写真でイスラーム  

mphot.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2008年 01月 23日

スィナン建築のリュステムパシャ・ジャーミィ(2)

 ミマール・スィナン(シナン) はオスマン朝における最高峰の建築家である。スィナンが設計・建築を行ったモスクは130以上に上る。それらの中でも傑出したモスクに壮麗なスレイマニエ・ジャーミィがあり、小さいが特筆に値するリュステムパシャ・ジャーミィがある。

 その位置関係を見てみよう。
c0067690_6551257.jpg

 丘の上の4本の塔を持つのがスィナンがつくったカーヌーニ・スルタン・スレイマンのためのモスク、スレイマニエ(シュレイマニエ)・ジャーミィ。
 そして左の丘の麓、エジプシャンバザールの先の問屋街にあるのがリュステム・パシャジャーミィである。
 リュステム・パシャはスレイマンの引き立てで、皇女ミフリマー・スルタンの夫になり、大宰相にまで上りつめた人物であった。この宰相は1700人もの奴隷を所有していたという財産家であった。その財力を使ってスィナンに依頼したのがこのモスクだ。

c0067690_6583650.jpg


  見る位置を変えると、リュステム・パシャがシュレイマンに寄り添うような位置になっている。シュレイマンの宰相らしい。
 ただし、あまりにもふんだんにお金をかけたタイル使いをシュレイマンはどう思ったのだろうか。
                           ポチッと応援よろしくおねがいします

by miriyun | 2008-01-23 07:08 | トルコ | Comments(4)
Commented by ぺいとん at 2008-01-23 18:05 x
ドームの街と言った眺めですね。(逆に○○ケバブハウスが浮いているようです。)  
船上から見上げるシュレイマニエ・ジャーミィも素敵ですが灯りが灯ってお互いを引き立たせる様は憎い作り方です。忘れられない景色になりますね。

スターウォーズエピソード1のナブーはこういう景色がモデルになっているのかなと頭をよぎります・・・
Commented by miriyun at 2008-01-23 22:18
金角湾を望む丘の上を選んで建築しただけあってスレイマニエはどこにいてもその姿を確認できます。夕刻から夜景がとてもいいです。その麓に1本の塔だけを持つリュステムパシャが控えています。スターウォーズエピソード1のナブーというのは見たことないのですが、どんな感じなのか興味を持ちました。
 ところで、小さい文字なのにケバブハウスよく読みましたね。気付きませんでした。確かに写真上は何度もこの建物目立ちすぎ、ジャマとか思っていました。なぜなら、この建物この時刻を過ぎるとケバブハウスそのものをライトアップするのですもの・・・。風情がなくなってしまうんです。
Commented by Azuki at 2008-01-25 03:36 x
夜のライトアップ、素敵ですね♪本当に寄り添うように建っているんですね。この時刻を逃すと・・・(笑)この時刻を目指して見ないとですね!
スターウォーズエピソード1は機会があったらおすすめです^^私はそれを見た後にこういうジャーミーを知ってびっくりしました。同じです(のように見えるんです)こういうところがあったらなぁって思っていたら本当にあったのでびっくりしました。あと私好みの土色の村?が出てきますが、そこも実際にある場所(チュニジア?)でびっくりでした。(関係なくてすみません~)
Commented by miriyun at 2008-01-26 04:04
Azukiさん、この時刻を逃すと・・・ほんとにケバブハウスはけばくて困ったものです。
 スターウォーズって、もしかして異星?の雰囲気を中近東の実在のところで間に合わせていたのかも??確かにチュニジアで撮影に使われたところがたくさんありました。もしかしたらイスタンブルの景色もそのまま使った可能性がありますね。今度見てみたいと思います。
 


<< うねる植物文様…リュステムパシ...      リュステムパシャのタイル(1) >>