写真でイスラーム  

mphot.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2014年 11月 ( 17 )   > この月の画像一覧


2014年 11月 29日

ダイス(2)&大輔

1.おめでとう!村上大介(2) 
 彼の喜びの表情に、感無量!
あの2年前の残念な思いを知っているだけに、心からのおめでとうを言いたい。
 SPで3位ばかりでなく、FSですべてのジャンプを完成させた。フィギュアスケートをすることの気持ちよい表情を出すこともできての勝利だった。信じられないという表情で喜んでいたが、持っている技術はもともとよかった(19歳でクワド2種類)し、意欲も高かった。

 なんだか、いつもと違うおかしな空気も背負っている大会だったけれど、村上君の笑顔で爽やかに終えてよかった~!
c0067690_1237289.jpg

 ヴォロノフ、演技にメリハリと貫禄がでてきた。無良くん、最終滑走のFPは緊張を持ったままの演技で固くなってしまったようだ。しかしこれも経験。人間だもの、優勝に一番近いと思ったら緊張するさ~!
先輩たちがそういうプレッシャーの中で戦ってきたことがわかったと言っていた。
 でも自分で分かっていての失敗だから納得しているみたい。
表彰台のダイス・ヴォロノフ・無良くん、みんないい笑顔で本当によかった。おめでとう!
(唯一、ジェレミーの点が彼の良さを表せていないことに驚いたが・・。) 


2.ダイスケ×2 
 NHK杯で、いい声で名前の呼び出しがある。
ダイスケ~、とはじまると高橋と脳内で勝手に再生が始まってしまうのだが、
いやいや違うから~、ゴメン、村上大介(ダイス)くんと脳内修正をする二日間だった。

◆村上大介は親の仕事の都合で幼いころからアメリカですごし、今もロス在住であるが、日本の選手である。

 そして、ニュージャージーでニコライ合宿の時、大輔さんと一緒の時代があった。
大輔さんは同じ名前であるダイスを弟分のようにかわいがってくれたという。

 初カラオケも連れて行ってくれたという。また、夜遅く帰ってきてから大輔さん得意のキーマカレーを野菜をみじん切りにして汗だくになって作って食べさせてくれた。そういえば若大輔さん、のカレー作りと煙探知機のベルがなって焦りまくっている動画もあったのを思い出す。

引退の報を聞いて、
「僕は大ちゃんみたいな最高にアーティスティックでかっこいい、
ハートの優しいスケーターになりたい」
です。
次に会った時に『ダイス、よく頑張ってるね!』と言ってもらえるように一生懸命頑張ります。大ちゃんのハッピーな毎日をお祈りします。」 こんな言葉を引退に際して発した村上大介だった。引退に際しての言葉はクワドラプルにたくさん載っていたが、後輩の中でとくに熱い想いがこもっていたのが、このダイスやショウマの声だった。
 あぁ、どこでも変わらぬ大輔さんの姿が浮かび上がってきたものだ。


◆今季のプログラムにもダイスケつながりがある。今シーズンのSPは「風とライオン」からの曲だったが、点数が伸びないことからフランク・キャロルコーチとの話し合いでボーカル入りの曲もいいし、曲を変えるなら今だという話になったという。
 その時、引退した大輔さんへのリスペクトの意味もあって大輔さんの使用したプログラムの「ロクサーヌ」にしたという。
 「僕にとって大ちゃんは昔から先輩というより、お兄さんという存在で昔からすごく優しくしてもらったてたんです。引退を決めた大ちゃんへのリスペクトの気持ちを僕なりにあらわしたいと思って、きめました。」 (Quadruple2015より引用)

 ロクサーヌの振付けはジョナサン・カサーに頼んだという。どこかで聞いた名前だと思っていたが、大輔さんとのことをかいていておもいだした。大輔さんが「道化師」を演じた2012-13のシーズンの選手権で、道化師を演じていたのがカサー選手だった。道化師はいいろいろな選手が演じてきているが、カサー選手は身体の傾きが尋常でないイーグルが特色の選手だったのを覚えている。ダイスの振付けをしてくれた人として名前が上がりやはり、フィギュアの世界は知った名前に出会うことが多い。。

 ダイスはさらにこのロクサーヌについて、ブラッシュアップして、NHK杯では自分のベストを更新したい。ノーミスを目指して、NHK杯まで頑張って練習していきたい。このプログラムで80点に届きたい。あと、かっこいいと言われたいと熱い想いを語る。とてもこの曲が気に入り、気持ちが入っているということだ。

