氷艶 殺陣続き…高橋大輔

1.善を率いる義経
c0067690_793290.jpg

弁慶の亀鶴さんの声と演技が素晴らしかった。染五郎さんの演出ではどの出演者も各々の技術と個性をとらえて最大限に活かされていた。
その中でさらに目を引くのが、歌舞伎ファンの方がつぶやいておられた真ん中に立つべき人たちなのだ。


2.懲りずに殺陣
c0067690_793560.jpg

この方、初めての稽古で構え方を染五郎さんに教わっていて刀を落とした方ですよ。
自分で「下手すぎて、びっくりした」と言っていた方ですよ。

◆一瞬の動きを分解して見た、
c0067690_7122136.jpg
刀を振り上げながら跳び上がる。TVカメラが追いついていない
c0067690_7122572.jpg
衣装が激しく飜る
c0067690_7122880.jpg

c0067690_7123057.jpg
斬りつけ、
c0067690_7123235.jpg

身を沈める。
この後は弾正に向かって振り返って構えるわけだが、

大輔さん、
競技の時も体のキレは随一で、振り返りの速さは抜群。

殺陣の中で、一連の流れが淀みなく
キレがいいので振り返って敵に対峙するのが誰よりも速くてピタリと止まる。
だからこそ静止姿勢と睨みが美しい絵となって観客の心にズンと響くのだった。


by miriyun | 2017-05-24 07:13 | Comments(2)
Commented by hinagesi-k at 2017-05-27 10:58
好い物を見せて頂きました。
一芸に秀でる者多芸にっ通じる(一寸違って居るかもしれませんが)と言う事を聞いて居ます。
実物を見る事は中々出来ませんが、想像の世界は広い方なので楽しく拝見いたしました。
繰り返し拝見させていただきます。
Commented by miriyun at 2017-05-27 13:28
谷間のゆりさん、
本当に一つを極めるような人は、何をやっても極めるという意識が高いです。才能に加えて惜しみない努力で常に自分を鍛えていくという姿勢が素晴らしく、ついつい書きたくなってしまいます。


<< 藤田一郎さん「見ることと脳の認... 衣装と殺陣と・・・高橋大輔 >>