写真でイスラーム  

mphot.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

2015年 05月 27日 ( 1 )


2015年 05月 27日

NYを切り取る高橋大輔

1.NYを切り取る

c0067690_3193620.jpg

                    ↑https://instagram.com/d1sk_t/よりお借りします。

大輔さんの更新!「いいね~!」と・・。


この間から感じていたのだけれど、今回はっきりした。
写真の面でも、大輔さんの感性がとらえるものは、cool ! ! !

デコ車の壁面いっぱいのアート、宮本賢二先生やパスクァーレを描いた絵の感性とのつながりを感じるね。
ニューヨークの夜の明かりとビルとを一つの絵のように表した写真、
こんな風に撮れるダイスケさんがかっこいい!
あの街のもつエネルギーがじわじわとDさんの心を時にアートに向かわせているのかも・・・。


2.Cityscape of New York 
Dさんの目を通したNYを、自らの目線で切り取って、次々とinstaにあげてくれている。
よくありがちな高層ビルの遠景ではなく、今ふと歩いた中で見つめたところを撮っている。
おかげで遠くにいながらNYを身近に感じている。

ところで、背景のビルの斜め非常階段の並びがWest Side Storyを思い出させる。

大輔さんの2002年の世界ジュニア選手権に初出場して日本人男子として初優勝したときのSPとExがWest Side Storyだった。


Daisuke Takahashi 2002 W.J.C SP   お借りします


 SPでは、赤いシャツに皮のパンツ。当時15歳、まだ両手が頭を抱える振付け部分はまだジュニアのシャイさが出ていた。しかし、この振付、音を先回りして準備していないと音に遅れてしまいかねないのだが、世界ジュニア初出場ですでに音をしっかりとらえていた大輔さんであった。

 解説者にも、「非常に彼はスケートの滑りがいい。ディープエッジで、ステップではin out 乗り分け、シャープなターンをして 、それが音楽と合って・・ 」「身体の使い方もきれいですね」とすでにいわれていたのだった。

                      一日一回、ポチッと応援していただけると励みにもなります   

                                  


by miriyun | 2015-05-27 04:01 | Comments(0)