写真でイスラーム  

mphot.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

タグ:◆イスタンブル歴史紀行 ( 113 ) タグの人気記事


2012年 08月 01日

壮大なる世紀*スレイマンとヒュッレムをめぐる話

壮大なる世紀*Muhteşem Yüzyıl
 2011年初頭からトルコで人気の大河ドラマがある。第10代スレイマン大帝の時代の皇妃になったヒュッレムをヒロインとした話で、時代は最もオスマントルコが繁栄した時代であり、舞台はイスタンブルのトプカプ宮殿のハレムであるのだから面白くないわけがない。
c0067690_1420234.jpg

 題名をMuhteşem Yüzyıl、壮大なる世紀という。

◆大河ドラマの魅力
 それは何と言っても実在の人物で歴史に偉大な影響力を残した人物がごろごろ出てくるということだ。
スレイマンと言ったら、オスマン・トルコでメフメット2世と並んで尊敬される偉大な指導者だ。
皇妃ヒュッレムも実際奴隷として始まりそこまで上り詰めたのだ。

c0067690_18464599.jpg

スレイマニエモスクにあるスレイマン廟への入り口。この中に皇妃ヒュッレムもスレイマン大帝の傍らに眠っているのだから、権謀術策うごめくハレムの中で最後まで力を持っていたのだと想像される。

 ドラマの中では、そのカーヌーニ・スレイマンが中心にデ~ンとしている。なんという俳優かは知らないが、さぞ力のある人がやっているのだろう。日本でいうと渡辺謙がやっているような感じだ。そこに多くの妍を競い、策をめぐらす女性たち、そして外で働く男たちにとっては進化との関係対外的な他国との力関係に芸術や建築面も優れていたスレイマンが有能な人物を使いこなしていくさまなどが出てくるのだろう。


 日本でもNHKで毎年1年間に及ぶ大河ドラマがあり、歴史的人物を取り上げて時の有望な俳優がそれを演じて話題をさらう。それと同じような大河ドラマなのだが、何しろ世界に君臨していったような力のあるトルコの時代であったからきらびやかで、ドラマがある。

 このドラマがあると知った時点で見たいなあ~と望んでいたが、さすがに日本のTV局はアメリカや韓国のドラマは放映しても、トルコのドラマまでは見ていないのか。全く気配がない。働いている人にも見やすい時間で毎週やっていったら絶対に惹きつけると思うのだが・・・。

 ところが、近年の動画時代。ずいぶんと私自身も動画を見ているうちに面白いドラマならばインターネット配信だってあるのではないかと探してみたら見事ヒットしたのだった。


◆TURKWEB.TVとしてyou tubeにのせているので、画質はTVを見ているほどに美しい。
Muhteşem Yüzyıl  第1回

◆第1回の出だし
 マニサにいたスレイマン皇子のもとに足音を立てて何かが近づいてくる。緊張感が走る側近と皇子は身構える。やってきた使者は手紙をさしだし、ひざまづく。
 父王の崩御、すなわち、王子はこの時からスルタンとしての人生が始まる。スレイマン大帝の物語が始まる。

 片や、北の土地の小さなむらに攻め入られ、村の娘たちはさらわれ、奴隷として売られる。
気の強い娘、アレキサンドラも奴隷としてトプカプ宮殿に入ることになる。
 当時だれでもスルタンの寵を得れば側室として部屋をいただき、豊かな暮らしをすることができた。そうしたところで始まる生活。

 途中で出てくるスレイマンの信頼する側近、侍従長イブラヒムが回想する。自分も村からさらわれてきた奴隷上がり、その記憶がよみがえる。彼はスレイマンに心から従っている。スレイマンの力を若いと侮っている他国を抑える方向性でスレイマンとイブラヒムは一致している。それにたいして古老たちは若きスレイマンをあまり買っていないので、反対派である。また、低い身分からのし上がってきたイブラヒムを邪魔にし陥れようと窺っている。


