写真でイスラーム  

mphot.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:日本の中のイスラーム( 36 )


2014年 04月 16日

桜の神戸モスク

神戸ムスリムモスク     
c0067690_725991.jpg

桜ごしに臨む初めての神戸モスク

c0067690_73151.jpg

二本一対の尖塔を持つモスク。
在神戸のインド商人を中心として、在日ムスリムのタタール人やトルコ、エジプト人も関係して何度か紆余曲折もありながら、1935年に日本初のモスクとして建設された。

c0067690_733042.jpg

正式名は神戸ムスリムモスク。アラビア語表記は右からマスジド コーべとなっている。

c0067690_734256.jpg

神戸の北野の丘の中腹で、住宅に囲まれた狭い道に面しているので全体像を見ようよすると電線などが全て写り込んでしまうのが残念だが、いつか電線が埋設型になったならますますこの建物の良さが味わえるようになるだろう。

日本で初めてのモスク建設に奔走した人々に思いを馳せ、
空襲にも阪神淡路大震災にも倒壊することなく乗り越えてきた歴史に敬意を表してきた。
                                    応援クリックお願いします。
                                                        人気ブログランキングへ




                          

by miriyun | 2014-04-16 07:03 | 日本の中のイスラーム | Comments(4)
2011年 03月 28日

サウジアラムコの活動・・・横浜国際高校(2)

横浜国際学校での話・・・第2話

 サウジアラムコの日本における活動      
サウジペトロリアム・リミテッドの顧問である小池栄樹氏は来賓挨拶で今回の震災災害への言葉からさらに震災へのアラムコの対応を紹介してくださった。
c0067690_3583719.jpg

1. サウジアラムコの社長は3月24日に来日し、帝国ホテルで大レセプションを開く予定だったが、今回の地震対策で変更。サウジアラムコ関係60名のために韓国で食料を積み込んでやってきた。職員の無事を確認後。ただちに記者会見し、2000万ドル(16億円)を日本に寄付を申し出る。仙谷官房長副長官と会談、45分間でそれをいかに使うかを話し合い、帰っていった。

 これが今回の震災について直接的な日本国への寄贈であるが、
その他にもアラムコは多くの活動を行っていた。
2、以前に震災があったとき、岩谷産業のLPガスを使ってのコンロとボンベがとても役に立ったというはなしをきいて、2年前からコンロとボンベをたくさん貯蔵することを始めていた。さっそく今回の災害に対して貯めといた10000のコンロと60000のガスボンベを被災地にすぐに送った。
 (*なお、さらにサウジアラビアのJ財閥がこのような話を聞いて自分のところでも100万ドルでそうした手当を講じようと考えているらしい)

3.沖縄にサウジの原油基地を作った。(記憶に基づくので的確な表現でないところはご勘弁を)
それとともに何かが起こった時に備え、日本に石油を保全する。
 また、サンゴ保護のNGOに援助をしている。

4.横浜国際高校への寄付により、高校生のアラブへの意識と研究心を高めていく。

サウジアラビアと日本との友好の一環と思っていただければ嬉しい。

 今回の奨学金によって卒業された後、お手伝い出来ることがあったらできるだけのことをさせていただく。
また、この学校とサウジアラビアの学校との姉妹校の設定も、落ち着いたら是非実現したいことである。



 奨学生の志高く     

奨学金を受けた3人はこのあと、それぞれみじかいスピーチを行なった。

 アッサラームアレイクムにはじまる感謝の言葉にまず驚く。
 フランスの移民問題、とくにアルジェリア・モロッコの移民について研究したい。アラビア語と一生関わっていきたいという頼もしい言葉がある。
 また、中東紛争問題に関心を持ち、9月にはイギリス、ブラッドフォードに留学の予定で、将来は日本人として紛争解決や平和構築に携わりたいというかなり具体的な夢を語る生徒さんもいた。
 もちろん、アラビア語を使ってである。

