写真でイスラーム  

mphot.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2008年 02月 08日

かもめ飛ぶ街(1)

ガラタ橋の東側。カラキョイに魚の市場がある。

 かもめがその市場の位置を教えてくれる・・・・
c0067690_7183729.jpg

c0067690_237245.jpg

水揚げされたばかりの魚が並ぶ市場は、意外なことに魚くさいとか思わず、きれいという印象だった。
 緑濃き葉を敷き並べ、その上に扇のように魚を並べる。魚のにおいが強くないことに新鮮な葉は関係しているのかもしれない。

 魚の頭やえらの部分には何が飾ってあるのだろう。鮮やかな赤がアクセントになった魚のディスプレでそれぞれの魚がよりおいしそうに見えてくる。
≪追記≫
*Fujikaさんより、コメントをいただきました。
 赤いものは、無理やりえらを引っ張り出して見せて、新鮮さをアピールしていると読んだことがあると言うことです。
 おかげさまで、これでえらだとわかりました。

*また、父からあごのところを折ると表面を覆っている銀色のが取れて赤いえらが出てくる。えらは魚の体などよりずっと鮮度が変化しやすくて、水揚げしたばかりのときは真っ赤で時間が経つとすぐに黒ずんでベターッとしてくる。漁港のそばなど新鮮な魚のあるところしかこういうことはしない・・・ということです。

◆以上2点により、赤い部分はエラそのものだとわかった。
 またこの美しいほどの赤はとても鮮度がいいということで、カラキョイの市場ではその鮮度を「ほら、こんなに新鮮、うまい魚だよ!!」とアピールしているのだった。
                         ポチッと応援よろしくお願いします

by miriyun | 2008-02-08 07:19 | トルコ | Comments(6)
Commented by orientlibrary at 2008-02-09 13:08
魚の並べ方に興味あります。日本だと左を頭に横向きですが、海外って縦に並べるところが多い気がします。とくに中東、、。
緑の葉っぱを敷くところも、いいですね〜。魚好きの私が思うに、魚好きの国民性でないとこういうきれいな並べ方はできないのでは?なんか心理が出てしまうものだと思うんです。。
Commented by Fujika at 2008-02-09 17:42 x
こんにちは。いつも読んでいます。
赤いものは、無理やりえらを引っ張り出して見せて、新鮮さをアピールしていると何かで読んだことがありますが、どうでしょう。

先日、アラブ菓子おとり寄せしてしまいました!先日の記事にあったナッツをまぶしたニンジンボールに似たもの(ジェゼリィエ)は自分で作るのですが、小麦粉生地のものは作れないので・・・。
東ほどシロップ大目、と教えていただいて、今回はレバノンを試してみました。確かにシリアより少し蜜が多かったです。でもおいしい・・・。
きっとアラブ各国の人はお国のバクラバが一番、と思っているのでしょうね。
Commented by miriyun at 2008-02-10 02:45
Orientさん、そういえばそうですね。日本は確かに横向き。だいぶ雰囲気変わりますね。左上の魚もバサッと置いたりしない周辺に並べるようにしていく。肴大事にしておいしく食べようという気になっていきます。
Commented by asiax at 2008-02-10 09:19
カモメ舞う市場、いいですね。
魚のディスプレイも興味深いですが、敷かれている緑の葉っぱも独特の形で気になります。葉っぱには殺菌効果や着香効果があるのかもしれませんね。柿の葉すしを思い浮かべながらそう思いました。
Commented by miriyun at 2008-02-10 18:21
わぁ~っ、Fujikaさん、それです、そうなんです。答えをありがとうございます。実は赤いところを拡大してみていて、えらかなとか思いつつ、こんな色していると聞いたことはないし、何しろ魚の体の一部のような・・・。そんな感じで自信がなくて書けないでいたのです。答えがはっきりしてすっきりしました。
 アラブ菓子、ほんとにお好きなんですね。やはりトルコが最も蜜が多そうです。私もまた食べたくなりました。
Commented by miriyun at 2008-02-10 18:27
asiaxさん、ありがとうございます。人は興味を持たないかもしれないけれど、自分の脳裏にこのかもめの飛ぶ風景が刻みついていて載せたくてたまらなかったんです。
 この葉が何なのかもわからないのですが殺菌効果ありそうな気がします。柿の葉すし・・・そうですね、自然の植物の力、いろいろ利用されているもの見直していきたいです。


<< ジェラッシュの音響効果       緊急事態かと思った >>