 アレクサンドラはスレイマンの目を引くことをしたり、踊りで魅せたりする。これにより部屋に呼ばれることになるが、部屋に入る前に正妃に邪魔されてしまう。このあたりまでが第1回の話。
 
 
このような長いドラマが延々とある。まだ第2回までしか見ていないが、トルコ語がわからないで聞いていても時代背景をつかんでいればかなり楽しめる。

 そして、ちょうどいい時にコミックスで「夢の雫、黄金の鳥籠 」というのが出始めていた。作者は篠原千絵、以前に「天は赤い河のほとり」という本でヒッタイトとエジプト・ミタンニ王国などの拮抗する中での物語を長編コミックスで描き表わした人だ。それだけに中東の歴史や背景・小物の描写はしっかりとしている。
c0067690_1914943.jpg

 これを読むと細かな演出は違っている。たとえば、ドラマではヒロインは踊りが得意であり、コミックスでは
美しい声で歌い、朗読をする。
 しかし、その時代背景と登場人物がほぼ同じなのでおおよそを掴みやすい。これを読んで、1520~1566年の織田信長よりも少し前の時代だと意識して見れば結構楽しめる。

 自分の場合、トルコ語がわからないのに何を楽しめるか。
言葉のわからないオペラを楽しむのと同じに意味を想像しながら、演技で楽しむ。
 ついでに家具調度・タイルにカフタン・女性たちの衣装・アクセサリ・ハマム・アラビア書道・絨毯、隼など目に入るすべてが、「写真でイスラーム」としてはツボにはまったタコ状態なのだ。
 一番上のドラマの壁紙でスレイマンが座っている椅子はトプカプ宮殿の宝物庫にあった貝象嵌の椅子であるし、いたるところにトルコの文化が見え隠れする。

 尚、第2回ではアレクサンドラはスレイマンにその快活さが気に入られ「ヒュッレム(陽気・快活なるもの)」という名を賜る。しかし、そのあとに危機もやってきて、牢に入れられてしまう。~~というような展開で、気を抜けない話が続いていく。
日本語字幕でBSかどこかでやってくれないものだろうか。


                                                一日一回、ポチッと応援していただけると励みにもなります   

                                                                  
人気ブログランキングへ

by miriyun | 2012-08-01 19:24 | Comments(12)
2012年 07月 26日

ヒュッレムのハマム・・・風呂の話(7)

ハセキ・ヒュッレム・スルタン・ハマム 
 2007年11月のことだった。アヤ・ソフィアとブルーモスクの間をあわただしく歩いた時、ふと見えた建物、古びているし、スルタナハメットの巨大な二つの建物に挟まれているため小さく見えて見過ごしてしまいそうな建物が気になった。こんなすごい場所にあるならば何か意味があるはずだが、同行者がいたので何なのか確認する暇はなかった。
 そこで、ひとまず写真を撮っておいた。
c0067690_3531282.jpg

 その写真がこれだ。
地味な入口の前に青い文字で小さな看板が出ている。
「haseki hyurem sultan hamami」とあった。(最後は i となっているが、トルコ語では i は”u”と発音するのでハマムと読める。
 なんと、壮麗王スレイマニエ1世の奴隷から側妾、そして妻となり、跡継ぎの母にまでなった人だ。オスマントルコの歴史の中でも群を抜いている女性だ。
 そんな女性の名がついたハマムが名だたる名建築の間に埋もれるように存在していた。汚れ方から長年の粗雑な扱われ方がわかる。

 しかし、スレイマニエ大帝がヒュッレムのために建てたハマムであるならば、自分のお気に入りの建築士を使うはずだ。そう思って調べてみるとやはり、
 そう、まごうことなき、ミマール・スィナン(シナンと書かれることが多い)の建築であった。
c0067690_5324443.jpg

