写真でイスラーム  

mphot.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:数字・文字( 3 )


2007年 09月 16日

比べてみよう地図の文字

 昨日のNHKの番組の中で本田氏が書家の書くアラビア手書き文字に感じ入ってこの道に入ったという話が出た。
 それにちょっと関連して、地図の話。

1.オヤッ!?c0067690_16292821.jpg
 先日サウジアラビア大使館からいただいた地図は英語表記だった。アラビア文字表記を期待していたのでちょっと残念だったが、よくみたらオヤオヤッと思った。
 それは≪文字と文字の間≫であった。
楕円で囲んだ文字が右上から,
Kingdom of Saudi Arabia(サウジアラビア王国)
及び  
red sea(紅海)
なのだが、その文字間隔が妙にあきすぎているのだ。今、楕円で囲んでいるためにつなげて読みやすいが、それがなければ離れた文字同士をつないでいくのはたいへん見にくい。 

*もちろん、調べてみたらサウジでもラテン文字をもっと密に書いたものもある。横書きにして普通の文字間隔のものもあった。どこの国でも用途に応じていろいろな表記の地図があるものだ。何が正しいとかいう話ではなく、単なる「オヤッ!?」からはじまった話として読んでいただきたい。

2.アラビア文字表記の地図
 アラビア文字の手書きの地図をぜひ見てみたかったが手に入らない。そこでシリアの本屋で見つけたかなり色が派手な地図で確認してみよう。
c0067690_16291796.jpg

 確かに、左にある紅海は 長~くのびた線によってまとまりのある言葉となっている。また、中央部に南北に大きく現されたのは
サウジアラビア王国(右からアル・マムラカ・ル・アラビーヤ・アッサウーディーヤ).

 (これを手書きで墨と筆の切れ味の良い手書きの文字を入れたなら本当にきれいだろう。)

 ところで、この長~くのびた文字の長さをみてもらおう。その表す領域にあわせて思いっきり伸ばした線が心地よい。また、それが目印ともなり見やすい。

 ☆実はこの向きと長さ、最初のサウジの英文字地図と同じだ。
なじみあるアラビア語地図で長く延ばした地名を見てきた習慣から、英文字地図でも同じように地名を入れさせたのでは?その結果があの妙にすきまを空けた文字間隔だったではないか。地図を並べてみながらそう思えてならなかった。
 アラビア文字の地図用文字の習慣が残ったものと思うと、この単語と単語の間隔もほほえましくみえてくる。
                            ポチッと応援よろしく

by miriyun | 2007-09-16 17:12 | 数字・文字 | Comments(2)
2006年 07月 26日

ひまわりの花の意味

 ひまわりの意味についてアフガニスタン駐在日記のkentaさんが書かれていた。
 ダリ語でアフタブ・パラシュトといい、 太陽に向かって常に咲いている花というような意味だそうだ。・・たしかに日本におけるひまわり・・・漢字で書くと向日葵と同じ考え方というお話だった。
 
英語ではsunflower・・・・太陽の花だ。
中国語をしらべたら、向日葵だった。

☆では、アラビア語ではなんというのだろう。
c0067690_916792.jpg

右から・・・アッバードゥ、アッシャムス・・・意味はシャムスが太陽、そしてアッバードゥはうやまう。
 やはり太陽を使っている。太陽をうやまう・あがめる花・・・というような意味となった。
c0067690_9163110.jpg

 もう一つの表現も調べてみた。文法的にどうとはいえないので、言葉のもつ意味からだけ考えると、真ん中のダッワーラが循環というような意味を持つので太陽をあがめて循環する花(はなの首をぐるっと回していく花)のように感覚的に受け取ることにしよう。
c0067690_9164232.jpg

