写真でイスラーム  

mphot.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

タグ:季節の風物・日本の光景 ( 162 ) タグの人気記事


2009年 06月 24日

鹿野苑(2)

 鹿がくつろぐ場所

c0067690_6382916.jpg

                          ↑ 大仏殿北側 つまり裏側

 東大寺大仏殿の裏手は日本の中でも別世界にやってきたかのような静けさと落ち着きをもっている。
裏を東から西へと歩いていくと清々しい緑が増えていき何ともいえない風景となっていく。
 よく見ると自転車が一台とくつろぐ人が見える。この静寂と緑を1人で楽しんでいる。ここで、本を読んだり、しゃせいをしたり、短歌なんて詠んでみたり・・・、
 いいなあ、知る人ぞ知る裏大仏の静寂!

c0067690_6385152.jpg

 正倉院の近くには池があり、自然の野がある。そこがシカ達の休息の場になっていた。群れで行動し、群れごとにこうした場所を持つという。
c0067690_6401350.jpg

ここでは草木を食べるし、座り込んでいる鹿たちは第一の胃から出した食物を反芻しているのが遠くからでもよくわかる。
c0067690_6393184.jpg

さらに近づいてみようと思ったが、そのとき、群れの中の牡鹿がすくっと首をもたげこちらに向きを替える。この写真の左端の角を負傷している鹿である。群れの前に位置を改め、そしてじっと侵入者であるこちらの顔を見据えたまま、一歩も動かない。
c0067690_6395565.jpg

 鹿せんべいに群がった醜いまでの争いをしていた大仏殿南側のシカたちと雰囲気がまったく違う。

 まるで、藤沢周平の世界に出てくる若き剣士のようなリンとした目で見つめてくる。この牡鹿は一方の角が折れて垂れ下がっている。他の鹿と戦った結果なのかもしれない。

 この目と気迫に負けて、近づくことはあきらめた。
鹿たちは野生の部分をたくさん持っている。どうも、鹿せんべいを好んで必ず毎日せんべいをもらいにいく群れと、あまりそれには加わらない群れがあるらしい。

 おもえば、この池と野の緑に鹿の子文様の鹿たち、夢のような光景であった。
 
 *鹿の子文様*
 鹿の子文様とは鹿の背の白抜きの文様であるが、これは夏の間の文様であり、多彩な色と形を持つ夏の樹木の間ではこれが保護色の役割を持つ。雪が降ったり、樹木からはがなくなった時には、鹿の子文様は目立ちすぎる。だから冬はこの文様はない。*

c0067690_6381145.jpg

                            ↑ イランのミニアチュールの一部引用
 なお、優雅な姿の鹿は絵によく描かれる。ミニアチュールの世界でもこのように群れなし、走り、座り、草を食む姿が所狭しと描かれていることがある。 日本の絵巻物などでも好まれた題材である。


                                    応援クリックお願いします。






                      

by miriyun | 2009-06-24 06:47 | Comments(4)
2009年 06月 21日

鹿野苑(1)

1.鹿野苑(ろくやおん)

 釈迦の初めて説法をした土地を鹿野苑(ろくやおん)という。現在のサールナートである。サールナートという言葉も鹿たちがたくさんいたことによる命名であるという。
c0067690_11425178.jpg

 ここで釈迦は初めて説法をするのだが、初めて聞きに来たのが鹿であった為に、鹿は仏教の世界では特別な生き物になっている。もっとも釈迦はすべての生あるものを大切に思われたが・・・。

 初期の頃から鹿野苑を意識していたのであろうか。奈良公園には2008年の統計で1128頭の鹿が放し飼い状態で生息する。近年では怪我や病気に対する治療・保護のセンターとして鹿苑という場所も設定したという。。

2.鹿が紙を食べる!