  この建築物は横から見ると75mに及ぶ長い建物で、実は男女を左右に分けて同じような設備が並ぶ最初のハマムであった。


ヒュッレムのハマムの歴史
 このハマムはスレイマン大帝の全盛期、1556年にスィナン(シナン)によって建てられた。アヤソフィアに近いこの場所には532年に崩れてしまったゼイクシッポスの浴場(テルマエ)があった場所であった。
 それまでは女性の日とさだめられた日だけが女性専用となったハマムであるが、このハマムの出現で男女とも専用の浴場があり、いつでもたのしめるようになった。屋敷に個人用の風呂を持つ上流階級の人たちも召使を連れてハマムを訪れ一日中そこで世間話や年頃の娘のうわさを聞き、我が家の嫁さがしをしたりと社交場としても重要なものだった。
 こうして1910年までハマムとして使われていたが、オスマン帝国の崩壊とともに閉じられた。その後、刑務所が一杯になったときにはあぶれた囚人を収監する場所としたり倉庫として紙やガソリンの倉庫となったことさえあった。1957年にいったん修復してからは国のもつ建物として、絨毯販売所になっていたりした。

 ◆2008年に修復を専門とする大学を中心に国家的プロジェクトとして元の伝統建築を損なわないように修復がはじまった。

 最初にのせた2007年11月に撮影した写真は、その修復に入る直前の姿だったのだ。

復活したハマム
2011年に修復を終えた歴史的建造物は現在、本来のハマムとしての機能を回復し、美しいまっ白な大理石をふんだんに使った内部構造で清潔感に満ちたハマムとして観光客に開放されている。
c0067690_5323956.jpg


c0067690_3532292.jpg

水道のある大理石の水盤のある場所

c0067690_353301.jpg

                    ハマムの内部写真はハマムのHPより引用
メインの部屋は高いドーム屋根になっている。男女別になるので2つの大きなドームを持つ建築である。


中でタオルにくるまってお茶やシーシャを楽しむことはもちろん、庭に出てから屋外で食事もできる。

 そんな複合施設がスルタナハメットにできたということなのだ。観光客相手なので高めの設定だが、それでもミマール・スィナンが手掛け、ヒュッレムの思い入れのあるハマムが本来の目的に沿ったものとして再生しているのは喜ばしい。

                             *ヒュッレムとは・・・どんな女性なのかは、次回紹介します。


                                                一日一回、ポチッと応援していただけると励みにもなります   

                                                                  
人気ブログランキングへ

by miriyun | 2012-07-26 04:32 | Comments(8)
2011年 11月 26日

華麗なるビザンチン美術

 アヤ・ソフィアは美術宝庫       

アヤ・ソフィアには地味だけどすごいなというところがたくさんある。なんといってもビザンチンの圧倒的な力と技術をつぎ込んでいる。

c0067690_13542955.jpg

 キラキラのキリスト教に基づく黄金モザイクだけに見入ってしまうことが多いが、ちょっと目をそらすと黄色地の装飾が壁にもアーチにもいっぱいに広がり、。それ以外のビザンチンらしさも見えてきて面白味がある。
c0067690_13545055.jpg

 天井は金色地に文様を入れた華麗な装飾がある。この後のイスラームのような文様同志の連続性はないが、背景に金を多用していて華やかなのが、いかにも力のある皇帝の時代と感じられる。

c0067690_1354481.jpg

 耐震用の金属棒があるので、見えづらいが、ガラスモザイクが今でも輝いている。


柱頭の見事さよ!!
c0067690_14154694.jpg

黄色と金の天井を支えているのは緑の大理石による柱。
c0067690_1415226.jpg

その上の柱頭こそがギリシア・ローマのどこでも見かける様式ではない独特のものである。
葉の透かし彫りが華麗なビザンチンの柱が連なっている。 
    
 こまかな植物文様の透かし彫り。石で彫ることはできても、あまりに華奢なつくりで屋外向けではない。このような巨大建築物であったからこその柱頭であったと言える。
 この柱頭、2階の中にあるのだが、天井は高すぎて見えにくいのだが、じっと見てみたい逸品である。                                                                                                                      人気ブログランキングへ
                      
                                                       一日一回、ポチッと応援していただけると励みにもなります   

      

by miriyun | 2011-11-26 14:13 | Comments(8)
2011年 10月 14日

オリーブ!