 これは大学生でも、なかなかここまでは言えないのでは・・・、ましてや高校生が週3回のアラビア語授業でここまでスピーチし、また学ぶ目標を持つまで深めたのは、この高校での勉強ぶりがわかるというものだ。

c0067690_2218533.jpg



 このような学校があり、優れた生徒を輩出しているということに目を向け、日本とサウジアラビアの友好のあかしとして、語学の習得とアラブ文化の理解のために基金を設けたサウジアラムコの目が高いというべきなのだろう。

 今後もサウジアラムコは注目していきたい。
また、この学校のアラビア語履修者から、将来どんな人材が表れてくるのか楽しみになった。

                                             応援クリックお願いします。

                                                        人気ブログランキングへ




                       

by miriyun | 2011-03-28 05:05 | 日本の中のイスラーム | Comments(0)
2009年 04月 08日

回る~回る~!・・・アラブ・チャリティー・バザー

まるでスーフィーのように・・・回る

 エジプトの舞踊は続く。
c0067690_22424778.jpg

 大きなスカートを着けた踊り手が、陶酔したような表情で、ひたすら回転する。イスラームにはスーフィーの踊りがある。これはもちろん目的が異なるからスーフィーの踊りとは違うが、この形と回転の原型はこのような舞踊に生かされている。
 こんなの1分やってだけで普通はふらふらしてよろめいてしまうものだが、彼はこのあと長い演目を続けたのだが、いっさいよろめかなかった。

c0067690_2243649.jpg

 額に巻いていた赤いスカーフを回りながら広げると旗のごとく翻る。

c0067690_22432463.jpg

その赤いスカーフで目隠ししても、よろめかず、ひたすらグルグル回る、まわる・・

c0067690_22434882.jpg

 胸飾りの押さえをはずすと突然、彼は「こま」になった。
スカートは二重になっていたのだ。
それを一気に持ち上げ、人間コマになって回り続ける。
観客に驚きの表情が・・・。右後方の黄緑色のワンピースの女の子の驚きが伝わる。

c0067690_22441470.jpg

上のスカートをはずし回転させる。

c0067690_22442778.jpg

 いよいよ曲はクライマックスへ、スカートを回転させ、客席にぐっと近づきながら一回りしていく。
女の子の両手はとうとう両手を挙げての応援になっていく。


*この素晴らしい踊り手に拍手を!

そして、自分としては内心、のりのいい女の子にも拍手~!表現がのびのびしていていいものだ。


                             応援クリックお願いします。
                                                  人気ブログランキングへ

by miriyun | 2009-04-08 23:33 | 日本の中のイスラーム | Comments(7)
2009年 04月 06日

エジプトの舞踊・・・アラブ・チャリティ・バザー(3)

 2009年のアラブ・チャリティバザーには、広くなってよかったなと思うことがあった。
各国のブースを見て楽しみながら歩いていると、音がして人が集まっているところがある。
民族舞踊があるらしいということなので、見はじめた。

アラブのリズムは心地よく~       

c0067690_0585818.jpg

アラブでは、たいていの踊りは男が5~6人横並びに並んで踊るものがある。最初男性だけ数人出てきたときには、くりかえし男性が踊るアレかなと思ったが、プロの舞踊団であるから、衣装の色も鮮やかで楽しい。
 とくに男性舞踊手の真っ赤な靴がかわいい。・・・とおもったら、1人だけ黒の革靴のようで、わすれたのかな?・・・まあ、ストリート演目であるし、ご愛嬌である。

c0067690_0591296.jpg

バレエをしているわけではないけれど、オペレッタほどには足も上げて踊るし、ジャンプして形をとるのも見ているほうはとても楽しめる。

c0067690_0592499.jpg

女性が登場すると一段と華やかにあでやかに踊りは展開していく。

c0067690_059449.jpg

 最後は輪になった男性舞踊手の中でニッコリと。

*これはエジプトのレダ民族舞踊団という。たくさんの演目がある中の3つほどを演じてくれたものらしい。
アラブのリズムって、なんだか楽しくなる。踊れるものなら踊ってみたくなる。
 

