カテゴリ:未分類( 1311 )

松本城茶会(2)本丸北の席

1.本丸北の席
本丸北の席はほぼ城を正面に見る道のわきにある。
c0067690_2474151.jpg

城の全景を眺められる見通しのいい芝生の上。

c0067690_2523492.jpg

干菓子と聞いていたが、クリとイチョウを模した美しいお菓子。イチョウはゼリー状で食べやすく、何よりも色が美しい。栗は干菓子というのは厚みがあり、中はこっくりと生菓子のような食感で実においしい。お菓子の組み合わせと味でとくに印象に残ったお席だった。
[#IMAGE|c0067690_2523024.jpg|201710/19/90/|mid|700|525#


c0067690_2595770.jpg

木陰はないので10月にしては9月並の暑さになったこの日には暑い席で、お着物の方は大変だと思う。

だが、お席のつくりは清々しい。
c0067690_312946.jpg

「和敬清寂」のお軸、茶花は桔梗に赤い水引きとおけら。

c0067690_30522.jpg

お茶をいただいた後は、拝見に。
c0067690_313441.jpg

秋草の文様。
c0067690_313717.jpg



c0067690_2482071.jpg

広い芝生の奥には生け花。植え込みや樹木のないところなので、茶花以外にもこのようなしつらえがあるのは目に心地よい。


                                           
人気ブログランキング
by miriyun | 2017-10-19 03:14 | Comments(0)

松本城庭園の茶会(1)月見の席

1.松本城大茶会
c0067690_39288.jpg

松本城本丸庭園でのお茶席
国宝松本城の重厚な姿と、美しい芝や植え込みのみどり、そして天幕の紅白が映える。
合わせて5つもの茶席が設けられる大茶会である。
5席まとめてのお茶席券を予約していった。


2.月見の席
表千家の茶席
c0067690_392130.jpg


c0067690_39249.jpg


c0067690_392995.jpg

木漏れ日の中で心地よいお席。
c0067690_3932100.jpg

生菓子は、ススキの文様のお菓子。
c0067690_3264482.jpg

花器はひょうたん、茶花はホトトギスに吾亦紅、白の水引きなど・・。


◆何故月見の席なのか・・・?
ふと右前方を見上げたら、城の「月見櫓(やぐら)」が目の前だった。
c0067690_391538.jpg

戦国の世に作られた堅牢な松本城、1634年に3代将軍家光が善光寺詣での宿としてこの城に来ることになったときに増築されたのが月見櫓(道の都合で、結局家光はこなかったそうだが)。
せんらんがおわり、幕府が安定してからなので本丸と異なり、薄い板戸を外せば三方の空をみることができ、月見という名がついている趣のある櫓だ。

如何に月見や茶に適したへやがあろうと、国宝の中で茶席は設けられない。
 だから外から月見櫓を愛でながらの茶席ということで月見の席だった。

ふ~!、城の庭園での茶席は風情がある。

                                           
人気ブログランキング
by miriyun | 2017-10-17 03:21 | Comments(2)

川岸のマユミの実

川辺の彩り 

穂高連峰の岩肌に張り付く木々もその色を変えつつある。
しかし、本格的な紅葉にはまだ1~2週間を要するかもしれない。

そんな中で、愛らしい色が目をひく木があった。
c0067690_0501220.jpg

ニシキギ科のマユミ。ユミ(弓)とつくのは、武士の時代に、よくしなる弾力のあるこの木を弓の材料にしたからだという。春に咲く花は薄緑で目だたない。
c0067690_0563995.jpg

しかし、秋になると葉も繊細な色をにじませながら紅葉する。
細く赤い枝にぶら下がるように果実がつく。
角ばった四裂の姿で、熟してくると膨らみがでてくる。


c0067690_0341829.jpg
果皮が4つに割れると、鮮やかな赤い種子があらわれ、果皮の間から吊り下がる。
⬆︎の写真で、果皮が割れる前、割れたあと、種子が吊り下がる三形態をみることができる。