 ここに住まう鹿たちは可愛いというよりもまず食欲の旺盛なることに驚かされる。
 
 鹿せんべいに頼る鹿たちが観光客が売店からせんべいを買うのを周辺部で待っていて、買ったと同時に数等の鹿に囲まれている。目の前にニュッと顔を突き出されて大きな鹿まで集まってくると、怖くなってしかせんべいに帯封がしてある状態で投げ出してしまう人さえいる。
c0067690_1145585.jpg

 せんべいを高く上げれば、頭を下げてこんにちはをする・・・などと教わってきても、実態はそんなものではなかった。数頭が集まったときに頭など下げていようものなら、あっという間に奪われてしまうのだろう。頭を下げる鹿など見なかった。

 まあ、鹿しかせんべいをやるのも大変になったことと驚きつつものんびりと楽しんでいた。

 すると、

なんだか私のバッグを引っ張るものがいる。

昼のさなかに、こんな人通りのあるところで、バッグをさわるのはだれだ~!

視線を後ろにやったら、何と鹿がいた。
バッグからわずかにはみ出した大仏殿で買ってきたばかりの資料が入った茶封筒にくらいついている。

c0067690_11461711.jpg

                                              ↑ 左下がかじられたところ
一瞬きょとんとして。山羊が紙を食べるのは見てきたが、
                               え~~?

 かろうじて、資料を奪い返したが、疑問が残った。

◆そういえば、鹿も草食で反芻(はんすう)動物だった。
                      ↓
 つまり胃袋のつくりが山羊や牛やラクダと同じ仲間なのだ。草食動物は植物の繊維を消化する酵素は持っているが、とてもかみ砕き消化するには時間がかかる。
 のんびり食べていたのでは肉食動物に狙われたり、厳しい自然に負けてしまったりする。そのためだろうか4つの胃袋があり、1つ目の胃袋にクサでも木でもトゲでもみんな飲み込んでしまう。のちに時間のあるとき、安全な場所に行ったときにゆっくり口の中に戻してモグモグと噛み、別の胃に送り込み消化するという。

 紙は本来、草木からできていた。加工してあっても草食でしかも丈夫な反芻できる胃を持つ場合、昔からの和紙を食べても草と同じだったから食べても問題がなかった。実は鹿せんべいの帯封も純粋な植物からできているのだろう。食べさせても大丈夫だということだ。

 ラクダの仲間なら仕方がない・・・資料はちょっとクシャッとなったが餌に見えたんだから仕方がない。
c0067690_1146534.jpg

c0067690_114788.jpg

 頼みもしないのに超接近してきた鹿君に、こちらもカメラで超接近してみた。
草食動物の目はやはりいい。目の周りの文様はロバといっしょではないか。そしてまつ毛の変形のような長い毛が生えていた。すごく長くて、眉毛というより触覚という感じだ。
 鹿よ!君の目は何を見て、何を感じているのだろうか?

◆それにしても、鹿は本来のクサを食べずに鹿せんべいばかりを狙っているのだろうか。そうだとしたら自然に反しているのではないかと心配してしまった。また、これまで見たことがないくらい、鹿せんべいに群がる様子が、食糧難の人間社会の未来図みたいで怖かった。

 紙を狙って食べていることも、鹿には植物だけで作った安全な紙と印刷インクや紙そのものに石油をもとにした合成物質が入っていても全く区別がつかない。先ほどのかじられた茶封筒にしても、東大寺という印刷文字は合成インクだろうし、材料は植物系のように思うが、糊は合成だろう。
 近年、持ち合わせたお菓子を上げたり包装の銀紙やビニル系のものまでいっしょに鹿にやってしまう人がいて、奈良では厳重にこれを戒めている。これによってたくさんの鹿が消化できなくなり死にいたるという。

 そういえば、人間の食べ物も見ただけでは何が入っているかわからない。昨年来言われている食の安全性、しばらくすると忘れ去られて、安全への取り組みが弱っているような気がする。

