2017年 09月 16日 ( 1 )

サボテンを食べていたのはオンブバッタ!

1.オンブバッタ
オンブバッタというのは、親ガメの上に子ガメというように、親子のバッタかと思っていた。
しかし、実際は大きい体のメスの上に小さいオスが乗っているバッタということで、他のバッタのように交尾のためだけでなく、かなりの頻度でオンブ状態のままでいることが多いバッタである。
 
 オンブのように見えるので、子どもからもわかりやすい名でいっているだけで、別の名があるとばかり思っていた。だが、バッタ目(直翅目)・オンブバッタ科に分類されるバッタの一種で、オンブバッタで正式名だった。

 身体が細く色は周辺の草と同化しているので目立たない。黒い目もごく小さくて肉眼ではわかりにくい。

 そんなオンブバッタに庭で遭遇。なんと、育てているウチワサボテンにいた。サボテンはふだんカイガラムシがつかなければほとんど虫の害がないものだが、なんと食い荒らされていた。

 
c0067690_16355789.jpg


c0067690_1636653.jpg

ここまではなじみの姿だが・・・

c0067690_172269.jpg

正面から見たら、怪しい風体だった。


2.雨が降ってきた
c0067690_16365517.jpg

 サボテンに大粒の雨が落ちてきたら、それまでじっとして動かなかったのが、サボテンの裏側に移動した。もちろんオスを背負ったままである。
 横から見ると、サボテンの食べられ方がよく見える。固いトゲ部分は残しながらやわらかい部分をかじっている。
 
c0067690_16392719.jpg

黒い芥子粒のような小さな目とその周りの複眼、そして長い触角が特徴的なスリムなバッタだった。

 でも、ウチワサボテンが2匹分の食材になってしまっているので、雨が止んだら他の植物に引越してもらおう・・・。

                                          
人気ブログランキング
by miriyun | 2017-09-16 16:47 | Comments(4)