そしてその実は温かみのある赤が特色で、まだ緑の多い川辺に彩りを添えていた。

                                         
人気ブログランキングへ

by miriyun | 2017-10-17 02:02 | Comments(0)

大正池

1.大正池
1915年(大正4年)に焼岳が噴火して生じた泥流に梓川がせき止められて出来た池で、標高1490mのところにある。
c0067690_024336.jpg

鏡面のような池に木々の姿が写る。

c0067690_024833.jpg

林道からも大正池の青緑の色は美しく見おろすことが出来る。

ここにはホテルは昔からあるただ一つだけなのだが、絶景の場所を締めながら部屋のつくり、とくに窓は小さく公共の場所で池側を眺められる場所がなく残念だという感想を聞く。今回宿泊を検討したが、連休で6畳一間の林道側(バスの運行でうるさいらしい)で、とんでもな句高い価格になっていたので断念して、松本市内のビジネスホテルに宿をとったくらいだ。


2.山に白雲が降りてくる
c0067690_652556.jpg

梓川の流れ

c0067690_6424631.jpg

緑に黄葉が映える
c0067690_643192.jpg

上高地から見上げるのは、北アルプスの穂高連峰。
最も高い奥穂高は3190mで、日本3位の高さである。

山頂周辺には、かって氷河が存在したことを示すすり鉢状の地形(カール)が見られる。

c0067690_643671.jpg
カールの間には紅葉が始まった色々な樹木が林立しており、瓦礫がいまも崩れゆくカールと明確に別れている。

夕刻になるとずんずんと白い雲が山の頂上から麓へとカールを伝って降りだした。
雲につかまらないうちにアルピコバスで松本へ向かった。

                                        
人気ブログランキング

by miriyun | 2017-10-16 06:58 | Comments(0)

山の色・水の色

10月初旬の上高地
c0067690_0142012.jpg

山の稜線の黄葉に陽がさし混んでくると、山の木々にいっそう命が宿り、声が聞こえてきそう。


c0067690_1321155.jpg

10月にしては夏の暑さの上高地。青空と白い雲の対比もよいが・・・、

c0067690_13214665.jpg

水の清らかさと色には惹きこまれる。


                                           
人気ブログランキング
by miriyun | 2017-10-15 13:28 | Comments(0)

フェネック

まったりフェネック
c0067690_723424.jpg

夜はおどろくほど俊敏な砂漠のキツネ、フェネックも
昼間はまったり、まどろみ・・・脱力のフェネック!

                                         
人気ブログランキング
by miriyun | 2017-10-13 07:10 | Comments(2)

バナナの天ぷら

1.昔むかし、バナナを料理した・・・

バナナをフルーツとして生食しているのは、世界の消費量の4分の3くらいだ。日本ではほぼ100%フルーツで料理してもケーキや焼き菓子・パンにいれる感じであくまでもフルーツ扱い。というのも甘いから、調理の仕方では気持ち悪くなる。

 かって、こどもたちに珍料理をいろいろ食べさせてきたが、特に評判が悪かったのはクルクルバナナカレー、どこかの料理コンテストで賞をとったというのを新聞で知って、そのレシピの通りにまねをしてみた。今でも覚えている。牛肉で丸ごとバナナを1本包んでクルクルと巻く。これがクルクルバナナ、それを焼いて更にカレーに煮込む。よくぞ、ためしてみたというものだが、きっと意外なおいしいに驚くことになるのではないかと楽しんだのだった。
 しかし、評判は惨敗。もうこれは作らなくていいとの言葉、かくして私の料理は変だという確定要素の一つになった。
 自分で味わってもも今一つだった。だって、甘いバナナと牛肉に、カレー、想像しても確かにばらばらのイメージ。小さく切って少量ならばマンゴーやリンゴを隠し味に入れるようなものだろうが、これはバナナ丸ごとだから、決して隠し味にはならない。
 「我が輩は、バナナであるとあくまでも主張するのだ、しかも牛肉とカレーという濃いキャラの間で…」無理だよね。
  どうしてあれはグランプリを受賞していたのか、謎だ。

