写真でイスラーム  

mphot.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2007年 08月 ( 22 )   > この月の画像一覧


2007年 08月 31日

アゼム宮殿…宮殿建築の傑作

 アゼム宮殿・・・オスマン帝国の支配下において、総督であったアサド・パシャ・アル・アゼムは、装飾面において顕著な特色をあらわす宮殿を造ったことで名を残すことになった。
 
 横じま状に組んだ大理石はともすると猛々しくなったり、落ち着かない雰囲気をさせたりしてしまう。とても芸術的とはいえない印象になる。
 それなのに、なぜこの建築が傑作といわれるのか?
c0067690_0152267.jpg

 壁面やイーワーンへの大理石象嵌細工、そして窓辺にも透かし模様が入っている。横じま模様の中で、大胆に入れられた円形の窓や装飾が目に入る。窓ごとのランプも心憎い。透かしの装飾がシルエットとして浮かび上がるしくみだ。

c0067690_0154747.jpg

 そして、イスラームの建築に共通の中庭方式をとっており、、モスクではないがイーワーンがおかれて風格があり、連続性のある建築となっている。
 そして、壁のみでなく足元の石も見事なデザインとなっており、壁面装飾と同じだけの意識を持って島であったり、円形デザインであったり、場所ごとにデザインを変えて、きっちりと隙間なく敷きつめられている。

 そして、中庭であるから当然のごとく泉水があり、木々が緑なすのである。

c0067690_143525.jpg

    イーワーン方式の建物、泉水(この時、水は入れていなかった)、そして緑の多い中庭

                            ◆ポチッと応援してくださると嬉しいです。         

by miriyun | 2007-08-31 23:16 | シリア | Comments(4)
2007年 08月 27日

大理石象嵌の泉水

               ◇お知らせ◇ 
 とうとう、我が家でも・・・。調子が悪かったPCのハードディスクがとうとう壊れてしまいました。まだ、購入してから2年半、確かに膨大な量のデータは入れていたけれど、そんなに酷使したつもりはないのです。
 デジタルデータ・・・アナログ物より保存に優れ整理もしやすい、それを当てにして使っていたのですが、壊れるときはなんともあっけなく・・・。(心で泣いて~)
 ノートPCを持ってきてインターネット設定から行い、そしてぱらぱらとバックアップしたデータを拾い集めていますが、まだ思うように必要なデータを探せないでいます。
 
 ◇更新・お返事など遅くなっていてすいません.しばらくスローペースですがどうぞよろしくお願いします。
~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・

アゼム宮殿の泉水
 ダマスカスの著名な建築としてはウマイヤドモスクがあり、その近くにウマイヤ朝のカリフやアイユーブ朝・マムルーク朝の君主たちが居住してきた。
 そこに1749年,オスマン朝の総督アサッド・パシャ・アル・アゼムが宮殿を造った。      
c0067690_0584830.jpg

この宮殿はイスラームの中庭方式のもので、そこに泉水を設けている。水こそがイスラームの建築の要なので噴水や泉水が作られている。水が豊富にあることをアピールしているつくりだ。
c0067690_0485533.jpg

 その泉水は室内にも作られている。
 そして、大理石象嵌、ダマスカスでは大理石象嵌が極めて多い。ここでも文様がすべて色の異なる大理石でできている。4つある水の出口の造詣がおしゃれだ。

                             ◆ポチッと応援してくださると嬉しいです。         

by miriyun | 2007-08-27 01:48 | シリア | Comments(8)
2007年 08月 24日

宮殿の女性たち

宮殿に住む女性たちを解説するにはほとんど人形が使われている。
ふだんでも女性像は撮影が難しいのがイスラームの地域であるから、たとえ人形でもその生活スタイルがあらわされていて、写真も自由に取れるのはありがたい。

c0067690_8131252.jpg

  トプカプ宮殿のスルタンの私邸ハレムの領域内。この宮殿は決して広いほうではなく窓も広々というわけではないので暗い印象。
 宮廷の女性たちがここに暮らして外にはまず出ることができなかった。しかし、こういう場所は同時代に大奥というのがあるので日本人は理解しやすい。スルタンを将軍に置き換えればそのままで、江戸城大奥は将軍の私邸と考えればよい。
 スルタンはあまりにも後継者争いがあるためにスルタン逝去で次のスルタンが決まると他の兄弟は殺してしまう習慣がいつのころからかできている。それがここの歴史に重苦しさを与えている。

c0067690_8132589.jpg

  こちらはシリアのアゼム宮殿。オスマン朝のパシャがつくった宮殿での婦人たちの暮らしをあらわしている。窓が広く壁装飾も全体に明るい。女性たちの服装もちがってきている。

