写真でイスラーム  

mphot.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2017年 05月 27日

藤田一郎さん「見ることと脳の認識の違い」

脳科学者 藤田一郎さんの話*目に写るようには認識できない

 脳科学者 藤田一郎さんの話が面白い。

見るということについて漠然と思っていたことがあったのだが、その気持ちがこちらのお話を読ませていただいて納得できた。
COMZINE BACK NUMBER 「私たちは見ているつもりになっているだけなんです」 藤田一郎

「見る」ことは、見ているつもりになっているだけで、実際は脳が再構築してくれているということで、いくつかの画像を例に、わかりやすく解説されている。

 一つだけ例を見させていただく。
c0067690_11145037.jpg

                  (上記URLより、藤田一郎さんの画像を引用)
銅鏡の写真だが、左も右も同じものだという。ただ上下反転してあるだけ。
それなのに、左は銅鏡の中央部が凸に見え、右は凹んで見える。
(実際、私もこの画像そのものを上下反転してみた。すると左側は凹んで右側が凸状態に見えた。)

左は文様部分が明るいのは上であり、右の写真の明るいのは下である。
私たちの脳が、光は上からあたるものと認識しており、
そのため中心の大きな円の下が黒いのは円が山のように盛り上がっているから影になっていると判断して。中心の円が盛り上がっていると脳が再構成した画像を私たちに送りつけくる。
それに対して、右の場合は上から日が当たっているはずなのに中心の円の上の方に影があるのは、ここが凹んでいて上からの光が入らないか影になっているのだろうと脳が勝手に判断をする。

その結果、同じ銅鏡を見ているにも関わらず、凸だったり凹んでいたりして見え、実際はどちらなのかは他の条件も検証してみなくてはならない。トリックアートなどもそういう人間の視覚と脳の再構築をうまく利用したものなのだろう。


2.自分なり画像回転実験と理解したこと<
◆コインを使って同じような実験材料にならないかやってみた。
c0067690_13434849.jpg


しかし、脳がそれぞれ数字や形状を明確に覚えてしまっている上に、レリーフが浅くて明確な影ができないため、これと同じような実験ができなかった。

◆そこで藤田氏の画像をお借りして、画像ソフト上で回転させて、どこで画像が凹んで見えるようになるのか試行してみた。

①まずは最初の画像。回転していない0度の状態。凸
c0067690_12384810.jpg


②時計回りに画像を回転させて90度になるも画像の見え方は変わらず凸。
c0067690_12385012.jpg


③153度で凹んで見えた。
c0067690_12385254.jpg



④180度で凹んだまま。
c0067690_12385526.jpg


⑤285度で凸に戻る。
c0067690_12525475.jpg



180度を中心に左右とも数十度の幅があるだろうと仮定してやってみたのだが、
なんと時計回りに回転していくと、270度を越してもずっと凹んだままという結果だった。

方法を変えて一気に90ずつ変えてみると0・90・270度は凸で、180度だけが凹んでいた。
そして、おかしいなと何回も実験していくうちに前の画像をいつまでも覚えていて、凹んだまま318度になるまで凸にならない・・・など、回を重ねるたびに異なって見え始めた。

そして最後には、脳が覚えてしまったのか、どんなに回転しても中央の円は凸のまま変わらなくなってしまった。完全に脳がインプットしてしまったのだ。と言うことは経験や人によっての違いもあるということで、上に掲げた銅鏡の回転写真もmiriyunがみて凹や凸に見えるだけであって、読者の皆さんに見てもらえば、そうは見えないということもある筈なのだということに気付いた。
~~~~~~~~~
 確かに見ているものと脳が認識するものは別であったし、
脳は学習するのだということまで感じさせていただいた。

                                     
人気ブログランキング


by miriyun | 2017-05-27 13:19 | Comments(2)
Commented by hinagesi-k at 2017-06-16 21:20
影の場所によって変わる凸凹面白いですよね。
父が教えてくれました。父は理屈っぽい人だったので、自分で不思議と思った事を実験したり、本を読んで知ったりしていたので、狐火やブロッケン現象の事などの掻いてある本がありました。
凸と凹の実験久しぶりに試してみたくなりました。
Commented by miriyun at 2017-06-20 14:34
谷間のユリさん、
お父様、ネットのない時代に本を読んで未知の世界にはいっていくのは、
本当にワクワクするものですよね。
そのワクワクする世界が今でも好きです‼︎


<< 小池百合子都知事とアラビア書道      氷艶 殺陣続き…高橋大輔 >>