                       応援クリックお願いします。
                                                  人気ブログランキングへ

by miriyun | 2009-04-06 02:27 | 日本の中のイスラーム | Comments(2)
2009年 04月 05日

バザーの主催者・・・アラブ・チャリティ・バザー(2)

アラブ連盟
 1945年、アラブが成立した。アラブ諸国の安全保障と経済・社会の発展のために協力することを目的とした地域協力機構である。
 エジプト・ヨルダン・シリア・レバノン・イラク・イエメンを原加盟国として現在は22カ国が加入している。
c0067690_11484789.jpg
☆ ジャーミアトゥ ル ドゥワリ ル アラビーヤ
珍しい手書き~という感じのロゴである。
一番上に ジャーミアトゥ  
右下から左に向けてにアル ドゥワリ・ル アラビーヤ・・・と、上から書いているロゴだ。

 アラブ連盟の政治的な動きについては今は取り上げないが、日本ではどうかというとこの連盟に加盟している国々はそれぞれのナショナルデーでのお付き合いやこのバザーでの共同作業をつうじて密接なつながりができているようである。

 そしてアラブ日本週間は今年も3月31日から始まり今日4月5日まで、JICAへのイベント参加やや舞踊団をよんだりと盛大に催される。その一貫として、このバザーが位置づけられている。



* しかしこのバザーのほうは大使達の日本アラブ週間よりずっと早くから行なわれており今年11回目を迎えた。

アラブ・チャリティ・バザーの主催者
 この11回を数えるアラブ・チャリティバザーをここまで盛大に盛り上げてきたのは代々のアラブ諸国大使の夫人たちである。

 正式にはSWAAJ(駐日アラブ大使夫人の会)が主催し、持ち回りでその年の幹事国が決まっているようである。エジプトであったりサウジアラビアであったりするのだが、幹事国の大使夫人の意気込みはいつも感ずる。
c0067690_1375496.jpg

 今年の幹事を務める夫人である。

 見事な刺繍の衣装だが、黒いアバヤであまり見えないのがもったいない。
 自分の国のブースだけでなく、会場全体に気を配り歩き回り、そして来訪者への挨拶や親切な気配りを忘れない。こういったすばらしい方にお会いできることもこのバザーでの楽しみとなる。

c0067690_1381621.jpg

 こちらはも某国大使代理の夫人。気さくで笑顔が素敵な方であった。民族衣装は総刺繍で見事なもの。
思わず、素敵!とつぶやいたら振り向かれた。あとでわかったが日本語がとても上手な方だった。

◆夫人達の主催なのだが、もちろん都合のつく限りの大使もお見えになって交流を深める。
c0067690_11322553.jpg

オークションなど声を張り上げて台上に立ってというのはやはり男性が行なっている。こちらもどこかの大使か・・・?
 売っていたものは、船のキット・銀のネックレス・額入りの銀の飾り物それに航空券、各ブースから出てきたオークション用の品もあるが、抽選会場で当選者が出なかったものもある。その中に何と航空券がある。今年はエジプト航空チケット2枚、カタール航空1枚が抽選であたる人がいなかったようで、オークションで売っていた。数万円でアラブ人が落としていた。
 
c0067690_1403242.jpg

 エジプトの舞踊団を呼んであるのも、今年の目玉。こちらも大使夫人はやってきて最後まで様子を見届けていた。
 また、このときはお召し物にさらに金の刺繍のガウンをお召しで豪華な装いであり、またそれが良く似合っていた。いつも落ち着いてにこやかに行動されている美しい方である。
                    (夫人の写真については「写真でイスラーム」掲載ということで許可を受けています。他への転載は禁止です)