イスタンブルで街歩きするのはすこぶる楽しい。
日本とは違う品揃えや飾り方がある。果物屋さんなんてそのディスプレイを見るだけでほほが緩んでくる。

 オリーブ  
その中で、色は地味だけれど奥が深いところは・・
c0067690_743879.jpg

そう、中近東では欠かせないオリーブだ。

確かに日本でも、オリーブの種類は増えて店を選べば10も20も瓶詰めで置いてある。
ただし、高さ10cmほどの小さい瓶だ。様々な色や大きさもあるが、結構高い。
それにしても、中近東のオリーブの山積みにされた様子をみると、この中のオリーブの味がどうなのか、違いはどうなのかすごく気になるようになってきた。

オリーブのない食文化の中でそだって、はじめて接した時はしょっぱいとしか感じなかったものであるのに、いまはオリーブを焼き込んだパンにも目がない。

食文化というのは、じんわりと身体に浸みこんでくるようだ。

c0067690_12204085.gif

        
                                                                                   一日一回、ポチッと応援していただけると励みにもなります   
                          

                         

 

by miriyun | 2011-10-14 07:05 | Comments(6)
2011年 02月 28日

モスクと絨毯(3)・・・スレイマニエ・ジャーミー

 スレイマニエ・ジャーミーの絨毯     
c0067690_029279.jpg

スレイマニエ・ジャーミーは5000人が礼拝できるとかいうが、その人数はどう割り出されるのだろうか。
天才建築家スィナン(シナン)のころの絨毯のままではないだろうが、オスマン朝のジャーミーは多くが一人あたりの礼拝スペースがだれにも分かるよう、その大きさを確保している。
 

c0067690_0294591.jpg

窓辺からも光が入る。
c0067690_029641.jpg

赤いところは一色であるが、その周辺には植物文様が飾られたように織ってある。
次の列との継ぎ目はかさねてつないでいるようだ。

c0067690_0293815.jpg

*以前にありましたご質問への写真解答
 何年も前になるが、障害のある人はモスクで礼拝は許されないと聞いたことがあるがどうなのかという質問を受けたことがある。
その時に、そんなことはないと言葉で説明をした。ここでは、写真による答えが見つかった。車いすが用意してあり、だれでも使えるようになっていた。

c0067690_0293484.jpg


礼拝堂を支える大きな柱のよこは回廊のようになっており、そこもこのじゅうたんが敷き詰められ、人がいっぱいになる。

◆ 礼拝可能人数はモスクの大きさを約1平方メートルで割り算するとおおよその人数が出る。ここも5000人が礼拝できるといわれるが、それは中庭まで入れての人数である。
◆そして礼拝堂での礼拝可能人数は?
 このひとり分として織り込まれたスペースを表す赤い部分の数を数えれば正確な人数が出てくるのだ。


・・・・・・・・・・・別件の紹介・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
この記事のコメント欄に、kitacounBIZ さんという方からのfacebook等を用いたプロジェクトについて
要請が来ています。興味のある方、ご自分の意志で参加したいと思う方は下記コメントをご覧ください。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

                                             応援クリックお願いします。


                                                              人気ブログランキングへ

by miriyun | 2011-02-28 00:47 | Comments(10)
2010年 11月 30日

絵地図は教えてくれる--蛇の柱

 絵地図は教えてくれる   
ナスー・アス・シラヒ・アル・アトゥラキの『二つのイラク(アラビアとペルシアのこと)におけるスルタン・スレイマニエ1世遠征戦記』の写本挿絵を見ていた。
c0067690_6114095.jpg