 〇そしてNHK杯SP
  自己ベスト更新・・・SPだけど 9点も更新!
  ジャンプはノーミス クワドサルコウ
  80点まであとわずか・・・79.68点(四捨五入でピッタリ80点だよ!)
  かっこよかった

〇FS
4S、4S+2を含めてすべての要素をノーミス。クワドサルコウSP・FS合わせて日本人初の3つ成功おめでとう!
  もちろん自己ベスト更新どころか、166.39の高得点。
  落ち着いて滑っていたし、見ていて心地よかった。
  
僕の演技を大ちゃんが見たときに,
「いいじゃん」って褒めてくれたら、すごくうれしいんですけど。


  

ダイス!
 大輔さんは絶対褒めてくれるよ~!

~~~~~~~~~~~~~~~~~
大輔さん!
 あなたが牽引し続けた美しいフィギュアの世界で、
 あなたが優しく接してきた後輩たちが動き始めている。

あなたの困難に立ち向かう背中、
 どんな時にも美しい立ち居振る舞いと心
   選手としてリスペクトされ、
   先輩として友人として人間として愛されてきた。

きっとあなたは、「ぼくは何もしていないですよ・・・」というのでしょうが、
そんなあなたを意識している後輩たちがどれほどいることか・・・・。

   
                                                       一日一回、ポチッと応援していただけると励みにもなります   
                                               人気ブログランキングへ
                      

by miriyun | 2014-11-29 23:30 | Comments(11)
2014年 11月 29日

NHK杯雑感&村上大介(1)

1.NHK杯雑感 
 若干の注目度の違いはあっても、6分間練習の時の選手紹介では、TV局はそれぞれの選手を紹介するものだと思っていたし、これまではそうしていた。

 今回のメンバー、日本から愛され、日本を愛してくれているジェレミー・アボットがきてくれていて、年齢と共に深まったいぶし銀のような滑りを見せてくれている。ロス・マイナー君もNHK杯4回目か?日本を意識してGPシリーズの中から選んできてくれているのだろう。ロシアのヴォロノフももう日本は何回目だろう。こうした選手は外国勢でも日本にはそれぞれファンがいて、いい演技には惜しみない応援がある。すでにGPシリーズで優勝している無良君がいる。

 さて、6分間練習。
 第2グループには力をつけてきて雰囲気もあるヴォロノフ・心に沁みる演技のジェレミー、すでにGPシリーズで優勝していて力強い高いジャンプの無良くんがいながらこれらの選手をほとんど映し出さなかった。

 TVでの放映時間や解説を外国選手より自国の選手の方を少し長めにしたりするのはどの国もそこそこあるかもしれない。けれども、公共放送はそれなりの矜持があるから、羽目をはずすほどに大きな差をつけることなどないものと思っていた。  
 だが、思いっきりはずした。
6分間練習、日本人のスケートカナダ優勝者である無良くんを含めてはずした。 驚いた!
この世界、信じられないようなことがたくさん起きてきたけれど、
  民放はともかくNHK杯は落ち着いて聞ける放送だと思っていた。ここまでは・・・。

* メディアはスポーツを淡々と流してほしい。よいものは黙っていても観客が勝手に感じとる。
素晴らしいものだけをピックアップしたかったらあとで特集を組めばいい。

* 日本のスケート協会やメディアが思っている以上に、今の観客は素晴らしいものを素晴らしいと感じとる感性を持っていると思う。選手の技術も毎年向上し続けているが、この10年ほどかけて、観客も見る技術と感性を養ってきたと思う。
 また世界から賞賛された日本の観客はまれに見るほどフィギュアスケートを知り、選手の出身国にかかわらず、素晴らしい演技をたたえてきた。だから選手たちは目を潤ませて、日本で選手生活の最後を飾れてよかったといい、日本で世界選手権をやるなら、もう一度やってみようかともいうほどだった。
 以前はアクセルとかトゥーループとかジャンプ解説だけしていればよかった解説が最近はもう少し詳しい解説を望んでいるので、織田君たちがモホークからのジャンプなどと言っていることが新鮮でまたそのくらいの解説を求めるようにもなってきている。
 今季のNHK杯だって、観客の応援は、知名度がまだ低い選手でもいい演技にはスタオベし、美しいトレースを描くジェレミーにはそれだけでため息が聞こえそうに反応する。涙ぐみそうなジェレミーを見て、海外選手にも熱い応援を送っている観客をわたしは誇らしく思う。

 そういう高い感性と見る目を持った観客をメディアは少々見損なっているのではないのだろうか。

