<   2012年 02月 ( 13 )   > この月の画像一覧

SWAAJ主催*第14回アラブ・チャリティー・バザー

 アラブ各国々の大使館が1年に1度、共同開催する恒例のアラブ・チャリティー・バザーが、第14回を迎える。毎年、食も民芸品も楽しみにする人は多い。参加国は以下の通り16ヶ国からなる。アラビア書道やヘナの出店、福引きも楽しみの一つである。(特賞は往復航空券)
                                            →チャリティバザーチラシ

◆日時: 2012年4月8日(日) 11:00-17:00(雨天決行)
◆会場: アークヒルズ、カラヤン広場(東京・赤坂)
◆交通: 地下鉄銀座線「溜池山王駅」13番出口、徒歩1分
     地下鉄南北線「六本木一丁目駅」3番出口、徒歩1分
◆入場券: ¥1,000
◆参加大使館: 16ヶ国(アルジェリア、バーレーン、エジプト、イラク、ヨルダン、クウェート、レバノン、モロッコ、オマーン、パレスチナ、サウジアラビア、スーダン、シリア、チュニジア、アラブ首長国連邦)
◆主催: 駐日アラブ大使夫人の会 (SWAAJ)


思えば、昨年の地震で中止になって以来、大使館での開催はあったものの、久しぶりのカラヤン広場だ。スペイン坂の桜花に迎えられるのどかな春のバザーとなりますように
*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・* 
                                               人気ブログランキングへ
                      
                                                       一日一回、ポチッと応援していただけると励みにもなります   


格安高速バス!VIPライナー予約サイト。東京⇔大阪・京都で毎日運行!

by miriyun | 2012-02-28 07:06 | Comments(2)
光の玉かんざし
c0067690_23125517.jpg


梅の花々が香る
   ふと見ると太い幹にも一輪の梅が咲いていた 
            そして、花の脇には光が織りなす玉かんざしよ

 かんざしを挿した乙女の髪を見るかのようだ

c0067690_230715.jpg

  どうしたら、こんな風に光が幹に落ち、
      そしてこんな複雑な色の配置になっているのだろう・・・
   



                                               人気ブログランキングへ
                      
                                                       一日一回、ポチッと応援していただけると励みにもなります   
by miriyun | 2012-02-26 23:21 | Comments(8)
 光には色がある。白色で透明というように見える光にも色がある。光の三原色でおなじみの。色が混ざるほど白く見えてくる光。実はそれぞれの光には色がある。 その色がふと現れてくることがある。


虹の色は何色?
 光に色があることを一番感じさせてくれるのは虹だろう。

 ところで、虹は何色だろうか。
よく虹は七色と教わったような・・・だが、ざっと遠くから見ただけでは3色程度にしか見えないものだ。
 では、最もくっきりと撮れた虹の写真できちん数えてみることとしよう。
c0067690_11313643.jpg

この虹で何色見えるだろう。立ち上がりまでくっきりとした虹をさらにコントラストを強めにして見やすくしてある。

 この虹は二重の虹の主虹であるので弧の外側から光の波長が長い赤から橙・黄・黄緑・青・紫と6色を見ることができた(副虹は色の順番が反対)。


 *実際は三角プリズムで白色光を通せば、光は青の後にさらに青紫があると表現して7色に分かれるとよく書いてある。そして実は光はもっとあり、色の名を知っていれば青紫系もあるし、徐々にグラデーションになり変化しているので、ぴったり7色というわけではないのだ。
 紫外線や赤外線はさらに見えない外側にある。

 虹の色が多彩であることはわかったが、虹で七色を見分けるのは出現した虹がくっきりとして条件が良いことと、目がよくて数えようという好奇心に満ち、色の名も知っている感性がないとなかなか数えきれないということだ。
 自分は目がよくないという点でもうだめなので、こうして写真で確認することになる。

