ザクロ街道(2)~アナトリア

1.ザクロ
c0067690_11454190.jpg

アンタルヤ海岸の陽光のもとで・・。
ザクロって、緑から赤への色づきが鑑賞にあたいするほど美しい。



2.遺跡と果樹と 
c0067690_12113319.jpg

c0067690_12113640.jpg

 エフェソスの日射しの強烈な中、果樹の緑は目にも心にも心地よい。


c0067690_1142629.jpg

 世界遺産クサントス・レトーン遺跡のなかで。
アナトリアでは、ごく普通に各地にザクロの木がある。数ある世界遺産の遺跡の中であたりまえに、イチジクやブドウ、オリーブ、ザクロが点在する。
c0067690_11402480.jpg

やや色づき始めたころ


c0067690_11454513.jpg

 カイマクル地下都市脇で無造作に積み上げられていた赤いもの、近寄ってみればそれはザクロの山だった。
 中東ではバザールやスークの果物屋ではきれいに種類ごとに積み上げて色合いまで考えた配置にしているものだが、ここでは地元のザクロが次々と無造作に載せられていた。レモンが彩りを添えるために載っているのがわずかにトルコ的だった。
 それにしてもザクロが外皮が強くて日持ちがするからできる積み上げ方だ。
                                                一日一回、ポチッと応援していただけると励みにもなります   

                                                                  
人気ブログランキングへ
by miriyun | 2016-09-19 12:13 | トルコ | Comments(6)
Commented by radakku914 at 2016-09-19 19:21
中央アジアから西にはザクロがいっぱいですね。
日本のザクロとは種類がちがうようですね。向こうには酸っぱくないです。
ザクロには女性にいい栄養があるそうで、ジュースはオススメのようですよ。
ザクロは花も美しいですし、実も味があっていいですね~。
スペインでは ザクロと言う名前の町までありますね・・・グラナダ。(霧のまちでした)
Commented by miriyun at 2016-09-19 22:18
霧のまちさん、ザクロ街道をグラナダまでの道、
行ってみたいですね。
ザクロの木が自分の家にも欲しいなと思ってしまうくらい好きですね。
 しっかりした味で、ジュースにもサラダにもお気に入りです!
Commented by hinagesi-k at 2016-09-21 09:54
柘榴の花も実も子供の頃に遊んだ祖父の家に繋がります
一寸遠かった鬼子母神さんに祖母と行くと、柘榴にまつわる話を繰り返し聞いた事が記憶に残って居ます。
Commented by petapeta_adeliae at 2016-09-21 15:49
エフェソスにもあったんですね。
心に余裕が無いため建物ばかりに目をやり、
樹木にまで目が行き渡りませんでした。
今思うと勿体ないことです。

無造作に積み上げられたザクロは商品なんですよね?
色、大きさがまちまちですが、規格はないのかしら?
Commented by miriyun at 2016-09-23 00:29
谷間のゆりさん、ザクロは花も実も世界各地でそれにまつわるお話がありそうですね。
その上、味わいもあるのでたくさんの人々の思い出に残りそうです。
Commented by miriyun at 2016-09-24 08:25
ソーニャさん、地中海地方では目に付く樹木が
役に立つものばかりでとても気になってしまいました。
日影をつくってくれるというだけでも有難いうえ、
昔から旅人の渇きをいやしてくれたのだろうと思うと
感慨深いですね。


<< ザクロアイラン アラビア書道展「砂漠の薔薇20... >>