( メロンが美味しいから好きな人もいる。バナナのカーブの滑らかさに惚れる人もいれば、チェリーの可愛さが好きな人もいる。リンゴのしゃきしゃき感が好きな人もみかんの炬燵に似合う感が好きな人もいる。
 いろんなのがそれぞれ好きなのであって、3つも4つも好きな人も全部好きな人もいる。それをメディアがこれを選んだから見なさいという観客の感性無視の押し付けのような見せ方をしたら、観客はこの後どうなるのだろう。)


 人は見たり聞いたりすることから自分だけの感性を養う。だから、自分が選ぶことを誇りにしている。自分で選んだから高いチケット代も本代も宿泊費も新幹線代もだしていくのだ。
 自分が自分の基準で選んだ道だから大変な思いをしていても満足なんだ。
 

 今のフィギュアスケート隆盛に至るまでにはずっと自分の目を信じて応援し続けた人がいる。無名であろうとノービスであろうとジュニアであろうと海外の若者であろうと、これぞという人には応援し続けたくなる魅力がある。
 メディアに選んでもらわなくたって、日本の観客はそれぞれの魅力を見分ける力を持っている。
余計なお世話はしないで素直に見せてほしいものだ。 


2.村上大輔(1) 
 第1グループだった、村上大介(村デーと呼ばれたり、アメリカではダイス(DICE)とよばれたりする)。
2012年のNHK杯にようやくエントリーされて、喜び、全身でその喜びとそれまで培ってきた技を日本で披露しようとしたときに起きた、脱臼。これで泣く泣く棄権した村上大介くん。
 ・・・・その時の無念な表情をおぼえている。

 だから、またNHK杯に戻ってこれてきっといい演技をしてくれると思っていた。

 その村上大介が、2番目の滑走で、3本のジャンプを成功させ、いきおいをたもったまま、最後まで滑りきり、最高の笑顔で観衆に挨拶をした。その時点から、ジェレミーが出てくるまで1位を保っていて、最終的に、無良・アボット・村上ということでSP3位だった。
c0067690_942688.jpg

                        ↑ 村上大介をスタオベと日本国旗で讃える観客


 しかし、その村上大介の演技は地上波でとうとう放映されなかったのだ(BSはある)!
2番目の滑走だったので、放映時間に入っていなかったのかもとも思ったが、日本の選手としてSP3位に入ってきたのだから、どこかで再生してもいいはずだが出てこなかった。
 これまた、競技の主催者であり、公共放送でもあるNHKとして問題ありだ。

◆はるばる海を越えたEuroでは放映されている。
 動画主様、お借りします。

村上君の気持ちもすべりにのせたいい演技だった。
4S+2,3A,3F,
実況:「ビューティフォー トリプルアクセル!」
解説:「ストロング・パフォーマンス!」
3Fの後のスピン、そのあとの2:20のあたりで片足での4秒のステップを含めて、スピードが衰えずに力強く演じた。しかも表情がよかった。

◆その頑張りを応援してるよ!


                                                       一日一回、ポチッと応援していただけると励みにもなります   
                                               人気ブログランキングへ
                      

by miriyun | 2014-11-29 08:06 | Comments(14)
2014年 11月 28日

コウテイダリア(1)

寒さとともにやってくる 
11月になるとほとんど花も見当たらない時期になる。
ところが、寒さがやってきて紅葉しか見れない時期にはじめて花芽がほころぶものがある。
c0067690_775966.jpg

晩秋の青空に突き抜けよとばかりに伸びたさきにピンクの花を咲かす。
最初は遠慮がちに10cmほどに開き始める花

c0067690_773940.jpg

下からは大仰に見上げることになる。
c0067690_79691.jpg

光で透かして見るのが好きだ。
 
c0067690_794186.jpg
            多年草で木立ちのこの植物は力強く天を目指すかのように日々生長する。
4m以上にもなり、2階から鑑賞するほどにも伸びるのだった。  


   一日一回、ポチッと応援していただけると励みにもなります   
                                               人気ブログランキングへ                                  

by miriyun | 2014-11-28 14:00 | Comments(8)
2014年 11月 27日

試写会で刻む新たな一歩…高橋大輔

1.試写会  
先日、女性限定3D試写会『くるみ割り人形』があり、そこにサプライズゲストとして赤いスーツにストライプベストといういでたちで舞台に上がった。
