カテゴリ:未分類( 1271 )

染色 くるみ

染色の世界ーくるみ
c0067690_724741.jpg

30~40%のタンニンを含むので濃い色を出すことが出来る。

c0067690_723453.jpg

こんな毛を洗い、すいて、糸によって、染色されていくのだが・・・、


c0067690_725311.jpg

胡桃と、別のタンニンを含む植物を混ぜて、多様な茶色を生み出す。
存在感のある濃い色が美しいと思う。


                                        
人気ブログランキング
by miriyun | 2017-04-21 07:08 | Comments(1)

トルコの色

毛織物
色て国や地域で異なる。その色の成分も組み合わせも糸の素材もその地域ならではの味わいがある。
遠くから見てもあれはどこの国の~とかほぼイメージできたりする。

トルコの色はどの色?

c0067690_3483159.jpg

絨毯のカラーも様々だが、ウールではこの色がトルコらしくて印象的だった。





人気ブログランキング
by miriyun | 2017-04-20 03:56 | Comments(2)

花の季節がやってきた

光則寺
c0067690_7175744.jpg

花々の重なりぐあいがうつくしい。
濃いピンクはアメリカスモモ。ソメイヨシノに枝垂れ桜の古木

c0067690_7135679.jpg

葉とともに咲くのはヤマザクラ。ピンクの混ざりはなく真っ白。
c0067690_7141331.jpg

しだれ、


c0067690_714286.jpg

しだれて、屋根に映える

c0067690_714451.jpg




c0067690_7144038.jpg


c0067690_7142395.jpg


c0067690_7142531.jpg

コブシ、今年も元気で艶やかだ。

仕事の夢で起きてしまうようなこの時期
身体が疲れていても、心の癒しのために敢えて鎌倉に出かけている。


人気ブログランキング

by miriyun | 2017-04-04 07:18 | Comments(4)

本質をつかんでいる関大映像・・・高橋大輔

高橋大輔の本質をつかんだ関大記念映像

 関大の公式映像がかっこいい。
オープニングからのコンセプト、この大学で努力して積み重ねた努力で夢を叶えていく。そして努力や栄光が後輩たちに引き継がれていくというイメージが明確に力強く伝わる。なぜか美しくも伝わってくる映像。
c0067690_16433144.jpg

 この関大のコンセプトにピッタリの大輔氏の実績、そして実績だけでなく、このソフトフォーカスされた映像に溶け込むような雰囲気でありながら力強さのイメージも人への優しさもあふれ出るようなイメージ映像はこの人がいたからこその映像プランだったのだろうなと思わされた。
 高橋大輔氏の本質をつかんだ上の映像コンセプトで、さすが、母校、わかっていらっしゃる。

 もちろん全編見させていただいて、多くの学生さんの明るさや堅実に歩んできたのであろう卒業生の映像が入りそれぞれの味を出していて、関大生でないのに、素敵な大学と思わされるような素敵な映像だった。
         ↓リンク
関西大学130周年記念映像


