クロホウジャク

クロホウジャクのホバリング 

先日、花を撮影していてとても気になる生き物がいた。
c0067690_6555692.jpg

口吻の長さの長いこと。この時はコスモスだったので、こんなに長くなる必要はないが、花の中には蜜までの深さがとても深いつぼ型の花も多い。そんな花々に対応して口吻が長く発達したクロホウジャクだった。


c0067690_658624.jpg

クロホウジャクはスズメガ科でほっそりとした三角形の翅をもち、これをすばやく羽ばたかせて飛ぶ。その姿が気になりカメラをかまえてみたが、思いのほか、速い。
いや、よく見えないくらい速い。

なんとスズメガ科は時速50kmにもなる種がいるというくらいで、速いのには定評があるのだった。


もちろん飛び方がパタパタとかヒラヒラという言葉は全くあてはまらない。
ヒュン!(移動)
ピタッ(花の前で空中停止し口吻を蜜に差し込む)
ヒュン!(移動)
----という動きであった。

この飛びかたはハチと似ている。
しかし、蜜を吸いかたは異なる。
見ていて脳裏に浮かんだのはハチドリの飛びかたと蜜の吸い方だった。


c0067690_6495367.jpg

また翅を素早く羽ばたかせる事で空中に静止(ホバリング)することもでき、その状態で樹液や花の蜜を吸引している姿.

c0067690_6495644.jpg

シャッタースピードをかなり速くしたが、それでも飛んでいるときの羽は動きが凄まじい。
それでいて、頭から尾翼までの体幹にブレはない。人間がこれ程腕をぶん回したら体幹もブレブレでしかも腕がちぎれてしまうだろう。


◆生物の世界は面白い。
何てすごい能力があるのだろうと見入ってしまう。

名前が似ている生き物がいる、
スズメバチ
ハチドリ
ホウジャク
スズメガ


漢字であらわすと、雀蜂 蜂鳥 蜂雀 雀蛾になる。
何が何だかというくらいの名前だが、
スズメバチは蜂、絶対近づきたくない危険な蜂である。
ハチドリは鳥
スズメガは蛾
----というように、命名の原則に従って後ろにあるのがその種をあらわす。
ところが、スズメガ科のホウジャクは雀ではない。蛾である。しかも蛾らしさのうすい蛾でなのでわかりにくい。

ホウジャクを初めて見てハチドリをイメージしたのは、ハチドリかと一瞬疑うほど、ホバリング状態で蜜を吸うからだった。
c0067690_712123.png

ハチドリは中南米の鳥で日本にいない鳥なので、フリーの写真をお借りした。



ホウジャクなどのスズメガ科の昆虫はあまりに高速で移動する為、実態が見えにくい。

だからハチやハチドリと見間違えることが多く、ブラジルではスズメガの事をmariposa beija-flor(ハチドリの蝶)と呼んでいるそうだ。(Wikipedia情報)


口吻が発達していて、様々な植物の花の蜜を吸引するが、樹液にも集まる。
c0067690_6583172.jpg


蛾なので本来は夜活動するはずだが、クロホウジャクは蝶のように昼間に活動する。
とても蛾には見えない高速飛翔昆虫だった。

ほんとうに生物は多様で、驚きに満ちている。

                                一日一回、ポチッと応援していただけると励みにもなります   

                                                                  
人気ブログランキングへ
by miriyun | 2016-11-28 10:53 | Comments(4)
Commented by radakku914 at 2016-11-28 17:04
ヘリコプターの静止状態を生き物がやってしまうって事ですよね~。
確かに凄い能力です。 どんなに小さな動物も植物も よぉく観察すると
とんでもない力や工夫を持っていますね。
そのような能力は神がかりとしか思えませんね。(霧のまちでした)
Commented by miriyun at 2016-11-29 17:47
霧のまちさん、生物の多様なこと、そのつくり、
ヒトも含めて何てすごいことなのだろうと
驚くばかりです。
身近なところで楽しみながらも自然から学ばさせてもらっています。
Commented by petapeta_adeliae at 2016-11-30 13:01
蛾の??
蝶、雀にも似ているけど、胴体を上から見ると蝦蛄。
顔の細長い魚に似ているような?
何とも不思議な生き物としか云いようがありません。
Commented by miriyun at 2016-12-03 14:48
ソーニャさん、この体で、高速回転の飛び方、
すごいですよね。
蛾とはいえ、蛾らしくないところもあって、
昆虫の世界もおもしろいものです。


<< 「氷艶 hyoen2017」歌... きらめく糸 >>