写真でイスラーム  

mphot.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

2017年 11月 21日 ( 1 )


2017年 11月 21日

高原の朝焼け

1.旅の醍醐味は朝
 美ヶ原の山本小屋に宿泊した。旅の良さはいろいろあるが、自分にとって醍醐味は朝にある。
夕陽のころや昼の喧騒もその土地ならではだが、朝こそは人も少なく、その土地の美しい瞬間を切り取ることが出来る。
また自然の光が紡ぎだすその時限りの色は忘れえぬものになる。
 
だが、日の出前や夕闇の中に出るには、それができる環境があるところに泊まらないと、車も持たない身としては動きようがない。だからこそ、いつも宿泊ホテル選びにはこだわる。単独で、夜明け前に動くことが出来る範囲に宿があることはとても大事なのだ。
 今回は、王ヶ頭よりは高度が低くなるが、王ヶ頭に連なる美ヶ原の真っただ中の山本小屋を選んだのだった。      


2.朝焼け                                              
旅に行く前から、日の出の時刻は調べておく。
そして、日の出の1時間前には身支度を整えて、家族が寝ている部屋を抜け出す。


c0067690_01450399.jpg
部屋にいる時はまだ真っ暗と思っていても、そとにでて、東を向けばすでに空は焼けはじめていた。

c0067690_01454257.jpg
平行に浮かび上がる雲がオレンジ・ピンク・薄紫のグラデーションをなす。
c0067690_01461374.jpg
雲海が発生しはじめている南をみれば、アルプスの山のうしろに富士がくっきりと見えている。
c0067690_01475795.jpg
雲海部分をアップで見る。空には不思議な形の雲がぽかりと浮かんでいた。

c0067690_01482862.jpg
牧場の方まで、歩いていくうちに、いよいよ山の端に陽が昇り始めた。ギラリと姿を現したその光をとらえてみた。

c0067690_01484269.jpg
秋草と山々と太陽の織り成す色。
   日が昇るとこの夢のような時間はおしまい。

c0067690_01485990.jpg
高原の風が草をなであげるように吹き始めた。

                                                                                                                       

人気ブログランキングへ                                  ポチッと応援していただけると励みにもなります  


by miriyun | 2017-11-21 02:26 | Comments(2)