              応援クリックお願いします。
                                                   人気ブログランキングへ

by miriyun | 2009-04-05 11:47 | 日本の中のイスラーム | Comments(8)
2008年 09月 06日

「地球巡礼」に行こう!

c0067690_17404162.jpg


 このポスターが駅に貼られていた。はるかに遠くからで文字など見なくても表現力とテーマでわかった。
       野町和嘉氏の写真展・・・『地球巡礼』

 はじめて見たのはやはり写真展「祈りの大地」だった。イスラームの砂漠の祈り・エチオピアのキリスト教・チベットの祈りが重なりながら音を上げてせまってくるようだった。
 これほどの力を持った写真展に出会ったことはなかった。

 圧倒的な表現力で活躍されている野町和嘉氏の写真展『地球巡礼』が開催される。写真集を持っておられる方も大きな写真で見るとまた迫力が異なるのでおすすめである。この方の写真は規格外のとんでもない大きさなので迫力がちがうのだ。 
 そしてラマダン中に、鮮明で美しいマッカ(メッカ)の写真を見るのも意義あるものだ。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
野町和嘉写真展
9月6日(土)~10月13日(月)
神奈川県立地球市民かながわプラザ(愛称:あーすぷらざ)3階企画展示室
045-896-2899
入場:無料
最寄駅:JR京浜東北線 本郷台駅 徒歩3分
祝日を除く月曜は休み
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 これを見ながら思った。どうして無料なんだろう。以前に他の美術館ではたいそうな入場料がかかった。公的機関だからだとしたら、あーすぷらざに感謝したいところだ。

                                            応援クリックお願いします。  

by miriyun | 2008-09-06 18:03 | 日本の中のイスラーム | Comments(8)
2008年 02月 16日

シャワルマ&アラビックな一日

c0067690_23594685.jpg

アラブイスラーム学院でアラビア語オリンピックが開かれた。ここではアラビア語タイピング・アラビア書道・アラビア語スピーチが競われる。
 
 こういう日はお昼に軽食がでる。シャワルマは山のように用意してあり、お茶とジュースと、そしてもちろんナツメヤシもある。もちろん、デーツが好きなもので必ず食べてみる。今回のデーツもお茶に合う。ここのシャワルマはいつもおいしい。ごちそう様でした。
 午前中にはサウジアラビアの伝統的生活に関する展示もあり、コーヒーポットや民族衣装・キリムなども見ることができる。
c0067690_005136.jpg

  なかでもこういう袋類には目がない。ついじっと見入ってしまう。

c0067690_011241.jpg
 キリム織り見本のような飾りが並んでいた中にラクダがあったので早速撮影。足元が色が違うのもキリムや見本では普通のこと。
 でも、アラ、アラッ!なぜかラクダ君はフタコブラクダだった。顔はヒトコブラクダだがコブが二つ!中東はもちろん、以前はいたといわれる中央アジアでもフタコブラクダはほとんどいない。それなのになぜか中東の空港でもフタコブラクダのデザインのものを販売していることはある。つくるほうがおおざっぱのか、見るほうの認識にあわせているのか・・・。あるいは中国・モンゴルなどのフタコブの生息地からの輸入?この日一番の不思議だった。


 アラブの本の販売などがなかったのは残念だったが、サラートの時間にはアザーンがあるし、ちょっぴり中東気分の一日だった。
 そして、室内気温は高く、気温までサウジアラビア風なのかと話すことしきりであった。
                           ランキング参加しています。

by miriyun | 2008-02-16 23:19 | 日本の中のイスラーム | Comments(4)
2008年 01月 06日

山羊皮にエブルとメブラーナ

「国際メヴラーナ年」に関連して東京ジャーミィで山羊皮に描くアートが飾られている。
      トルコ大使館プレスリリース
 東京ジャーミィは1階がトルコ文化センターになっていて、ここでは結婚式や作品展などの催しが行われる。
c0067690_233897.jpg