◆Dさん部分
オープニング
2006年に高橋大輔に期待して竣工されたアイスアリーナ(今やトップアスリートや次世代アスリートを次々と生み出している)。もちろん織田君、町田君、宮原さんも映っている。
オリンピック後の関大アイスアリーナのエキシで演じられた「道」
関大校歌を歌う大輔さんを最後の方で2回見られる。

~~~~~~~~~~~~~~~~~
 ほんと、関大がうらやましい。大輔さんは世界に名だたるアスリート&アーティストであるだけでなく人間として誇りにできる人だからね。

 それにしても、関大記念映像といい、「もんげー岡山」といい、
子どもと一緒の映像が何とも自然で似合う人だ。

                                          
人気ブログランキング
by miriyun | 2017-04-01 17:19 | Comments(0)

花暦~3/30安国論寺

 ここのところ忙しくて遠出ができないため、唯一出来ることは春探し。

安国論寺
鎌倉から逗子方面に名越まで行くとその周辺にいくつも寺がある。
その中の一つ、安国論寺の花
c0067690_14284656.jpg

本殿の奥の枝垂れサクラはもう八分咲き。ほんのりピンクがさしている。
c0067690_14285322.jpg

夕方に行ったので花の一部に日が当たり、そこはピンクが際立つ。
c0067690_14275785.jpg

ショカッサイ(アブラナ科)が竹の間に群生していた。

c0067690_1520946.jpg

ユキヤナギは庭を明るくする。

c0067690_14263523.jpg

紫のつつじだが、山に自生するようなミツバツツジとは異なる。

c0067690_14291218.jpg

本堂の横にたつ大きなシダレザクラ。

c0067690_14272848.jpg

山の梢の間からの木漏れ日を浴びると輝くような白さに見えた。

c0067690_15201249.jpg

足元にはスミレ

c0067690_14221536.jpg

椿の木の下に落ちた花。椿というのは花びらが散るのではなく花の根元ごとぼとっと落ちる。首が取れるようで武士の世界では嫌われる花で、普通下向きにぼとっと落ちていい印象がない。しかしこの時は緑の苔の上に上向きに落ちたばかりで色あいがきれいだった。

◆どの草木も、
   落ちたツバキさえも美しく見える庭。
なぜこのように美しいのか。それは実に様々な苔むす庭であるため、どの植物も柔らかな緑の絨毯の上にあるようでとても映えるのだった。
c0067690_15201528.jpg

苔も春。サクと呼ばれる胞子嚢を伸ばしている姿がきれいだ。


c0067690_14525057.jpg

◆帰り際に門のそばでこのつつじを見ていたら、ここのサクラはどうですかと話しかけられた。
そして今は本覚寺の枝垂れがいいですよと教えてくれた。

花を見ているとこんな風に花の咲き具合を教えてくださる方もいる。


 目にもレンズにもうれしい春色を見て歩くのだが、
        そんな見知らぬ方からの親切が、心をも春にする・・・。


                                          
人気ブログランキング

by miriyun | 2017-04-01 14:57 | Comments(4)

ウメノキゴケとすみれ

すみれ
春の山道を歩くと小さなむらさきがそこここに・・・。

すみれがとても小さくて細い茎であるのに、山の固い土の上にたくましく生えてくるのは野草ならではの強さなのか。

意外な所にもスミレを見つけた。
c0067690_12384623.jpg

梅の古木。大きな枝が横に枝を大きく伸ばしたところに窪みがあり、
そこになぜか根を生やしたスミレが咲いていた。
飛んできたほんのわずかな土と雨の雫でいきているのだろうか。

ところで、スミレの生えた梅の古木。
c0067690_12274633.jpg

何やら灰色のピラぴらしたようなものが生えている。
ウメノキゴケといわれるものだ。

 なんと寺ではよく見かけるこのウメノキゴケは地衣類で、菌と藻の共生という微妙な関係の上に成り立っている植物という位置づけになる。
 環境の変化は菌と藻の双方の共生体に同時に作用するので、大気汚染には極めて敏感なのだ。ウメノキゴケは二酸化硫黄の量が0.02ppm以上の場所では生育できないとされている。
 ウメノキゴケが梅やそのほかの木(桜などにも生える)に生えていて、後に道路ができ車が増えるにしたがって、ウメノキゴケは見当たらなくなってしまうというくらい排気ガスに弱い。

 だから、ウメノキゴケがあちらこちらで見られる鎌倉の寺はやはり空気がきれいだと言える。
 

                                          

by miriyun | 2017-03-25 13:01 | Comments(6)

春~ヒュウガミズキ

1.ヒュウガミズキ  

  


こんな低灌木を見つけた。
c0067690_6353519.jpg

地味だけれど、じっと見いてしまうやさしさがある。
ヒュウガミズキのヒュウガは日向の意味。ミズキには土佐ミズキと言うのもある。
c0067690_6354627.jpg


c0067690_6355081.jpg

ガクの薄くさしたピンクが桃の表皮のようでやさしい雰囲気を出している。


2.       





                          