身近な色の分光

c0067690_155481.jpg

 プリズムはどこの家にもごろごろしているものではないし、我が家でもそれはない。「写真でイスラーム」では時々、身近なものだけで好奇心を満たすだけの超簡単実験を性懲りもなくやっているが、ここでも簡単なものを見てみよう。
この左端に写った色と、虹の写真の色を比べてみよう。
ほぼ、虹色が再現されている。


c0067690_15211827.jpg

 どこでもありそうなCDの記録面である。CDやDVDと言えばぴかぴか光る面があり、そこにレーザー光があたり反射して読み取るという。デジタル除法を載せたくぼみをピットといいデジタル信号をよみとり、そのピットがあるところ以外はただ単に光を反射するだけだ。そういうピットのある溝が1mmにつき600本もあり、それがそれぞれ光を反射する素材でできている。
 したがって、CDは分光器ではないが、いらない光部分が反射されて結果的に分光されて目に入ってくる。私たちの目に入るまでに分光してくれるので見る高さや傾き、光の入射角などによってさまざまに変化して光を見せてくれる。その一つで虹と全く同じ色が円の中心部から外にかけて現れた。(光を一筋に絞っていないので何段にも光の波長によってあらわれてしまうので最初に紫が出てしまっているがその次の赤からは虹の並びと同じだ。)


 真上からペンライトの光をあてると丸い虹状の光が出現するはずだ。(虹も見えないだけでほんとうは丸い。)
c0067690_11425125.jpg

これは、上からLEDペンライトを当てながら小さいデジカメで撮った。理科実験室のような固定はできないので、ひたすら指先での固定と写るところまでいろいろ動かして息を止めての撮影まで十数分かかった。
実験というよりただの根気作業(;゜0゜)

  面白いように光を反射する。蛍光灯やらPCやらいろいろな光源があるところではあまりきれいに見えないので照明を消してまっくらにした。暗い中でペンライトをほぼ中央に当てて、撮ったというものだ。1mmに600本のトラックをもつので仮に3.5cmとして21000本の溝があり、そこに光があたると1/600mmずつ位置のずれた溝はびみょうに屈折率が変わる。狭いCDの中にこれだけはっきりとした光の変化があってこその鮮やかな色なのだろう。


航空機の中の虹・・・突然現れる光の色
c0067690_12344631.jpg

この虹はトルコ航空機内。イスタンブルに行った時のTVの上の壁面に虹が写っていた。
c0067690_1126243.jpg

 色の並びは二重の虹の主虹ではなく外側の副虹と同じである。主虹と副虹では氷粒・水蒸気粒の中での反射角度の違いでこうなることが証明されているのだが、ではこの航空機の中の虹がなぜ副虹(外側の薄い方の虹)と同じなのかが謎だ。

 機内は一定の湿度に保たれた低湿度の空間である。おそらく航空機が飛ぶ10000mの高度のところにたくさんの氷粒があったのかもしれない。程よい厚みに窓外が凍ったのかもしれない。答えは出ないがそんなことを考えているので機内もあまり退屈しないですむ。

 しかし、この虹は何なのかという疑問を2007年から抱えたままなので、さすがに気になり、ここに出してみた。
なぜ副虹と同じ色の並びの虹がここに出現しているのか ・・・お気づきの方は是非お教えください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 *ペンライト(LED)でも白熱電球・太陽光など何でも光は多彩な色を持っている。普段は隠れているだけなのだ。プリズムの代わりになる雨粒やらガラスやプラスチックに大気中の氷・水いろいろなものが 光の進む道にあることによって突如として虹色が出現する。

                                               人気ブログランキングへ
                      
                                                       一日一回、ポチッと応援していただけると励みにもなります   
by miriyun | 2012-02-25 11:39 | Comments(6)

ナイルの恵みと試練

ナイル川沿いの農業
c0067690_19542434.jpg

乾燥帯であっても川と運河があれば農業ができる。
それどころかメソポタミアは農業、特に小麦栽培の発祥の地であるし、ナイル川沿いはその川のもたらす水で豊かな農産物を得て強力な王権が成立した。

やっとそだつだけだろうとおもわせた乾燥した大地は想像よりも豊かに実りをもたらす。16世紀末にコロンブスがアメリカ大陸から持ち込んだトウモロコシは17世紀にはまたたく間にヨーロッパからアフリカ・アジアへと広がった。
ここエジプトでも育ちは良かった。
川沿いに灌漑水路が広がり、畑にはグイグイと天に向かってのびていく。そんなにのびてどうするというくらいにのびている。

