写真でイスラーム  

mphot.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2017年 01月 19日

空の旅*バルーン

1.高いところは・・・    
高いところは苦手、吊り橋も、ジェットコースターも大の苦手で乗らない。

ブルブル震えてしまう。
高い山もダメ、ただしこちらは高山病になりやすい体質のため・・・

でもなぜか空の旅は何でも好き!

こわさは感じない。

c0067690_722825.jpg

こちらはトルコのカッパドキア

2.気球の最初は
c0067690_724148.jpg

気球は巨大な袋。長々とのばされた気球に横からバーナーで熱風を吹き込むことから始まる。

c0067690_724992.jpg

すると熱い空気のせいでその袋状のところが立ち上がっていき、バルーンらしくなってくる。
その間、まだ明けぬ暗いうちから待機している乗る予定の人たちはドキドキしながら待つことになる。

c0067690_72564.jpg

バルーンは未明の大地に次々と立ち上がる。
                                                一日一回、ポチッと応援していただけると励みにもなります   

                                                                  
人気ブログランキングへ

by miriyun | 2017-01-19 07:10 | Comments(2)
Commented by hinagesi-k at 2017-01-19 12:34
熱気球一寸乗ってみたい気がしますが?????
何しろ高所恐怖症ですから。
でも飛行機は乗ってみて火の見櫓とは違うと思いました。
山登りは好きな方でしたが、熱海の崖はだめなんです。

子供の頃に見たキンダーブックにラグーザ・タマの風船遊びに
今の熱気球の様な絵が有りました。
今から80年近くにこの絵を見た時には人間が載るような風船が出来るとは想像もしませんでしたが、風船爆弾を飛ばした話を聞いた時は今を想像しました。
そんな歴史を感じる熱気球です。
Commented by miriyun at 2017-01-24 07:39
谷間のゆりさん、
崖が苦手で、飛行機は大丈夫とおっしゃることに、
そうなんですよね〜と、うなづいています。
飛ぶものは高さの実感がないのか、あまり怖くないのです。乱気流はぞっとしますが・・・。
バーナーでの熱気だけで高度を上げることが出来る仕組みはすごいです。


<< 『青の流砂』Blue Quic...      久しぶりの霜柱 >>