                           ◆ポチッと応援してくださると嬉しいです。         

by miriyun | 2007-08-24 08:28 | Comments(6)
2007年 08月 20日

ボスポラス海峡をゆく

 イスタンブルを知りたいと思うとどうしても海を見たくなる。この街の存在と海が大きくかかわっているからだ。
 
c0067690_14471056.jpg

 
エミノニュ・・・旧市街のガラタ橋の近くから定期船や観光船が出ている。ボスポラスから陸を見てみよう!(わずか9場面で短いですが船に乗ったつもりでお楽しみください。ドンブラコ~。)
                   

c0067690_14541994.jpg

 トプカプから北東に向かって狭い海を進む。それがボスポラス海峡である。
 ところで、なぜビザンティンもオスマンもこの岬の先端に宮殿を造ったかがこの地図だけでも明白だ。トプカプに立てばスルタン自らボスポラスとマルマラ海、金角湾をまとめて見渡せるのだ。この海への国際色豊かな舟の出入りを見ていたら、開明的な君主なら世界について理解し、どう動くか積極的に考えることになるだろう。

c0067690_14565917.jpg

 スルタン・メフメット大橋を過ぎ行く船。大きい船も釣り船も行きかう海峡である。そして、過去においても各国の商船・戦艦が一言では言えない複雑な利害を勘案しながらこの海峡を通った。
 不凍港がないロシアからすればのどから手が出るほど欲しかった世界への道でもあった。
       ◆ポチッと応援してくださると嬉しいです。         


 

by miriyun | 2007-08-20 15:02 | トルコ | Comments(2)
2007年 08月 19日

トプカプから望むマルマラ海

 オスマン朝の要であるスルタンのトプカプ宮殿は岬の先端にある。そしてそれ以前のビザンティンの皇帝の宮殿もまたこの位置にあった。
 そこから海はどのように見えるのだろう。 

c0067690_263038.jpg

  2点から望む。上の矢印がトプカプ。 二番目の矢印はHアルカディア。

c0067690_1462349.jpg

 トプカプから東をみるとこのように美しい海を見下ろすことができる。月のない夜か、嵐の日でもない限り、ここを通る船が発見されないなんてことはない。
 対岸にはアジア側のトルコ半島がくっきりと見えている。
c0067690_1454699.jpg

 良い天候であれば、はるか彼方まで船を数えることさえできそうだ。今もこのように船が多いが、過去においては海上交通の要地、シルクロードの終着点であったから各地からの商船でいっぱいであっただろう。
                             ◆ポチッと応援してくださると嬉しいです。     



 

by miriyun | 2007-08-19 23:50 | トルコ | Comments(0)
2007年 08月 18日

小花文様のタイル

  トプカプ宮殿は長い歴史の中、増築に告ぐ増築をしたので、さまざまなデザインの小部屋が連なっている。
 スルタンの住まいには、壁の面ごとのデザインとしてとらえる大きなデザインが多い。だが。小さいものもじっと見てみよう。ペルシアとも中央アジアとも異なるトルコならではの特徴が見えてくる。 
 トルコならではの小花文様を集めてみた。
c0067690_0571732.jpg


  とくにトルコらしい花・・・すべて真上から見たもっともわかりやすい形で描いている。ただ、例外としてつぼみだけは横から観察した形になっている。そのつぼみがとても新鮮に見える。

c0067690_0565853.jpg

  ペルシア風に横から割ったような文様があるが、その線の引き方はこれに限って言えば、ペルシアの繊細さはないようだ。やはり真上から見た花柄が真骨頂のようだ。

c0067690_0573634.jpg

この小花模様がなんともかわいい!

そして、こういう模様の特色は絨毯の柄にもなり、互いに影響を与えあってきたものなのだ。
                            ◆ポチッと応援してくださると嬉しいです。     

by miriyun | 2007-08-18 23:48 | トルコ | Comments(10)
2007年 08月 17日

らくだの襲撃、あわれ!

 今日のニュースを見ていて、驚いた映像がある。 

1、オーストラリアのラクダ
 それは、約100年以上前からオーストラリアへ移入されたラクダたちの話だった・オーストラリアには広大なグレーとビクトリア砂漠・グレートサンディー砂漠がある。ここで、石炭などを運ぶのにアフリカやアラビアから運ばれて、たくさん飼われるようになった。

 そのラクダたちはずっと必要とされたのだろうか?
 遊牧民のいるアラブとはちがうのだ。それを飼うことで誇り高く暮らしているベドウィンもいない。交通機関が発達して、鉄道・トラックがラクダの仕事を奪った。その時に飼い主はどうしたか?