 今回はパネルがずらりと囲み、山羊皮にマーブリングした皮にその模様に合わせた雰囲気で上からペイントされている。これがメインで、主にセマの旋回舞踊やメヴラーナその人を描いている。
c0067690_2332524.jpg

 左がこれらの作品の作者、ニリュフェル・トゥトゥンジュさんである。
c0067690_2392276.jpg

↑ロータスのマーブリング(エブル)
c0067690_2301915.jpg

     ↑メブラーナ像、周囲のエブルが哲学的思索を表しているかのように見える。
c0067690_2295936.jpg

↑メヴラーナ像、主作品はこのように山羊の皮の形のままに書かれる。
カタログにはそれぞれに合うメヴラーナの詩や言葉が添えてあった。
例えば、
    『寛容は 海のようにあれ。
         あるがままに見せるか 見掛けのごとく振舞え。』

     『他人の欠点は 夜のように隠せ
         情けと哀れみは 太陽のように与えよ』

 絵だけでは伝わらない、本だけでは伝わらないものが、エブルと人物と言葉が一致した時何か伝わるものがあった。
                             (写真の掲載許可を得て掲載しています)

・・・・・・・・・ニリュフェル・トゥトゥンジュ展(Nilufer TUTUNCU)紹介・・・・・・
◆時期:2008年1月5~20日 10:00-18:00(期間中無休)
◆会場:東京ジャーミイ・トルコ文化センター
◆場所:東京都渋谷区大山町1-19  電話:03-5790-0760
◆最寄駅:代々木上原 徒歩4分
◆入場:無料
                           ポチッと応援よろしくおねがいします



 

by miriyun | 2008-01-06 23:51 | 日本の中のイスラーム | Comments(11)
2007年 12月 14日

20年前の中東でドラマティックな秘話あり

 見逃せない特別番組が土曜日にある。

 中東は数々の劇的な出来事が起こる土地であるが、日本人に関わった出来事というのは案外知られていない。

 12月15日土曜日フジTVで21:00~23:10放映
土曜プレミアム特別企画
大韓航空機爆破事件から20年・金賢姫を捕らえた男たち~封印された3日間~


 今からちょうど20年前の1987年11月29日、115人が犠牲となったテロ事件があった。大韓航空機爆破事件である。この事件ははじめ日本人による犯行ではないかといわれていた。なにしろ飛び散ってしまった航空機のことであり、なんら否定材料がなければ、関係諸国の恨みを受けつつ迷宮入りとなってしまう可能性もあった。
 しかし、劇的な蜂谷真由美逮捕、その明らかに日本人の名にぎょっとするが、実は金賢姫(キム・ヒョンヒ)という名の北朝鮮の工作員であったことがわかり、騒然となった。しかし、当時のメディアは予想外に美しい犯人にその生い立ちやその後の教育を追うことに夢中になり、この事件がどのように解決されていったのかを解きほぐす力にはならなかったようである。

 このように視聴者が喜びそうな、実はメディアの人々が喜んでいるこういった話題性に一気に全社が向いてしまう点は今もって是正されていないと思う。常日頃嘆くところである。

 さて、この初期の段階で、この工作員を捕獲していなければ、日本は危機に陥っていたわけで、それから考えると何か異常な事態を見破り、連絡・連携しながら早期に決断する人物もいて実行犯を生きて捕らえたのは、間一髪で日本の危機を救ったことになる。実際捕獲した時にもう一人の男の工作員は服毒自殺をしてしまった。金賢姫もあわやのところでの生きたままの捕獲となって、解決に向かったのだ。

 この特別ドキュメンタリー(ドラマ仕立て)のあらわすのが、この捕獲までの間の中東バーレーンでのノンキャリアの大使館職員3人の行動と在アラブ首長国連邦の大使だった片倉邦雄氏などの証言である。

 もし、金賢姫(キム・ヒョンヒ)という女性像を追うことばかりしなかったら、もう少しこの事実が掘り起こされたのではないだろうか?そういう意味で当時この事件を報道した各社もこの事実を受け止め、取材の方向性というものをふり返る材料とされたら如何だろう。

