写真でイスラーム  

mphot.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

2012年 02月 22日 ( 1 )


2012年 02月 22日

ナイルの恵みと試練

ナイル川沿いの農業
c0067690_19542434.jpg

乾燥帯であっても川と運河があれば農業ができる。
それどころかメソポタミアは農業、特に小麦栽培の発祥の地であるし、ナイル川沿いはその川のもたらす水で豊かな農産物を得て強力な王権が成立した。

やっとそだつだけだろうとおもわせた乾燥した大地は想像よりも豊かに実りをもたらす。16世紀末にコロンブスがアメリカ大陸から持ち込んだトウモロコシは17世紀にはまたたく間にヨーロッパからアフリカ・アジアへと広がった。
ここエジプトでも育ちは良かった。
川沿いに灌漑水路が広がり、畑にはグイグイと天に向かってのびていく。そんなにのびてどうするというくらいにのびている。

一般的にとうもろこしの草丈は2mくらいだが、ここはちがう。
人の背丈に比べて伸び過ぎの感があるこの作物も十分過ぎる日の光に十分な水という条件さえ揃えば豊かな産物をきたいできることをしめしている。

現在世界の中でエジプトのとうもろこし生産量は15位、消費量では8位に入っている。

ここではスイカもナスもよく育つ。しかしながら、ナイルの恵みはいつも同じというわけではない。
アスワンハイダムによって5000年もつきあってきた洪水の害から逃れられるようにしたら、塩害で苦しんだ。そして今は上流での降水量が減り、水を必要とする人と畑は増えている。

当然のごとく水は不足する。
こうした中、ただ灌漑の用水路をつくるという従来の考えでなく、いかに蒸発してしまう水を無駄なく使えるかということを工夫しながらやっていかなければならない時代になりつつある。

                                               人気ブログランキングへ
                      
                                                       一日一回、ポチッと応援していただけると励みにもなります   

by miriyun | 2012-02-22 19:53 | エジプト | Comments(12)