写真でイスラーム  

mphot.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2017年 01月 27日

空の向こうに日が昇る

日が昇る  
熱気球がただよう。

・・・静寂の空間のその向こうに赤らんでくる空。
c0067690_792077.jpg

雲が山の端にかかっている。
c0067690_792664.jpg


c0067690_79328.jpg

気球はゆっくりと回転しているので、人は長方形のカゴの中でどの向きになっていても
日の出を見ることが出来る。
c0067690_793460.jpg

平地で日の出を撮影するのと違って、回転しているが故に画像の中での太陽の位置は一定していない。
c0067690_793780.jpg

c0067690_794133.jpg

カッパドキア、
静寂の中の日の出でした----!

                  一日一回、ポチッと応援していただけると励みにもなります   

                                                                  
人気ブログランキングへ

by miriyun | 2017-01-27 09:34 | Comments(4)
Commented by petapeta_adeliae at 2017-01-29 04:24
気球はゆっくり回転しながら飛ぶって知りませんでした。
トルコは朝夕と日中の気温差が大きいから
気球用の仕度を持って行かれたんでしょうね。
Commented by miyabiflower at 2017-01-29 17:54
ご無沙汰しています。
どちらの日の出?と思ったら
カッパドキアでしたか。
新しい一日の始まりは神秘的な色彩で始まるのですね。
地上からではなく 気球からの光景、
きっと感動的だったことと思います。
少しずつ更新していきますので
今年もよろしくお願いいたします。

Commented by miriyun at 2017-02-02 07:14
ソーニャさん、
回転すると360度周りを見渡せるのがよいところです。
内陸ですので、日中の気温と早朝の気温はかなりの差がありますね。
いつも荷物が増えてしまいます。
Commented by miriyun at 2017-02-06 01:55
miyabiflowerさん、
こちらこそ今年もよろしくお願い致します。
夕景も大好きですが、
朝はさらに何か特別な思いになれる時で、しかも空の色がとても美しいのでとても見たくなってしまいます。


<< ハート型は相性がいい*エブル      『安らかなる魂』The Pea... >>