カジイチゴ

緑の中に白花一輪   
c0067690_191657.jpg

鎌倉の山には、いろいろな木が自生している。
3mほどの樹高だが、白い花がぽつりと浮かぶように咲き、目を引く。

 キイチゴの一種で、カジイチゴ。
ごつい名前だが、カジの木の葉に似ているからついた名前らしく、実際見た感じは清楚な印象。
まっ白な花がおわり、6月には実が成熟する。

c0067690_19213096.jpg

オレンジ色をしたイチゴ状の実がなる。バラ科のキイチゴ属。 ↑販売されていないかと思ったら楽天で販売していた。


c0067690_1938484.jpg

       ↑参考:同じIdaeobatus 亜属に属するベリーの代表格のラズベリー 

c0067690_1924178.jpg

鎌倉で見たカジイチゴの木は崖の上にあり、せっかくのベリーだが、
おそらく食するのは鳥たちになるのだろう。

                                    応援クリックお願いします。
                                                        人気ブログランキングへ




                          
by miriyun | 2016-03-30 19:11 | Comments(2)
Commented by ぺいとん at 2016-04-03 12:38 x
実家の庭の片隅にこのきいちごが生えていていつも実を食べていましたがなんだか野生児っぽいですね。
高校生の時、友人に美味しいよとあげたのに不評だったことを思い出しました。
晩秋に葉が色付くのもまた風情があってすきでした。
懐かしい花です。
Commented by miriyun at 2016-04-03 13:46
ぺいとんさん、
キイチゴ、私も好きでした。
こういう自然のものを食べなれていない人にはどんなに進めても食べられないみたいで、
やはり子どものときに経験があるかどうかは
すごく大きな影響を持ちますね。


<< ミツバツツジ 花だより~桃 >>