 鹿の餌あさり・・・新型インフルエンザ騒ぎで、大仏殿までスカスカにすいていたので観光客が少なく、せんべいをくれる率が低かったことが影響していそうだ。
 これも人間社会で言うならば、自国の都合で、援助してくれていた各国NGOがみな引き上げてしまったあとのような感じだ。

~~~~~~~~~~~~~~~
奈良公園の鹿は、人と共存している。
本来完全なる野生であるはずの動物が、人の生活と共にあるという世界にも類例のない存在であり、
それができる環境を古来から鹿のために整えてきた日本の社会が素晴らしいと思っていた。
ところが、食の問題と安全の問題を抱えていることを初めて知ったのだった。

                                    応援クリックお願いします。
                                                        人気ブログランキングへ

by miriyun | 2009-06-21 12:03 | Comments(4)
2009年 06月 14日

時には違う視点から・・・

 どんな国・どんな場所でも、ちょっと視点をかえるとそれまでとは異なる印象・魅力が見えてくる。
例えば・・・

c0067690_18493556.jpg

 この建物を東から望む。松の新緑も美しい庭園と池とともにある。
回廊からさらに一段池に向かって下がった張り出し回廊があり、180度以上の視界が得られる。
池の上に吹いてくる風は、暑い夏も過ごしやすくしてくれるだろう。

c0067690_1732477.jpg

 南から見れば正面には仏像が置かれている。軸もかけられ、簡素であるが寝殿造りを踏襲している。張り出し回廊の土台に高さのある礎石が置かれている。

c0067690_1732286.jpg

 回廊を西に進めば漱清が張り出す。

 「漱清(そうせい)」とは、池に張り出した壁やドアのない小さな屋根つきパビリオンであると英文で解説があった。なぜか、日本語では解説がなかった。漱清だけで日本人には意味がわかるのであろうか・・・。
 これをわかりやすくいうなれば、寝殿造りの渡り廊下の先にある釣殿と同じと考えればよい。さらにこの北側には船着場がつくられているので舟遊びがすぐにできる。

こういった池につきものの島があり、そこを船は廻ったのであろう。

北側の山は庭園になっている。
小さな滝や四季折々の草木が散在し、ゆったりと散策しながら上っていく。
c0067690_17383094.jpg
 
 のぼりきるとそこには夕佳亭(せっかてい)と呼ばれる茶室がある。

 この夕佳亭の名の由来は、眼下に先ほどの建築物が夕日に映えてすばらしく佳い景色となり、それを見ながら茶をいただくことができる茶室という意味であるという。
 たしかに建物の北の庭園を東に向かって道は連なり、
たどり着いた茶室から見ると、その建築物は西にあたり、夕映えを背景にするのである。
c0067690_18495870.jpg

                              ↑ イメージ写真。(他の場所で撮影したもの)
ここで夕刻お茶を飲んでみたいものだ。
日本の庭園技術の粋が、言葉通りあじわえそうだ。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
さてさて、

あまりにも名高いものがあるとそこにだけ目を奪われがちなのだが、

そこに住まう人、あるいはまねかれた人として感じていただきたく、有名な部分をあえて省いて紹介した。

昔のことではあるが、張り出し回廊や「漱清」に案内されたダイアナ妃はいたくここからの景色が気に入られたようだった。

中に入ると実はその有名なところは見えず、

ここで紹介したような落ち着いたたたずまいだけを目にするのである。

どこなのか、最後に、池に写る姿を!

c0067690_17343360.jpg

 
 鹿苑寺金閣。足利義満将軍がつくらせた華麗ながら、1層部分は落ち着いたたたずまいのつくりである。
 2層3層が金で、池に写る姿も金であるため、1層の雰囲気まで見ることなく金色だったということでイメージが固まってしまいやすい建築であるが、実は将軍が愛した居住空間としても優れたつくりである。天井までびっしりと金箔を貼った2層・3層を将軍が使っていたかどうかは定かでない。

                                    応援クリックお願いします。
                

by miriyun | 2009-06-14 18:29 | Comments(4)
2009年 06月 04日

新緑*しだれ桜

6月・・・雨降りの時期、空はどんより
そんな中でも、日本らしい美しさも紹介していけたらと思う。その中にはひょんなところでイスラーム地域とつながる植物や工芸が出てくるかもしれない。

c0067690_22235084.jpg

  二条城庭園、 庭の小道につつじが咲く6月の古都

            枝垂れ桜の枝が風にそよいでいた・・・ ・ ・
                           
                                               応援クリックお願いします。                                                                          人気ブログランキングへ

by miriyun | 2009-06-04 22:59 | 日本 | Comments(0)
2009年 03月 22日

春来たり(3)

第998話
 
c0067690_11112163.jpg

  ミモザってこんなに励ます色だったとは・・・、
               旅立ちに勇気が欲しい人へ            


c0067690_11115813.jpg

               光射し、透きとおった花冠は、
                   3月に誕生日のあなたに・・・。

