写真でイスラーム  

mphot.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2007年 11月 27日

ユルドゥズ宮殿

 ユルドゥズ宮殿は、ヨーロッパ側新市街のベシクタシュにある。
 門をくぐるとそこには2階建てのこじんまりとした瀟洒な装飾の建物がある。1850年にスルタンアブドュルハミド2世がまだスルタンでないころに建てさせ、自らもここに33年間暮した。

 なぜ、華麗なるドルマバフチェ宮殿があったのにそちらに住まず、このこじんまりとした宮殿に住んだのかわからない。
 しかし、オスマントルコ帝国が崩壊寸前の時に即位し、彼こそがその政治で帝国を安定させ33年間もの間在位することとなった。彼は多くの近代的学校を建設し、文化・芸術の擁護を行い、私財をなげうって道路や鉄道の建設にも力を入れた。
 
c0067690_2301598.jpg

 現在、ここはIRCICA(イスラーム歴史芸術文化センター)の本部になっている。
c0067690_3491516.jpg

 この脇にイスラームの施政者がつくることの多い水道のモニュメントがあり、そこにはスルタンのトゥーラ(トルコ語読み)あるいはトゥグラー(アラビア語)と呼ばれるサインが示されている。

c0067690_3455464.jpg

 
 そこには、アブドュルハミド・ハーン・ビン・アビュドュルメシド・アル・ムザッファル・ダーイマと書かれ、永遠の勝利者と称号されている。 
                                ポチッと応援よろしくおねがいします

by miriyun | 2007-11-27 03:35 | トルコ | Comments(5)
Commented by ぺいとん at 2007-11-27 16:44 x
舌を噛みそうな名前が沢山出てきますね~。 
白い水道の壁に絡まる蔦がいい色です。真っ赤になった葉もきれいですがこのような赤になりきらないときのほうが風情があるような気がします。 
花押が緑に縁取られている様子も見てみたいものです。新緑の頃、またお出かけになってくださいませ♪
Commented by 中国語アドバイザー愛沙 at 2007-11-27 18:02 x
世界史の教科書で習った事が蘇ります。
どの時代にも庶民派のりっぱな功績を残された方がいらっしゃるのですね。

シティバンクの件でアメリカはアラブに貸しができたと考えるのは私だけでしようか?

ランキング応援中!

愛沙の「実践現代中国語単語集」
インドシナ経済圏を覇権せよ~暗躍する「賄賂」の効果!
こちらにもお越しください。
Commented by 中国語アドバイザー愛沙 at 2007-11-27 18:44 x
スイマセン訂正です。
シティバンクの件でアメリカはアラブに借りができたと考えるのは私だけでしようか?に訂正します。貸しと借りは意味が180度違いますね


Commented by miriyun at 2007-11-28 01:49
ぺいとんさん、おっしゃるとおり、オスマンのスルタン名や地名は舌をかみそうなばかりかちょっとの違いだけで間違えそうな名前がたくさんあって・・・。実際私はその地名でもって大きな失敗をしています。そのうち、それも書きますね。
Commented by miriyun at 2007-11-29 22:27
愛沙さん、ようこそ。
 それぞれの国の文化財からもいろいろな歴史が見えてきます。特にアジアはそういう歴史の深さがありますね。


<< イスタンブルで本田孝一アラビア書道展      ほくほく焼き栗…赤い屋台(2) >>