2.バナナの天ぷら


 バナナを料理することことはそれ以来していないのだが、
先日代々木でインドについてのフェスがあり、そこでインドカレーやインド商品を堪能したが、なんとケララバワンはカレーを出さずにカレーの貴重な材料を出していたのだ。


c0067690_0451243.jpg

 その時に青いやさいばなながあり、いかにもごつい野菜感のある大きなバナナでとても固い。
c0067690_045232.jpg

思わず珍しさに購入。テーブルにおいて珍しさを愛でていたが、次第に黄色くなってきたので使わざるを得なくなった。
c0067690_0452754.jpg

皮を手でむこうとしたら、少しは剥けるが、皮が竹のように筋が入っていて、剥きにくく、半分以上は包丁で剥いた。
c0067690_0453289.jpg

こちらが、甘いバナナより原種に近いから種も黒く成長しはじめている。

*バナナも野生種に最も近いのは胡椒粒くらいに種が成長するらしい。
 そして、普段食べているバナナは品種改良した種のできない種類なので、タネができるはずのところに筋はあっても種はない。

バナナカレーにしてもケララバワンで食べているので変化がない。
どんな野菜も天ぷらならいけると思いつき、小麦粉溶いてバナナを投入
c0067690_0453747.jpg

しばらくこんがりとキツネ色に。

c0067690_0454327.jpg

万願寺唐辛子と共に盛り付けてみた。

家族の感想。おいしい、どんどんいけるとのこと。
第二のバナナトラウマにならなくてよかった!

野菜バナナは熟しても甘くはならない。フルーツ酸のある芋、ちょっと刺激のあるサツマイモとジャガイモの中間的な、そんなお味でした。何もつけずに食べられるのでした。
この熟しても甘くならないバナナなら、料理に使っておかずになるという事に納得できた。


                                          
人気ブログランキング
by miriyun | 2017-10-04 00:48 | Comments(6)

ケララバワンのバナナカレー

1.インドカレー!
相変わらず、大好きなインドカレーのために、めったに行かないところにも出かけたくなる。
以前にも紹介したケララバワン(西武池袋線・都営地下鉄大江戸線 練馬駅西口5分)に。

毎週食べたいくらいなのに遠い!
 南インドカレーの中でも多彩な味わいでおいしさ満足感が強い。

 
c0067690_6592939.jpg

定番のセットもの。

c0067690_20381823.jpg

そして、前回食べてみて、酸味が大好きな自分がとくに夢にまで見た(いや、最近夢見ないけど、夢に出てほしいと願ったほどの)レモンライス。
レモンどれだけ大量に絞っているんかいと思うようなレモンの香りと酸味が食欲をわかせ、いくらでも食べられそうなライス。ナッツが入っているので歯ごたえも程よくある。

c0067690_20375640.jpg

そして、今回とうとう見つけたサッシ―(お店のご主人)のバナナカレー!
いわゆる甘いバナナではなくて、野菜としてのバナナをカレーにしたもの。
以前から食べてみたかったんだ。


c0067690_20281593.jpg

レモンライスにバナナカレーのバナナを一緒にして食べる。カレーで煮込まれたゴロゴロしているのがバナナ。バナナの甘さはない。
バナナではなくてどちらかというと芋感触の野菜だった~!


2.素材
お店のカウンターに素材を発見。
c0067690_6594333.jpg

南インドカレーはライスがつきもの。子尾夏ライスやレモンライスなど種類が多いが、いずれもおいしい!そのライスになるお米がこれ!

c0067690_6593898.jpg

そしてこれが青バナナ。野菜として使われるバナナだ。

熟したフルーツパパイヤと野菜としての青パパイヤのような使い分けだ。
 

                                      
人気ブログランキング
by miriyun | 2017-10-02 20:51 | Comments(6)

蝋の話*はぜの実からパラフィンまで

1.はぜの実と木蝋
 日本でも蜜蝋が使われていたが、蜜蝋は何しろ手に入れるのが大変。
はぜの実から作る櫨蝋が一般に広まっていった。
c0067690_17293386.jpg

