夜のスルタンアフメットジャーミー

c0067690_7151995.jpg

 スルタンアフメットとアヤソフィアの間に円形の池がある。この池に両建築がそれぞれ写る姿が見られる。夜もそれが美しい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 イスタンブルの見所の多くはスルタンアフメット地区に集中している。

 スルタンアフメット地区は旧市街にあるが、日本人のツアーでは新市街に宿をとることが多い。実際、初めてツアーできたときに新市街のヒルトンなどになっていたが、きれいなホテルが好きな人、どこへ行っても同じ環境を求める人にはいいかもしれないが、私はこれ以後は旧市街に宿泊しようと心に誓ったものだ。
 
 イスタンブルは以前より交通の便が非常によくなっており、昼間の移動・夕刻の移動も一人でまったく心配ない。しかしさすがに夜は出にくいものだ。しかし、自分が最も写真をとりたいのは夜明けと日暮れ・夜景でありそのためにはホテルと被写体の距離感が重要になる。

 地図を眺めながら、夜ここまでの距離は?とかホテルからアヤソフィアやブルーモスクを眺められるか、そのとき塔は何本まで見えるのか、朝日、または夕日をバックにした姿が見られるのかを考える。そんな準備の時を過ごすのが好きだ。
 だから、旅の始まりは空港からではなく地図を見始めたときからといってよい。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 昼間は雨で池の水も揺れてしまっていたが、夜はその姿をしっかりと映し出していた。 


                            ポチッと応援よろしくおねがいします
by miriyun | 2007-11-30 07:17 | トルコ | Comments(6)
Commented by orientlibrary at 2007-11-30 22:23
じつはオスマンの威風堂々としたモスク、苦手なんです。正直、あまり外観は見たくないくらいです。
でも、夜、、きれいです。偉容を誇る感じではなく、頼りなげにさえ見え、、おとぎ話みたいですね。夜を基本に作ったのかと思うほどです。見方が変わりました。否定せずに、いろんな角度で見た方がいいですね。
Commented by Azuki at 2007-12-01 02:51 x
確かに夜はどうしても出にくいような感じがしますね。夜が一番見所のように思うけれど。地図から始まるってなんだかわくわくする気持ちがあります^^池に映る姿ってのもおつですね~素敵です☆
屋根のボコボコっと出てくるようなデザインがやっぱり面白いです。ミナレットもやっぱりしまりがあるというかいいです~(ほんと言葉では言い表せませんね・・・)
Commented by miriyun at 2007-12-01 10:50
Orientさん、威風堂々・・・確かにそうですね。立派なんだけど外観に色はないですし圧力があります。町を歩くとこんなのがゴロゴロ、言葉は悪いですがほんとにたくさんです。
 夜や朝はその形だけを映し出し、様々な表情が見えてくるので好きなんです。
 
Commented by miriyun at 2007-12-01 11:21
Azukiさん、見ないうちにイメージしておくと何を見たいのかはっきりしてくるものです。でも夜はさすがに私もホテルのすぐ近くで人通りの多いところしか行きません。この写真撮影場所は人は少ないのですが、写真家達が集まります。
Commented by asiax at 2007-12-02 09:19
ライトアップで浮かび上がり、そして池に浮かぶモスク、美しい写真ですね。
三脚を立てて撮影されたのでしょうか。
私も新しいきれいな宿よりも、コロニアルタイプやその土地の伝統家屋の宿、またその町のメインルートにあるよりも、部屋の窓を開けたら人々の暮らしが垣間見れるような場所を選んでいます。
Commented by miriyun at 2007-12-02 15:05
この旅は他に目的のあった旅なのと、完全な一人旅ではなかったので三脚を持つことをあきらめたのです。また、雨なのでカメラも手軽なものでといということで、写真も意識していたわりには装備はないに等しいのです。結果はやはり後悔しました。暗いモスクや夜景を手持ちで撮影することは無謀というものでした。
ホテルはそれぞれの目的次第ですよね。


<< 鳥!…鳩のイェニ・ジャーミー トプカプ雨上がり >>