 実はオーストラリアの飼い主は砂漠にラクダを捨てたのだという。帰ることのできない別大陸につれてきておいて捨てる~!?
 捨て犬ならぬ、捨てラクダを大量に行ったということだ。家畜が捨てられると生存が厳しくなる。しかし砂漠気候はラクダにあっていた。潅木があり、サボテンがあり、ところどころにオアシスがあれば生きていかれる。捨てられたラクダたちは野生のラクダに戻った。

c0067690_2349292.jpg  

←これは、サハラのらくだ

☆では、サハラの場合は?
 実はサハラの周辺部や真っ只中でぽつんと3~4頭だけラクダにあうことがある。そういったとき、野生かと質問をしてみた。しかし、ベドウィンもノマドも一頭として飼い主のいないラクダなどいないと断言していた



2、野生化した100万頭のオーストラリアらくだ
 さて、野生化したラクダはなんと100万頭にもなっている。のびのびと潅木の間を走るらくだという映像なら自由なラクダもいいものだと思うだろう。
 しかし、ここへきて地球の温暖化が拍車がかかってきた。山火事は起きる。潅木も減る。そして何より旱魃で水がない。いくら水なくして1~2週間歩き、砂漠の舟と呼ばれるラクダとて、あのこぶが見る見るへこんでいって何もなくなったときには数十リットルの水をまとめて飲めなければ死あるのみなのだ。

 そうなった限界のラクダの群れが、偏狭の地に住むアボリジニの人たちの家を襲った。 

 ラクダは人間を襲うといっても草食動物だから人間を食べたいわけではない。

 だが、水のありかはわかるんだよね。もう本能的に水はこっちだとにおいか第6感でわかるんだ。台所やら水周りを襲って水道管を壊し、水を飲んでいったというのだ。
江戸時代の米が無くなった時の飢えた人々の打ちこわしを思い出させるような必死さだ。

 ◆それにしてもラクダが群れとなって人間の水場におしよせる・・・知恵のあるラクダの群れと攻撃性。人間に対してそういう攻撃をしたラクダって見たことがなかったから衝撃的だった。草食で足は細いが、何しろ体は大きい。水道管をけって水を得る学習をしてしまったらもうそれを忘れないだろう。

 住人にとっても貴重な水であるし台所を壊されたりするのはかなわない。ハンターが駆除している地域もある。

 生きるために必死なラクダ必死な住民と、とんでもない数のラクダが水不足で瀕死の状態である・・・という事実、重く苦しい後味の残ったニュースであった。
 
3、地球の危機 ラクダと人と、そして・・・。 
そして、なぜこれほど重いのかと突き詰めれば、この異常な気象と食料や水の奪い合いは、決してオーストラリアのラクダだけの問題ではないとわかっているからだ。ひんぱんに北海道のクマが人里を襲うのも同じ現象だろうし、最後には人間同士の奪い合いの図がその映像ニュースの向こうにはっきりと見えてきたからだ。
                    ◆ラクダにポチッと応援してくださると嬉しいです。      

  いつも応援ありがとうございます

by miriyun | 2007-08-17 23:26 | 自然(砂漠・ラクダ・蜃気楼) | Comments(8)
2007年 08月 16日

地下には貯水池、丘には水道橋

 ローマの遺産は、イスタンブルにはっきりと残っている。その位置をまとめてみよう。
c0067690_14235679.jpg

 現在のヨーロッパ側のテオドシウスの城壁に囲まれた中に、ローマ・ビザンティン帝国の人々の生活があった。しかも帝国の首都である。
 ローマの市民は水を豊富に使ったゆとりある生活と、娯楽の楽しみを求める。娯楽はヒッポドロームがあり、そこでは戦車競技のほか、各種競技も見せた。
 では、『水』はどうなのか。増えていく人口をに対応するだけの水を引く・・・・これこそはローマの実用文化と技術の最たるものであった。

1、ローマの技・・・水道橋 
 コンスタンティヌス大帝が水源から水を引き、丘と丘の間には水道橋をつくらせた。完成は378年、ヴァレンス帝のときだったので、ヴァレンス水道橋(ボズドーアン・ケメリ)と呼びならわされている。
c0067690_1444468.jpg

