続・六義園しだれ桜

     

c0067690_23521847.jpg

圧巻の規模。並んで見に行ってよかった。
よくぞこの大きさまで、折れることなく伸びたものだ。
c0067690_2271363.jpg

c0067690_0333251.jpg

ライトアップの当たり方で、様々な表情が見える。
c0067690_033437.jpg

下から上を仰ぎ見る。
   シダレザクラが降ってくるようだ。
       
                                    応援クリックお願いします。
                                                        人気ブログランキングへ

                        
Commented by shuklm at 2016-04-07 17:46
絶景・絶句!
素晴らしいですね〜〜
こんな写真が撮ってみたいです…(*^_^*)
Commented by Lunta at 2016-04-08 23:42 x
夜桜はまさに妖艶ですね。
陳腐だけれど夜桜を見るたびに「桜の樹の下には」と言う例の一文を思い出してしまいます。
夜桜にこれほどぴったりの文章がほかにあるでしょうか。
Commented by hinagesi-k at 2016-04-10 12:15
光厳天皇陵のある寺に九重枝垂れを見に行ったのは川端康成が自殺をした日。
地元の木賃宿に止まったので、朝一番で拝見に行きました。
お手の庭には人影が無く白髪の方が竹箒で掃除をなさっていて、目立たぬところに赤い蝦夷緋桜も咲いて居ました。
朝の日が眩しい縁に腰かけて京都からの一番バスが付くまでの
間九重桜を一人〆して堪能したのが名木鑑賞の最後です。

人混みが苦手な私にとって名木の様子を鑑賞できる事はとてもうれしいです。
Commented by miriyun at 2016-04-16 08:19
shuklmさん、三脚を使えないので、明瞭ではないのですが、ライトアップの雰囲気を感じていただけて
良かったです。
来年は昼間、青空のもとで見てみたいです。
Commented by miriyun at 2016-04-16 08:21
Luntaさん、確かに桜は他の木とは違うものを感じます。
そう、妖艶があっている気がしますね。
桜の咲きはじめ、満開、散りゆくとき・・・すべてを日本人は愛していますよね。
Commented by miriyun at 2016-04-16 08:22
谷間のゆりさん、
それはうらやましいですね。
私もとっておきの櫻を見る時は近くに泊まって、
早朝から見たくて仕方がありません。
by miriyun | 2016-04-05 00:36 | Comments(6)

*写真を使って、イスラーム地域や日本の美しい自然と文化を語ります。日本が世界に誇る人物についても語ります。フィギュアスケーター高橋大輔さんの応援ブログでもあります。


by miriyun