一般的にとうもろこしの草丈は2mくらいだが、ここはちがう。
人の背丈に比べて伸び過ぎの感があるこの作物も十分過ぎる日の光に十分な水という条件さえ揃えば豊かな産物をきたいできることをしめしている。

現在世界の中でエジプトのとうもろこし生産量は15位、消費量では8位に入っている。

ここではスイカもナスもよく育つ。しかしながら、ナイルの恵みはいつも同じというわけではない。
アスワンハイダムによって5000年もつきあってきた洪水の害から逃れられるようにしたら、塩害で苦しんだ。そして今は上流での降水量が減り、水を必要とする人と畑は増えている。

当然のごとく水は不足する。
こうした中、ただ灌漑の用水路をつくるという従来の考えでなく、いかに蒸発してしまう水を無駄なく使えるかということを工夫しながらやっていかなければならない時代になりつつある。

                                               人気ブログランキングへ
                      
                                                       一日一回、ポチッと応援していただけると励みにもなります   
by miriyun | 2012-02-22 19:53 | エジプト | Comments(12)
 先日、2007年の北極海やグリーンランドの写真を見た。
日本航空がコックピットから撮ったという。北極海は海の見える割合が白い氷よりも多い状態であった。そして、2004年までは真っ白だったグリーンランドが2007年には一部に氷が残っているが多くが茶色の大地がむき出しだった。2007年は特に氷が解けた年だったということで、この年は、温暖化は危険と思わせる解けかただったのだ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 では以前はどうだったのか。古い写真を引っ張り出してみよう。

アンカレッジ経由北回り航路
 かってポーラールート(polar route)という北回り航路があった。

 時は米ソ冷戦時代。日本からヨーロッパへ行くにも、中東に行くにも、航空機は南回り路線があった。しかし、当時の航空機の積載燃料と機体の性能からして、短時間しか飛ぶことができない。そして集客のこともあると思うが、主だったるアジアの都市を経由していくので、東京から出発してもマニラやバンクーバー・ムンバイ・アブダビ他各地に止まり止まり行くので悪評高かった。少なくとも23時間はかかるし、何度も離発着するので最初はともかく次第に疲れて動く気もしなくなってくる。

 そうしたとき、最も近いはずのシベリアは冷戦の影響でソ連上空はほとんど認められていなかった。そこで1972年にスェーデン航空だったか、ソ連を迂回した北回り・・・すなわち北極海やグリーンランドの上を飛んでいく極地のルートが開発された。このルートをポーラールート(正確ではないが極地のルートというような意味)といった。
 当時、12時間以上連続して飛ぶことは一般的ではなかったので、燃料補給のために途中の空港に着陸(テクニカル・ランディング)する必要がある。その時にクローズアップされたのがアラスカ州のアンカレッジ空港であった。ここには各国の北回り航路の航空機が一日に何十機もが着陸しては給油しては1時間ほどで飛び立っていった。各国の航空機があったが、最も多い客は東京からの日本人である。


 東京からアンカレッジまで7時間ほど。1時間ほどの給油時間を白クマの巨大な剥製を見たりして過ごした。
そして、再度乗り込み一路ロンドンへ。ロンドンまで、一度の休憩で行かれるのだから南回りよりもずっと体も楽であるし、時間も少なくて済んだ。そして、この航路は北極海を通るのだ。

北極海の氷
アンカレッジを飛び立ったのは午前9時頃であった。いずれにしろ夏なので北極は暗くならないので見えるだろうと思っていた。ここからロンドンまでの8時間40分あまりの時間、眼下に白きものが見える限りは見ていた。

c0067690_14212449.jpg

次第に氷は大きくなり隙間の海が見える割合は減ってくる。
c0067690_142136.jpg

島に近いところも氷で埋まり、砕氷船でないと危なそうだ。
c0067690_14212930.jpg

陸の上はすっかり氷と雪に閉ざされている。
c0067690_14264483.jpg

                        (・・・しょぼいカメラによる残念画質ですいません)
c0067690_163599.jpg

 目を凝らしてみても、茶色の大地はなく、かろうじて、海に氷塊が崩れ落ちていそうな海岸沿いだけにわずかな土色が見えた。

 時は、1982年8月、夏真っ盛りで、最も氷が少ない時期であったが、北極海の海は水の色が見える割合は半分以下であり。次第に海が見えなくなってくる。途中いくつかの島の上空を通り、更にグリーンランドを通っていくので、かなり陸地も見える。いずれも氷に覆われまっ白な状況で、さすがに北極、夏でもすごいものだと思ってみていた。

