写真でイスラーム  

mphot.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2016年 03月 06日

Love on the Floor(2)オファーの理由…高橋大輔

1.演出家が語る 
舞台の主演と演出を務めるプロダンサー、シェリル・バークは、ダンサーの技術や一つ一つの単独のダンスナンバーをつなげるだけの公演でなく、全体を通したテーマやストーリーをあらわすものを作りたかったらしい。
 そして、TV番組の中で社交ダンス勝負を行うリアリティ番組「Dancing with the Stars」で指導をしていろいろな人物や曲目で競ってきた中で、競技として別世界でありながら、クリスティ・ヤマグチやメリル・ディビスのなどのトップスケーターの音楽性・優雅さ・情熱が共通すると感じて、6年も前から世界のトップスケーターを集結してダンス公演を作り上げる構想を持つ。

 ストーリーのテーマを2010年には、世界の人々にとって普遍的な感情である”Love”にしようと決めて、構想を温めてきたのだという。。


◆──髙橋大輔さんへのオファー理由

私がずっと彼のファンだったの(笑)。
氷上であれだけ素敵なタンゴを踊っていた彼ならきっと、フロアの上でもどんな感情だって表現できるはずだから、ぜひこのショーに出てほしいと思いました。自分が今までやってきたこととは離れた分野での挑戦になるにもかかわらず、オファーを承諾してくれた彼には、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。
パフォーマーとして素晴らしいだけでなく、自分の限界を押し広げていこうとするところもまた、彼の大きな魅力ですね。彼には今回のメインキャストのひとりなので、新しい彼の姿を皆さんに観てもらえることを、私自身とても楽しみにしています。


◆──髙橋大輔さんとは、既にお話をされたのですか?

ええ、とても素敵な方でしたよ! 

彼にとっては新しい挑戦ですから、やはり不安もあるようで、今から準備できることがないか彼のほうから聞いてきてくれました。でも私が伝えたのは、ヨガかピラティスにでも通って体を柔らかくしておいて、ということだけ(笑)。

 ダンスについては、この作品の振付を通じて学んでいってもらえればいいと思っています。ほかの指導者から習った人に教えるのは、かえって難しくなることがありますから。
(DIGAonline2016.03.04版によるLove on the Floorについてのインタビューより引用)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 なるほどね。大輔さんのタンゴとか見ていると、踊れるし、パッションがあふれているし、繊細!
それをも見てオファーを出しているシェリルさん。よくわかっていらっしゃる。どんなダンス公演になるのか楽しみで仕方がない。
 生まれ変わったらメリルのパートナーになりたいと言っていた大輔さん。
2013年のインタビュー感謝してお借りします。

プライベートは緊張するから、陸ダンスでも他のスポーツでもいいと言っていた。もちろんっメリルさんにはベストパートナーのチャーリー・ホワイトがいるけれど、もしかして一瞬でもメリルと踊るチャンスなんかもあったりしないかとか(妄想)・・・。


2.シアターオ―ブ 
◆シアターオ―ブは渋谷駅直結とのこと。便利だ。そういえば、最近はスケートリンクばかり詳しくなって、劇場にあまり行っていないことに気づく。

シアターオーブの座席表にLove on the Floorの席種を調べて手書きできれいとは言い難いが作ってみた。
役に立つかわからないが、どこから見るのかイメージングして楽しむ。何でも楽しむファン気質。前は前の2階3階は角度がかなり上になるので舞台の奥行きも楽しめよう。

1階
c0067690_12351918.jpg


左図は2階、右図は3階
c0067690_12352349.jpg

↑ 紺色の数字は、劇場のチケットサイトで販売するときの便宜上のブロック名なのでとくに関係ない。


公演日程↓(こちらはチケットサイトからお借りした)
c0067690_12352693.jpg




◆早速、チケットを手に入れた(楽日は外れた)ところで、
どうやって応援の気持ちを表すの?と思った。

 そうしたときにちょうど、TV録画をたどっていたとき、偶然見かけた映像。
熊川哲也さんが高橋大輔の演技をPCで確認して最後まで見ていた時、
低くて太い声を響かせながら、「ブラヴォー!」と拍手をしたのを見た。
 うん、これかな。

 時は初夏だし、リンクじゃないからダウンウェアもひざ掛けもいらない。
こちらも軽装で応援スタイルもがらりと変わることになる。

                                                一日一回、ポチッと応援していただけると励みにもなります   

                                                                  
人気ブログランキングへ

by miriyun | 2016-03-06 13:19 | Comments(0)


<< 魚      光と氷と高橋大輔~プロジェクシ... >>