写真でイスラーム  

mphot.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

タグ:季節の風物・日本の光景 ( 163 ) タグの人気記事


2010年 03月 13日

大イチョウの木を惜しむ

 鎌倉の大イチョウ倒れる
 12日、大銀杏の木に会いに行ってきた。

 鎌倉生まれの自分にとって、大仏様は青空の下におられ、鶴岡八幡宮の高さ30mの大銀杏は階段の左に鎮座しているのが当然の存在であった。その木が3月10日早暁に突然倒れ、なくなるという事は、信じられない思いだ。
 
 確かに生きている化石ともいわれるイチョウであろうとも、どんなに樹齢が長いといわれていても、生物であるのだから、いつかは命が絶えるものではある。
 しかし、存在が当たり前と思っていたものが、こんなに突然にばったりと倒れてしまうとは・・・・。
残骸になろうとも、会いに行ってその最後の姿を見てこなくてはという思いに駆られた。


しかし、三の鳥居の前まで行って、道路を渡ろうとしたとき、八幡宮からクレーン車が出てきた。
 これは、もう一目見ることもかなわないのか、そういえば、クローン再生、あるいは幹の一部を切って植えることで芽がでないか早急に動き、八幡宮も、神奈川県も最善を尽くすとニュースで取り上げていた。

 足早に源平池を通り過ぎ、舞殿前まで行くと、もうそこは白い幕で張られ、木は見えないそれどころか枝も落として全て処理したようなのだ。上から見ようにも拝殿への大階段は封鎖してあり、左右の階段をお使いくださいとある。

大イチョウの視点

 早速、山に沿った脇の階段から上るが大階段上にさえ入れないようになっている。昨日までによほど大いちょうを惜しむひとが押しかけたのかもしれない。何しろ厳重に囲っていて、わずかに見えるだけだ。
 
c0067690_14351560.jpg

八幡宮の人たちが、大階段の上から下の大イチョウの処理と見ている。一般客はここにはいかれないで遥か後から、キリンになりたい気持ちで見ている。
c0067690_14375466.jpg

c0067690_14381261.jpg

これがあの樹齢1000年にもなろうかといわれた、大銀杏か・・・となんとも残念な気持ちになる。
c0067690_14393852.jpg

警備員さんたちも、階段の上から下を見ている。
 これまでこんな視点から見たことがなかった。警備員さんの頭の向こうには、舞殿の屋根越しに三の鳥居、・二の鳥居や街並みが見える。こんな雰囲気で大銀杏は、鎌倉からずっとの歴史を、生活を見続けてきたのだ

幹と枝と注連縄と
 今度は反対側の階段を下りていく途中で、ふと足を止めた。木がうっそうとしていて倒れた大銀杏の残骸も見えないのだが・・・、
c0067690_14413690.jpg

子どものように背を縮めていったら、とうとう見えた。

c0067690_14414753.jpg

立派に見守ってくれていた時はろくに見なかったのにお別れなので思いがこもる。見ている人は皆愛着の心で見ていた。外国の人も、この木の歴史も知ってか知らないでかはわからないがとても熱心に見ていた。
 こうしてみると折れた幹の中ほどのところかと思われるがなんと大きいいのだろう。そばに脚立が置いてあったのでその大きさがわかる。

 そしてさらに思いは通じたか、さらにその先で、大階段に斜めになっている大銀杏の姿を見ることができた。
 
c0067690_15124793.jpg

注連縄がきちんとついたままの姿だ。白布の右手からは這い出た根の一部が見えていた。
 本来の場所から数mはなれたところに大イチョウの幹の一部を切り取って植えて根付かせる試みもしてみるそうだが、生命力の強い木で、割れた幹もまだ生きていると感じさせるところが多い。なんとか根付かせられるといいのだが。

歴史の証人
 頼朝の参拝も、政子の生んだ子のお宮参りも、それに付き添う北条の面々の動きも見てきた大イチョウ。
3代将軍、源実朝を父の敵と思い込ませれた公暁(2代頼家の子)が隠れていて、新年の参拝にきた実朝を切るためにこの木に隠れていたという、イチョウの木が歴史の証人たる最も有名なところであった。雪の積もった真っ白な境内が実朝の地で染まり、源氏はここで途絶えることになった・・・

 最も人々の祈りの気持ちが一つになってここに祈りに来るのを見つめたのはいつだろう。頼朝の平氏打倒を誓った時か、いや、元寇に備えて国家存亡が問われた時ではないだろうか。時宗以下、心の底まで蒼ざめた気持ちでやってきたに違いない時も静かに見つめてきた。また、大津波も大地震も見つめ続けたであろうこの大木。

