写真でイスラーム  

mphot.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2006年 05月 10日

馬上の人(2)…サハラ

 
c0067690_23383520.jpg

  乾燥帯では、乗り物といったらラクダのイメージが強いが、実は馬もよく使う。
砂漠では、はもっともっと走りにくいものかと思っていた。
 しかし、実際に見てみると、砂漠でもは想像以上のスピードで疾走できる。馬は小回りが利き、疾走できると言う点が優れている。
c0067690_1765383.jpg

            ↑ 砂漠の中のオアシスにて・・・ノマド 
やしの木の根元に水路があリ、水が流れていた。

 砂が深くて崩れやすい砂丘の場合や、水を得られない条件が続く場合は圧倒的にらくだが有利になる。したがってらくだと馬の両方を所有する場合、どこに何をしに行くのか、水が充分あるところなのかどうかを検討して、どちらを使うかそれぞれが判断することになるのだ。

興味をもったら一日一回ポチッとお願いします。


by miriyun | 2006-05-10 23:36 | チュニジア | Comments(0)


<< 寛容の精神 サラディン&十字軍      馬上の人…ぺトラ >>