 フジTVのHPで、この番組の証言者の中に片倉元U.A.E大使の言葉を見つけた。
 「真実が未来永劫、闇に閉ざされたまま終わった可能性もある。事件が日本人の手によって解明されたことを伝えなければならない。」この他の証言はココ(フジTV)又は直接TVを見よう。

 これ以上の話はわからないが、3日間の緊迫した時間をこの人々がどう動いたのか知っておきたいと思った。そして、20年たった今、改めて115人の冥福を祈りたい。

 ポチッと応援よろしくおねがいします

by miriyun | 2007-12-14 13:41 | 日本の中のイスラーム | Comments(5)
2007年 10月 13日

イード・ムバーラク

ラマダンが終わった。
 ☆イード・ムバーラク!(イードおめでとう)
皆さんが、よい日をよき隣人と過ごされんことを願って!

c0067690_23355336.jpg

  めったに書かないルクア書体。骨太で力強さがでる書体で思ったよりカードによくあう。

◆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
話は変わって、
 よき隣人であってほしいのだが、そうでない話

オリーブ畑のオリーブの木を引っこ抜きブルドーザーで整地

11月の中東和平のための国際会議のむけて準備中のパレスチナ自治政府にも、和平を願う国々にも、寝耳に水のとんでもない話が入ってきた。
 ヨルダン川西岸のユダヤ人入植地に隣接するアブディス村など4つの村にまたがる110haの土地についてイスラエルは9月末に収用命令を出していた。その結果、すでにパレスチナの人々が先祖から伝えられた畑のオリーブを眼前で引っこ抜かれ、なぎ倒されていく。
 エルサレムに隣接するだけに、実効支配の既成事実を作ってしまおうとするイスラエル。このやり方で、これまで入植地も分離壁も、そこにずっと住み着いている人がいて、いま収穫期を迎えた農作物があり、子どもたちのまなざしが見つめているにもかまわず行なわれてきた。
 国際世論さえ気にせず、アメリカさえ味方してくれるなら大丈夫だろうと様子を見ながら行なわれる◆収用・・・はっきり言って、これは土地泥棒で、人権無視の所業だ。

 ラマダンがおわり、イードのはじまった祝いの日に同時に入ってきたニュースに心が沈んだ。

 イスラエルの心ある人たちは非人道的なことをやめようといい、自治区への徴兵を拒否したりしている勇気ある人々がいる。パレスチナ人とユダヤ人とが交流する大学生や高校生もいる。あってみたら、話してみたら理解しあえた人もいる。

 しかし、多くの人は自分達が被害者であるという意識で加害者である部分は知らないのかもしれない。可能性が高いのは、報道が偏っていることが考えられる。武力のない一般庶民を相手に空爆・砲撃、家を壊し検問所で病人が救急車で搬送されるのさえ邪魔され、亡くなる・・・そういったことが国際社会で非難されているってことはちゃんと耳に入っているんだろうか。

 隣人としてあるべき道を進まなければ未来はないのに、その道を捨てるような行為は許されない。

 原因はといえば、そこにはイギリスがいて、フランスがあり、その後のアメリカがある。パレスチナを認めないイスラエル右派があり、イスラエルを認めないパレスチナ右派がある。力のない国連のしくみと国際社会のおよびごしがある。(注:右派というのはイメージでそういう呼び名ではない)

 しかしそれはこれまでに論じつくされてきた。

 それにこだわるよりも、大事なのは今後だ。イスラエルの子どもたちもパレスチナの子どもたちもこれ以上苦しませたくない。       

 少なくとも今苦しみ、これからの人々を苦しませるような隣人関係は払拭しなければならない。それを切に願ったイードの日であった。
                               
                              こちらに参加中です

by miriyun | 2007-10-13 23:37 | 日本の中のイスラーム | Comments(8)