航路マップ
c0067690_14204383.jpg

 この時のブリティッシュ・エアウェイの航路図をいまだ持っていた。
左下に日本、濃い赤の線が航路でアンカレッジまで行き、そこでロンドンに向けて方位を変えて一気にわたるというものだ。

◆このルートでロンドンまで16時間かかった。南回りは23時間以上だ。 (なお、これが最初の中東訪問でエジプトへの旅だった。つまり、アンカレッジ・ロンドン経由カイロ行きだったので実は16時間ではなくロンドン泊をして中東入りしたという旅だった。)
 今、いろいろな国へ直行便で12時間ほどで行かれるありがたさを痛感している。

 尚、ここで掲載したポーラールートはソ連がシベリアの上空を通ることを認めてからは使われなくなっていき、1990年代には完全になくなった。現在貨物機以外は飛んでいないはずで、アンカレッジ国際空港は寂しい様相になっている。ポーラールートであるだけに期せずして、まず旅に行くことはないはずの北極海の様子をこのように見ることができ、運がいい人はオーロラまで見えることのあるルートがちょっと懐かしくもある。


◆一方、温暖化については・・
 北極海については氷の溶けるのも急速に早くなってきているという。

掲載した写真は何年何月の撮影ということははっきりと言えるが、フィルム時代のモノなので、デジタル写真と違って時刻から大体の位置を割り出すことができない。つまり、航路のどこを通っているときの写真なのかわからないのだ。陸地もそれがグリーンランドなのか小さな島なのかさえ特定できない。だから同じ条件で比べる資料にはならない。
 しかし、何気なく見ていた真夏の氷だらけの北極海に比べて、日本航空でだしている茶色のグリーンランドの大地などの様子は以前とあまりにもちがう地球になっていることを実感せざるを得ないでいる。


                                               人気ブログランキングへ
                      
                                                       一日一回、ポチッと応援していただけると励みにもなります   
by miriyun | 2012-02-19 14:39 | Comments(13)
細い葉と丸い葉とを持つ植物
c0067690_21372140.jpg

松葉のように細い葉。
もともとはイタリアンパセリのような葉がでているのだが、じゅうぶんに育つとこの細い葉の花茎がぐいぐいと伸びてくる。
その上にちょっとだけ広がり始めた蕾がでて、そのあと、順次外側から開き始める。

 そして、この花が咲きだすともう丸みのある葉は伸びることなく枯れるだけ。
花が散り実がなるまで持ちこたえて一年草としての生を終える。

東地中海沿岸原産、世界に広がった
c0067690_21374284.jpg

 しばし花を見て考えた。
これが、あの匂いの葉を持つ花とは思えない
                     これはコリアンダーの花

 白い花びら(たぶんガクの変形)。
その内側に15ほどのつぼみがあり、それがくるりとひっくり返るように花びらを広げる。その色が薄いピンクで白いおしべがぐ~っと背を伸ばし先端の花粉のところは薄紫。めしべはやや濃いめのピンクでその下には黄緑がわずかに見える。
 自然はなんと繊細な造形をこの花に与えたのだろう。

 この花のところに丸い実がなる。それはレモンのような柑橘系の香りがするという。
原産はイスラーム地域でもある地中海東部といわれる。各地で古くから食用とされてきた。高さ25cm程度。 丸みのある葉や茎に独特の香りがある。
 
 タイ料理での名前が一番知られているだろう。
パクチーだ。トムヤムクンや麺類他いろいろなものにつきものだ。自分がはじめてパクチーに出会った時、とてもにおいが苦手で嫌いだった。