 この水道橋はきれいな水をビザンティンの宮殿はもちろんトプカプまで送り続けたという。石で二段に作られ上の部分に水道管が通っている。高さは26m。近郊のベオグラードの森といわれるところから地下宮殿に水が引かれていた。近くからひいたのでもともとチュニジアのような長さはないのだが、水道に使わなくなってからは、都市計画の邪魔になり一部壊された。現在、残っているのは800mほどだが、オスマン朝でもずっとこの水を利用し続けた。つまり千数百年にわたって水道橋は使用できたということだ。

2、街の地下には何がある? 
 そして、この都に生活に十分な水が送られるのだが、現在でもイスタンブルは夏には水不足が起こることがある。当時も季節による水量の変化には困ったはずだ。
 そこで、人口増大が激しいこの街では貯水池を作るわけにもいかず、地下に貯水することになった。したがって、この街を支える水は地下に存在したのだ。地下にはいくつもの貯水池が作られている。
c0067690_512501.jpg

 そのうちの一つだけが公開されていて、それを地下宮殿(イェレバタン・サラユと呼んでいる。なぜ、宮殿なのか、元宮殿や神殿にあったと思われるコリント式の柱頭が多いがさまざまなところから集めた大理石の柱が高さをそろえて使っている。地下空間を半永久的にもたせようとしたのか、立派なアーチ天井を支えているのだ。

中には高さが足りない柱をのせるのにメデューサの顔も使われていたという。長年使われないでいた間に土がたまってしまっていたのを、かき出して、今は整備されている。水そのものは冷たくきれいで魚が泳いでいた。
c0067690_5174763.jpg

 そして、いろいろなデザインの柱や彫像まで再利用される中でひときわ気になる姿なのがこの涙の柱と呼ばれている柱だ。どういう由来でなんという宗教にかかわるものかわからない。
 もともとローマ以前の歴史深いものをローマが使っているのだが、中にはこんな珍しいものもひょっこり混じっている。
 本当に、この街の歴史の幾重にも重なっているのを実感させてくれる。

 なお、イスタンブルのホテルを捜しているうちに、地下に別の地下貯水池が通っているホテルがあることに気づいた。残念ながら今は工事中で見せられないらしいが、このように実は街のあちらこちらに実は貯水池につながるところがあるはずなのだ。

 近代になって、それまで知られていなかった貯水池について調査団が調べたところ、貯水池の上に立っている家の人々は家の中から地下に通じるようになっていてそこから水も使うし、魚も取って食べていたという。 

 やはり,☆イスタンブル・・・ただものでない!
                            ◆ポチッと応援してくださると嬉しいです。         

by miriyun | 2007-08-16 15:01 | トルコ | Comments(2)
2007年 08月 15日

エンリコ・ダンドロの墓 ・・・イスタンブル歴史紀行16

 はじめて、このアヤ・ソフィア(ハギア・ソフィア)にきた時、そのドームまでの目のくらむような大きさに呑まれながらも、気はそぞろであるものを捜していた。

 それは、十字軍を率い、ラテン王国をうちたてる原動力となった老獪なる人物の墓石だった。それがどこなのか、石畳を見て歩いていたのだ。

 それがこれ!

c0067690_4132716.jpg

 人々が上ばかり見て歩いている金のモザイクがある2階で、人の足に踏まれながらそれはあった。

ヴェネツィア人、エンリコ・ダンドロの墓
この墓が現代の私たちに告げる歴史はこういうものだった。

1.十字軍の目指すもの  十字軍は、本音は領土欲や東の豊かさへの羨望であったといわれるが、それでも目指すものはエルサレムとその周辺のイスラム地域であった。だからこそ、王だけでなく騎士に従者・農民・商人がこぞって熱狂的に東へと突き進んだのである。

 しかし、1・2次はともかく、第4次十字軍ともなると、リーダーたる王侯もなく理念もなかった。それにエジプトから攻め入ろうと考えていたのが、船もなかったのだ。

2、ヴェネツィアのめざすもの
 十字軍は、船もないのでヴェネツィアにすがった!
 ヴェネツィアはエジプトと交易することで地中海貿易を行い、繁栄していたのだ。

 このときの41代目のドージェ(元首)がエンリコ・ダンドロだ。老齢であったが知恵と謀略に優れた人物であった。推挙されて41代になったのは1192年。日本では源頼朝が征夷大将軍になったのと時を同じくする。

 彼は、攻撃目標を商売仲間のエジプトからザラに変えさせた。十字軍は目的から大きくそれてキリスト教徒の町を襲い、略奪した。ザラは現在のクロアチアにある町だ。つまりバルカン半島だ。

