清水の舞台の木組み

懸造りの木組み

新緑の中、クチナシ香る古都を歩いた。

清水の舞台はおおよそ100畳の広さで、そこは400枚余りの檜(ひのき)の板でつくられている。
耐水性から考えると、檜を使うのは当然のことだ。
それでも木であるから雨水がたまれば傷みやすくなる。だから、清水の舞台はわずかに傾斜があり、水が床板にたまらず流れ落ちるつくりになっているのだという。

c0067690_8311722.jpg

              (携帯カメラからなので軽い画像だが、実際は重厚感がすごい)

 清水の舞台を下からみる。
音羽山の崖の凹凸に沿って18本の欅(けやき)の柱が長さを変えてたてられ、その間にはやはり欅の分厚い板の貫(ぬき)が縦横にがっちりと組まれ、格子状の景観をつくっていた。急峻な崖にあっても耐震性の強い構造であり、これを懸造りという。

ここも火災にあって、江戸初期の1633年に再建されているのだが、金属である釘を使わない木組みで、383年たっている。それなのにこの存在感。こここそが宮大工の力を素人でも直に感じ取れる場所だった。

この柱に組まれたすべての貫の先端に何やらアクセントがある。気になる存在だったが、よく見ると木材の先端に可愛い斜めの屋根状のいたがあり、これが一番傷みやすい木材の端を腐食から守ることになっていた。

c0067690_8312015.jpg

この崖下もがっちりと石垣で支えられており、建築場所の下地もしっかりとつくられている。

建築用に欅は大木になるのでいいだろうが、伐採してから大きく右に左に反っていくので、何年も寝かせなければ使えない大工泣かせの建材だという。だが、深い経験と将来を見越した見識で使われればこんなに見事な耐久性のある建築になる。

 柱は直径2mを超えるというが、そのような木材があるのだろうか。今使われているのが樹齢400年。よく樹齢と同じかそれ以上に木材は生きるというが、いつか建て替える時にはそれなりの木材がないと建て替えることが出来ない。だから木造の大建築を抱える寺社は、その木材の植林や木材確保を常に考えておく必要があるわけだ。

 奥が深いぞ、伝統建築!
                                                一日一回、ポチッと応援していただけると励みにもなります   

                                                                  
人気ブログランキングへ
Commented by petapeta_adeliae at 2016-07-11 12:39
舞台の脚に傾斜があり、先端の腐敗を防ぐ工夫が施されて
いたのですね。
母の実家は私が小学4年生の時に釘を使わずに建てました。
大工さんが、釘を使うと釘が錆びて、その回りから腐食して
しまうから釘を使わないとあと3世代は
立て直しの心配がないなんて話してくれました。
Commented by miriyun at 2016-07-20 01:59
ソーニャさん、一般のおうちで、釘を使わない工法は中々使われないので、貴重ですね。
一般には神社仏閣での建築で行われることが多いようです。3世代は大丈夫という大工さんの言葉が凄いです。
by miriyun | 2016-07-10 10:12 | Comments(2)

*写真を使って、イスラーム地域や日本の美しい自然と文化を語ります。日本が世界に誇る人物についても語ります。フィギュアスケーター高橋大輔さんの応援ブログでもあります。


by miriyun