c0067690_11124492.jpg

              ふんわりはなびらは
                    癒しを求める世の中の人々へ
                    
c0067690_11232888.jpg

     そんなふうに、一人で花と話しながら歩いて裏山まで行ったら、
           池の噴水に虹がかかり、水の動きに合わせて風にそよぐように動いていた。

 ◇ 自然からのごほうび・・・ありがとう!
              そして、たくさんの人に希望の春でありますように!
                 (そういえば、イランは20日にノウルーズを迎えた、おめでとう!)                  

                         応援クリックお願いします。
                                                   人気ブログランキングへ

by miriyun | 2009-03-22 11:31 | Comments(11)
2009年 03月 19日

サンシュユ・・・春来たり(2)

ちょっとしたミスが元で、PCが止まっていた。
 その間、仕事もメールもこのブログも気になるばかりで何もできなかった。

 季節の変わり目にはとくに一日一日に変化が激しい。空も雲も、そして花も変わっていく。
そう思うと尚更、今だけ見ることができる花々が愛おしい。回線が復活したら、すぐに季節の輝きを見せるものを載せようと思っていた。

第995話
◆サンシュユ

c0067690_052164.jpg

 別名ハルコガネバナという名の通りに一つ一つは小さいながら、はじけんばかりの黄金色が空に映える。
 学名Cornus officinalis。
Cornusは角(葉の細さから角【つの】という)、 officinalis(薬効がある)。
秋の初めには赤いグミのような実がなり、これに薬効があるのだ。

 早春、梅やボケなどの赤系の花の咲く低木はあるものの、黄色系はほとんどないときに葉が出る前に咲きそろうため、思わず近寄ってみたくなるし、また日本を代表する木となっている。

 本来中国から伝わったのであるが、享保年間に、かの徳川吉宗が目安箱の中の有益な提言に基づいて作らせた小石川の養生所の薬草園で始めて栽培された。

 サンシュユ(山茱萸)の実は、糖類・リンゴ酸・酒石酸が含まれ、甘酸っぱい。一般にはそのまま煎じて、滋養強壮、腰痛、めまい、耳鳴りなどに用いる。漢方薬では、八味地黄丸などに使われるれっきとした薬効植物である。

 日本でも早春の花として好まれ、、お茶席での早春の茶花としても季節をあらわす大事な役目を持っている。

◆ さて、この花、中国原産は確かなようなものだが、東アジアだけなのだろうか。サンシュユという名前だけでは出てこないが、雨も降り、山もあり、草木の多いトルコだったらもしや、このような効果のある植物があるかもしれないと調べていった。

 すると、やはり同種のものが西南アジアと南ヨーロッパに存在した。英文Wikipediaより。
European Cornel (Cornus mas) という。西洋サンシュユ、コーネル・チェリーとも呼ばれる。
花の形状は東のサンシュユとそっくりで、その実は熟すと赤黒い。ヨーロッパではドゥレンキといい、シロップやジャムにすることが一般的である。
 トルコでは、クズルジュックと呼ばれ、やはりシロップ・ジャムのほかに夏のスナックとして塩をふって食べることもするそうだ(枝豆のような感覚?)。薬効については、一般的に腸によく、腹痛もこれでおさまるといわれている。

◆ 同じ種の植物サンシュユが、春には洋の東西を明るくいろどり、秋には人にとってありがたい薬効のある実をつけるとわかったのだった。


                             応援クリックお願いします。
                                                   人気ブログランキングへ

by miriyun | 2009-03-19 23:40 | Comments(4)
2009年 03月 11日

春来たリ(1)

 慶び事の多い春・・・卒業・就職・入学、それぞれの旅立ちを祝うがごとき花々のなかに、春の色を見つけた。

 いろいろな失敗もあり、友への別れへの思いもあり、そして世の中は経済不況もあり、厳しい世界が待っている。
それぞれ旅立とうとするわが子へ、そして世界中のたび立つ若者達へ・・・

◆まずはお祝いの紅白の梅で・・・おめでとう!
c0067690_10515221.jpg

  こまったら、天を仰げ、青空がきっと応援してくれる

c0067690_10521288.jpg

  思いっきり手足を伸ばし、のびのびと開花せよ

c0067690_10532348.jpg

 人にやさしく

c0067690_1054939.jpg

     そして、清々しく・・・

c0067690_10544622.jpg

 大地にも目を向けて
       それぞれの場にしっかりと根付いていこう。


                             応援クリックお願いします。
                                                   人気ブログランキングへ

by miriyun | 2009-03-11 11:07 | 日本 | Comments(10)
2008年 10月 19日

秋色

 ご無沙汰しています。
すっかり秋となってしまいました。皆様いかがお過ごしでしょうか。
ようやく戻ってまいりました~♪
お休みの間にもお訪ねいただいた多くの皆様に心からの御礼を申し上げます。

ようやく峠は越しました。
また、別の意味の忙しさは始まるのですが、これまでとは心の持ちようが違ってきます。
少しずつですが、語り始めようかと思います。
 また、どうぞよろしくお願いいたします。