これはその一部。イスタンブール旧市街の1537年当時の俯瞰図である。俯瞰とはいえ、地図といってよい正確さであらわしているという。
             

c0067690_6114561.jpg

デルフィのアポロン神殿に建てられていた蛇の柱だが、コンスタンティヌス大帝の命でここに運び込まれた。
その後、十字軍によって乱暴にもちぎられたといわれる。このちぎられた先がどのようなものであったのか、今の私たちは見ることができない。 

c0067690_6114850.jpg

⇧地図は「大系世界の美術」学研より一部分を引用
これを先ほどの図で探してみると、ミドリの中で、ヒポドロームにいくつもの柱がたっている。
時代があとなのに何故ここに見えるのかという疑問はある。復元したものを置いていたのか、伝承の通り描いてこの都を華やかに彩ったのか真相は不明ながら、真面目に正確に描いてある地図上に渦巻状の黒い柱のが確かにありその上には蛇の頭がのっているのだった!
 3つの蛇頭というデザインを絵が教えてくれたのだ。たかが絵地図といってはいけない。日本の屏風などでも描かれた街の絵にたくさんの情報が眠っている。




                                             応援クリックお願いします。
                                                           人気ブログランキングへ             

by miriyun | 2010-11-30 06:27 | Comments(6)
2010年 11月 28日

柿の名は?

 トルコの八百屋で柿を見る    

c0067690_1231627.jpg

11月末なので、もう大分熟しきっているかのようだが、甘いのが好きなトルコ人はこのくらいのが好きなのだろうか。ペルシアでも熟しきったのが好きだと聞いたことがある。日本人はコリコリした柿派と甘くて柔らかい柿派にはっきりと分かれる。ちなみに私はコリコリ派である。

 さて、名前であるがHURMAとある。

◆何かに似ている。
そういえばペルシア語で خرمالو 「ホォルマ」という言葉があった。
それはただし、ナツメヤシの実のことだった。
確かにデーツは最も似ているものは何かといったら柿に似ている。
未熟だと渋があるし、熟すとあまくて乾燥したら干し柿そっくりだ。
そう思うと、ペルシア語のデーツがトルコで柿をあらわすことがただの偶然ではないような・・・。
 トルコ語のこの言葉はどこから来たものなのだろうか。

追記
柿の名の疑問に対してありがたい情報をお寄せいただいたので、ここにまとめる。
トルコ語ではデーツも柿もHurma(フルマ)
ペルシャ語ではデーツは خرما  Khoruma(ホォルマ)で、柿はKhoruma-luである。
トルコに伝わって一緒になってしまったのだろう。--------atelierciniciniさんより


 柿の原産地と伝播
c0067690_12401845.jpg

 中国の長江流域の地域が原産といわれている柿。「柿」は奈良時代に中国から日本にわたったといわれている。
 そして、この柿というものは欧米にはなかったらしい。
実はペリーが日本の柿を持ち帰りそれによって欧米にひろがった、
英語ではpersimmonあるいはKAKIが使われているという。


 アラビア語では柿の名は?

c0067690_12402054.jpg

c0067690_1349526.jpg

そのまま「カキ」となっている。
كاكيまたは、تين شتويを使っていて、アラブでもまたカキで通ずるものとわかった。

                                             応援クリックお願いします。
                                                           人気ブログランキングへ      



       

by miriyun | 2010-11-28 13:53 | Comments(18)
2010年 11月 23日

ユルドゥズ宮殿の緑の扉

 タクシーも迷うユルドゥズ宮殿 
 宮殿というのは豪奢な門扉が国民を排除しているような印象が強いが、スルタンのこじんまりした私邸といった風情のユルドゥズ宮殿はとても雰囲気がよい。
 新市街のメイン道路の一つバルバロス通りはかなり急な坂だ。そこを上っていく。さらに細い道を行くとその坂の上におちついたたたずまいを見せている。ちょっと通り過ぎただけでは宮殿と気づかないかもしれない。
 実際タクシーに乗ってユルドゥズ宮殿といっても通じないことが多く、日本人ならトプカプ宮殿かドルマバフチェ宮殿に行くのではないかと聞かれるくらいだ。

