海から見るイスタンブル(1)

c0067690_1171226.jpg
 

 イスタンブルは街そのものが歴史遺産であって歩いて出会うものすべてが興味深い。
 しかし、この街は海に囲まれた、世界でもまれな何通りもの海と海峡を見渡せる場所に位置する大都市であることを忘れてはならない。
 海から眺める街は、また異なる視点で見るきっかけにもなる。

 ボスフォラス海峡と金角湾の重なる位置から、旧市街を望む。
 右下がりに4本の塔を持つ丘の上のモスクはスレイマニエ・ジャーミィ。
 この街はいくつかのランドマーク的建物があるために、どこから見てもその位置がわかるのが旅人にはありがたい。

c0067690_11323298.jpg


 反対側を見れば、新市街、町並みが色合いも含めて異なってくる。ここではガラタ塔がランドマークとなっている。
 ビザンチン期には、このあたりはジェノア人・ヴェニス人の居住区であったが、その居住地の名残はこのガラタ塔だけに残されている・

 ☆歴史的に興味深いのは、この街をビザンチンを倒して勝ち取ったオスマン朝のファーティフは、この地からキリスト教徒やユダヤ教徒を追い出そうとはしなかったことだ。
 代々のスルタンも、占領地に住んでいる異教徒の居住ばかりか信教の自由も与えた。
 そのため、このあたりにはたくさんの教会・シナゴークが存在する。

★この信教に関する寛大さというのは、イスラーム特有のものであって、シルクロードでもいまもってシナゴークが活動している点やエジプトでコプト教が栄えた点など、その例は枚挙に暇がないほどだ。


                           ポチッと応援よろしくおねがいします

 
by miriyun | 2008-01-11 11:07 | トルコ | Comments(6)
Commented by lunta at 2008-01-12 12:58 x
NHK BS1の「奇跡の映像 よみがえる100年前の世界」、ご覧になってますか?昨晩は中東の回、オスマン・トルコの崩壊から中東の宗教対立が始まったということがとてもわかりやすく説明されていて、不勉強な私にはとても興味深かったです。
Commented by miriyun at 2008-01-12 14:06
luntaさん、興味深いところですね。お知らせいただきありがとうございます。オスマン朝とアラブの微妙な関係が気になっているところなので、見たかったです。でもなんといまだに我が家ではBSが見られないのです。残念!
Commented by peque-es at 2008-01-13 20:28
中世、アラブの支配下にあったスペイン南部でも、色んな宗教が共存、混在していた事が知られていて、コルドバやセビージャなどの町には、ユダヤ地区という名前が今も残っています。
スペインにおけるアラブが、他の宗教に対して寛容だったのは、経済的な理由もあったというような事を読んだ覚えがありますが、キリスト教はその後レコンキスタで、イスラム文化を排除しようとした。
ユダヤ教、キリスト教、イスラム教は、元を正せば同じようなもので、唯一絶対の神を仰いでいるのに、他の宗教に対する姿勢が違う。キリスト教は他の宗教に対して非常に不寛容? 政治的、歴史的な背景もあるのでしょうが、興味深いですね。
Commented by miriyun at 2008-01-14 03:58
pequeさん、コルドバやセビージャなどの町には、ユダヤ地区という名前・・・スペインでもそうなんですね~。
 各地に残る異なる宗教の地域に宗教観のちがいがあらわれていますね。
 つくられたイメージというのもあって、この寛容さを知らない人も多いのではないでしょうか。
Commented by ransyu at 2008-01-14 21:40 x
miriyunさん、いい写真ですね~。何度も言いますが、行ってみたい。
ところで歴史的にはイスラムは基本的に寛容なんですね。エルサレムで血をながしたのもキリスト教側だったとか。
ただ司馬遼太郎さんだったか、今のイスラムは骨と皮ばかりになって本来の良さがなくなっている、というようなことを言ってました。今の原理主義者を主に指しているんだと思います。これがイスラム全体のイメージを悪くしているのではないでしょうか。
Commented by miriyun at 2008-01-14 23:40
ransyuさん、写真を見ていただいてありがとうございます。写真が原点なのでじっくり見ていただくことがとても嬉しいです。
 イスラームについてはおっしゃるとおりですし、司馬遼太郎さんの言葉もそのとおりだと思います。本来の良さを取り戻してほしいものです。


<< 『青のマンダラ』The Blu... 『慈雲』 The Clouds... >>