                         ↑ トルコのひまわり畑。
 ひまわりは、オイルをとるほか、おやつとしてその種を食べるのだ。だから、思っている以上にひまわりの畑が多い。
 ひまわりの語源は日廻り、つまり太陽の動きを追って廻るということだが、実際廻るのだろうか?畑の写真を見るとしおれていることもあるが同じ方向をむいているとは思えない。
 実はまだ、若いつぼみや咲き始めの花は太陽を追うが、大きくなると動かなくなり、おおむね太陽に当たりやすい東向きになる。そしてたくさんの花が枝分かれしたものについては向きは様々になってしまう。この若いうちだけ、日を追うというのは、光合成なり、何なり植物のしくみと関係するのだろう。

 なお。学名はHelianthus annuus でHeriosが太陽、anthusが花をあらわす。annuusは一年草。ヘリオスは本来ギリシア神話にでてくる太陽神のことなのだが、どうも歴史上ギリシアをも飲み込んだローマ帝国は自らの太陽神ソルとギリシア神話のヘリオスを同一視していったということで、ラテンでヘリオスを使うことになる。つまりラテン語でも太陽花なわけだ。

☆いずれにしろ、この植物がアラビア語・ラテン語でも太陽を入れて表現していることがわかった。さらに他の言語ではなんというのだろうか?

Blog Ranking 興味をもったら一日一回ポチッとお願いします。

ーーー―ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
*追記*
コメントもいただいてさらにわかった言葉がある。
お寄せくださった皆様に感謝しつつ、ここに追記していこう。
左から、言語・文字または読み、
     ・意訳も含めておおよその意味・提供してくださった方
ヒンディー語 「スーラジムキー सूरजमुखी」
           「太陽に顔を向けているモノ」・・・・ ek-japaniさん
フランス語   tournesol  
           太陽が回る・向きを変える・・・・chie_mikoさん
スペイン語   girasol         
             太陽が回る・・・ぺいとんさん
マレ-語    bunga matahari    
            太陽の花・・・ぺいとんさん
ポ-ランド語  slonecznik        
           slonceが太陽・・・  ぺいとんさん
トルコ語      gunebakan(日に向くもの)
   *より一般的に使われているのは、aycicegi(月の花) turkuvasさん  
ここまで、11ヶ国語、いまのところ、すべて太陽の意味が入っている。ただし、トルコでは通常月を使うらしい。はじめて異なる言葉が出てきてますます興味深い。
*詳しくは下記のコメントをご覧ください。

by miriyun | 2006-07-26 09:12 | 数字・文字 | Comments(12)
2006年 05月 03日

ローマ数字&モザイク石碑を読む

ローマ数字をつかったローマ帝国の遺跡のモザイクを読もう。

1.ローマ数字クイズ
  次の3つの中で、ローマ数字(Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ~)が実際には使えないものは何だろうか?
     ①筆算    ②時計    ③携帯電話
 
                       ↓
               正解は後記の③にあります。


2、ローマ数字の基礎編 
ローマ数字はアルファベットの大文字そのものである。エジプトのヒエログリフやメソポタミアの数字は、数字として認識しやすいので壁画などに含まれていても、数字とわかる。
 しかし、ローマ数字は大文字の I が一、Vが5というように、全くのアルファベットなのだ。

 しかも、羊飼いが羊を数える時に1頭ごとに I を II III と書き足して行き、5頭ごとに異なる文字を入れたということで
I I I I V I I I I X と1~10までを表現したことから始まったという。そのうち、
2 を II 、
3を III、
4を IIII または IV  (5より1少ない)
5を V、
6を VI  (5より1多い)
7を VII
8を VIII
9を IX  (10より1少ない)
10を X
と、あらわすようになった。
すると20は XX 、 30は XXX 、35は XXXVとあらわすようになる。

その他の文字数字の意味は、次のようになる。
 I     V     X     L     C     D     M

 1    5     10    50    100   500    1000

****特色*****
① この上の位のあらわし方もあるにはあるが、もともと文字数の少ないアルファベットで無限の数字を表すのは無理があったようで複雑なあらわし方であったり一定でなかったりする。だから、現在は4000以上の数を実際にこの数字を使ってあらわすことはないという。