~~~~★~~~~★~~~~★~~~~★~~~~★
秋色
 季節のあることはありがたい。
   寒かろうと暑かろうと確実に時の過ぎ行くことを感じることができる。
       季節のあることが自然の恵みを感じさせてくれる。
c0067690_1217627.jpg

たとえ、枯葉になろうとも、
     たとえ虫たちに穴あきだらけにされようとも、
          新しき命への糧になるという意味がある。
c0067690_12172461.jpg

  紫式部も驚くだろう。
     自分の名を冠された植物が毎年こんなにもつややかなみ実をつけつづけ、
        次の世代にその名が受け継がれることに・・・。

c0067690_12275995.jpg

   そして、雑草といわれるものたちにも
       豊かな実りはおとずれ、こうべをたれさせる。

 われわれ人間こそ、植物たちにこうべをたれていくべきであるのに・・・。


                                        応援クリックお願いします。  

by miriyun | 2008-10-19 12:56 | Comments(8)
2008年 08月 08日

蓮の葉にホロホロと

c0067690_9291530.jpg
 
      蓮のうてなで
           露はほろほろとふるえる
                
               澄んだきらめき見せながら・・・
               

c0067690_9371697.jpg

 久保田城址のお堀にあって静かにゆったり葉を伸ばしている蓮。ここははじめ大賀ハスを植えたあと、他の種と混ざったらしくて純正の大賀蓮とはいえなくなったようだ。しかし、それでも太古の香りを残している雰囲気がある。
 ふっくらしてきたつぼみが約10cm、花が完全に開くと20cmにもなる。つぼみの横の葉は60cmはありそうだ。そして池にありながら睡蓮のように水にはさらされず朝露がおりても泥水がはねても、葉や花はきれいなままである。

c0067690_9323893.jpg

 それはなぜか。葉の上は目に見えぬような細かい繊毛でびっしり覆われていて、その繊毛が水滴も泥水もその繊毛で支えて一箇所に集めて丸い水滴にしてしまう。
 だから蓮は池にありながら、ぬれない植物なのだ

 上の写真のようにのように広い葉の縁のほうについた水滴はコロコロとすぐに池に落ちてしまう。葉の中ほどに落ちた水滴はころころ、ほろほろと集まり、泥やら小さな虫やその他の異物も絡めとりながら低いところに集まってきて、ついには一つになる。

 このような動きとしくみを、蓮の名前からロータス効果という。自然の植物のもつ自浄効果である。
このしくみを解明した学者たちは、科学の力でこれを応用した。汚れない塗料・屋根材・温室用ガラスをつくり、自然の雨だけで汚れが落ちていくようにしたり、汚れをとどまらせない家具や繊維もつくった。

  ☆自然の力に学ぶナノテクノロジーの世界
          ・・・学ぶ人間の力も、その元になった自然の力も素晴らしいものだ!