音に合わせて、最初に藤井さんが踊って見せて、次に大輔さん。
c0067690_53082.jpg

こんな革靴でどう踊るのかと思いきや、見事なスピン(陸ではピルエット)で、ラストポーズでぴたりとトメ・決め!!
さすが指先までの神経が行き届いている。
決まった~!

そのあと、クララへのセリフを藤井さんと大輔さんとでいうことになり、藤井さん、慣れた雰囲気で朗々と響かす。

大輔さん、恥ずかしげに小さな声。スマホでかすかな音で着ていたらちゃんとできているのかさえ分からなかった。帰宅後、PCで音量を上げてみたら、いい声、ソフト低音ボイスで渡された台本をしっかり読んでいる。
ただ、これは回転して踊るよりずっと恥ずかしかったようだ。
c0067690_53228.jpg

恥ずかしい~とばかりにダッシュで逃げる。舞台の上でどこに逃げる~(笑)
この笑顔と無駄にキレの良い動き、ふだんの大ちゃんだ~!

c0067690_534313.jpg

キティの陰に逃げ込んだ(笑)

 シーズン渦中になり、昨年を思い出して寂しい想いでいるところに、笑って癒された。


◆動画・・・お借りします。


 一昨日の第一報で、試写会で何しているの?と思ったが、なかなかのアピール度。
そして試写会って、こんなにも様々なTV局ニュースやバラエティで紹介されるものだったのかと驚き。
本人は氷上のようにはのめり込めず、恥ずかしかったようだ。
 それでも、受けた仕事はきっちりとやり抜く大輔さんが、見られてよかった。
何といっても華があるんだよね〜!

この赤の服、誰でも着こなせるもんじゃない。着こなしてかっこよく見せるってやはりすごいね。
動きはさすがの一言!そして声の良さもこれまで知らなかった人も驚いたのではないだろうか・・・。

 スケートの練習を開始し、Xmasにむけても始動しているだろうし、
著作本の編集も進んでいる。やはり、忙しくいろいろな動きを始めているのだった。
顔をださない仕事にしたいということが伝わってきているが、ほんとうに表情豊かな人であるので今後も様々なオファーがあるのではないだろうか。事前にどういう内容かはきちんと調べたうえで、様々な可能性を追求していってほしい。
2月のアートオンアイスのあと、しばらくスケートから離れるのかもしれない。
でも、さらに進んだ姿でまたスケートに絶対戻ってきてくれると思っている。


                                                       一日一回、ポチッと応援していただけると励みにもなります   
                                               人気ブログランキングへ
                      

by miriyun | 2014-11-27 05:59 | Comments(0)
2014年 11月 25日

金色だった大仏

1.大仏を金色に

 今黒ずんで見える仏像も、かってはほとんどが金を使ってあり金色に輝いていた。
ではどうやって金色にしたのだろう。大仏を例にとると・・、

◆消鍍金
 東大寺の大仏は、消鍍金(けしめっき)という方法で金が塗られた。
水銀に金を溶かして金アマルガムをつくり、これを大仏に塗り、水銀が蒸発すると金が残るという方法である。ただし、この大仏では50トンもの水銀を蒸発させているので、水銀中毒がかなり起こったであろうことはほぼ間違いがない。


◆漆箔
 鎌倉の大仏は、漆箔(しっぱく、又はうるしはく)を用いて仕上げた。
接着剤としての漆(うるし)を塗り、金箔を一枚一枚押す方法を用いた。こちらは漆にかぶれる体質の人でなければ公害は起きない。
 尚、金閣寺はこの金箔をはる方法を用いた代表的な例である。


2.鎌倉大仏
鎌倉大仏のお顔を拝見すると、
c0067690_685222.jpg

そこには、まぎれもなく大仏様が金色だった名残りがある。
c0067690_69731.jpg

右頬に残る金が、漆箔の名残りとして今も残る。この露座で風雨にさらされながら、今もってここにその名残りが見えている。(但し、漆箔がいつの時代のものが残存したのかは不明)

c0067690_693071.jpg

更に目まで見ていくと、美しい眉に優しげで深い目に出会う。
  この青空のもとでこの目を見ると、鎌倉大仏を「美男におわす」と詠んだ歌人の気持ちがよくわかるし、また
 鎌倉時代から衆生が縋った気持ちわかるような気がする。
また、現代においては、はるばるスリランカ人やインド人でさえ参拝に訪れるのも、なるほどと思わせられるのだった。

                                                       一日一回、ポチッと応援していただけると励みにもなります   