② 10ではなく5という単位で文字を変えている。そして4と6のあらわし方から5または10分の一以内のの数字が左にあった場合はもとの数から減算する。右側にあった場合は加算するというルールが見て取れる。

③ 最初のクイズの答え
 ・アの筆算・・・書いて見てください。どうやって掛算とかするんだ?・・・という状態になってしまう。つまり字数が多くなって始末に困ってしまうのだ。古代ローマでは専用のそろばんがあったようだが、筆算は厳しい。
 ・ウの電話・・・ローマ数字には「 0 」 がない!だから、080-とか044とか無理なのだ。
      『0』の発明はインドでアラビア経由でヨーロッパへ、のちに日本へと伝わった。
 *イの時計にはローマ数字がよく使われている。何しろ1~12(I~XII)まであればいいわけだから、時計にはあらわしやすい。現在では最も利用頻度が高いので、この文字を時計数字という言い方さえあるくらいなのだ。
*************
    
3.ローマ数字を読もう
    次の数字をよんでみよう。
                 1、XXXIX

                 2、CCCLXV

                 3、MMVI

                 4、MMMDCCCLXXIV

   もう少しで下のようなローマの時代のものが読めるようになる。
c0067690_22464344.jpg


≪答≫ 1、XXX(30)+IX(9)=39

     2、CCC(300)+LX(60)+V(5)=365・・・一年の日数

     3、MM(2000)+VI(6)=2006・・・今年の西暦なのだ

     4、MMM(3000)+DCCC(800)+LXX(70)+IV(4)=3874

と、まあこんな風にここの表す数字を加算していくことによってあらわすんだ。

特に4の問題の MMMDCCCLXXIV  に注目!
                   ↓
 長い!これがアラビア数字との違いなのだ。また、計算をやりにくくしているものなのだ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
4、実践編・ローマ数字入りモザイク石碑を読もう!
 次にローマの残したモザイクから何が書いてあるか数字だけ読み取ってみよう。
c0067690_065330.jpg 

・ここまで読まれた方はもう充分に読めるので、ぜひお試しあれ。また、これが何を表すものか想像力豊かに、どうぞ!
← チュニジア スファックス出土 (色分け加工はmiriyun)


*この中で1~2行目につながる(ピンクの輪の中は人の名前)である。
   (黄緑の数字)年 
        (青の数字)月
             (オレンジの数字)日
                  (水色の数字)時間を表している。


*そして、上にはオリーブの小枝の絵
 ・・・・・・・下には、ヒナに餌をやる親鳥の絵がある。



★答え
 ・名前はクリスピナ、またはクリスピーナ・・・女性と思われる名だ。
 ・数字は、黄緑・・・・8年
       青・・・・・10月
       オレンジ・・・24日
          (ふつう、4は IVだが12世紀になってもIIIIとも書いたと記録に残っている。)
       水色・・・・・・6時間
   ・それに、平和のオリーブ、親鳥の姿

★ここからは、想像力を使って・・・・
  『クリスピーナ、ほどほど裕福な家の娘、
 8年10ヶ月24日と6時間を生きて、そして亡くなった。
 親は嘆いて、その愛を、もっと育てたかったという思いを、鳥のヒナを育てる絵に、
 安らかな眠りをオリーブの小枝に託して、モザイクの墓石(または棺)をつくった』
(6時間と細かく書いた点に親の切ない気持ちが伝わってくるような気がするのだが・・・)
   ≪注≫数字部分の読みはこれで確かだが、絵の解説は私の想像と独断による。

☆こうやって、見ていくと古い時代のことも生き生きと見えてくる。
             それが楽しみで、古い文字や数字を読んでみたくなる。

                                       一日一回、ポチッと応援していただけると励みにもなります   

                                                                  

by miriyun | 2006-05-03 19:22 | 数字・文字 | Comments(0)