 1000年生きてきたってすごいことなのだと、あらためて思う。
 
 桜が送る
階段の上には早咲きの桜、最後のときに桜が彩ってくれている。
c0067690_14543564.jpg

西行は、桜のときに人生の最後を迎えたいと、常々言っていてその通りになくなっていったという。
c0067690_14552382.jpg

葉のある桜と、こちらの寒桜とともにその最後を見送ってきた。


(追記) 14日、大イチョウは、根元から4mほどのところで切られ、元の場所から7mほど西に植えられた。大きな根は4本とも折れていて再生出来ないがそれ以外の細かな根が生えていて、もしかするとこの根が生きていかれれば再生できるかもしれないということだ。
 この幹と、もとの植えられていた根のところのひこばえと挿し木・・・・いずれかの形で再生できるのではと期待されている。

 よかったなと思う反面、あの階段脇の背の高い大イチョウの姿が見られないのはやはり寂しいものだ。

                                    応援クリックお願いします。
                                                        人気ブログランキングへ




          

by miriyun | 2010-03-13 14:55 | Comments(10)
2010年 03月 09日

空に映え、地に映え

 気温の変化が激しい。お友達のブログに、三寒四温でなくて一寒一温だねと書かれていた。
ほんとうに変化が大きくて服装も迷うことが多い。

 その中でも植物だけは着実に変化していく。

c0067690_7163133.jpg

 河津桜・・・伊豆に行ったわけではないが近所で1本だけ見つけた。想像以上にあでやかなピンクの桜が青空に映えていた。
c0067690_716425.jpg


◆地を見つめれば
c0067690_717279.jpg

  あった!あった!
てんぷらにしたいなと、食欲に走ってしまうが、地面に力強く出てきたその姿も緑も美しい。

                                              ご面倒でしょうがポチッと応援よろしく!勇気づけられます        


                                                       人気ブログランキングへ

by miriyun | 2010-03-09 07:19 | Comments(10)
2010年 03月 05日

春色だより

 天女の舞

c0067690_7182886.jpg

春霞がかかり、山もやさしげに見える。
  その前で天女が舞い降りたようだった。
     足をとめ、魅入いられるにまかせた。

c0067690_719463.jpg

片方の腕を上げたかと思えば足元も軽くけ上げて舞う。
  ふわりとした衣のグラデーションが空間を踊る・・・
c0067690_7191450.jpg

横から見れば確かにスイートピーなのだけれど
波うつようなドレープに春の軽やかな風を感じた。


 春色だより

c0067690_72062.jpg

 また、目を引いた小さな花、心に余裕が出てくると見過ごさず、ぐーっと迫ってみていく。
この可憐な花、よくよく見ると周りにトゲ状の葉がある。その葉の下を探れば太い茎がサボテン化していた。
 そのとたんに、ブログの名に関係した地域が思い浮かんでくる。


c0067690_7203095.jpg

 薄い薄い花弁のように見えているのは例によってガクなのだが、これがとびっきり薄くて透明感がある。触るとカサカサした干からびたような音のするこの花〜〜リモニウム、別名スターチス。やはり地中海沿岸原産だった。雨が少ない土地で余分な水分はつかわず、それでいて鮮やかだ。とても小さな花なのだがその連なりに春到来の喜びが見えてくる。


c0067690_7204416.jpg

 麦の穂はこの世でもとくに魅力あるグリーンの一つに数えられそうだ。
スッスッと伸びた直線にこの植物の生命力を感じる。そしてこれはたくさんの人間の生命も維持している。