         ↑ はぜの実

鎌倉を散策した時に和ろうそくの実演をしているところがあったので、興味深く見てきた。

c0067690_17351154.jpg

 はぜの実から抽出して固めた木蝋

◆職人さんが実際に木蝋から和ろうそくをつくる過程をみさせてくれた .
c0067690_17352483.jpg

木蝋を煮溶かして、その中に芯となる棒に蝋を駆けながら固めていく。
c0067690_17352541.jpg

効き手側に置いた台上でろうそく棒を均一に回しながら形を整えていく。

c0067690_1735297.jpg

こうして和ろうそくができる。

芯は和紙にイグサを巻いた芯なので、蝋の吸い上げが良く、少々の風では消えにくいので、屋外での使用、例えばお墓詣りやお寺で手向けるのに適している。

和ろうそくは、ふだん安価な値段で出ている煤はでるが、落としやすい煤だという。また揺らめく炎が美しい。値段も高くつくが、仏壇などで使うには和ろうそくの方が煤を落としやすいので仏壇や家を傷めないということだ。


2.糠蝋とパラフィン蝋の原料

c0067690_17451895.jpg

糠(ぬか)からできた糠蝋
比較的、歴史は新しく昭和に入って作られるようになった。お米の糠から抽出し、フレーク状態になっている。これは固い蝋で、型に入れて作り、固くて、融点が高く、燃焼時間が長いのが特色とされる。

c0067690_17451138.jpg

 パラフィンはこのような塊や粒状のものが使われる。パラフィンは、石油に含まれ、分留によって取り出される。用途はろうそくから着火剤、皮革製品等の撥水防水、ネイルパラフィン、リンスや化粧品など多数の使用法があり、身近にパラフィン製品は溢れている。
 ろうそくについて調べていながら、実は化粧品・食品関係にまでパラフィンが使われている範囲が広すぎることに驚かされている。

 ろうそくとしては原料が石油由来なので煤は大いに出る。値段は最も安価なので、一般にろうそくというとこれを目にすることが多いようだ。

                                          
人気ブログランキング
by miriyun | 2017-09-17 18:10 | Comments(1)

サボテンを食べていたのはオンブバッタ!

1.オンブバッタ
オンブバッタというのは、親ガメの上に子ガメというように、親子のバッタかと思っていた。
しかし、実際は大きい体のメスの上に小さいオスが乗っているバッタということで、他のバッタのように交尾のためだけでなく、かなりの頻度でオンブ状態のままでいることが多いバッタである。
 
 オンブのように見えるので、子どもからもわかりやすい名でいっているだけで、別の名があるとばかり思っていた。だが、バッタ目(直翅目)・オンブバッタ科に分類されるバッタの一種で、オンブバッタで正式名だった。

 身体が細く色は周辺の草と同化しているので目立たない。黒い目もごく小さくて肉眼ではわかりにくい。

 そんなオンブバッタに庭で遭遇。なんと、育てているウチワサボテンにいた。サボテンはふだんカイガラムシがつかなければほとんど虫の害がないものだが、なんと食い荒らされていた。

 
c0067690_16355789.jpg


c0067690_1636653.jpg

ここまではなじみの姿だが・・・

c0067690_172269.jpg

正面から見たら、怪しい風体だった。


2.雨が降ってきた
c0067690_16365517.jpg

 サボテンに大粒の雨が落ちてきたら、それまでじっとして動かなかったのが、サボテンの裏側に移動した。もちろんオスを背負ったままである。
 横から見ると、サボテンの食べられ方がよく見える。固いトゲ部分は残しながらやわらかい部分をかじっている。
 
c0067690_16392719.jpg

黒い芥子粒のような小さな目とその周りの複眼、そして長い触角が特徴的なスリムなバッタだった。

 でも、ウチワサボテンが2匹分の食材になってしまっているので、雨が止んだら他の植物に引越してもらおう・・・。

                                          
人気ブログランキング
by miriyun | 2017-09-16 16:47 | Comments(4)