                                               人気ブログランキングへ
                      

by miriyun | 2014-11-25 06:44 | Comments(0)
2014年 11月 25日

露座の大仏

1鎌倉大仏
 大仏、すなわち廬舎那仏(るしゃなぶつ)は、安定の手の形と表情を持つ。
 鎌倉で唯一の国宝は高徳院の大仏だ。
c0067690_5205864.jpg

11mを超す金銅仏で13世紀から残っているのはこの大仏様だけなので国宝は納得!

 奈良、東大寺の大仏ももちろん国宝だが、残念ながら度重なる地震・戦乱・火災で壊れたり焼失したりして奈良時代創建部分はひざ元から蓮台のところのみである。蓮台の線刻や大仏殿前の八角燈籠を見ただけでも天平時代のエネルギーや文化の底力を感ずるので、その時からの大仏と大仏殿はさぞかしすごい迫力だったことだろう。今私たちが見ている大仏は桃山時代や江戸時代の再建された大仏であり、やや縮小されたそれでさえ大迫力である。

 さて、鎌倉時代につくられた大仏は東大寺同様、大仏殿があった。
c0067690_5242424.jpg

 ところが、地震・津波で壊れたのち再建されないままになった。
大仏の周囲に平たくて巨大な意志があり、観光客がちょうどいい足休めとして座っているが、それは大仏殿の重さを支えた礎石であると言われている。

 大仏殿が壊れてからは露座の大仏として青空のもとで尊顔を拝するということになり、それは晴れやかな気持ちで見上げることが出来る。大仏の背中側に山があり、緑と青空のもとの大仏という光景になるのだ。


2.ライトアップ大仏
先週、鎌倉に行ったときに帰ろうとすると、お店の人がきょうは大仏様のライトアップの日と教えてくれた。
毎年11月15日が世界的に糖尿病撲滅デートして賛同するところがライトアップするという。

鎌倉は一般的にほとんど夜間のライトアップをしていない。だから大仏のライトアップなど見たことがない。
そこで、初めてライトアップを見に行った。
c0067690_6253366.jpg

確かにブルーライト大仏で昼に見る感じとまた違うイメージだ。
c0067690_625556.jpg

カメラを通すと青が尚更強調されてしまうが、冷静に肉眼でじっと見ると、こちらのやや緑がかった青というのが実際に近いかもしれない。   
やや明るめに設定すると、山の端も見えたりして雰囲気がある。

 礎石に腰かけて大仏にカメラを向けていると、話しかけてくる年配の方がいた。写真好きの方で、月が出てくるはずなのでライトアップ大仏と月を一緒に撮りたいが、まだ出てこないですね~という話。パソコンがないから今年はどうなのかわからないと言わるので、私も興味を持った。iphone で調べたら夜中の0時過ぎに月の出となっていた。高徳院のライトアップは20:00頃でおしまいのはずなので、月の出を待つことが出来ないということをその方にお伝えした。
 自分としてもそれは残念と思ったが、来年の11月15日、月の出を調べてこようと記憶した。
月のやわらかい光を浴びたらもう少しやわらかい雰囲気になるかもしれない。

                                                    一日一回、ポチッと応援していただけると励みにもなります   
                                               人気ブログランキングへ
                      

by miriyun | 2014-11-25 06:30 | Comments(2)
2014年 11月 23日

秋色3

1.黄色

c0067690_12211281.jpg

光則寺。金柑が山門にかかるかのように実っている。
c0067690_12213632.jpg

おいしそうに実っていたので、思わず砂糖煮の姿まで想像してしまったよ。

c0067690_12215178.jpg

モミジは、緑から赤に至るまでのデリケートな黄色に染まった姿を見せてくれている。黄色の色(カロチノイド系キサントフィル)は若葉のころから葉に含まれているが、秋にクロロフィルが分解されてしまうことで、もとからの黄色が徐々に見えてくる。それが、このデリケートな色変化の正体だ。 


2.オオモミジの色変化 
◆夏のオオモミジ↓
c0067690_1222737.jpg

 大ぶりの葉に、若緑とピンクと赤の世界。
緑の清々しい葉はクロロフィル(葉緑素)が活発に光合成をしている。
ピンクのプロペラ型の種がこれから飛んでいく。カエデ科の種はみなこうしたプロペラ型で、風にのれば100mも飛ぶ。


◆秋のオオモミジ↓
c0067690_12223422.jpg

