写真でイスラーム  

mphot.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2007年 08月 18日

小花文様のタイル

  トプカプ宮殿は長い歴史の中、増築に告ぐ増築をしたので、さまざまなデザインの小部屋が連なっている。
 スルタンの住まいには、壁の面ごとのデザインとしてとらえる大きなデザインが多い。だが。小さいものもじっと見てみよう。ペルシアとも中央アジアとも異なるトルコならではの特徴が見えてくる。 
 トルコならではの小花文様を集めてみた。
c0067690_0571732.jpg


  とくにトルコらしい花・・・すべて真上から見たもっともわかりやすい形で描いている。ただ、例外としてつぼみだけは横から観察した形になっている。そのつぼみがとても新鮮に見える。

c0067690_0565853.jpg

  ペルシア風に横から割ったような文様があるが、その線の引き方はこれに限って言えば、ペルシアの繊細さはないようだ。やはり真上から見た花柄が真骨頂のようだ。

c0067690_0573634.jpg

この小花模様がなんともかわいい!

そして、こういう模様の特色は絨毯の柄にもなり、互いに影響を与えあってきたものなのだ。
                            ◆ポチッと応援してくださると嬉しいです。     

by miriyun | 2007-08-18 23:48 | トルコ | Comments(10)
Commented by orientlibrary at 2007-08-19 09:30
明るいブルーの中の赤がアクセントになって、とても可愛いですよね。
武器と同時に花を愛したスルタンたち、勇猛な一方で美しいものを好み、その力を知っている、、 中世から近世のイスラムの帝国の厚みを感じます。やはりこの「厚み」はすごいですよね。
中央アジアの建築を見ると、トルコ系の美の世界をもっと知りたい!という気持ちが強まってきます。
Commented by ぺいとん at 2007-08-19 17:44 x
本当、とってもかわいいですね!!!
風車が回るみたいな、スカートが広がって踊るみたいな♪(メヴラーナ教団の踊りみたい!?)
どんな人がデザインしたのでしょう、幸せな生活を送っている人じゃないかなと思ったりもして。
Commented by Azuki at 2007-08-19 19:45 x
かわいいですね^^
こういった小さなものもジーっと見つめてしまいますね。こんなかわいらしいタイルのあるお部屋、素敵です♪
トルコの絨毯も見てみたくなりました♪
Commented by miriyun at 2007-08-20 03:19
Orientさん、おっしゃるとおりやはりスルタンの影響がおおきいですね~。
 スルタンは帝国の支配者として大変大きな力を振るいました。でもそれだけでなく文化面においては花を好んだり、書に親しんだり、また科学者であったり有能な人がたくさんいたようです。
 帝国の後半には能力に欠ける人もいたようですが、一度も他国に支配されることのなかったオスマン朝はトルコ文化の担い手として名を後世に残すことになったということで、まだまだ深いトルコ文化です。
Commented by miriyun at 2007-08-20 03:23
ぺいとんさん、風車がまわる・・・そうですね。その表現ぴったりです。
 この模様、決して筆遣いが精緻であるわけではないのですが、なんだか気にオなる文様です。こういう文様としては珍しく動きが感じられるからでしょうか。何しろ可愛い!タイルです。
Commented by miriyun at 2007-08-20 03:27
Azukiさん、時代はばらばらなんですが、次々とデザインが考え出されたようです。その中で、最終的にどれがいいかはやはりスルタンの好みだったのでしょう。
 絨毯も花模様多いですよ~!
Commented by yokocan21 at 2007-08-20 18:39
わぁ、ありがとうございます!トルコタイル♪
何で、お花模様がデーンとしてるのかなぁ、と思っていたら、真上から見たデザインだったんですね。納得。ペルシャものもと比べると素朴感が強いですけど、それはそれで結構可愛いんですよね、トルコのも。
これらイズニックタイルやヘレケの絨毯の文様を見ていると、どうしてもペルシャへの憧憬れを感じるんですけど、どうなんでしょうね。
私、イズニックタイルで、小さなティーテーブルを作ってもらうのが夢です!
Commented by miriyun at 2007-08-20 20:56
yokocanさん、デザイン性でいうなら古代からペルシア方面からその北あたりのデザインは群を抜いていました。
 ですから、何らかの影響は受けているでしょう。えも、オスマンは中央アジアのトルコ系民族とも異なる独自の一大文化を築いたことは確かです。それが現在こうして宮殿とモスクで集中的に見ることができる。
 平和ってありがたいものです。

 イズニックタイルのティーテーブル素敵ですね。お茶がおいしいばかりか、いい時間が持てそうですね!!
Commented by りっち at 2010-11-25 22:29 x
すごいです!いろいろ知っているんですね。私もこれからいっぱい知りたいです!
Commented by miriyun at 2010-11-27 09:30
りっちさん、ようこそ!
ここではイスラーム圏の自然や文化・人々について幅広く取上げています。楽しんで身近に感じていただければとてもうれしいです。


<< トプカプから望むマルマラ海      らくだの襲撃、あわれ! >>