし、今回は周辺部に散らばる文様に目がいった。
三宝珠が舞っている。空間にほどよい緊張感を与えているのが三宝珠である。

2.木の葉文様かトラ縞文様か? 
 三宝珠といつもセットで使われている木の葉のような文様が、その白い象嵌には見当たらない。そんなわけはないと見つめれば、玉座の座面には黄色い地に木の葉のような文様があるではないか。
 
 木の葉状の文様はトラの縞ではないかという説があったのだが、「これまで半信半疑であった。しかし、この玉座の黄色い地色の元で見てイメージは変わった。

 ほぼトラ縞としてイメージしてよさそうだ。
ライオンと違って、トラのほうが中東の国においては空想の生物に近く、文様だけが一人歩きしたと考えれば、納得できる文様なのである。

                                   応援クリックお願いします。
 








by miriyun | 2009-07-11 14:49 | Comments(2)