 11月中旬には紅葉しはじめる。普通のモミジは黄色であるのに、オオモミジの葉は濃い緑から黄色・真紅まで混ざり鮮やかな着物を見るよう・・・。

 赤の色素(アントシアン)は緑の葉の中には存在しない。
秋に葉に蓄積した糖類、そこに気温・水蒸気なの条件によって酵素が発現していくことによって赤や褐色の色の違いが出てくるという。
 オオモミジは、温度変化が大きく作用したのか、葉の位置により色が複雑に出現して極彩色になっていた。

   一日一回、ポチッと応援していただけると励みにもなります   
                                               人気ブログランキングへ
                      

by miriyun | 2014-11-23 12:25 | Comments(4)
2014年 11月 22日

最初の一歩…高橋大輔

大輔さんらしいなぁ
 現役引退後、高橋大輔さんはそのスタートを何から始めるのかと思った。バラエティでも、海外でも呼ばれまくるだろうとは思っていた。
  12月のX'masは新横浜、1月のSOIで大阪・東京、2月のAOIはチューリッヒ・ローザンヌ・ダボスと出演が決まっている。プロスケーター高橋大輔さんという呼び名に慣れていかなければ。

 そうしているうちに、大阪で中学生へのスケート指導が大々的に計画され、5000人に及ぶ中学生にコーチをという依頼があり、長光先生や本田先生に声がかかる。長光先生といえば高橋大輔ということなのだろうが、やはり、大輔さん、3か月は氷にのらず休養と言っていたが、中学生指導にやってきて、スピンの模範演技にさらに2年生をひとりで担当となって指導していた。

 いや~、中学生にスポーツ教室で200人の生徒であるのに、普通はほとんどいないはずの客席の保護者の来ている率が高いんじゃないかい・・・と笑えた。(内心、うらやま~)
c0067690_13133498.jpg

c0067690_13142182.jpg

 それにしても、世界の高橋大輔、二度と現れないスケートとアートの融合したるもの、彼に教わる中学生って、すごすぎる。
 中学生が、大輔さんのことを、「キラキラしていた」という。感じるんだね、だれでも。
「ファンになった。」「ファンやろ」「優しかった」「ジェントルマンだった」とも。
 
◆動画をお借りします。

2014-11-20 グッモ○2 髙橋先生 投稿者 syuri591984
中学生の声多い。大輔さん、本当にフィギュアスケートの先行きを案じ、スケートに出来るだけ多くの人が親しんでリンクに来てくれることを願っているのだということが伝わってきた。

11-20-%E3%82%B0%E3%83%83%E3%83%A2-2-%E9%AB%99%E6%A9%8B%E5%85%88%E7%94%9F_sport

◆さらに中学生の声
http://www.dailymotion.com/video/x2akk2v_141119-%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%82%AB%E3%83%BC-%E9%AB%98%E6%A9%8B%E5%A4%A7%E8%BC%94-%E7%94%BB%E9%9D%A2%E6%92%AE%E3%82%8A_webcam


これは絶対スケート愛好者がふえて、リンク稼働率も良くなるでしょ!
「惚れました!」という声まででて、大輔ファンも増殖中!ww


2.揺るぎなき存在 

 十代のころから、全くブレのない大輔さんの言葉を聞いてきた。
当時は舌足らずの話し方で、今の落ち着いた話し方とは違っていたが、話している内容は芯が通っている。
 この人は自分が弱い弱いと言いながら、
     他の人には達成できないことを地道に積み上げてきた。
       たとえそれが遠い道であってもいとわずにやってきた。


*言葉には伝わる過程での危うさもある。
  言葉はつくられる。
    言葉は真似られる。
      言葉は曲げられる。
      (例*今回の中学生指導の時のインタビューで、大輔さんが使わない言葉を勝手に載せたスポーツ紙があったり・・・、某関係者の話とか、某テレビ局スポーツ担当者談とかをもっともらしく書いてしまう記者とか、あれほど丁寧にメディア対応を誠実にしてきた人に対して礼を失する質問をするとか、枚挙にいとまがない。)


本人の言葉は筋が通っていて、言葉を選んで自分らしく語っていても、
  言葉は人によって勝手に変形されたり、捻じ曲げられたりもする。     

だから、他人から聞いた言葉の一端だけでは何もわからない。
信頼に足る名前を明らかにした人の言葉や
利害のない、例えば今回の中学生たちの言葉が集まって見えてくる人柄こそが本物。


そして、行動は曲げられない。