c0067690_646133.jpg

3月20日の光則寺(鎌倉)。

この寂しげな海棠の木があと1週間あとからどれほど明るく華麗になることか。ここからの変化をお楽しみに。

c0067690_6443752.jpg

開花宣言にも満たない、まだ1~2輪の開花状態でした。


  

by miriyun | 2017-03-21 06:57 | Comments(2)

春ひたひたと

草に春  

我が家のネコの額ほどの庭にも春rC草が生えてきて、ハーブは花を咲かし始めている。
c0067690_13503995.jpg


c0067690_1350436.jpg


c0067690_1350452.jpg

あと少しで桜の季節だが、もう確実に春はそこまでやってきている。
もう一二度寒気は来るのだろうが植物たちのたくましくなりつつある茎や葉が、もう寒気に負けない力を持ち始めている。



                           

by miriyun | 2017-03-20 14:00 | Comments(0)

「氷艶」(1)歌舞伎役者の本気

歌舞伎役者の本気 
  

 5月20日(土)~22日(月)、国立代々木競技場第一体育館「氷艶 hyoen2017『破沙羅(バサラ)』

いよいよ市川染五郎さん演出で動き出している。


 まず、歌舞伎役者さんたちもスケートで滑る。

アートオンアイスのように動く舞台の上でダンサーが踊るように歌舞伎役者が演ずるのもあるだろうと最初思っていたのだが、全員スケートを滑り、氷上で演技するという。夜中にスケートリンクを借りて歌舞伎役者さんたちが練習している様子もSNSをとおして漏れ聞こえてくる。笑也さんはホッケー選手だからハンディなしで重い衣装でも何でも・・・と染五郎さんは言われているし、染め五郎さんご本人もスケートには役柄でホッケー選手をやったことがあるので経験者だが、更にこれの練習で新しいことが出来るようになる楽しみを語っていらっしゃる。


歌舞伎役者のみなさん、本気だ!!


ここからすでに意表をつく染五郎旋風に巻き込まれる。


そしてすでに台本も準備稿があがってきている。

c0067690_08223617.png


染五郎さんの十年来の思いがこもっているんだと思う。

う~~ん、のぞいてみたい、5月が待ち遠しい!



◆稽古が始まったら、

われらが高橋大輔さんはどう反応するのか?


新しいもの、難しいものに「難しい!」「できない!!」~とか言いながら嬉々として練習するのが、目に見えるようだ。


                                                                   

by miriyun | 2017-03-03 07:12 | Comments(0)

Art on Ice2017 ダイジェスト・・・高橋大輔

Art on Ice~スイス版   
昨夜、スイスで放映されたArt on Ice2017のダイジェスト版がすでにアップされていた。
高画質で、編集も素晴らしい。スポンサーの名前はたびたび出るが、これだけいい映像を日本ですぐに見られるとは有り難い。

高橋大輔の「キャラバン」は前半に、「The Person I Should Have Been」は後半に登場する。
 アナウンサーの女性はドイツ語で話しているが、サラ・マイヤーのインタビューの後、高橋大輔を紹介し、「タノシンデ」と日本語を使う。スイス放送なのに・・・、ありがとう。
 アートオンアイスは他のアイスショーとは違う。、アーティストをメインにして、老若男女幅広く、幅の広い音楽性と心に残る演技ができるスケーターを選択して20年を試行錯誤してきた。
 だから、大きな映像で見ると圧倒される。素晴らしいとしか言えない。エキシビション集のようなショーにはない大きな存在感がある。

 フェンスにはセンスのない大きな看板は入れないで、舞台としての一部となっている。照明の美しさ、背景のマッチング。そして、ストーリー性。誰でもやってみたいと思うだろうが、培ってきた歴史と美術・照明・運営スタッフ・アーティスト・スケーター・振付け師、これらを支える8万人もの集客力があるからこそ、これだけの企画ができる。スイスはスケートは国民的になじみがあるものだが、世界的な名声を得たスケーターは少ない。
 それでもこれだけの目を見開かされるショーを開催する。高橋大輔が現役時代からずっとオファーされていたというが、引退後たびたびスイスに出演することで、彼の夢に近づく経験につながっている。
 彼は、素晴らしいものに接してきたときの心の振幅が強い。それをモチベーションにしたり、物事実現への学びの1つとして着実に積み上げる一つとしていく。

 さて、この素晴らしいアートオンアイスから、高橋大輔は今年は何を受け取ってきたのだろうか。
 5月の歌舞伎とアイスショーのコラボ、「 氷艶 」が次の大きなショーとして迫ってくる。その中に彼の経験や学びがつまってくるのだろうなと思うと楽しみでならない。

                                         一日一回、ポチッと応援していただけると励みにもなります                                                                     



 
       

by miriyun | 2017-02-25 11:24 | Comments(2)