 中国では、香菜(シァンツァイ)といって、これもよくつかわれている。

 日本では日本料理にあまり使う習慣がないので、このにおいになれない人が多い。
そのためか強烈な葉のにおいから連想したのかカメムシソウともいう。このカメムシソウという名は先に聞いてしまうとカメムシを知っている人は過剰反応してしまいそうだが・・。

c0067690_8183330.jpg

 この苦手な香りの葉を食べられるようになったのは、イスタンブルでおいしいラフマジュンに出会ったことによる。アツアツの焼きたての生地と野菜たち、そこにコリアンダーの葉、おいしい~っと思った瞬間で、これ以後、タイ料理のパクチーも食べられるようになった。ピーマン嫌いだった子どものころ、ある日突然ピーマンの肉詰めのおいしさに目覚めてしまった時のようだった。

 ヨーロッパやインドではコリアンダーシードがすりつぶすとよい香りがするので香辛料として使ってきている。勿論インドではカレーの香辛料の一つだ。

 
 日本以外ではけっこう一般的に使われるハーブ系植物で、しかも可愛い花を咲かせることを知ったのは最近のことだった。
 エスニック料理を中心に日本国内でも目にすることが多くなり、野菜売り場でも置かれている。そういえばパセリもセロリやトマトも日本に初めて入ったころはにおいで敬遠する人が多かったと聞いているが、いつの間にか日本全体に普及した。香りのあるものってそういう経路をたどるのかもしれない。

                                               人気ブログランキングへ
                      
                                                       一日一回、ポチッと応援していただけると励みにもなります   
by miriyun | 2012-02-18 22:19 | Comments(12)
ドバイ・タクシー    
c0067690_2253583.jpg

 クリーク沿いのデイラ地区を眺める。道路は片道2~3車線という一般的なものでシェイク・ザーイド通りの片道6車線、両面で12車線という道路とは違って、ごく普通の道路だ。見ているとタクシーがたくさんあることがわかる。車体が薄いベージュなのでわかりやすい。そして上から見ているので屋根の色が目立つ。
 車体の色が決められているだけでなく会社ごとに色分けされているのでわかりやすい。

黄色はナショナル・タクシー
青はカーズ・タクシー
赤はドバイ・タクシー
緑はアラビア・タクシー
とわかる。
 どのタクシーもメーター制だ。
 シェイクの指示で明瞭な料金システムに良質な公共機関を目指しているので、ほぼ、ドバイ首長国内を走っている分には、初乗り3ディルハム(空港からは20)に距離・時間で加算されていくシステムは日本などと共通している。このメーター制というのはエジプトでも入れだしているというが、中東では貴重なもので非常に安心して使える。神経をすり減らして使うほかの国に比べて、メーター通りの支払いというのはなんて安心していられるものだろう。

 ドライバーは外国人でインドなど南アジアから来た人が多いので、英語は話す。GPSがついているのでとんでもないところへ行ってしまうということはないが、困ったことに地図は読めないし、場所も日本の運転手のように研究していないから知らない。似た名前のホテルにいってしまったり、思い込みで違うところに行ってしまうなどの間違いはよくある。だから、行ったことがあるというのは行ったことがあるような気がする・・という程度に聞くようにしている。
 
 

アブダビのタクシー
c0067690_2253938.jpg

アブダビのタクシーはもちろん、色や文様が異なる。このおくにみえるのがそうだが、車体の花の色で会社がわけられている。

女性ドライバーのピンクタクシー
 UAEでは、女性が安心して乗ることができるタクシーとして女性ドライバーによる女性専用タクシーが増えてきている。ドバイで2007年に始めたのが最初であるが地元の女性の外出に朗報であるし、女性旅行者にとっても安心の乗り物となる。
 ただ、数は少ないのでそう、どこでも見かけるわけではない。
c0067690_4572349.jpg

                    ↑ ドバイのピンクタクシー(地球の歩き方より引用)
屋根がピンクのピンクタクシー。初乗りは他のタクシーより高く設定している。


c0067690_459312.jpg

  こちらはアブダビのピンクタクシー。花がピンクで、ドライバーは制服のシャツにもピンクが使ってある。

*このようにUAEの中というのは異なる首長国であるので、何でも一緒というわけでなく、違う国だよと印象付けながら、よいシステムは同じように導入していく傾向が強い。だからタクシーに限らずけっこう同じようなシステムがあることを見つけるものが多い。