                                           応援クリックお願いします。  

by miriyun | 2008-08-08 10:08 | 日本 | Comments(2)
2008年 08月 05日

蓮の花はほんのりと・・・

 秋田は竿灯祭りの明かりで大通りが埋め尽くされているとニュースでやっていた。その祭りの中心地のすぐ脇に千秋公園がある。ここに佐竹氏の久保田城があったわけであるが、その周りを囲む堀の前を通って駅へ向かおうとした、そのときあるものを見つけてしまった。
c0067690_234731100.jpg

   ◆カメラは手元にある・・・
      ◆ないのは時間だけ・・・

 ぎりぎりまで2度目の佐竹史料館見学をしていたからだ。
 あと30分で、駅前のホテルに預けてある荷物を受け取り、駅弁と土産を買って、新幹線に乗らなければならない。

 それでも、この景観を見たらそのまま立ち去ることはできなかった。前から蓮の花が気になっていた私はカメラを構えた。5分以内の鑑賞にしよう。

c0067690_23522270.jpg

 蓮の花はほんのりとピンクでふっくらしている。たった4日間だけ開花して散ってしまうだけに、この4日間、つぼみを支える茎の力強さも、花のほんのり染まったピンクも、水面から更に1mくらいまで伸びてきる葉の濃い緑。それぞれが相互に引き立てあい美しい。
 お釈迦様もこの蓮の上に鎮座しているのはさぞかし心安らかになれることだろう。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

c0067690_2328654.jpg

     ↑古代エジプトのロータス文(『世界文様事典』創元社から引用して彩色した)
 睡蓮の文様が種々あり、またエジプトのロータスは上エジプトの象徴とか言いながら、実はこれまで蓮も睡蓮もしっかり見たことがなかった。
 今回、5分とはいえ、自分の目で見てそのちがいが自分なりに実感できた。

★蓮と睡蓮のちがい
 蓮のほうがずっと大きい、蓮の花はほっこりと丸まって閉じている状態でも10cmはある。睡蓮の葉は一箇所切込みがあるのが特色だが、蓮の葉は切り込みがなく丸い葉である。茎は水面から高く持ち上がる。しっかりした茎の上につぼみがまっすぐ上向きに屹立している。花は早朝開き、昼には閉じる。睡蓮は温帯では水面に咲く。熱帯性は水面から上がって咲く。

c0067690_23542848.jpg

  ↑この堀には睡蓮も群生している。なんというありがたい場所か。

 ここでもし青い花が首をせいいっぱいのばし咲いたりしたら、エジプトのロータスにになってしまう。
 実際にはエジプトのロータスはパピルス同様、ナイルの岸辺では絶滅してしまったようでみられなくなって、どういう種類かわからなくなっている。しかし、エジプト考古学博物館正門前には上下エジプトの象徴であるロータスとパピルスがわずかに栽培されており、そのロータスは葉が水面に浮いている睡蓮のほうである。ただし、熱帯種では花は水面で咲かない。水面から茎が持ち上がってきて開花するという。
 エジプトの壁画でパピルスと並んで数多く飾られているのは、そういう睡蓮だったのだ。つまりモネのような睡蓮でもなく、ここの蓮のような大型種でもないということだ。
 
 ここの睡蓮がどんな色の花を咲かせるのかは見ることはできなかったが、

    ☆エジプトで愛でられた睡蓮の花、
        ☆シルクロードを渡ってきた蓮の花、
            ・・・・・・いずれ劣らぬ華麗さでイメージできるようになった。
 
                                             応援クリックお願いします。  

by miriyun | 2008-08-05 00:10 | 日本 | Comments(4)