   やってきたことは捻じ曲げられない。
       ひっそりと目立つことなくやっていても見る人は見ている。

  臨スポの存続活動、倉敷の現ヘルスピア存続へのかかわり、
  震災チャリティ演技会の4年もの継続、小さなこどもたちへの指導教室・・


◆メディアが来る来ないにかかわらず、
 黙々と行動を進めていく大輔さんの姿に、人間としての格が違うと感じさせられる。
       まだ、28歳だというのに・・・。

◆彼は子どものように濁りのない透き通った目で人を見つめる。
       もう、28歳だというのに・・・。

        自然な微笑みと共に彼のスケートへの愛に周囲もやさしい笑顔でいっぱいになる。

うん!選手でもプロスケーターでも
           高橋大輔は揺るぎなき高橋大輔だ。


                                                       一日一回、ポチッと応援していただけると励みにもなります   
                                               人気ブログランキングへ
                      

by miriyun | 2014-11-22 13:19 | Comments(9)
2014年 11月 21日

ビロードのなめらかさ*黒光

ビロードの質感に惹かれて
 木瓜(ぼけ)という花は身近にあってなじみがあるのだが今一つぼんやりした花弁でとりとめのない印象を持っている。
 だが、長谷寺のこの時期、まだこれからが冬という時期に咲き始めた黒光(こっこう)という名の木瓜は美しい。
c0067690_6322916.jpg

花弁のビロードのような艶感。
木瓜には赤・ピンク・白などの色があるが、ここの木瓜はくっきりとしている。まだ葉も出ていない枝にきりりとした風情でほんの少しの花が咲き始めていた。本来は1月から4月の花だが、11月なら咲きはじめの花弁やおしべに崩れのないきりりとした姿が見られれる。桜は盛りを過ぎて散るころもいいが、木瓜は咲きはじめがなんといってもよい。11月はツワブキくらいしか花がない時期、紅葉もまだ。
そんなときに、このビロード感。すきだわぁ。

c0067690_657403.jpg

堂宇を背景に、花の右の小さなつぼみが可愛らしい。

c0067690_6373049.jpg

実が瓜のような形をしている。
バラ科の花というのは何しろ咲きはじめがいいものだと、改めて思う。

                                                       一日一回、ポチッと応援していただけると励みにもなります   
                                               人気ブログランキングへ
                      

by miriyun | 2014-11-21 06:55 | Comments(8)
2014年 11月 16日

つり燈籠

1.日本の吊り燈籠 

c0067690_15104566.jpg

長谷寺の釣り燈籠。京都・奈良では数多くの釣り燈籠を見るが、見るものが多すぎるためか案外燈籠まで意識してこなかった。
 長谷寺でとくに花も少ない中で竹の緑を背景とした吊り燈籠が美しかった。


釣り物はやはり金属が安心だ。
デザインが凝っているので、火のともらないときもインテリアとなっていく。


2.異国の吊り燈籠

c0067690_1510143.jpg

チュニスのバルドー美術館の釣り燈籠を思い出した。
繊細な彫の天井と壁にやはり緻密な燈籠が下げられていて、周りが白いだけに全体を引き締めるポイントになっていた。

 
c0067690_1524210.jpg

金属でつくる燈籠は重さが問題だ。出来るだけ透かし文様を多くして金属を少なくすると、軽くなるし、照明の道具として明るくなる。その明るさ・華やかさを追求したのがイブンバツーダ・ホテル(ドバイ)だ。

c0067690_1528213.jpg

ホテルの顔であるメインホール、そのインテリアのツボをつり燈籠にしたという珍しいホテルである。

 イブン・バツーダという中世の旅行家をコンセプトにしたので、思い切り、クラシカルで過去へのノスタルジーも生み出す空間である。


                                                       一日一回、ポチッと応援していただけると励みにもなります   
                                               人気ブログランキングへ
                      

by miriyun | 2014-11-16 15:48 | Comments(8)