                                               人気ブログランキングへ
                      
                                                       一日一回、ポチッと応援していただけると励みにもなります   
by miriyun | 2012-02-13 05:12 | Comments(11)
高地訓練に使われるコロラド州 
 今年の四大陸選手権は、アメリカのコロラドスプリングス、アメリカでも最も標高の高い1800mの高地である。そもそもコロラド州の州都デンバーは海抜1マイル(1609m)の高地にあることから「マイル・シティ(Mile City)」とよばれているほどなのだ。西にロッキー山脈のそびえる土地でコロラドスプリングスはデンバーから南へ下ったところにあり、標高はさらに高い1800m。
 そこそこ歩き回るのには支障はない。しかし4分半全力で滑り、ジャンプし、スピンし、ステップをめまぐるしくおこなうフィギュアスケートにとっては高地であることが響かないわけがない。
 
 やたらと心配してしまうのは自分が高地に弱いせいかもしれない。全く大丈夫な人もいれば自分のように2300mの街に宿泊して眠っただけで二日連続で朝具合が悪くなった・・・。

 日本勢は結構ギリギリの現地入りだったので心配していたのだった。身体を薄い酸素(海岸沿い21%⇒1800mだと17%)に慣らした方がいいのだ。ふつうスポーツ選手がここで2週間訓練すると赤血球が増えてくるという。ここを練習場所としているP.チャン選手でさえ、「適切なペースで配分し息切れしないようにしたい」と言っている。日本選手の使い慣れたホームリンクで練習を重ねたい気持もわかるが、正直心配でもあった。そういえば、ソチって平地だろうか・・?(黒海沿岸で温暖で標高27mだった。近くに5000m級のエルブルズ山があるのでスキーの滑降競技もできる。スケート場は普通町中にあるから低地だろう。ちょっとホッとした。)

 案の定、高橋選手は「標高の高いところはこれまで避けてきた」ということでこれまで一切高地でやったことがないのだ。その中で体を慣らす暇なく始まってしまっている。

四大陸選手権2012
さて、いよいよ男子、もちろん、コロラドスプリングスが自分のホームグラウンドであるP.チャンが強いのはわかっている。それよりもスケートカナダでも時差ボケでキレが出にくかった高橋、世界選手権には出られないので、実質的に自分をアピールすることができる唯一の大会に臨む無良くんや町田君がどこまで自分の力を発揮できるかも注目だった。

男子SP
高橋大輔(In the Garden of Souls)
↑ が見えない方はこちらのリンクから→

【ニコニコ動画】高橋大輔 2012 4CC SP[UniversalSports]
 
 いやはや、驚きの閑散としたスケートリンク。応援の人の声援があってもむなしく響くような感じ。とても、華やかに競技会で舞うウィア~やライサチェック、アボット、などがいる国とも思えないくらい、アイススケートは人気がないのねと驚いてしまう。

NHK杯で アリーナ席 12,000円  SS席 11,000円  S席 8,000円  A席5,000円  B席3,000円
 コロラドスプリングスの入場チケットも一番安いのは、
                9ドル(約700円)!!
高くても2~3000円らしい。

 そんな~、もっと近くて、乗り換えなしで行かれるところだったら日本人客が押し寄せて満席にしてしまうだろうに、
       遠すぎる (^_^;)

満席の観客に目と心でキャッチボールしながら、演技に熱がこもってくる高橋選手には残念環境だ。


町田 樹(黒い瞳)

↑ が見えない方はこちらのリンクから→【ニコニコ動画】【フィギュアスケート】 町田樹 2012年 四大陸選手権SP 【日本語解説】
・・・「黒い瞳」というプログラムで、これまでで最高の演技だった。

無良崇人(Red Violin)

