2015年 05月 29日 ( 1 )

素敵な言葉と写真と---高橋大輔

1朝の言葉

 美しい画像と言葉をみさせていただいてから丸一日、実はいろいろ厳しい日だったのだけれど、
この言葉をよりどころにして乗り越えていった。
 一日遅れで、ありがとう!!

c0067690_7264215.jpg


You have everything you need to make this an unforgettable day!!! It's really nice phrases!

今日を忘れられへん日にする為に必要なものを君は持ってるねん‼︎‼︎‼︎  
めっちゃいい言葉やん!(d1sk)

   Dさんのinstaからお借りしました。もとはこちら ↓
https://instagram.com/p/3MvaHPLJxn/?taken-by=d1sk_t

 関西弁が出るときほど、自然体かも?
いい感じで、響いてくる。

言葉も、写真もめっちゃいいけど(!!)
   Dさんの感性が感ずるものに、同期させていただけるのが何ともうれしい!


2.Dさんのカメラワーク
- 語学教室やダンス教室の帰りに、街歩きしつつ、ふと心にとまったものにカメラ(iPhone?)を向けるDさん。一時、僕には趣味がない!カメラもやってみたけど続かないとかぼやいていた。
でも、あれだけ一点集中型の人なのでよほどスケートのことを考えない状況に追い込まないと趣味と自ら言うには至らないだろうと思っていた。

で、今はその時!スケート靴も恋しいだろうが、
反面スケート靴の重さからも心の重さからも解放されている。

だから、写真がイイ‼︎
自分は専門的なことは言えない。
しかし長年の写真愛好家としていい写真だと思っている。
写真の出来は大きく引き伸ばせばカメラの良し悪しと技術に左右されてしまう。だが、どんなにいいカメラがあっても物や人やhistoryに感ずる心がなければ平面的なただの映りのいい写真になってしまうし、誰もその写真から何も受け取らない。

NYでおそらく大勢の人が100万もの写真を撮っているだろうが、
ダイスケさんの写真には、一味違う何かがある。
アートなデコトラックと背景の古びたたてものの光と影、
階段の文字にこそ注目した今回の写真では ただ正面から文字部分だけ撮ったら味気ないものになってしまう。それを 絶妙なアングルから撮っている。日常的な階段の落書き部分も含めてやわらかく表し、向こう側に見える道はぼかしている。

なんとピタリと表したいことがカメラで表せるんだろう。
そして何よりも技術を駆使した写真のようなきつさがない。
どの写真も温かい。

夜景であっても
花道一つとっても
作者のあの大きな目で見つめた景色への温もり感が伝わってくるのだ。

                      一日一回、ポチッと応援していただけると励みにもなります   

                                  

by miriyun | 2015-05-29 06:48 | Comments(4)