c0067690_23513257.jpg

そして、土の下からも春の息吹を感じてか、つくしが次々と顔を出す。

~~~~~☆~~~~~☆~~<ご挨拶>~~~☆~~~~~☆
 長らくお休みさせていただきました。
寒さの続く中にもときおり感じる春の息吹にこちらも目覚めさせられてきました。

 これらの写真は昨日から今日にかけてふと足を止めて撮ったものです。
自然はたゆまず変化し続けているというのに、心に余裕なく動いている時はろくに見えてきません。
それが、急に見えて春を感じたというのは、何も突然春が降って湧いたというわけではなくて、ようやく時間的に余裕ができたということなのでしょう。
 すっかり終わったわけではないのですが山は越えました。ゆっくりではありますが、再開させていただきますので、よろしくお願いいたします。

 イスラームと日本の文化・人・自然・交流をまたしっかりと見つめていきたいと思います。


                                               ご面倒でしょうがポチッと応援よろしく!勇気づけられます        

                                                       人気ブログランキングへ

by miriyun | 2010-03-05 07:21 | Comments(10)
2009年 11月 28日

シラサギ・・・子の自立

秋深まり、夏に生まれた子どもたちを引き連れての子育てシラサギの群れを見かけた。

 子と親


c0067690_8555481.jpg

シラサギの中でも大きいダイサギ。首が長く途中で大きくU字型に曲がっている。羽根は冬に向かって生え変わっている。夏まではくちばしが黒いのに秋になると黄色くなる不思議な鳥。この色素変化に何か意味があるのだろうか。
 さて、秋は鳥たちも気ぜわしい。子育てであちらこちら小さいのを引き連れての群れが見られる。
子にぴたりと親がついて回っている。


c0067690_856490.jpg

後日、また見に行くと、子シラサギが水を覗き込み魚を探しているのか、水を飲もうとしているのか・・・。


ふと、レンズを右にふるとファインダーの右はしに黒く写るものがあった。

       地を踏みしめる二本の脚だった。
       距離を置いて、離れた親鳥、

          ・・・・・・じっと見つめる目が水面に写っていた。

*シラサギも人も子育ては同じなんだなあと、この親の姿に妙にうなづいてしまった。
  寒空の中、すぐにこの場を離れられないものがあった。
                            今週、我が家でも一人、とうとう自立していった。

                                               ご面倒でしょうがポチッと応援よろしく!勇気づけられます        

                                                              人気ブログランキングへ

by miriyun | 2009-11-28 09:19 | Comments(6)
2009年 10月 20日

太陽柱・・・光の技

 太陽柱(サン・ピラー)・・・数分間の光の技
 きょうは晴れるといいながら、雲は多い日だった。
10月も半ばを過ぎたのに蒸し暑い日だった。
穏やかな日かと思ったら、やたらと強くて重い空気の風が吹いていた。

 曇ってはいても青空も垣間見える。

◆こんな日は、もしかすると・・・
   空気の違いが、何か起こりそうだと注意を呼び起こす。
まさかと思いつつ、念のため一眼レフを持って、珍しく定時に仕事場を離れた。
やはり曇っていて暗いじゃないの。夕焼けは無理だね・・・と、思いかけたとき、
灰色がかった富士は淡いオレンジと黄色の衣に囲まれだした。
c0067690_034472.jpg


 富士は薄紫に見えるだけでおぼろである。これはきょうの天候では当たり前で鮮明になるわけがない。しかし、厚みも種類も、水や黄砂の含み具合まで様々な雲が富士の周辺でぶつかり合っている。

だが、残念ながら、太陽が沈んだのはもっと南よりで富士から大きく外れている。
c0067690_2230126.jpg

その沈んだほうを見て、自分の目を疑った。
視力がよくないとはいえ、ここまでおかしく見えるとは・・。
しかし、何度見直しても柱状になっている。


明らかに柱になっている。しかも、おぼろげな富士山周辺の色とは異なって、太陽が沈んだあたりは、先日の嵐のあとと同じような鮮やかさになっている。

c0067690_2258382.jpg

 このような現象を『太陽柱(サン・ピラー)』という。
 寒い地域で氷点下で雪がしっかりした平板な結晶となって空気中に漂い、それに地平線からの太陽光があたって、目に入ってくる。この反射面に沿って、人の目やカメラレンズは光がそちらから来たと錯覚する。そのため日の入り・日の出の時に地平線近くにある太陽の上・又は下にまっすぐに光の柱が立っているように見える。その色は太陽と同じようであり、幅は太陽よりもやや広めである。時にさほど寒くない地域でもおこる。

 条件は寒くもなく雪も降っていないがそれの変わりに、様々な重い水滴と氷を含んだ雲がその役割を果たしたのだろう。形がまばらで途切れ途切れの雲の影響なので寒い地域の定規で引いたようなまっすぐさに比べて、こちらはゆがみや色が薄れたところもある。

c0067690_052476.jpg

(写真により色が異なるのは、秒単位での空の色の変化と撮影位置の移動、露出・シャッタースピード・測光範囲などカメラの設定を変えながら撮影しているためです。)

この太陽の光のそばの雲をたどって上空をも仰いでみると、グワッと大きくうねった薄紫の雲となって連なっていた。
 空全体が不安定な、しかし美しい雲でいっぱいの状態、これが太陽柱という珍しい現象となって現れたのだった。



                                    ご面倒でしょうがポチッと応援よろしく!勇気づけられます        

                                                              人気ブログランキングへ