↑ が見えない方はこちらのリンクから→【ニコニコ動画】【フィギュアスケート】 無良崇人 2012年 四大陸選手権SP 【日本語解説】

*24名中のSP(ショートプログラム)の結果
1位 P.チャン・・・四回転崩れても持ち直す
2位 無良崇人・・・・ダイナミックな4回転ができる選手で、先日の国体で活躍した。今回は4回転ー3回転をこの大会で唯一成功させた。これだけで15.97点。成功するとダイナミックでかっこいい。彼は、SPが終わって、大輔の上に位置していることにとても驚いていた。キレをよくしながら成功率を高めるともっともっと光ってくる選手。
3位 高橋大輔・・・冒頭の4回転を転ぶ。そのあとは3本目のトリプルをコンビネーションにして、グランプリファイナルのSPの失敗を繰り返さなかった。このあとうまくまとめたが、これまでに素晴らしいキレのNHK杯などを見てきているので、それに比べるとキレがない部分もちらほらと。 
4位 町田 樹・・・音楽に合わせたきびきびとした動きが魅力がある。曲に乗っていくことがうまい選手。気持ちが載っているときも緊張しているときも痛いほど伝わってくる選手。表現力に富んでいる。
5位 デニス・テン  6位 ロス・マイナー  7位アダム・リッポン ここまでよく知っている名前だ。

男子FP(フリープログラム)


↑ が見えない方はこちらのリンクから→【ニコニコ動画】高橋大輔 2012 4CC FS[UniversalSports]
 冒頭の4回転は両足着氷だった。それはいいとして、その次のいつも「ビューティフー!」と解説者に感嘆の声をあげさせる3A(3回転半)がタイミングがずれて1回転半になってしまった。
 そのためか、ややぎこちなさが残る。そして後半に入って3A-3がきれいに入ってから、会場も盛り上がり始めた。そのあと、いつものコンビネーションを急に3連続を入れてきた。計画的なものか、失敗分を何とかしようというものなのか、ただ、そこでややぐらついている。最後のステップは安心して見る者の、万全のプログラムを滑ったときのようにはじけたり、情感たっぷりという感じではなくやや重そう・・・ここらにあの1800mの疲れやすさが出てきている。(本人は決してそういうことを言わないが、歌子先生には疲れた~と言っていたように聞こえた)リッポンや村上など多くの選手にも疲れや終わったあとの息がいつまでも苦しそうでへとへとな様子が見え、高橋も他の場所でのと比べるとけだるげに腕を下すのでなく疲れておろしている感があった。

◆2012四大陸選手権結果 
                      合計       フリー    ショート(SP順位)
1位 パトリック・チャン(カナダ)  273・94     185・99    87・95(1位)
2位 高橋大輔 (日本)      244・33    161・74    82・59(3位)
3位 ロス・マイナー(アメリカ)   223・23  146・34  76・89(6位)
4位 アダム・リッポン(アメリカ)  221・55     146・63   74・92(7位)
5位 無良崇人    (日本)  217・16     133・72   83・44(2位)
6位 デニス・テン(カザフスタン) 210・03     132・30   77・73(5位)
7位 町田樹  (日本)       208・04     125・67   82・37(4位)
8位 ケビン・レイノルズ(カナダ)  203・26     135・04   68・22(9位)
以下24位まで略

*ロス・マイナーくん、NHK杯で、観客の多くて暑い応援があることを喜び、グランプリシリーズで初めて3位に入賞した選手だ。入れるとは思っていなくて地元ほっかいどうのTsyatuwokite エキシビジョンに出てほんとにうれしそうで可愛かったマイナーくんがまた、3位に入った。
c0067690_1859561.jpg


 町田君・無良君はショートがよかっただけに残念だが、やはり安定してできるまで試練の時だろう。
大ちゃんなんてずっと試練と山あり・谷ありばかりだった。
 ファン泣かせのドキドキ男だけどそれを倍加する喜びもあり、技術と心があるからいつまでも引き付けられ、それはドキドキの100倍にもなってかえってくる。
 だからずっと応援する。彼がそのスケート靴を脱ぐまでずっと応援する。
そして、同じような個性と魅力が出てきて、ランビエールに認められた演技派で情熱の伝わる町田くん、プルシェンコにも認められつつある伸び盛りの羽生くん、ジャンプの力をのばした無良くん、こうした選手たちが高橋の築いてきた道を這い上がってくるといい。それぞれの個性が花開くといい。

 そして、現役高橋大輔は、P.チャンと点数を比べるためではなく、
           さらに自分の演技の理想を目指して進んでいく。
                   きっとその先には歌子先生を泣かしてみせる演技があると信じて・・・。