3、第4次十字軍の入城とビザンティン帝国の滅亡。 
 バルカンに結集して、略奪の味を覚えた十字軍は西の法王と力を分ける東の正教会の本山のあるコンスタンティノープルへ入城し始めた。
 この時点で、異常に気づいたはずだが、コンスタンティノープルは第4次十字軍に蹂躙され、以前説明したとおりのヒッポドロームの略奪でも表されたとおり、持ち運べるものはすべて略奪したのだった。さしものビザンティン帝国はここで滅んでしまい、亡命した皇帝の親族は島に亡命王国を細々と存続させたに過ぎない。

 ヴェネツィアも海のシルクロードを渡ってきた交易品をエジプト商人の手を通して手に入れていた。ところが、コンスタンティノープルシルクロードの終着点であり、地中海や黒海を通してアフリカにロシアやカフカス方面の国と交易し、当代随一の交易による富が流入していたのだ。
 その後、この老獪なエンリコ・ダンドロはこの占領した土地に1204年ラテン王国をつくらせた。彼自らは王位にはつかず、フランドル伯ボードゥアン1世を支援して王位につけた。その代わり、ヴェネツィアはビザンチン帝国の地中海沿いのところを支配下に治め、念願の地中海の制海権を握ったのである。ボードゥアン1世には貸しを作りながら、自らは実利を取ったのであり、見事!とうなってしまいそうな手腕である。

4、ダンドロの墓の謎
 1205年、ダンドーロはここで亡くなり、葬られることになった。その墓が当初どこにあったのか?よしんば本人がアヤソフィアの中に葬られることを希望したとしても、床石と同列にされたいとは思わないだろう。
 ラテン王国に追われた隠れていた皇帝一族が勢力を持ち直して半世紀後にビザンチン帝国を再建した。
 考えられるのはこの時だ。憎むべきエンリコ・ダンドロの墓はもとからこのような位置にあったのか。あるいは、その記名してあった墓石も含めて床にしいてしまった可能性もあるのか。そのあたりの事情について詳細に書いてあるものがない。

5.顛末
 1453年、ビザンティン帝国を破ったスルタン朝のメフメット2世は、このダンドロの遺骨と遺品をヴェネツィアに返還してやったのだという。

 なお、墓石は、はじめてここを訪れた十数年前はこのように床の大理石の一部であったが、次に訪れてみたら囲いを作って踏まれないようになっていた。

~☆~~☆~~☆~~☆~~☆~~☆~
 アヤソフィアをじっくり見ると、ビザンティンの1000年、ラテン王国の野望の50年、オスマン朝の450年、共和国の100年が見えてくる。

                            ◆ポチッと応援してくださると嬉しいです。         


        
 

 

by miriyun | 2007-08-15 23:57 | トルコ | Comments(6)
2007年 08月 14日

チュニジアからの甘い香り

 アラブのお菓子はそれぞれおいしいけれど、かなり気になるチュニジアンスイーツ。シリアのお菓子が大好きなmiriyunだが、これは種類も多く中はどんなかなと楽しみなお菓子。

c0067690_12515528.jpg


c0067690_12493988.jpg

               ↑ アラブ・チャリティーのチュニジア出品のお菓子
 中には砂糖でくるりと巻き込まれたようなお月様のような白いお菓子。上には菱形の金箔が乗せられて、日本の凝った和菓子を連想させる。
 中は、もちろん、デーツに、アーモンド・ピスタチオ・胡桃に松の実など。でも飾り付けの意気込みが違う。目で楽しみ。食べてもおいしさ際立つ、そんな御菓子だ。

 最初に食べたのはチュニジアで趣味の仲間へのお土産を捜していてのこと、おいしそうに並んだ御菓子が色とりどりにきれいな箱に詰まっている。といって毒々しいほどの色は使っていない。
c0067690_12284798.jpg

 その箱についていた店のアドレスのタグを取っておいて個人輸入しようと思った
が、やめてしまった。世界中どこからでも買えるが、もともと高いうえに送料がお菓子よりずっと高くつくのでお勧めできない。
c0067690_1382354.jpg

 それにしても、本当に和菓子づくりのような手の込んだいい仕事をしているお菓子だった。HP中に細かな作業をしている写真も一枚あった。
 Sfaxの老舗のものだが、チュニス空港ビルで購入した。また、次の楽しみにしておこう。

 エッ! ところで仲間からはなんと?
       それは、もちろん好評だった。

                            ◆ポチッと応援してくださると嬉しいです。  

by miriyun | 2007-08-14 13:08 | 食べ物・飲み物 | Comments(8)