 
c0067690_11294497.jpg

坂の上に見えてきた門。もちろん中は警備はきびしいが、外に歩哨が立っているような物々しさはない。


c0067690_1253426.jpg

緑が多く気持ちのよいゆったりした敷地である。
c0067690_1154415.jpg

 唯一、真っ赤に染まったツタが白い壁を張っている姿は美しい。

 そして、この敷地には日本人にはなじみのいい木造の建築物が爽やかな水色で並ぶのだが、一番奥に石造りの建築物があった。
c0067690_11442485.jpg

水盤と水の出口があるので、サビールを含む複合建築だろうか。重厚なつくりと黄色の壁が印象的だ。

c0067690_11443334.jpg

壁沿いに廻るとまだ黄色の壁は続く。スルタンが作った建築である、なぜかアタチュルクの名があり、なにか言葉が掲げてある。

c0067690_11443738.jpg

補修工事中なので中はわからないが、門が半分開いたままになっていた。
時を経てかなり傷ついてはいても、門扉の深い緑はとても美しく、こころの奥にしっとりと残っている。
                                             応援クリックお願いします。
                                                           人気ブログランキングへ 



            

by miriyun | 2010-11-23 11:23 | Comments(4)
2009年 11月 16日

トプカプ天井の美

 トプカプの天井特集

トプカプのハレムの天井は実に様々な文様があり、興味深い。
c0067690_2153627.jpg

スルタンの謁見室である。遠景の周辺部分には金がふんだんに使ってあるため、中央部分の色あせてしまったのに対して周囲の金の文様は想像以上にくっきりとした印象を人々に与える。

c0067690_21524420.jpg

 絨毯のような色合いとゴンバディ文様であり、部屋の天井としては落ち着いているほうである。

c0067690_21533289.jpg

スルタンの母の部屋の天井である。
文様がイスラームの文様ではない。この頃になるとインテリアにもヨーロッパ風のものが入ってきており、ここのぶどう文様はスケッチしたかのような写実的に描いている。
c0067690_2154021.jpg

これも植物文様の部分にヨーロッパの文化が間違いなく入っている。

このように、宮殿にはモスクと見まごうばかりの円形天井が入る部屋ごとに広がる。
さほど広くはないトプカプ宮殿において、カーブを持つ丸天井はそこに住まう人にとって若干の慰めになったのかもしれない。
                                                ご面倒でしょうがポチッと応援よろしく!勇気づけられます        

by miriyun | 2009-11-16 23:51 | Comments(2)
2009年 10月 11日

ベヤズィットモスク

 16世紀はじめの古いモスク
イスタンブルにおけるオスマン朝の最初の古典様式のモスクがある。
c0067690_1228372.jpg


  イスタンブルを征服したファーティフ、メフメット2世は征服するという軍事面において天才的な力を示したが、学問も大事にした。ファーティフは息子に英才教育をし、息子はファーティフのあとをついでスルタンとなった。それがベヤズィット2世(在位1481~1512)で、彼がこのベヤズィットモスク(ジャーミー)を建てさせた。

 時代は16世紀。1501年に取りかかり1506年に完成した。
建築家ははっきりとしていない。ヤークプ・シャーともハイレッティン・パシャともいわれている。まだ、スィナン(シナン)は現れていない時代である。
 したがって、手本になる建物はモスクに転用してあるアヤ・ソフィアしかない。そのため、アヤソフィアによく似ており、柱によって分断された側廊が連なる。ミナレットは2本、87mもの距離を置いて、巨大な台座の上に建っている。
 付属設備として、学問所があったが、現在は図書室となっている。
 なお、このモスクに隣接してグランド・バザールの本屋街が連なっており、アカデミックな雰囲気が漂うところでもある。

~・~・~・~・~・~・~
 時は秋、同じ中近東でも湾岸と異なり、イスタンブルはヨーロッパと同じような秋の風情がある。
500年を経たジャーミィは丘の上にどっしりとたたずんでいた。

 空は夏のような明るさにかけるが、色づいてきた木々の葉の合間からジャーミーを見つめた。

                                                    ご面倒でしょうがポチッと応援よろしく!勇気づけられます                                                                       

                                            c0067690_10302937.gif 

by miriyun | 2009-10-11 13:07 | トルコ | Comments(4)