写真でイスラーム  

mphot.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2006年 02月 06日

小麦畑と脱穀の様子

 西アジアは小麦の原産地だ。ホブズ・ナン・エクメッキなど国によって呼び名は様々だが、パンはみな抜群においしい。そして小麦畑の風景はすばらしい。
 今回は、その中からトルコの小麦畑と脱穀方法の一つを写真で紹介しよう。
まずは、これがトルコ中部の広大な小麦畑だ。
c0067690_244230.jpg

では、私の好きな「How to~」・・・脱穀の巻
① この一面の畑で小麦を刈る。刈り取った麦の束は無造作に積まれる。
c0067690_343846.jpg


② 収穫した小麦を農道にばら撒き、その上をトラクターでひいていく。この道を通る車にひいてもらう(追記)。
c0067690_2561530.jpg


③ はきよせて、軽いワラくずと小麦を分ける。手前の黒い部分は通常の車の通る幹線道路である。
c0067690_2594613.jpg


④ 小麦だけを袋につめる。
c0067690_315577.jpg


⑤ 農道にワラくずだけが残る。そのうち、風に飛ばされ畑に戻る。
c0067690_321529.jpg

 写真はいずれも高速で走行中のバスから1/1000~1/2000シャッタースピードで撮影したものである。 したがって、撮影地はそれぞれ異なる。つまり、この農道に沿ってあちらこちらでこの作業が行われていたということである。

 この脱穀方法だが、米には使えない。米はもろいのでこんなことをしたら粉々に壊れてしまう。殻の固い小麦ならではの方法でなるほど大量の小麦を扱うのにいい方法だと思った。

☆ この話をしたら、S氏から中国も車による小麦の脱穀をしているとの情報をいただいた。
もしかすると、アジア各国を調べたらおもしろそう・・・・と思ってしまった。


興味をもったら一日一回ポチッとよろしくお願いします。
blog Ranking
 
     

by miriyun | 2006-02-06 02:36 | トルコ | Comments(2)
Commented by orientlibrary at 2006-02-08 20:13
あれ?!・・ 通りがかりの自動車にひかせて脱穀するのが一般的なんだと思ってましたが・・・自分のトラクターで自分でひくんですか? 今はわかりませんが、以前インドでそうしていたような(よく見かけた気がします)、&他の東南アジアでも見かけたような気が・・ 幹線道路(現地で言うハイウエイ)に麦を置いて車を待ってて、、 運転手さんはうんざりした様子でしたが、、 ただ、年のせいか、記憶が曖昧です。まったくいい加減なことを書いてたらごめんなさい〜!
Commented by miriyun at 2006-02-08 21:37
中国もインドも東南アジアもということは、コンバインが整備されている国以外はかなりこの車ふみをやっているということで、想像以上に一般的なんですね。
 こういうことって見慣れてしまうとなんとも思わなくなってしまうんですけどはじめてみたときは新鮮な驚きでした。ハイウェイだと確かにドライバーや車の乗客にガサゴソ感がありそうですよね(笑)このトルコは農道と仮に言いましたがもちろん舗装した車の通る道です。高速バスやトラックは幹線を通りますが、地元の車はこの脇の道を通っています。言葉足らずでしたが、もちろん一般車にもひいてもらうことになるわけです。
 おかげさまで言葉の不足がわかりましたので、直させてもらいますね、また、インド・東南アジア情報ありがとうございました。こうやって交流している中で、おやっと思うこと・新たに知ることなど、み~んな貴重です。


<< オリーブ石鹸      農村の風景 >>