                                               人気ブログランキングへ


                                                           応援クリックお願いします。
    


                                                         格安高速バス!VIPライナー予約サイト。東京⇔大阪・京都で毎日運行!
by miriyun | 2012-02-11 23:31 | Comments(2)
スケートの2月
四大陸選手権真っ盛り、・・・実はもう結果を知ってしまった。
でも先走ってこれからみられる方の楽しみを削ることはしたくないので今夜のTV地上波放映まで結果はまだ書かない。

c0067690_16423276.jpg



その間に見つけた大ちゃんを語る言葉集・・・これまで海外実況を聞いてきて4そのたびに聞こえてくる解説者の言葉群・・・なかなか日本では聞けないし、また日本の大人しい放映だけを聞いていたら淡々と誰もがジャンプやスピンについて事実を言っているだけだと思っていしまう人がほとんどだろう。これらの動画を見たり、現地で聞いている人だけが知るスケート解説者たちの言葉・・・・この珠玉の言葉を知ってほしくて、紹介してきた。

それらの言葉をピッタリの画像とともに編集されたものがアップされた。


(azhisa12さんの動画お借りしました。感謝)
↑が見えない方は、次のリンクからご覧ください⇒【ニコニコ動画】Daisuke Takahashi【GIFT】

後半の言葉が出てくるところ、ぜひおすすめしたい。
こちらに載せられている言葉が端的に高橋大輔選手への評価が表されて実によい。

◆さらに、こんな言葉も自分なりに拾っている。
・このプログラムはすべての局面が見逃せない 一秒一秒が振付けられている。
このエッジ、ものすごいエネルギーが出ているんだ。自国のために歴史をつくる、世界チャンピオンらしいすべりよね。(2010世界選FS British EuroSport)

・見てください、この身のこなし!まるでマイケルジャクソンのように・・(2011.NHK杯FS)

黙ってスケーターと振付師に語らせるべき時がある
        ・・・・・・・・・(SP演技で黙り込んで見入ったあとの第一声、カートとトレイシー CBC)

*あぁ、ほんとにそう思う!


                                               人気ブログランキングへ


                                                           応援クリックお願いします。
    
                                   格安高速バス!VIPライナー予約サイト。東京⇔大阪・京都で毎日運行!
by miriyun | 2012-02-11 16:31 | Comments(0)

砂の世界4

砂漠の砂質
 UAEにはよく七色の砂があるといい、これを額縁の砂丘の絵のなかにつめたお土産がよくうられている。色は山次第なのでもちろん地域によってだいぶ異なる。

それとともに面白いのは砂質である。
UAEの砂漠の砂は大きさがまちまちの砂粒がまざりこんでいて、宝石箱をひっくり返したような大小・色様々なのだ。 ⇒砂の世界3

また、重さの関係で比較的重い砂と軽い砂が別々に動くのが面白い。これについてはだいぶ以前に実験した結果をのせている。  ⇒砂の世界2


◆ しかし、UAEも奥へ行けばルブアルハーリへと連なる地域であるので、砂質も変化して行く。
c0067690_17373950.jpg

これは、大砂丘のぬめ砂だ(そういう言葉があるわけではなくて、イメージ)。
湿ってぬめるわけでなく、動きがぬめーっと、やわらかく崩れて行く。
極めて均一で細かい綺麗な砂が集まっているのだ。
ザラザラと落ちるのではなく、足元がぬめ~っとからめ捕られていくような沈み方をしていく。

 砂はほとんど音もなく崩れ、
     足元から柔らかい弧を描いて流れていく。

足元をしっかりと踏みしめようとしても固い大地の一端を感じ取ることができない。
履いていたサンダルなんぞも、ちょっと気を抜くと飲み込まれて消えていく・・・

だれもいなかったら、ここでごろりと寝転がり、
砂よ、どうとでもしてくれと自然に心身ともに投げ出してみたくなる。

そんな砂があり、砂丘がある。


                                               人気ブログランキングへ


                                                           応援クリックお願いします。
    
by miriyun | 2012-02-08 08:45 | 自然(砂漠・ラクダ・蜃気楼) | Comments(12)

*写真を使って、イスラーム地域や日本の美しい自然と文化を語ります。日本が世界に誇る人物についても語ります。フィギュアスケーター高橋大輔さんの応援ブログでもあります。


by miriyun