by miriyun | 2009-10-20 23:00 | Comments(8)
2009年 10月 08日

雨上がりの道

 風が寄せた水溜り

c0067690_8512767.jpg

     台風の風は色とりどりの葉を寄せ集める。
c0067690_8523015.jpg

          風は草木をぶんぶん振り回し、
                 紫式部は実を落としていた。

c0067690_8534044.jpg

ふと見直せば、落ち葉の中に庭の花、ミニパンジーがぽつんと落ちていた。

まあ、どうしてこんなところまで・・・、
      近くの家を見回してもパンジーは見えなかった。

次の瞬間、強い風が吹き、
 このパンジー、あっという間に遥か遠くまで飛ばされていき、見えなくなってしまった。


                                               ご面倒でしょうがポチッと応援よろしく!勇気づけられます        

                                                              人気ブログランキングへ

by miriyun | 2009-10-08 23:50 | Comments(4)
2009年 09月 22日

夏の名残りと秋の色

日本の文化は季節感と強く結びついている。
  カメラを通して季節を感ずる。そんなことが日常における小さな喜び・・・。

        
 夏の名残り色

 
c0067690_1357233.jpg

   ビルの合間から飛行機が見えた。

   そこに残した飛行機雲は
       西の空に始まりつつあるの夕焼け色に染まった。



c0067690_14121742.jpg

  夕焼けもここまで行くと電線も何も溶けてしまったように見える。
      今沈まんとしているのに、なんと力強いことだろう。

   
c0067690_13575464.jpg

  さんさんと日をあびてきたオリーブは実をつけ収穫は近い。
    ビン詰めオリーブ、パンにねりこんだオリーブ、ピッツァの上のあなた。ハリッサ(北アフリカの唐辛子入りの香辛料ソース)と一緒のあなた、みんな中東にいくようになって好きになった。
  
 
c0067690_15361427.jpg

 嵐のあと、色の饗宴が始まる。おしよせる雲は影にその合間からは色が満ちあふれた。
このあと、空いっぱいの雲がオレンジの海のようになっていった。最近見たことないくらいのすごい色だった。

 秋の光と色

c0067690_1422188.jpg

              秋の光はやわらかく、
                    大地は木の葉から秋色に染まりだす。

◆自然の織りなす色の豊かさに驚かされる。その驚きが心地よい。

                                               ご面倒でしょうがポチッと応援よろしく!勇気づけられます        
                                                              人気ブログランキングへ

by miriyun | 2009-09-22 14:27 | Comments(4)
2009年 09月 10日

秋桜だより

 秋桜・・・
暑さの中にも、秋の訪れを風の中に感ずるようになってきた。
秋をそのまま名前とした花・・・秋桜(コスモス)4題
c0067690_70213.jpg

 蜜を吸い、しっかり次の世代のためにぐいぐいと吸っていく。風に揺れてもしっかり花をつかんですっていく。

c0067690_705163.jpg

 海の見える吾妻山。向こうに見えるのは相模湾と伊豆。
白いコスモスが陽に映える。

c0067690_71820.jpg

 ハチは、止まらず飛びながら蜜を吸う。
コスモスの中央に黄色の花。

あれっ!?夏に紹介したひまわりの中心の花と同じ黄色の花。
調べたら、ひまわりとコスモスは親戚。同じキク科だった。
コスモスの秋風を受ける花びらは実はがくの変形ということになる。

c0067690_712913.jpg

 色も様々なコスモスで、秋のお便りでした。
                                               ご面倒でしょうがポチッと応援よろしく!勇気づけられます        

                                                              人気ブログランキングへ

by miriyun | 2009-09-10 07:16 | Comments(0)
2009年 09月 04日

光芒・・・光の技

c0067690_717201.jpg


雲の切れ目から光がおちる
  野を照らし、屋根を光らせ降り注ぐ。
こんなに広々とした空いっぱいの光の技(光芒)は、
       またすすんでいこうという気持ちを後押しする。


                                                応援クリックお願いします。
                                                                人気ブログランキングへ

                 

by miriyun | 2009-09-04 07:18 | Comments(6)
2009年 08月 04日

蓮のつぼみ

c0067690_15144782.jpg
 

    ◆雨のしずくに
         つぼみの赤が写る                   
                その昔、武士たちの登城した道も写る・・・


       佐竹二十万石、久保田城外堀、蓮のつぼみにしばし見入った。              

                                    応援クリックお願いします。
                                                人気ブログランキングへ

by miriyun | 2009-08-04 23:22 | Comments(4)